Re:CENOインテリア
合計¥20,000以上の購入で送料無料
マイページ
買い物カゴ
お問い合わせ


Re:CENO product|フロアライト Oak&Oilparch

FLLIGHTING2

HOME照明フロアライト・テーブルライト

こちらの商品はあす着対応商品です。
価格(税込)
LED電球 ¥79,800 738pt
スマートLED電球 ¥80,800 748pt

      こちらの商品は送料無料です。

      ※北海道・沖縄・離島は、送料無料適用外です。

      ●在庫/配送について

      最短お届け日

      再入荷をメールでお知らせします

      LED電球

      スマートLED電球

      在庫が切れている場合は、次回の再入荷をメールでお知らせします。

      商品番号:RCN12991

      VIDEO魅力を紐解く動画

      おすすめポイントを動画で解説します(音声解説)

      FEATUREおすすめポイント

      ナチュラルヴィンテージなインテリアに合う
      「カーフレザー」のような意匠デザイン

      opp35-fl-blog1.jpg

      オレンジ色の柔らかな光でお部屋を照らす「フロアライト Oak&Oilparch(オークアンドオイルパーチ)」。このフロアライトの最大の特徴は、シェード部分の独特の意匠と質感にあります。

      その見た目は、まるで「レザー」のよう。

      カーフ(仔牛)のしわのようなランダムな凹凸があり、その風合いが、レザーのように見えるのです。

      でも、実はこのシェードは「紙」でできています。

      opp35-fl-blog2.jpg

      エンボスを施した特性の紙に、手作業で1枚1枚手塗りで仕上げています(2019年の発売から、一貫して社内にて作業しています)。

      それも3種類のオイルを独自に調合し、1枚あたり5回から6回ほど塗り重ねる、非常に手間のかかる塗装を施して、丁寧に仕上げています。

      「紙に印刷して色を付ける」というのは一般的ですが、「紙にオイルで塗装をする」というのは、家具屋ならではの発想でしょう。

      1点ずつ手作業で塗装していくのは、なかなか手間のかかる作業ですが、印刷ではのっぺりとした均一な印象しか出ないのに対し、手で塗りこむと独特の陰影が出来て、ムラのある仕上がりになります。

      opp35-fl-blog3.jpg

      この手間をかけて、紙がまるでレザーのような意匠をもつ独特のシェードに仕上がります。紙自体がオイルの塗装に耐える強いものというのもポイントです。

      照明は点灯しているときの美しさはもちろんのこと、日中の消灯している時の美しさも重要です。

      Re:CENO productの家具のような「海外の田舎」のインテリアの様な素朴であたたかな空間づくりにおいて昼夜問わずしっくりフィットする照明を作りました。

      「紙」をシェードにするのは、実は難しい。
      独自の仕様にたどり着きました。

      opp35-fl-blog4.jpg

      「なーんだ。ただの紙か」

      と思われるかもしれませんが、紙をシェードに仕立てるには、実は細かな苦労があります。

      通常、シェードは布などで出来ていることが多いのですが、布であれば素材自体に柔らかさがあるので、シェード布を上下の円形のフレーム部分に巻きつけて、固定ができます。

      opp35-fl-blog5.jpg

      これが今回のように紙の場合、紙は布のように柔らかさがない為、自由に折り曲げることができず、また、折りジワもついてしまうので、フレームに巻きつけて固定することができません。

      和紙のように「薄く、軽い」素材であれば、のりで固定も可能なのですが、この場合フレームを細かく通したりする必要があり、シンプルな美しいデザインにはなりません。(提灯を思い出してもらえると分かりやすいです)

      opp35-fl-blog6.jpg

      今回の紙は、厚いぶん重みがあり、提灯の手法も使えません。

      こんな理由で、紙をシェードに利用するのは簡単そうに見えて、実は案外実現が難しいのです。

      「レザーのような紙シェード」というコンセプトまでは早かったのですが、この部分をどう解決するかにとても時間がかかりました。

      解決策は、フレームを無くして浮かせる

      opp35-fl-blog7.jpg

      さて、課題を解決するために、あれやこれやと工夫をこらすのが、リセノの製品づくりです。

      開発当初は、一般的なシェード製作手順である「のり」で、フレームと紙シェードの固定を試しました。

      が、出来上がってすぐは良いものの使っていくうちに照明の熱でのりの固定が弱まり、シェードがフレームから外れて、落ちてしまいます。

      どうにかフレームとシェードを留められないかと、レザーで巻いたり、鋲を打ったりといろいろと試しましたがなかなか思い描くようなすっきりとしたデザインにならず、どうもイメージが違います。

      悪戦苦闘の末に思いついたのが「いっそのこと留めにくいならば、フレームを無くしてしまおう」という突拍子もないアイディア。

      opp35-fl-blog8.jpg

      フレームを無くして、内側からネジでシェードを固定するという前例のない方法を試してみたのです。

      シェードの内側から上下4箇所のネジで固定することで本来はあるはずの円形のフレーム自体を無くすことに成功し、シェードも円形を保つことに成功しました。

      外側から見えるのは、金色のマイナス真鍮ネジのみになり、すっきりときれいな意匠に。

      上下の円形フレーム自体を無くしながらも、ネジでしっかりと固定することで、きれいな円形を保つことが出来たのです。

      opp35-fl-blog9.jpg

      上下の円形フレームをなくすことで、
      影がなくなり、より独創的なシェードに。

      opp35-fl-blog10.jpg

      紙をシェードにする工程で上下の円形フレームをなくしたことで、偶発的にもうひとつメリットが生まれました。

      それは、上下の「シェードの影」が無くなることです。

      下の画像でわかるように、通常のシェードであれば上下にフレームがあるため光を通さず、影になってしまいます。

      opp35-fl-blog11.jpg

      これが、今回は上下4箇所のネジで留めることで円形のフレームがなくなったので、上下の影も無くなりました。

      照明の端から端まで、すべて光っています。

      ほんのわずかなポイントですが、これにより、まるで宙に浮いているかのようなすっきりとした光を放つ、より美しいフロアライトに仕上がりました。

      「こっくり」とした味わいのある空間に。
      消灯時の佇まいも、魅力のひとつ

      opp35-fl-blog12.jpg

      この照明は、消灯時も魅力のひとつ。消灯している姿は、ゆったりと落着きがあって美しく、独特の存在感を感じます。

      お部屋のスタイリングを考えるときには、

      ・上空間 = 目線の高さ
      ・中空間 = 家具の高さ
      ・下空間 = 床

      という「空間の高さ」それぞれに効果的にバランスよくインテリアアイテムを配置することが大切です。

      そうでないと、目線の高さに壁しかなく、寂しい印象になってしまったりするためです。

      opp35-fl-blog13.jpg

      ビフォーアフターの画像を見ていただければ分かりやすいと思いますが、美しい家具が揃っていたとしても目線の先のスタイリングが不十分であると、寂しい印象を受けてしまいます。

      opp35-fl-blog14.jpg

      このフロアライトは、レザーのような見た目の存在感が象徴的であり「上空間 = 目線の高さ」のスタイリングアイテムとして、良い役割を果たします。

      opp35-fl-blog15.jpg

      ソファーの横に置いておくことで、ソファーをさらに引き立てる役割を果たしてくれるため、お部屋の装飾としても役立ってくれることでしょう。

      また、住宅というのは効率を重視して作られている為、「角」がたくさんあります。

      「角が立つ」という慣用句があるように、角というのは心理的に緊張感を感じさせます。

      opp35-fl-blog16.jpg

      その角を打ち消すために、円形のアイテムを配置するというのも、リセノが研究して定義したスタイリングセオリーのひとつです。

      この照明を部屋の角に置くことで、円形のシェードによって角が見えなくるため、お部屋の緊張感を和らげる効果も期待できます。

      フロアライトとは、インテリアスタイリングを考えるうえで、想像以上に良い働きをしてくれるのです。

      ペンダント照明と「レピテーション」で、
      より統一感のあるスタイリングに。

      opp35-fl-blog17.jpg

      お部屋に統一感を出すためのインテリアのセオリーとして「レピテーション(繰り返し)」というものがあります。

      お部屋というひとつの空間の中には、さまざまな素材、カラー、かたち、テイスト(文化)のアイテムが存在しますよね。

      ひとつひとつのアイテムがあまりに共通点がないと、全体的に雑多な印象になってしまいます。

      opp35-fl-blog18.jpg

      そうならないように使用するのが「レピテーション」というセオリーです。

      やり方は、知ってさえいればとても簡単。共通の要素があるアイテムを選ぶようにするだけです。

      要素は主に、

      ・素材レピテーション
      ・カラーレピテーション
      ・形状レピテーション
      ・文化レピテーション

      といったものがあります。

      opp35-fl-blog19.jpg

      全体がばらばらとしないように、共通の要素を選ぶことで、お部屋にまとまった印象を与えることができます。

      この照明は「Oilparch」シリーズとしてペンダント照明も発売済ですので、そちらとレピテーションすることで個性が強いこのフロアライトも、個性が浮いてしまうことなく、お部屋になじませることができます。

      生活シーンに合わせて、実用的に。
      「調色・調光電球」のLED電球を採用しました。

      opp35-fl-blog20.jpg

      セットの電球は「通常のLED電球」と「スマートLED電球」の2種類から選べるようにしました。

      スマート電球とは、調光・調色が出来たり、GoogleやAmazonのデバイスと連携して声で操作できたりする次世代的な電球です。

      スマホで簡単。
      明るさの調整が可能です。

      opp35-fl-blog21.jpg

      専用のアプリと連携させるだけで、スマホで明るさや色味を調整することが可能です。

      タイマー機能もあり、大変便利です。

      いくつか使用イメージをご紹介します。

      普段使いはこれがオススメ!
      色味 [オレンジ] × 明るさ [明るい]

      opp35-fl-blog22.jpg

      明るさ100%だと、60W相当の明るさを取れるので、上の画像のように明るく照らしてくれます。

      オレンジ色の素敵な空間です。

      まったりとした落ち着いた夜に。
      色味 [オレンジ] × 明るさ [暗い]

      opp35-fl-blog23.jpg

      色味をオレンジ色のままに、明るさをぐっと下げるとより落ち着いた明かりを演出できます。

      週末に自宅でお酒を傾けたり、DVDを見たりといったまったりとしたい時に最適。

      寝室にも良い感じです。

      やる気を出したい時に最適!
      色味 [ホワイト] × 明るさ [明るい]

      opp35-fl-blog24.jpg

      リビングやダイニングで仕事や勉強をしたい時にはしっかりとやる気を出す「白色」がおすすめです。

      普段は「白色」のいわゆる蛍光灯のような明かりでは、素敵なインテリアシーンとはいえないですが、必要なときだけ変えられるというのは、とっても便利です。

      家具に合わせて選びやすい
      定番の3色を作りました。

      opp35-fl-blog25.jpg

      シェードはオイルパーチで共通ですが、フレームカラーはリセノの家具と合わせて選びやすい3つの色をご用意しました。

      opp35-fl-blog26.jpg

      いずれもホワイトオークを使用していますので、非常に美しい木目と、長く愛用できる耐久性を持っています。

      こっくりと、落ち着きのある「ブラウン」

      opp35-fl-blog27.jpg

      こっくりとした色味を施した「ブラウンカラー」は、ブラウンの家具と合わせて統一感のあるスタイリングにぴったり。

      opp35-fl-blog28.jpg

      落ち着きのあるミドル色のブラウンカラーですので、重すぎず、女性にも人気のカラーです。

      上品で味わい深い「ヴィンテージレッド」

      opp35-fl-blog29.jpg

      北欧アンティーク家具によくみられる赤みを帯びたブラウンである「ヴィンテージレッドカラー」。

      ブラウンカラーよりも明るさがあり、上品な見た目は味わいのある上質なお部屋づくりにぴったりです。

      さわやかでどんな部屋にも馴染む「ナチュラル」

      opp35-fl-blog30.jpg

      オークの色味をそのまま生かした「ナチュラルカラー」は、オーク材の良さをもっとも感じられる色です。

      さわやかな印象を与えてくれるので、どんなお部屋にも合わせやすい万能選手です。



      SPECスペック

      サイズ

      幅 35cm × 奥行き 35cm × 高さ 145cm(コード長:約 100cm)

      梱包サイズ

      フレーム:幅 28cm × 奥行き 29cm × 高さ 133cm
      シェード:幅 38cm × 奥行き 38cm × 高さ 30cm

      素材

      フレーム:鉄
      ネジ、ネジ受け:真鍮
      シェード:エンボスペーパー、ポリカーボネート(ラッカー塗装)
      支柱:天然木ホワイトオーク無垢材、鉄
      ベース:天然木ホワイトオーク無垢材(ラッカー塗装)、ゴム、鉄
      スイッチ:天然木ホワイトオーク無垢材(ラッカー塗装)

      重量

      本体重量:約 2.6kg
      梱包重量:約 4.6kg

      備考

      完成品
      日本製

      【付属電球1(LED電球)】
      E26/810lm(白熱電球60W相当)×1
      光源色:電球色
      消費電力:7.9W
      定格寿命:40000h
      調光機能のついた機器、スイッチ、別売りのリモコンなどのご使用はできかねます。

      【付属電球1(スマートLED電球)】
      E26/806lm LED電球(白熱電球 60W相当)×1
      光源色:2500K ~ 6500K
      消費電力:9.0W
      定格寿命:22.8年(1日 3時間利用)
      スマートスピーカー対応電球です。スピーカーや専用アプリにより、調光・調色が可能です。

      【付属電球2(ナツメ球)】
      E12/10W ナツメ球 ×1
      定格寿命:約1500時間
      定格電圧:110V

      スイッチ:プルスイッチ

      お手入れの際は、乾拭きを行ってください。
      こちらの商品は天然木を使用しているため、木目やフシの風合い、色味などが画像と異なる場合がございます。

      商品保証

      こちらの商品は、3年保証対象商品です。
      保証について、詳しくはこちらをご覧ください。

      商品の状態

      新品

      Related Mag関連の読み物

      Related Theory関連するインテリアセオリー

      Reviewレビュー

      レビューはまだありません。

      ルールや部屋別の計画など、自宅に最適な照明を選ぶためのポイントを、分かりやすくまとめました。

      Related Item関連アイテム


      Re:CENO product|フロアライト Oak&Oilparch
      ¥79,800~