新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う縮小営業のお知らせ


Re:CENOインテリア
合計¥20,000以上の購入で送料無料
マイページ
買い物カゴ
お問い合わせ


クリアランス
ソファ、ラグ、ベッド、照明など、欲しいインテリアをお得な価格で!
アウトレット
撮影などで使用したインテリアを、数量限定で。早いもの勝ちです!

Re:CENO product|レザールームシューズ

シンプルでベーシックな意匠のレザールームシューズ。柔らかな床革を採用することで、サステナブルに仕上げています。

HOMEルームシューズ・スリッパルームシューズ

リセノ価格(税込)
レディース ¥8,800 81pt
メンズ ¥8,800 81pt

      ●在庫/配送について

      最短お届け日

      お気に入り・再入荷お知らせ登録


      レディース

      メンズ


      商品番号:RCN8237

      FEATUREおすすめポイント

      サステナブルの視点で、捨てる革を活かす。
      「床革(トコガワ)」で仕立てました。

      leather-rs-blog1.jpg

      Re:CENO productから、雑貨プロダクトの第2弾「レザールームシューズ」をリリースします。

      ナチュラルヴィンテージの世界観にフィットするようなルームシューズを作ろうと思い、新たにデザインしたシンプルでベーシックな意匠のルームシューズです。

      ただ、シンプルでベーシックながら、この製品の特長的なポイントは、床革(トコガワ)という革を使用することで、独特な質感を表現し、それと同時に本来は捨てられる革を使うという「サステナブル」な製品に仕上げました。

      leather-rs-blog2.jpg

      このルームシューズは、牛の床革(トコガワ)を使用しています。「床革」とは、革をスライスしたときに出る2層目にあたる部位のことです。

      一般的に「革製品」としてみなさんが目にしているのは、一層目の「銀面(ギンメン)」を使用したものです。

      これに比べて「床革」は、銀面を取った後の残りの革であり、一般的に耐久性が銀面に対して劣るため、価値が低く見なされ、捨てられたりする事もあります。

      leather-rs-blog3.jpg

      ただ「床革」はとても柔らかく、表面は起毛したような独特の質感があり、触り心地が良く、銀面の革にはない特徴を多く有しています。

      サステナブルの視点からも、牛の命からの貴重な素材を捨てるのはもったいないので、いわば「ホルモン」のような感じで愛される製品を作れないかな......と、考えはじめました。

      そこで、僕たちの強い味方である京都の革職人さんに相談し、床革をルームシューズとして使える製品にすべく、耐久性をもたせる工夫がスタートしたのでした。

      leather-rs-blog4.jpg

      製作は、おなじみ京都の革職人に依頼。
      何度も作り直して完成しました。

      leather-rs-blog5.jpg

      前述の通り、生産はレザーティッシュケースと同じく、京都の革職人さんに依頼しています。

      リセノからの依頼は、毎度のことながら全体的にふわーっとしたお願いが多く、今回も試作に次ぐ試作で、半年間で10足以上を作ってもらってしまいました。

      leather-rs-blog6.jpg

      ただ、今回も本当に細かな要望に、丁寧な仕事をしていただき、また、ルームシューズに床革を採用するという今までにない製品であることで、本当に二人三脚で作り上げました。

      完成まで持っていけたのは、職人さんの豊富な知識と高い技術があってこそだと、心から感謝です。

      leather-rs-blog7.jpg

      「床革」を丁寧に塗装することで、
      美しく、耐久性も上げる。

      leather-rs-blog8.jpg

      前述のとおり、床革は一般的な銀面の革に比べて、耐久性が劣るのが弱点です。

      ちなみに聞きなじみのある「スウェード」「ベロア」も、牛や羊などの「床革」を加工したものですので、耐久性が著しく悪いわけではありません。ただ、プレーンなそのままの状態では、やはり製品として弱いのも確かです。

      そこで「撥水・撥油・防汚」の効果のある液体を、ひとつひとつ手作業で塗っていく事で、革に張りを与え、また同時に汚れや、水濡れに強くする効果を与えています。

      leather-rs-blog9.jpg

      スタッフ宅の洗面所で試したところ、しっかりと水をはじいてくれました。

      leather-rs-blog10.jpg

      塗装を厚くしすぎると、表面がテカテカになり、また独特の風合いと柔らかさが無くなってしまいますので薄めに塗装しています。

      そのため、完全防水というわけではありませんが、個人的には、レザー製品はピカピカな状態を保つよりも、ある程度スレや汚れがつきながら、味わいを増していく方が素敵と思っていますので、ちょうど良いくらいの塗装具合かなと思っています。

      leather-rs-blog11.jpg

      使い始めから柔らかく、
      足馴染みも抜群です。

      leather-rs-blog12.jpg

      床革は柔らかな質感を持っていますので、使い始めから、比較的柔らかく「足の甲が革にあたって痛い」なんてことがありません。

      使い始めは、多少の革の硬さを感じますが、1~2週間も履いていれば、あっという間に柔らかさが出てきます。

      さらに使っていくごとに柔らかく、足にフィットするようになり、僕も3か月ほどオフィスで使っていて、どんどんと足に馴染んできている感覚があります。

      leather-rs-blog13.jpg

      leather-rs-blog14.jpg

      また、全体的に繊細さを感じる意匠にするために、革は薄めに仕上げていますが、インソール部分にはクッションを入れ、底当たりのない、柔らかな履き心地を感じるようにしています。

      leather-rs-blog15.jpg

      また、レザーティッシュケースと同様に、インソール部分にブランドロゴも入れました。

      「生成りのナチュラル」と「ムラ感のブラウン」の
      2カラーを作りました。

      leather-rs-blog16.jpg

      カラー展開は、ナチュラルカラーと、ブラウンカラーの2色展開です。

      leather-rs-blog17.jpg

      ナチュラルカラーは、着色はせずに保護塗装のみの仕上げです。革がもともと持つ淡いベージュ色に仕上げており、美しい女性的な色合いが特徴です。

      leather-rs-blog18.jpg

      ブラウンカラーは、1点1点職人の手で、あえて手塗りで着色しています。

      手塗りで行うことにより、独特のムラが表現されて、アタリ感のある仕上げにしています。

      leather-rs-blog19.jpg

      スプレーガンなどで吹くと、ムラなくきれいに仕上がるのですが、あえてそれはせず、手作りの良さを表現しています。

      leather-rs-blog20.jpg

      leather-rs-blog21.jpg

      さて、ひとつ事前に知っておいていただきたいのが、動物という個体差のある生き物の皮を使うのが革製品なので、同じ製品でも革のニュアンスが違ったり、塗装の発色が微妙に異なったりと「差」が出ます。

      この製品は、そういった個体ごとの質感や色のムラも味わいとして楽しんでいただくことを前提とした製品ですので、例えば、2足ご注文いただいたとしても、まったく同じものをお届けすることはできません。

      あらかじめご了承いただければと思います。

      leather-rs-blog22.jpg

      サイズは、メンズ・レディースの2種類。
      いろんな足にフィットするように設計しています。

      leather-rs-blog23.jpg

      サイズ展開は、メンズサイズと、レディースサイズの2サイズ展開です。

      leather-rs-blog24.jpg

      社内のいろんな足サイズのスタッフに履いてもらって検証した結果、メンズ/レディースで区分けするにはソールの長さがポイントだという事が分かってきました。

      通常のルームシューズの場合、例えば、女性で足の大きい人だと、レディースサイズだとソール部分が微妙に足りなくて履きづらく、メンズサイズだと大きくてこれもまた履きづらいわけです。

      なので、ソールの長さは3回くらい試作しなおして、履きやすい長さに調整しました。ソール部分を少しだけ長めに作りましたので、どんな足サイズの方にもわりと良い感じで履いていただけると思います。

      leather-rs-blog25.jpg

      「心地」を備えた、
      Re:CENOの暮らしに寄り添うルームシューズ

      leather-rs-blog26.jpg

      「Good feeling design(心地のいいデザイン)」「Long life devise(長く使える工夫)」は、Re:CENO productが掲げるコンセプト。

      Re:CENOの人気シリーズとなっている「folk」「WIRY」「R.U.S」「NOANA」「AGRA」、もちろん「レザールームシューズ」も、このコンセプトのもと開発されました。材質や色、生地など、細部にまで想いを込めたこれらのアイテムは、形こそ違えど常にリンクし合っています。

      一つの空間でお使いいただく際に、見た目のかっこよさや統一感だけでなく、「心地」を備えたディテールや機能性をきっと感じていただけるはずです。

      leather-rs-blog27.jpg



      SPECスペック

      サイズ

      レディース:約 23~24.5cm
      メンズ:約 25.5~27.5cm

      素材

      レザー(床革)

      備考

      日本製

      こちらの商品は天然皮革を使用しているため、風合い、色味などが画像と異なる場合がございます。

      Reviewレビュー

      レビューはまだありません。

      Recommend Magおすすめ読み物

      Related Item関連アイテム


      Re:CENO product|レザールームシューズ
      ¥8,800~

      新着トピックス

      レザールームシューズを発売しました。

      サステナブルの視点で「床革(トコガワ)」で仕立てたルームシューズを新発売しました。

      ラグなどクリアランス価格になりました。

      ラグやこたつ布団など、一部商品がクリアランス価格になりました!

      WICKER BENCH/STOOLを発売しました。

      WICKER CHAIRのシリーズアイテムとして、ベンチとスツールを新たに発売しました。

      StylingBook リニューアル!

      ナチュラルヴィンテージの要素別にスタイリングを見ていける様にリニューアルしました!