Re:CENOインテリア
合計¥20,000以上の購入で送料無料
マイページ
買い物カゴ
お問い合わせ


KINTO ブリューワースタンドセット

インテリアとしての美しさも感じさせてくれる「ブリューワースタンドセット」。スタンド、フィルター、ブリューワー、サーバー、ホルダーの5点セットです。

HOMEコーヒーグッズドリッパー/サイフォンコーヒーフィルターコーヒー(その他)コーヒーサーバードリップスタンド

こちらの商品はあす着対応商品です。
リセノ価格(税込) ¥16,500 152pt

    ●在庫/配送について

    最短お届け日

    再入荷をメールでお知らせします


    在庫が切れている場合は、次回の再入荷をメールでお知らせします。

    商品番号:RCN5995

    Reviewレビュー

    5.0(1件)
    ★★★★★
    1
    ★★★★☆
    0
    ★★★☆☆
    0
    ★★☆☆☆
    0
    ★☆☆☆☆
    0

    少し高かったけど購入して良かったです。

    我が家のコーヒーグッツとも相性がいいです。

    とってもお洒落で収納するのがもったいなくて
    いつも見える場所に置いています。



    FEATUREおすすめポイント

    暮らしに豊かなひとときを添える
    「BREWER STAND SET(ブリューワースタンドセット)」

    ki-bss-blog1.jpg

    コーヒーがどこでも手軽に飲めるこの時代に、コーヒーを淹れるための道具へ期待することはなんでしょうか。それは、ただ自宅でコーヒーが飲めれば良いということだけでなく、なんだか暮らしを素敵にしてくれそうな「予感」ではないでしょうか。

    SLOW COFFEE STYLE SPECIALTY(スローコーヒースタイル スペシャルティ)と銘打たれたコーヒーウェアコレクション。日本のクラフトマンが、ゆったりとした時間を尊ぶ人のために、丁寧な手仕事で仕上げたこのブリューワースタンドは、豊かなひとときへの期待感をくすぐります。

    ki-bss-blog2.jpg

    細部にまでこだわって個性を持たせたデザインは、コーヒーウェアでありながら、インテリアとしての美しさも感じさせてくれます。しまっておくのがもったいなくて、自然と目に付くところに置いておきたくなる存在感です。

    ki-bss-blog3.jpg

    長い時を過ごしてきたような、クラシカルでこなれた空気感をまとった佇まいは、リセノが提唱する「ナチュラルヴィンテージ」の世界観にもよく馴染みます。

    暮らしと共に、育てる。
    ずっと使いたくなる素材選び

    ki-bss-blog4.jpg

    このブリューワースタンドの美しさに説得力をもたせるのは、質感にこだわって選び抜かれた素材たちです。

    スタンド部分に使われている真鍮には、ブラスト加工と呼ばれるつや消し処理が施されています。真鍮の上品さを程よく残しつつも、使い込まれたような風合いを感じさせる仕上がりに。

    ki-bss-blog5.jpg

    真鍮は、経年と共に変化していく素材です。使い込む程に、さらに味わい深さを増していきます。

    コーヒーを楽しむ時間を重ねる中で、本物のヴィンテージへと成長していく道具を眺めていると、ひときわ愛着も湧いてきます。

    ki-bss-blog6.jpg

    スタンドの土台に使われているのは、世界三代銘木にも数えられるウォールナット。

    深い色合いの木肌が美しく、シンプルに機能性だけを追求したコーヒー器具には無い、木材特有の温もりを感じることができます。それだけでなく、ウォールナットは丈夫で高い耐久性があり、壊れにくいという特徴も。

    真鍮とウォールナットという異素材の組み合わせは、コーヒーウェアとして個性的な存在感を醸しながら、永く暮らしに寄り添う道具でありたいという作り手の想いを感じることができます。

    コーヒー本来の風味をそのままに。
    暮らしに優しいステンレスフィルター

    ki-bss-blog7.jpg

    永く使うための工夫は、このブリューワースタンドの特徴の一つでもある「ステンレスフィルター」にも凝らされています。

    ステンレスフィルター部分には、チタンコーティングが施されており、匂い移りや熱による変形にも強く、さっと洗うだけで繰り返し使うことができます。使い捨てのペーパーを使用するドリッパーに比べて、経済面や環境的にも、とてもエコなんです。

    ペーパーフィルターを常に用意しておかなければならない煩わしさも無く、豆さえあればおいしいコーヒーが入れられるという気軽さも、永く使いたくなるポイントの一つです。

    ki-bss-blog8.jpg

    ステンレスフィルターで淹れたコーヒーからは、深いコクや旨味を感じることができると言われています。実際にペーパーフィルターで淹れたコーヒーと飲み比べてみたのですが、その明確な味の違いに、僕自身も驚きました。

    ペーパーフィルターには、コーヒーの風味がさわやかに舌の上を流れていくような、すっきりと洗練された味という印象があります。対してステンレスフィルターは、コーヒーの酸味や甘みが、じんわりと濃く舌の中にしみ込んでくるようなイメージ。

    コーヒーが本来持つ複雑で奥深い風味を、ありのままに感じることができます。

    ki-bss-blog9.jpg

    その味の秘密は、「コーヒーオイル」と呼ばれる、コーヒーが持つ油分にあります。

    ペーパーフィルターがコーヒーの油分や雑味を適度に濾し取り、すっきりとした味わいになるのに対して、ステンレスフィルターでは、コーヒーの持つ油分も含め、様々な成分がダイレクトに抽出されます。

    実際に、ステンレスフィルターで淹れたコーヒーの表面には、コーヒーオイルを見てとることができます。この油分こそが、コーヒーの深いコクや旨味を感じさせるエッセンスなんです。

    ki-bss-blog10.jpg

    良くも悪くも、コーヒーの味を正直に引き出すのがステンレスフィルターの特徴です。なので、できるだけ新鮮なコーヒー豆をお使いただければと思います。

    鮮度の落ちた古いコーヒー豆を使ってしまうと、嫌な雑味ばかりが際立ってしまう印象ですので、豆の管理にだけ気を配っていただければ、いつでもおいしいコーヒーを楽しんでいただけます。

    使い手の立場に寄り添い、
    考え抜かれた使い心地

    ki-bss-blog11.jpg

    上質なコーヒーウェアに欠かせないのは、暮らしの中で重荷にならない快適な使い心地です。

    ブリューワースタンドセットに付属しているサーバーには、300ml(約2杯分)と600ml(約4杯分)の目盛りが、二つの斑点としてさりげなくあしらわれています。

    150mlのお湯に対して、中粗挽きの豆を10gを使用するのが基本のレシピ。なので2杯分淹れたい時は、20gの豆をセットし、300mlの目盛りまでドリップして頂くだけで、美味しいコーヒーが召し上がっていただけます。

    コーヒー豆の量さえ測っておけば、わざわざお湯を計量する必要がないので、とても気軽なんです。

    ki-bss-blog12.jpg

    サーバーには耐熱ガラスが使われていますので、コーヒーが冷めてしまったらそのまま電子レンジへ。

    最後の一滴まで、温かいコーヒーを楽しむことができます。

    ki-bss-blog13.jpg

    抽出されていくコーヒーを眺められる楽しさも、ドリッパースタンドを使う醍醐味の一つですが、跳ねたコーヒーの水滴が周りを汚してしまうことも。

    スタンドの調節ネジを使えば、ドリッパーの高さを調整できますので、容器に合わせて近づけてあげれば、そうした心配も要りません。マグカップに直接抽出できるのも、嬉しいポイント。

    自分の入れやすい高さでドリップできる使い勝手の良さも魅力的です。

    ki-bss-blog14.jpg

    抽出が終わったフィルターの置き場として、ガラスのホルダーが付属しているのも、絶妙な気遣いです。

    お住まいの環境やその日の気分によって、キッチン以外の場所でコーヒーを淹れるということも、特に珍しいケースではないかと思います。

    シンクが近くに無いと、使い終わったドリッパーのやり場には意外と困るものですが、ひとまずホルダーにフィルターを預け、ゆっくりとコーヒーを楽しんだ後にまとめてお片づけ、といったラフな使い方がしっくりきます。

    さくっと洗える気持ちよさ。
    面倒なお手入れは必要ありません。

    ki-bss-blog15.jpg

    ドリッパー部分のお手入れはとても簡単で、最後まで気持ちよくお使いいただけます。

    フィルターのコーヒー豆をゴミ箱へ軽く捨てて頂いた後は、水道でさっと流すだけで、残りもほとんど落ちてしまいます。サーバーやホルダーを洗うついでに、スポンジで軽く撫でてあげれば、目詰まりすることもなく、しっかりと綺麗な状態になります。

    ブラシなどの面倒なお手入れは必要ありません。ただ、サーバーやホルダーのガラスは薄くて少し繊細ですから、割れないように優しく洗って頂くことだけ、気をつけていただければと思います。

    ki-bss-blog16.jpg

    土台のウォールナット部分にはコーティングが施されており、コーヒーがこぼれても、すぐに染み込んだりはしません。

    液体がこぼれたときは放っておかず、湿らせたふきんなどで拭ってあげれば、いつまでもシミのない綺麗な状態でお使いいただけるかと思います。

    大切な人にも贈りたくなる
    素敵な個箱でお届けします。

    ki-bss-blog17.jpg

    ブリューワースタンドセットは、シンプルでシックなデザインの個箱でお届けします。

    大切な人へのプレゼントにも、センスの良い贈り物として、自信を持っておすすめできます。

    「使い心地」と「佇まい」を大切にしている
    KINTO(キントー)のものづくり

    ki-bss-blog18.jpg

    SLOW COFFEE STYLE SPECIALTYを手掛けるのは、使い心地と佇まいを大切にし、丁寧なものづくりをおこなうKINTO。

    ささやかなコーヒーシーンを、上質な時間へ。そんな情熱で磨き上げられたコーヒーウェアは、きっと暮らしに豊かなひとときを添えてくれるはずです。



    SPECスペック

    サイズ

    スタンド:幅 16.5cm × 奥行き 13cm × 高さ 25cm
    ブリューワー:直径 12cm × 高さ 10cm
    ホルダー:直径 8cm × 高さ 6cm(底幅 6cm)
    サーバー:幅 13.5cm × 奥行き 11.5cm × 高さ 11cm(持ち手含む)
    サーバー口:直径 8cm

    素材

    スタンド:ウォールナット(ウレタン塗装)、真鍮、ステンレス、シリコン
    フィルター:ステンレス(窒化チタンコーティング)
    ブリューワー、サーバー、ホルダー:耐熱ガラス(耐熱温度差120℃)

    備考

    容量 700ml

    付属品:スタンド、フィルター、ブリューワー(4Cups用)、サーバー、ホルダー

    【フィルター】食洗機使用可
    【ブリューワー・サーバー・ホルダー】食洗機使用可、電子レンジ使用可

    電子レンジで加熱しすぎたり、空焚きはしないでください。
    ご使用後は早めに汚れを落とし、十分に乾燥させて保管してください。
    洗浄の際は研磨剤入りのスポンジやたわし、クレンザーなどのご使用をお控えください。
    手作業による製作のため、サイズや形状などに多少の個体差が生じる場合がございます。

    Recommend Magおすすめ読み物

    Related Item関連アイテム


    KINTO ブリューワースタンドセット
    ¥16,500

    新着トピックス

    10/6(水)よりTELサポートを再開します。

    新型コロナの影響により休止しておりましたTELでのサポートを再開いたします。ご質問やご相談など、お気軽にお問合せください。

    オフィス家具をリリースしました。

    自社オフィス用にデザインしたオフィスデスクと、チェアを発売しました。

    ラウンドアームチェアを発売しました。

    ハーフアームが美しいペーパーコードチェアを発売しました。

    公式アプリをリリースしました!

    気になる記事や動画、商品をクリップできる「お気に入り登録」で、自分だけのインテリアの教科書に。