【お知らせ】 ゴールデンウィークの営業と配送について



Web Magazine

【わたしの愛用品】1人暮らしの1LDKのお部屋に、
サイドボード「silta」を選んだ理由

こんにちは。商品部の清水です。

わたしは、1LDK(8畳+4畳)の間取りのお部屋で
1人暮らしをしています。

もともと大きめの家具を置いている我が家は、
新たに迎えられる家具が、限られていたのですが...。

★1.jpg

今回、Re:CENOの収納家具のニューフェイスである
「siltaサイドボード」を、お部屋に迎えました。

お部屋に置ける家具が限られている中で、
siltaサイドボードを迎えた理由と、
日常に取り入れて気がついた魅力を
ご紹介していきます。

siltaサイドボードを選ぶきっかけとなった悩み

★清水_お部屋全体_人あり2.jpg

siltaを迎えるまでのお部屋は、
1人暮らしをするには十分な家具が
揃っていました。

4人掛けのダイニングセットを中心に、
背の高いユニットシェルフ。

ただ、このお部屋で暮らす中で、
2つの悩みがありました。

悩み①:玄関を抜けた先が、寂しい印象のお部屋

★3.jpg

ひとつ目は、リビングと寝室の間の空間に
物足りなさを感じること。

ちょうどこの空間が、玄関からお部屋に入ってきて、
最初に目にするところ。

フォーカルポイント」といわれる
インテリアにおいて重要なところです。

背の高いシェルフを左側に配置したこともあり、
右側が、ガクッと弱い印象に。

観葉植物を置いたりすることで、工夫はしましたが、
やっぱり寂しい印象は拭いきれないことに
悩んでいました。

悩み②:暮らしにフィットしない通常サイズのテレビ台

kkk.jpg

今の家に引っ越してきて
テレビ台のサイズが合わなくなりました。

その理由は、ダイニング中心の暮らしになり
ダイニングからテレビを見るには、
「高さのあるテレビ台」が必要だから。

チェアに座った時の目線の高さより、
テレビの中心が10~15度下がると
ちょうど見やすい高さです。

となると、ダイニングからテレビを見るには、
高さが60cm以上あるテレビ台が必要...。

通常のテレビ台は35cm程なので
なかなかちょうどいい高さの
テレビ台に出会えずにいました。

siltaサイドボード取り入れた暮らしの変化

★5.jpg

お部屋の印象を大きく左右する
フォーカルポイントが、イマイチ...。
それに、テレビ台探しにも難航...。

そんなとき、siltaサイドボードを見て
これなら悩みを解決できそう!と思いました。

「siltaサイドボード」を選んだ理由は、3つです。

  • 見た目に美しいデザインが「フォーカルポイント」に最適
  • 32型テレビを置くことができるサイズ感
  • 奥行き薄型設計で、1人暮らしの自宅にも取り入れやすい

800.jpg

siltaサイドボードのを迎え、
リビングと寝室に跨ぐように配しました。

暮らしの中で
いいなと感じるポイントを、
ご紹介します。

①フォーカルポイントが生まれ、美しく。

★7.jpg

玄関から抜けた先の「寂しいな。」と感じていた部分は
パッと目を惹く「フォーカルポイント」に変わりました。

「3doorタイプ」を選んだことで、
棚上のディスプレイを楽しめています。

「3doorタイプ」の横幅は、160cm。

大きなアート(50×70サイズ)を頂点として
テーブルライトや花びんを飾り、
バランスのいい三角飾りが出来ました。

IMG_4943.jpg

季節のグリーンを飾ると、
ぐっと華やぎ視線の先がキマるので、
お気に入りの飾り方です。

来客時や、自宅の撮影があるときには
テレビを置かずに、ディスプレイを楽しんでいます。

お部屋に充実感が出て、帰宅して扉を開いた光景が
癒しのシーンになりました。

②食事をしながら、テレビを楽しめるように。

1.jpg

念願だったダイニングからテレビを
見ることができるようになりました。

「3doorタイプ」は、高さが79cm。
食卓から見るには、ちょうどいい高さです。

朝起きてニュース、夜ご飯を食べながらバラエティ、
寝る前は、サブスクを漁る。

この通り、テレビっ子なので、
ダイニングから快適にテレビを見ることができて、
満足な日常を過ごしています。

5.jpg
日曜の朝。寝転びながら見るワイドナショー

置いてみて、気づきましたが、
ベッドからも、ちょうど見やすい高さに。

ちゃぶ台から、ダイニングテーブルへ。
お布団から、ベッドへ。

床生活ではなくなり、
高さのある生活に変わった現代に
フィットする家具だと感じました。

おまけ:飾るだけではない収納力で、お部屋がすっきり

★12のコピー.jpg

上段部分は、ディスプレイを
十分に楽しむことができるサイドボードですが、
しっかり収納力もあります。

下段の扉の中は、棚板が3枚あり、
収納したいものに合わせて
棚板の高さが変えられます。

★9.jpg

わたしは、本とかばんを収納しています。

参考書は、表紙がカラフルなことが多く、
木のやわらかい家具で揃えた空間に置くと、
ノイズが強い印象...。

隠す収納でカバーできて、お部屋がすっきりして
いいなと感じています。

かばんは、レザーのものが好きなので
隠す収納で、日焼けからも守られて
ベストポジションを見つけられました。

ひとり暮らしにおすすめしたい、一石二鳥な収納家具です。

1.jpg

「テレビが置けて、飾り棚にもなる家具が欲しいな。」
と思い、迎えたsiltaサイドボードですが、
見た目も使い心地も、大満足でした。

テレビ台としての機能がしっかりありながら、
素敵にフォーカルポイントを作ることができ、
豊かな日常を送ることができています。

siltaサイドボードをご検討中の方に、
少しでも参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Styling Furniture

3ドアサイドボード silta

¥ 138,000


伸長式ダイニングテーブル folk/NA

¥ 128,000 ~


ダイニングベンチ folk

¥ 59,800


ダイニングチェア CH24 Yチェア

¥ 136,400


Artek STOOL60

¥ 35,200 ~


テーブルライト SIENI

¥ 25,800


テーブルライト COPYING

¥ 28,600


ペンダントライト LinenMix

¥ 29,800 ~


フロアライト Brass&Layered

¥ 109,800 ~


ジュートラグマット Subah

¥ 37,400 ~



アートフレーム Oak round frame

¥ 27,800 ~


アートポスター In the Fall

¥ 15,800



View More
みんなの保存数:16

愛用品特集

雑貨・食器特集

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「僕と私の愛用品」の最新記事 4件

2024年4月04日(木)
僕と私の愛用品

【わたしの愛用品】寝具カバーに敷きパッドをプラスして、さらに心地よい寝室づくりを。

ベッドの寝心地に悩まれている方へ。敷きパッドを取り入れるメリットと、愛用中の敷きパッドについてご紹介します。

制作部 木下 6
2024年4月15日(月)
僕と私の愛用品

【お部屋作りのアイデア帖】子どもと暮らす18畳LDKを、理想の空間にするコツ3選

子どもと暮らしながら理想のお部屋にするために、大切にしていることについて。

福岡店店長 榎本 5
2024年4月11日(木)
僕と私の愛用品

【わたしの愛用品】7歳の娘が愛用している「木製ベッドfolk」の魅力

子供から大人まで。飽きずに長く使える「木製ベッドfolk」の魅力をご紹介します。

制作部 中原 4
2024年4月08日(月)
僕と私の愛用品

【わたしの愛用品】Tivoli を愛用して10年。憧れの「Music System BT」を新調しました。

長く愛用してきた「Tivoli」。思い切って、新たな1台を迎えました。

お客様係 山崎 4

「僕と私の愛用品」の人気記事 4件

2021年4月06日(火)
僕と私の愛用品

【わたしの愛用品】念願のAGRAソファーをお迎え。リアルな使い心地をご紹介します!

AGRAソファーを購入してから、ゴロゴロとくつろぐ時間が至福のひととき。使ってみた感想を詳しくレポートしました^^

元編集部 岩部 131
2021年5月18日(火)
僕と私の愛用品

【わたしの愛用品】一緒に年を重ねたい円形ダイニングテーブル。リアルな使い心地をご紹介します◎

2人暮らしに取り入れた伸長式のダイニングテーブル。サイズを変化させながら、大切に使い続けたいアイテムです。

元編集部 岩部 102
2020年10月13日(火)
僕と私の愛用品

【わたしの愛用品】リモートワークの相棒。カフェテーブル WIRYの魅力をお伝えいたします。 

カフェテーブルは、デスクにぴったり?実際に使ってみて、感じた魅力をお伝えします。

元編集部 岩部 101
2022年3月07日(月)
僕と私の愛用品

【わたしの愛用品】ユニットシェルフR.U.S一緒に過ごして見つけた使い方のアイデア

「ユニットシェルフR.U.S」が叶えてくれた、心地よい暮らしのアイデア

人事部 相馬 78

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』