Web Magazine

「北欧ヴィンテージ風キャビネット」を
おすすめしたい理由

こんにちは。
Re:CENO KYOTOの宮崎です。

今回は、多くの方に愛され続けている
「北欧ヴィンテージ家具」についてご紹介します。

リセノが提唱する
ナチュラルヴィンテージにも、
大きな影響を与えている北欧デザインの家具たち。

大人気「伸長式ダイ二ングテーブルfolk」や
「NOANAソファー」のモデルにもなっています。

2.jpg
福岡店:folkシリーズ展示風景

3.jpg
東京店:NOANAソファー展示風景
そのため、店頭にご来店くださるお客様からも、
「北欧テイストのお部屋にしたい」や、
「ヴィンテージ家具を取り入れたい」といった
お声がよく聞かれ、その人気の高さが伺えます。

今回は、そんな北欧ヴィンテージ家具の魅力を
紐解きつつ、どなたでも取り入れやすい
「北欧ヴィンテージ風キャビネット」をご紹介します。

北欧ヴィンテージ家具の魅力

3.jpg

まず初めに、
ヴィンテージ家具についてご説明します。

ヴィンテージ家具が造られた時代背景や、
それによってもたらされた特徴。

実際、ヴィンテージ家具を取り入れる際の
注意点を詳しく解説していきますので、
ぜひ参考にしていただければ嬉しいです。

ヴィンテージ家具とは

4.jpg

一般的にヴィンテージ家具とは、
約20年~100年前に製作された家具を指します。

その中でも、特に1940年から1960年代中盤までの
ミッドセンチュリー時代には、現代に受け継がれる
多くの名作デザインが誕生しました。

第二次世界大戦後の復興期から始まった
「ミッドセンチュリー時代」。

北欧ヴィンテージ家具も、
まさにこの時代、デンマークやフィンランドを
はじめとした北欧諸国で製作されました。

5.jpg

この時代に製作された家具は、
チーク材を基調とした、シンプルで洗練された
デザインが特徴です。

これは、第二次世界大戦での物資不足が
大きく影響しています。

それまで主流であった、装飾に凝った
美しい家具の製作は規制され、
オーク材やマホガニー材、ウォールナット材などの
高級木材の使用も制限されました。

そこで重宝されたのが「チーク材」です。

世界三大銘木として知られているチーク材は、
水や害虫にも強く、温度や湿度の変化による
反りや割れが少ないことから、家具だけでなく
船の甲板や内装にも使用されてきました。

世界三大銘木・・・ウォールナット、マホガニー、チーク

6.jpg

物資不足による政策の影響から、
装飾が少なく大量生産しやすいものが主流となり、
「よりシンプルで洗練されたデザイン」に
変わっていきました。

長く使えて、飽きがこないデザインは、
物資不足から解放された後も多くの人に愛され、
世界中で今なお人気があります。

ヴィンテージ家具を取り入れる際の注意点

8.jpg

ここからは、ヴィンテージ家具の購入を
検討されている方へ。

購入時に、注意いただきたい
次の2つのポイントをご紹介します。

  1. 家具の状態と価格のバランスが難しい。
  2. 欲しいタイミングで手に入りにくい。

長い年月、生活に寄り添い、大切に受け継がれてきた
ヴィンテージ家具からは、経年変化した木の深みや、
使いこまれた趣深さを感じることができます。

ですが、それゆえに新品の家具を購入する場合とは、
異なった注意点があることを覚えておきましょう。

1. 家具の状態と価格のバランスが難しい

11_19-thumb-autoxauto-q98-(2).jpg

まず、1つ目は商品状態価格帯です。

ヴィンテージ家具は、保管状態などによって
価格帯の幅も広く、新しい家具を購入するより、
費用が高くなる場合が多いです。

原因としては、

  • 唯一無二の1点ものであること。
  • 輸入品のため、仕入れ時のコストがかかること。
  • 修復に費用がかかること。

なとが挙げられます。

数十年、数百年と多くの人に大切に使用され、
受け継がれてきたヴィンテージ家具。

長く使い続けられてきた中での傷や修復痕、
木材の経年変化といった部分も十分に理解し、
納得した上で、購入するようにしましょう。

欲しいタイミングで手に入りにくい

9.jpg

2つ目は、納期についてです。

ヴィンテージ家具は、すべて1点もの。

同じデザインでも、使用されてきた環境、
メンテナンス頻度、修復・修繕によって、
全く状態が異なります。

そのため、本当に気に入った1点と出会うためには、
十分な時間が必要です。

「来月の引越しに向けて
ヴィンテージ家具を探し始めようかな。」では、
なかなか見つかりません。

店頭でも、「探し始めて、もう5年以上経ちます。」や
「全国のアンティークショップを巡っているが、
なかなか出会えない。」といったお声を耳にします。

ヴィンテージ家具との出会いは、一期一会。

時間に余裕を持って探すことをおすすめします。

北欧ヴィンテージ風キャビネット「siltaシリーズ」

11.jpg

ここまでヴィンテージ家具について特徴や
購入時の注意点をご紹介してきました。

ここからは、
ヴィンテージ家具を取り入れたいけれど、

  • 綺麗な状態のものを購入したい。
  • 他の家具の購入も検討しており、費用は抑えたい。
  • お引越しなどで納期が近い。

といった方におすすめしたい
北欧ヴィンテージ調キャビネット
「siltaシリーズ」をご紹介します。

siltaシリーズとは

12.jpg

まず、はじめに「siltaシリーズ」とは、
意匠性、利便性、サイズの3つの視点で、
「LDKを美しく」を実現する収納家具シリーズです。

詳しい企画経緯やコンセプトについては、
ぜひ一度、こちらをご覧くださいませ。

北欧デザインキャビネット「silta cabinet series」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

13.jpg

商品ラインナップは以下のとおりです。

  • 2ドアサイドボード
  • 3ドアサイドボード
  • 3ドアサイドボードwithガラス
  • シェルフキャビネット

サイズやカラーが豊富なため、
ご自身のお部屋にあったものを選ぶことができます。

siltaシリーズをおすすめする理由

IMG_6826.jpg
京都店:シェルフキャビネットsilta 展示風景
ここからは、ヴィンテージ家具の紹介で
お伝えした内容を踏まえ、
北欧ヴィンテージ風キャビネット「silta」の
おすすめポイントを3つご紹介します。

  1. フォーカルポイントの土台となる「意匠性」
  2. 魅せると隠すを簡単に両立できる「利便性」
  3. コンパクトな間取りにも取り入れやすい「サイズ感」

北欧デザインが好き、ヴィンテージ家具が
気になるという方は、ぜひ「silta」の魅力に触れて、
お部屋づくりの参考にしていただければ嬉しいです。

1. フォーカルポイントの土台となる「意匠性」

15.jpg

まず、はじめにご紹介するのは、
なんといっても北欧ヴィンテージ家具を感じさせる
シンプルで洗練された意匠性

細部までこだわり抜かれたデザインは、
フォーカルポイントの土台として
ワンランク上の上質な空間づくりに最適です。

フォーカルポイントとは、「お部屋でよく目に入る場所」
つまり、「インテリアにおいて重要な場所」のことを指します。

また、3色展開のsiltaですが、
ヴィンテージ家具に多く用いられる赤味のある
チーク材をイメージした「ヴィンテージレッド」は、
ヴィンテージ好きにも大好評です。

2. 見せると隠すを簡単に両立できる「利便性」

16.jpg

次におすすめしたいポイントは、
だれでも簡単に「見せる」と「隠す」を
両立させることのできる利便性です。

どのお家でも、インテリアとして、
目に入って美しいものが「全体の2割」、
目に入ると美しくないものが「全体の8割」
あると言われています。

siltaは、この「見せたいもの」と「隠したいもの」を
1つの収納家具で担うことができます。

お部屋を素敵に見せようとすると、
つい飾るといった部分に重きを置きがちですが、
美しくないものをしっかりと隠すことではじめて
美しいものに目が行く素敵な空間に整います。

3. コンパクトな間取りにも取り入れやすい「サイズ感」

20230508160921-thumb-autoxauto-q98.jpg

最後におすすめするポイントは、
日本の住宅にも取り入れやすいサイズ感です。

日本の住宅は、コンパクトなLDKが多く、
奥行きのある収納家具は、動線の妨げとなります。

そのため、北欧ヴィンテージ家具などは
サイズ感がコンパクトな間取りに、
なかなかフィットしないことも。

そういった懸念点を解消したのが、
一般的なキャビネットに比べ、
奥行きを12cmコンパクトに設計したサイズ感。

動線の確保をしながらも、
大抵の生活用品は十分に入るよう考えられています。

また、商品ラインナップも豊富で、
お部屋の大きさ、収納したい物の量にあわせても
サイズが選べるのが嬉しいポイントです。

北欧ヴィンテージ風のキャビネットで、お部屋を素敵に整えましょう。

19.jpg

それでは、今回のおさらいです。

ヴィンテージ家具を購入する際、
注意すべきポイントは、以下の2つ。

  1. 購入前に、家具の状態を十分に確認すること。
  2. 出会いは一期一会のため、余裕を持った納期で探すこと。

siltaシリーズの魅力は、以下の3つ。

  1. フォーカルポイントの土台となる「意匠性」
  2. 魅せると隠すを簡単に両立できる「利便性」
  3. コンパクトな間取りにも取り入れやすい「サイズ感」

北欧ヴィンテージ家具ならではの
洗練されたデザインを取り入れつつ、
使いやすさを工夫した「siltaシリーズ」。

ぜひ一度、店頭でご覧くださいませ。

リアルショップのご案内

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Styling Furniture

2ドアサイドボード silta

¥ 108,000


3ドアサイドボード silta

¥ 138,000


3ドアサイドボードwithガラス silta

¥ 138,000


シェルフキャビネット silta

¥ 168,000




View More

暮らしにあったアートの選び方

バイヤーがご案内する収納選び

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「収納の基本」の最新記事 4件

2024年3月08日(金)
みんなのエッセイ

【整理収納のヒント手帖】「部分的」ミニマリストという考え方

「減らすもの」と「減らさないもの」の切り分けについて、考え方と具体例をご紹介します。

maho 14
2024年3月29日(金)
みんなのエッセイ

【整理収納のヒント手帖】ストックしておくと便利な「収納アイテム」を3つご紹介します。

余分に持っておいてもストレスがなく便利な収納グッズは、とても頼りになる存在です。

maho 9
2024年2月16日(金)
みんなのエッセイ

【整理収納のヒント手帖】省スペースでも大丈夫。キッチン収納のアイデア5選

北欧式整理収納プランナーのmahoさんが自宅で実践している「キッチン収納」アイデアをご紹介します。

maho 9
2024年4月03日(水)
収納の基本

置くだけで「様」になる。シェーカーボックスの使い方をご紹介

実用性とデザイン性を兼ね備えたシェーカーボックス。サイズ別の使い方とスタッフ宅のディスプレイをご紹介します。

福岡店 濱田 6

「収納の基本」の人気記事 4件

2018年3月20日(火)
収納の基本

圧迫感の心配なし!背の高い家具を上手に取り入れる、2つのポイントとは?

背の高い家具を置いても、不思議とスッキリ!なお部屋をつくるコツをご紹介します。

お客様係 山崎 323
2020年1月31日(金)
収納の基本

知ってたら得する、みんなの「 かご 」の使い方

実際に、お家で活用してる収納術。東京店スタッフ全員に聞いてみました。

編集部 江上 199
2019年4月19日(金)
インテリアを学ぶ

たったこれだけ!見せる収納を作る、3つのコツ「基本編」

意識するだけで、グッとまとまりやすい空間に早変わり。見せる収納を楽しむための、簡単な技をご紹介します。

編集部 江上 195
2020年5月08日(金)
ディスプレイの基本

見せる収納を作るコツ。ちょうどいいバランスは?

見せる部分と、実用性。メリハリをつけることがポイントです!

編集部 江上 83

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』