【お知らせ】 電話システム障害発生のお知らせとお詫び


Re:CENOインテリア
合計¥20,000以上の購入で送料無料
マイページ
買い物カゴ
お問い合わせ


Re:CENO product|3ドアサイドボード silta

細部までこだわった美しいデザイン性が魅力。お部屋を美しく保つ、リセノオリジナルの収納家具です。

HOME収納家具・本棚キャビネット・チェスト

価格(税込) ¥138,000 1,277pt
      【開梱設置サービス】にてお届けします。
      (組み立ては付属しておりません)

    こちらの商品は送料無料です。

    ※北海道・沖縄・離島は、送料無料適用外です。

    ●在庫/配送について

    最短お届け日

    再入荷をメールでお知らせします

    在庫が切れている場合は、次回の再入荷をメールでお知らせします。

    商品番号:RCN11894

    VIDEO魅力を紐解く動画

    FEATUREおすすめポイント

    「意匠性、利便性、サイズ」の3つの視点で、
    「LDKを美しく」を実現する収納家具

    silta3-blog-img1.jpg

    美しいLDKを作るためには

    ・見た目に美しいデザイン
    ・生活用品を片づけやすい設計
    ・暮らしにフィットしたサイズ

    と、3拍子揃った家具が必要です。

    「3ドアサイドボード silta(シルタ)」は、この3つの要素のすべてを満たすべく、何度も修正をかけながら、時間をかけてゆっくりと、ゆっくりと、作り上げました。

    特徴的なポイントを、ひとつずつ紐解いていきます。

    お部屋全体の印象を大きく左右する
    「フォーカルポイント」を美しく。

    silta3-blog-img2.jpg

    1つ目の特徴は「フォーカルポイント」に最適な家具であることです。

    「フォーカルポイント」とは、お部屋の中で最もよく目に入る場所のことであり、インテリアを美しく仕上げるために、最も力を入れるべき場所のことです。

    みなさんが憧れるようなおしゃれなリビングやダイニングには、共通点があります。それは、必ず「フォーカルポイント」をしっかりと美しく仕上げているということです。

    この場所をしっかり整える事で、お部屋のクオリティが、ぐっと引き上がるのです。

    ぜひ、玄関からお部屋に向かって歩いてみながら、どの場所が目に入りやすいのかを、確かめてみてください。

    日本の住宅にフィットする設計を。
    奥行きが浅く「動線をしっかり確保」

    silta3-blog-img3.jpg

    2つ目の特徴は、日本の住宅にフィットする設計で、動線をしっかり確保できるということです。

    この収納家具を、LDKに配置していただくために最適化した点のひとつは、通常の収納家具よりも「奥行きを浅く」しているということです。

    多くのサイドボードは、奥行き「40cm~45cm」ほどで、設計されています。サイドボードとして人気の「北欧アンティーク」も、ほとんどがこのサイズです。

    それに対して、今回の製品は、奥行きを「33cm」と、多くの北欧家具よりも、10cmほど小さくしています。

    この設計には、明確な意図があります。

    silta3-blog-img4.jpg

    それは、日本の住宅のLDKが、大抵がこじんまりとしたサイズであることに起因しています。

    日本のLDKはこじんまりしているので、サイドボードを置こうとすると、必然的に「生活動線」を妨げてしまいがちです。

    よく通る場所 = 生活のメイン動線は「1m」は確保すべきというのが、快適なインテリアの基本ルールです。生活動線として、1mの通路幅を確保できていることで、家の中を快適に動きやすく、ストレスなく生活をできます。

    silta3-blog-img5.jpg

    ただ、奥行きの深いサイドボードを置くことによって、この「1mの通路」を取れなくなるお家が多いのです。これでは「見た目が美しくなった」としても、生活に窮屈感を与えてしまいます。

    ですから、奥行きを浅くすることで、生活動線をしっかりと確保できる様に設計し、これにより小さなLDKでも、スムーズに生活ができるようにしました。

    silta3-blog-img6.jpg

    また、奥行きをコンパクトにしたとはいえ、内寸24cmほど(棚板部分22.5cm)を取っていますので、大抵の生活用品は十分に入ります。

    必要な収納力を兼ね備えながらも、生活のしやすさをしっかりと兼ね備えた「ありそうで、なかなかない」設計の家具に仕上がったと思います。

    細部にまでこだわった「美しいデザイン性」

    silta3-blog-img7.jpg

    この収納家具には「オーク材」を使用しています。

    オーク材は、独特な木目が美しく、木製家具としての美しさを感じることができます。

    自然物としての「木目」は、お部屋に人工物では表現しえない「複雑性」を与えてくれます。複雑性が入ることにより、お部屋はより趣深さを増し、豊かな空間となるのです。

    silta3-blog-img8.jpg

    真っ白で無機質な収納家具であったり、木を模した「プリント材」を使った収納ではなく、本物の木を使った「オークの無垢材・突板材」で作っています。

    フォーカルポイントに、美しいオーク材の木目があることで、お部屋全体の美しさを引き上げてくれます。

    silta3-blog-img9.jpg

    もうひとつ意匠デザインとして入れ込んだのは、独特な脚のデザインです。

    丸みを帯びた脚が、可愛らしさと、柔らかさな存在感をお部屋に与えてくれます。

    silta3-blog-img10.jpg

    ちなみに、この家具シリーズ名である「silta」とは、フィンランド語で「橋」の意味。綺麗な「R(アール)」を描いた脚は「眼鏡橋」をどこか想起させます。

    家具の「足元」という小さな小さなデザインですが、職人の手によって削り出された、手間暇のかかった設計です。

    気に入っていただけるといいなと思います。

    取っ手に真鍮をあしらうことで、上質さをプラス。
    使いやすさや、安全性も。

    silta3-blog-img11.jpg

    取っ手部分には「真鍮(しんちゅう)」をあしらっています。リセノを長くご利用いただいている方には、おなじみの仕様ですね。

    木製家具に、真鍮のゴールドをあしらうことによって、高級感をプラスしています。

    こちらも小さなデザインではありますが、取っ手なので、普段よく手に触れる場所でもあり、素敵であると嬉しい場所です。気に入っていただけるといいなと思います。

    silta3-blog-img12.jpg

    また、取っ手部分の穴は貫通させずに、木を貼って、閉じています。

    これは「スライド扉」のため、貫通させると、もう1枚の扉に指を挟んでしまう恐れがあります。

    大人は自然と気をつけると思いますが、お子様は、ふとした拍子に大きなケガにつながるかもしれません。

    設計段階において、社内の品質検査で議題として上がりその点も考慮した安全なデザインに変更しました。

    扉を「全開」できて、出し入れがスムーズです。

    silta3-blog-img13.jpg

    通常、スライド扉は取っ手が前に飛び出している関係で、扉を完全に開けきることはできません。

    そうすると、真ん中あたりに収納しているものは、とても取り出しづらくなってしまいます。

    その点、この収納は設計を工夫して、写真のように完全に扉を開ききることができるので、とても取り出しやすくなっています。

    silta3-blog-img14.jpg

    この工夫はとても地味で、気付きづらい点ですが、使ってみると、とても便利なことにお気づきいただけると思います。

    ウレタン塗装で、水や汚れに強いから
    長くきれいにお使いいただけます。

    silta3-blog-img15.jpg

    僕たちの家具は、設計や、細やかな工夫以外にも、物理的に長く使えるようにデザインをしています。

    それは「ウレタン塗装」を施していることです。

    ウレタン塗装は、水や汚れに強く、メンテナンス不要で、非常に長持ちする塗装方法です。

    以前は「ウレタン塗装をすると、テカテカしてしまう」という問題があり、リセノの家具では、美しさの観点から、使用することを避けていました。

    silta3-blog-img16.jpg

    が、今は工場との連携で「艶消し/導管開き」というマットな仕上がりのウレタン塗装方法を見出し、その塗装方法にてウレタンを施しています。

    つまり、気になる「てかり」はなく、とてもマットな仕上がりでありながら、長持ちするようにしています。

    キッチンでの水にも強いですし、リビングでの使用時には、花瓶の水が付いてしまっても、問題ありません。

    silta3-blog-img17.jpg

    花が落ちやすい種類であっても、水拭きもできますので、ながく清潔にお使いいただけます。

    幅160cmでオーソドックスなサイズ感の
    3ドアサイドボード

    silta3-blog-img18.jpg

    こちらは「幅160cm」のオーソドックスなサイズのサイドボードです。3枚の引き違い扉が付いています。

    silta3-blog-img19.jpg

    それぞれの扉は、重なり合いは最小限に抑え、フルオープンに近いほどに開きますので、使い心地も上々です。

    silta3-blog-img20.jpg

    中には扉ごとに「3cm間隔の可動棚」を2枚ずつ付けていますので、大きな本や、小物までたくさん収納することができます。

    silta3-blog-img21.jpg

    棚上には、アートを合わせたり、オブジェや花瓶を合わせたりしながら、フォーカルポイントの「土台」として、活用していただければと思います。

    北欧家具の様な「ヴィンテージレッド」を含む
    美しい3つのカラー展開です。

    silta3-blog-img25.jpg

    北欧50年代頃のヴィンテージ家具をイメージソースにした、siltaシリーズのキーカラーです。

    赤味のあるブラウンカラーが、お部屋に落ち着きを感じさせてくれます。

    ダイニングシリーズの「folk」シリーズでも、ヴィンテージレッドを発売していますので、合わせてのスタイリングもおすすめです。

    silta3-blog-img26.jpg

    ナチュラルは、ナチュラルヴィンテージのお部屋作りの中でも、北欧寄りのさわやかなお部屋作りを目指す方に、お選びいただければと思います。

    silta3-blog-img27.jpg

    ブラウンはナチュラルヴィンテージのお部屋作りの中でも、濃いめの「ヴィンテージ寄り」がお好みの方にぜひお迎えいただきたいなと思います。

    幅や高さが異なる別タイプもございます。
    お好みに合わせて、お選びください。

    silta3-blog-img22.jpg

    「silta」シリーズは、幅や高さ、扉に変化を持たせた4種類を作りました。

    こちらは扉2枚仕様の「幅108cm」のサイドボードです。

    小さめのLDKや、一人暮らしなどのお部屋などに入れていただきやすいサイズ感です。

    ワンルームなどでは、多くの家具を置けないことも多いと思いますので、テレビ台として使うのもおすすめです。

    silta3-blog-img23.jpg

    こちらは「3ドアサイドボード」と同じサイズですが、3枚の扉のうち1枚をガラスにしています。

    「隠す収納」を基本としながらも、「見せる収納」としての部分を入れたい方におすすめです。

    silta3-blog-img24.jpg

    こちらは、サイドボードの上部に「シェルフ」を付けた「幅100cm×高さ182cm」の収納家具です。

    下部は「隠す収納」、上部は「見せる収納」として、2つの機能を併せ持たせています。ほかの3つのタイプとは異なり、シェルフキャビネットは、扉が「観音開き(前方に開くタイプ)」です。

    扉内には「隠したいもの」を収納していただき、上部には、オブジェや本など「見せる収納」としていろんなものを置くことができます。

    背の高い収納家具ですが、お部屋の圧迫感を減らすために、上に向けて、徐々に薄くなるデザインにしています。

    スタッフ・愛用者の使用レビュー

    【お家で使ってみた。】リセノスタッフ3名が、新作「silta cabinet」をレビューします。

    編集部 江上

    【わたしの愛用品】1人暮らしの1LDKのお部屋に、サイドボード「silta」を選んだ理由

    制作部 清水

    【わたしの愛用品】手軽で素敵に片付く「silta」。書斎が生まれ変わりました。

    制作部 中原

    【わたしの愛用品】1K・8畳から2LDKにお引越し。「silta シェルフキャビネット」のBefore/After

    編集部 江上

    【わたしの愛用品】リビングの収納力がアップ! 2人暮らしに最適な「北欧ヴィンテージ風キャビネット」

    カメラマン 岡

    【わたしの愛用品】「silta」を取り入れて充実した食器棚へ。Before/Afterでみるお部屋の模様替え

    元編集部 岩部



    SPECスペック

    サイズ

    幅 160cm × 奥行き 33cm × 高さ 79cm
    扉内寸(左右、中央各):幅 50.5cm × 奥行き 22.5cm × 高さ 57cm(棚板 各2枚付 3cmピッチ8段階調節)

    梱包サイズ

    幅 167cm × 奥行き 40cm × 高さ 90cm

    素材

    本体:天然木ホワイトオーク無垢材、突板(ウレタン塗装)
    取っ手:真鍮

    重量

    本体重量:53kg
    梱包重量:60kg

    耐荷重 天板:20kg
    棚板1枚あたり:15kg
    底板1か所あたり:15kg
    備考

    完成品

    天然木を使用しているため、木目やフシの風合い、色味などが画像と異なる場合がございます。

    【無垢材の特性について】
    無垢材は乾燥に弱いため、冬場などは加湿器などを利用し、お部屋の空気が乾燥しすぎないよう、ご注意ください。
    極度に乾燥させた場合、木材にヒビが入る場合がございます。
    乾燥によるヒビ割れは、お手入れによって防ぐことができます。

    【配送について】
    開梱設置サービスを無料でお付けしております。

    Related Mag関連の読み物

    Related Theory関連するインテリアセオリー

    Reviewレビュー

    4.8(4件)
    ★★★★★
    3
    ★★★★☆
    1
    ★★★☆☆
    0
    ★★☆☆☆
    0
    ★☆☆☆☆
    0

    妻がリビングの模様替えを考え、たどり着いたのがこちらです。
    14畳程度のリビングダイニング
    (床はナチュラルなフローリング)で使用しています。

    まず色目・厚み・高さがちょうどよく、
    幅があるのにまったく圧迫感が無く
    同時に購入したテーブルライトを置いて満足感最高です。


    folk(テーブル)と合わせて、ナチュラルを購入しました。カジュアルになるのではと心配していましたが、プリント材ではなく本物の木を使っているので、木目が綺麗です。又、
    奥行きが浅めな上、真鍮の取っ手と足がおしゃれなので、全体的にすっきりとして上品です。


    サイドボードの奥行きがうすいものが欲しくて探していたらこちらを発見。
    東京店に実際にデザインを見に行き、気に入ったのでネットでNA色購入しました。
    素材感も良くデザインもすっきりしていて良いです。
    中の棚も取れそうだったので高い小物を置く時に便利そう。
    今からインテリア小物を置くのが楽しみです。




    扉の1つがガラス戸の商品と迷った結果、子供が割ってしまう可能性も考慮し3枚とも木の戸になっているこちらの商品を購入しました。
    ナチュラルな色合いの家具が多いため色はナチュラルに。
    奥行きがスリムなことから部屋に圧迫感も生まれずちょうどよかったです。

    他社さんの同様の棚と迷いましたが扉がばね式?で硬かったことから、引き戸タイプのこちらにしました。真鍮の取っ手がかわいく気に入っています。

    運送会社の方も配送~設置まで丁寧にしてくださり大変助かりました。



    FAQお客様からいただいたご質問

    あいにく、脚を取り外してのご使用はいただけません。

    はい。可能です。価格は、1ホール¥3,300~承ります。納期は、2~3週間かかります。ご希望の場合は、ご注文方法をご案内いたしますので、お問い合わせフォームよりご相談ください。お問い合わせフォーム


    Related Item関連アイテム


    Re:CENO product|3ドアサイドボード silta
    ¥138,000