Re:CENOインテリア
合計¥20,000以上の購入で送料無料
マイページ
買い物カゴ
お問い合わせ


別注プロダクト|羽毛布団 スタンダードタイプ

ホワイトダックダウンを85%使用した「羽毛布団 スタンダードタイプ」。安心の品質でお手頃な、軽くて温かい掛け布団です。

HOME布団・寝具掛け布団

リセノ価格(税込)
シングル ¥25,300 234pt
セミダブル ¥32,400 300pt
ダブル ¥36,500 337pt
クイーン ¥43,600 403pt

          ●在庫/配送について

          最短お届け日

          再入荷をメールでお知らせします


          シングル

          セミダブル

          ダブル

          クイーン

          在庫が切れている場合は、次回の再入荷をメールでお知らせします。

          商品番号:RCN6483

          Reviewレビュー

          5.0(2件)
          ★★★★★
          2
          ★★★★☆
          0
          ★★★☆☆
          0
          ★★☆☆☆
          0
          ★☆☆☆☆
          0

          すごくふかふかでとても寝心地が良いです。現在は収納しています。良い布団です。


          かなりの寒がりで、今までは布団を何枚も重ねていましたが、
          軽いのに暖かくて、寝付きも良くなった気がします。



          FEATUREおすすめポイント

          軽くて、爽やかで、温かい。
          眠りの質を変える羽毛の掛け布団

          umou-sd-blog1.jpg

          1日のうちの約3分の1、人生で多くの時間を費やす睡眠。眠りの質が良くなれば、おのずと暮らしの心地よさにもつながります。多くの方が快適な眠りを求めて枕やマットレスにこだわるように、掛け布団もまた、質の良い睡眠に欠かせない大切な寝具です。

          心地よさを感じる掛け布団について紐解くとすれば、冬でも温かい保温性、負担を感じない軽さ、布団がムレない吸湿発散性の3点に優れていると言えます。

          最近では高機能なポリエステル布団も増えてきましたが、掛け布団として大切な要素がバランスよく優れているのは、やはり天然の羽毛がたくさん使われている布団なんです。

          umou-sd-blog2.jpg

          羽毛布団の中には、ダウンと呼ばれる綿毛のような形の羽毛が詰められています。このダウンがたっぷりと空気を含み、ふわふわと体積を増すことで、軽さを保ったまま高い保温性を発揮するんです。

          ダウンは湿気の吸収と発散性にも優れていますから、ただ温かいだけでなく、ムレを感じにくい快適な寝心地を保ってくれます。

          湿気をため込みにくいので、頻繁に天日干しする必要がなく、メンテナンスの頻度が少ないのも嬉しいポイント。

          こだわりの素材を、熟練の職人の手で。
          リセノオリジナルの日本製羽毛布団

          umou-sd-blog3.jpg

          リセノのオリジナル羽毛布団は、古くから織物の産地として名高い山梨県の甲州という場所で、熟練の職人によって1枚1枚丁寧に作られています。

          羽毛布団の品質に大きく関わるとされているのが、「羽毛がどれだけきれいに洗浄されているか」ということ。「洗浄」の工程がしっかり行われていないと、嫌な臭いが発生したり、細かい不純物が残ることで羽毛の割合に影響が出てしまい、十分な暖かさを保つことができなかったりと、様々な悪影響を及ぼしてしまいます。

          リセノの羽毛布団の清浄度(羽毛を洗った水の透明度)は、一般的な基準値の2倍以上。普通の水より分子構造が細かい富士山の天然水を使っているので、細かな汚れはしっかり取り除きつつ、羽毛の自然な油分は落とし過ぎずにふっくらとした風合いを保ちます。

          umou-sd-blog4.jpg

          また、出荷前には羽毛を150度の蒸気で蒸らして乾燥させる、「パワーアップ加工」という処理を施します。そうすることで、羽毛の膨らみ度を最大限に引き出すことができ、ふっくらとボリューミーな布団に仕上がります。

          パワーアップ加工を施しているものとそうでないものとは、同じように空気を含ませても膨らみ方が大きく違い、その差は歴然です。さらに羽毛は弾力性に優れ回復率も高いため、他の布団に比べてヘタリにくいという特徴を持っています。

          収納などで小さく折りたたんでおいても、再使用の際に布団をほぐしながら空気を含ませれば、元の状態に復元でき、ふんわり感も損なわれません。

          umou-sd-blog5.jpg

          長く心地よくお使いいただけるよう、羽毛の品質だけでなく、側生地(がわきじ)にも高品質な素材を選びました。

          超長綿とよばれる強度の高い糸で織られた生地は、ダニを一匹も通さないという検証結果が出るほどの高密度で織り込まれていて、とても丈夫なんです。さらさらと肌触りの良い生地は、吸湿性も抜群。

          直接肌に触れる部分にもこだわることで、より使い心地の良い羽毛布団に仕上がりました。

          安心の品質で手が届きやすい
          「スタンダードタイプ」

          umou-sd-blog6.jpg

          リセノでは、使用される方が求める機能性や予算に合わせて「スタンダード」「スペシャル」「オールシーズン」「プレミアム」の4種類のグレードをご用意しました。

          「スタンダートタイプ」は、安心して使える品質の上に、比較的手の届きやすい価格でお買い求め頂けます。

          普段使いの布団として使うのはもちろん、来客用として何枚かまとめて持っておくのもおすすめです。

          温かさと品質を保証する
          「ニューゴールドラベル」

          umou-sd-blog7.jpg

          羽毛布団の温かさは、羽毛の膨らみと、かさ高を表したdp(ダウンパワー)という数値を目安にしていただければと思います。ちなみに、数値が大きいほど暖かくなります。

          このスタンダートタイプの羽毛布団は、85%のダウンが使用されており、ダウンパワーは340dpです。

          これは、日本羽毛製品協同組合が定めている「ニューゴールドラベル」の基準をクリアする値で、羽毛布団としてリーズナブルでありながら、品質と温かさが保証されています。

          温かい空気を逃さない
          立体キルト製法

          umou-sd-blog8.jpg

          また、しっかりとダウンが使われているだけでなく、羽毛布団の長所を活かす立体キルトという製法が採用されています。

          キルティングに厚みを持たせることで、体への密着度が高く、温められた空気を逃さないのが大きな特徴。

          マス目が多く、通気性も確保されているので、ムレの少ない羽毛布団にぴったりの製法です。

          ちょっとした気遣いで、長く清潔に。
          簡単なお手入れのポイントをご紹介します。

          umou-sd-blog9.jpg

          羽毛布団のお手入れはクリーニングが基本となりますが、自宅で洗濯できて、いつでも取り換えることのできる寝具カバーを付けてあげれば、気兼ねなく清潔にお使いいただけます。

          毎日肌に触れるものですから、できるだけ衛生的に保ちたいですよね。

          umou-sd-blog10.jpg

          羽毛布団を外で干すのは、月に1~2回程度で十分です。直射日光が当たると、紫外線で生地が痛んでしまいますので、シーツなどのカバーをかけてあげるのが理想的です。

          あまり長時間干さなくても、天気の良い乾燥した日に片面を1時間ずつ干してあげれば、十分に湿気を取り除くことができます。

          umou-sd-blog11.jpg

          湿気に強い羽毛布団ですが、しばらく使わない場合は、保管の仕方に少し気を遣っていただければと思います。

          片付ける前に1度天日干ししていただき、寝具カバーを外した状態で、できるだけ湿気の少ない場所に保管してあげてください。敷き布団と一緒に保管する場合は、下敷きにならないように掛け布団を上に重ねておくのがポイントです。

          長期間保管する場合は、時々取り出して外に干したり、押入れの中も定期的に除湿することでダニやカビを予防できますので、次に使う際も気持ちよくお使いいただけます。

          umou-sd-blog12.jpg

          布団の部分的な汚れは、クリーニングしなくても「つまみ洗い」できれいにできる場合があります。

          汚れた箇所に少量の洗剤を染み込ませ、指の先で摘んでこすり合わせることで、汚れを落とす事ができます。つまみ洗いをした後は、洗剤が生地に残らないよう水で湿らせた布で拭き取ってあげてください。

          生地も痛みにくいので、ピンポイントで汚れてしまった場合は、このお手入れを方法をぜひお試しください。

          ご自宅のベッドに合わせやすい
          4サイズをご用意しました。

          umou-sd-blog13.jpg

          様々なご家庭でお使いいただけるよう、一般的なベッドの大きさに合わせられる4つのサイズをご用意しました。

          こちらは、お1人のワンルームで使用される方も多いコンパクトなシングルサイズ。

          umou-sd-blog14.jpg

          1人でゆったり眠りたいという方に多く選ばれているセミダブルサイズ。

          umou-sd-blog15.jpg

          2人暮らしに程よいサイズ感のダブルサイズ。

          umou-sd-blog16.jpg

          2人でゆったり眠るのにおすすめのクイーンサイズ。

          ぜひ、ご家庭で使用されているベッドの大きさを確かめていただき、適したサイズの布団をお選びください。



          SPECスペック

          サイズ

          シングル:150cm × 210cm
          セミダブル:170cm × 210cm
          ダブル:190cm × 210cm
          クイーン:210cm × 210cm

          梱包サイズ

          全サイズ:63cm × 36cm × 53cm

          素材

          側地:綿 100%(60サテン)
          中綿:ダウン 85%、フェザー 15%(中国産ホワイトダック使用、ダウンパワー 340dp)

          重量

          本体重量:2kg(シングル)、2.4kg(セミダブル)、2.8kg(ダブル)、3.2kg(クイーン)
          中綿重量:1kg(シングル)、1.2kg(セミダブル)、1.4kg(ダブル)、1.6kg(クイーン)
          梱包重量:3kg(シングル)、3.4kg(セミダブル)、3.8.kg(ダブル)、4.2kg(クイーン)

          備考

          日本製

          メーカー保証:3年
          羽毛布団品質保証ラベル:ニューゴールドラベル

          ドライクリーニング可(水洗い・洗濯機不可)
          部分的に汚れた場合は、すぐにつまみ洗いし十分に乾燥させてください。
          クリーニングの際は専門業者にご相談ください。

          羽毛の吹き出しの原因となるため、針や安全ピンは絶対に使用しないでください。
          においが気になる場合は、布団を折りたたんで臭気を押し出し、3~4時間、日に干してからお使いください。
          日干しの際は、傷みや汚れを防ぐためにカバーで覆ってください。

          圧縮袋を使用して収納される場合は、羽根の繊維が潰れてしまわないよう、少し空気を残しておくことをおすすめします。

          Recommend Magおすすめ読み物

          Related Item関連アイテム


          別注プロダクト|羽毛布団 スタンダードタイプ
          ¥25,300~

          新着トピックス

          オリジナル照明を発売します。

          バッテリー内蔵で「コードレス」「無段階調光」できるテーブルライトを作りました。

          10/6(水)よりTELサポートを再開します。

          新型コロナの影響により休止しておりましたTELでのサポートを再開いたします。ご質問やご相談など、お気軽にお問合せください。

          オフィス家具をリリースしました。

          自社オフィス用にデザインしたオフィスデスクと、チェアを発売しました。

          ラウンドアームチェアを発売しました。

          ハーフアームが美しいペーパーコードチェアを発売しました。