【お知らせ】 ゴールデンウィークの営業と配送について



Web Magazine

北欧インテリアを叶える、
リビングコーディネートの作り方

こんにちは。プロサポートの笠嶋です。

数あるテイストの中で、
絶大な人気を誇る北欧インテリア。

「個性的ながら親しみやすいデザイン」や
「お洒落なカラーコーディネート」に魅了され、
北欧好きな方も多いのではないでしょうか。

難易度が高いと思われがちな北欧インテリアですが、
コツをおさえれば、
どなたでも北欧リビングは作れます。

そこで今回は、お部屋の主役であるリビングを、
リセノ式北欧インテリアに
コーディネートする方法についてお伝えします。

北欧インテリアとは?

北欧スタイル1.jpg

北欧とは、主にフィンランド・デンマーク・
ノルウェー・スウェーデンなどの地域を指します。

日照時間が少なく、寒さが厳しい風土のため、
自宅で過ごす時間が長いのが、北欧のライフスタイル。

そのため、インテリアには、
「室内をいかに快適にするか」という
思いやこだわりが反映されています。

一般的に語られている
北欧インテリアの特徴がこちら。

  • 木を贅沢に使った家具、インテリア
  • 曲線デザインや幾何学デザイン
  • ビビッドカラーや柄物のアクセント

北欧スタイル2.jpg

これらの特徴によって
「温もり」「明るさ」を人工的に再現し、
おうち時間を穏やかな気持ちで過ごせるように
工夫しています。

また、北欧インテリアには、
代表的な2つのスタイルがあります。

  • 爽やかなナチュラルカラーがベースの、
    「明るさ」を重視したスタイル

  • 深みのあるブラウンカラーがベースの、
    「温もり」を重視したスタイル

リセノ式北欧インテリアを作る、リビングアイテムの選び方

北欧BR.jpg

リセノでは、「ナチュラルヴィンテージ」
というテイストを提唱しています。

 「ナチュラルヴィンテージ」スタイリングのメリットと、実践ポイントを紐解きます。

そこで今回は、一般的な北欧インテリアと
ナチュラルヴィンテージをミックスさせた、
「リセノ式北欧リビング」の作り方をご紹介。

それではまず、
アイテム選びのキーワードとポイントを、
カラー別に見てみましょう。

ぜひ、「どちらのスタイルが理想に近いかな?」
とイメージしながらご覧ください。

① ナチュラルカラーがベースの、「明るさ」を重視したスタイル

4リセノ北欧NAリビング.jpg

コーディネートキーワード

明るさ・丸み・柔らさ

キーワードを念頭に置いておくことで、
アイテムを選ぶ際の道しるべになり、
スタイルのブレを防ぐことができます。

明るさ重視のお部屋アイテムを選ぶ際は、
こちらの3項目を意識しましょう。

  • お部屋が明るくなるカラーか?
  • 丸みのあるデザインか?
  • 柔らかさを感じる質感・素材か?

リセノ北欧NA丸み.jpg

ポイント① 木部のカラー

ナチュラル

北欧インテリアの特徴のひとつに、
「木を贅沢に使った家具、インテリア」があります。

「木」といってもさまざまですが、
明るさを重視するならば、
ナチュラルカラーを選びましょう。

木の種類としては、
無着色のオークやアッシュ材がぴったり。

家具やアートフレームなど、
ナチュラルカラーで統一することで、
開放的なコーディネートに仕上がります。

家具色NA.png

ポイント② アソートカラー

ライトグレー・ベージュ・ホワイト

アソートカラーとは、
家具やカーテン・ラグマットに使う、
お部屋の中で2番目に面積の広い色のこと。

センス良く見せるカラーコーディネート術、7 : 2.5 : 0.5の法則をご紹介します。

広い面積を占めるため、
お部屋の印象を決める役割を担います。

爽やかさをまとう、
「ライトグレー・ベージュ・ホワイト」を選べば、
簡単に明るさ重視の北欧リビングを再現できます。

特にライトグレーは、
北欧インテリアにかかせないカラー。

日が短く、明るさが少ない風土柄、
グレーの中でも淡いトーンが好まれています。

noana3_商品画像_★28_リセプロカット※1、3P、オットマン共通_NOANAソファー3P(NA)_2023_12_08_8267.jpg

グレー味を帯びた、くすみがかかった色は、
北欧インテリアによく用いられることから、
「ノルディックカラー」とも呼ばれます。

原色のパステルカラーよりも自然に近く、
落ち着いていて上品な印象を与えます。

naturawi_商品画像_★01_全カラー集合_ナトゥーラクッションカバー_2023_12_15_8578.jpg

ポイント③ おすすめのアクセントカラー

イエロー

アクセントカラーとは、
クッションや小物などの小さな面積に用いて、
空間に動きや個性を出す色のことです。

明るさ重視の北欧リビングにおすすめしたい
アクセントカラーは、「イエロー」。

中でも、くすみのあるマスタード系のイエローは、
まさにノルディックカラーで
北欧インテリアとの相性が抜群です。

★17_ウィローxハンターグリーン-コーディネート_ナトゥーラクッションカバー_4P6A6717.jpg

そのほかにも、おすすめしたい理由が。

それは、アソートカラーでご紹介したライトグレーと
「対照トーン配色」になるからです。

グレーの対照にあたるイエローを加えることで、
色のコントラストが生まれ、グッと垢抜けた印象に。

とても簡単に、インテリア上級者のような
カラーコーディネートが完成します。

カラーコーディネートで理想のインテリア選び

② ブラウンカラーがベースの、「温もり」を重視したスタイル

リセノ北欧BRリビング.jpg

コーディネートキーワード

落ち着き、幾何学、プリミティブ

温もり重視のお部屋アイテムを選ぶ際は、
こちらの3項目を意識しましょう。

  • 落ち着きのあるカラーか?
  • 幾何学的(複雑)なデザインか?
  • プリミティブな質感・素材か?

ブラウン.png

プリミティブとは「原始的な」という意味で、
素材感が強いことを意味します。

当店のアイテムでは、
クッションカバーやラグマットに
プリミティブな要素を加えています。

20221219010040_jpg.png

ポイント① 木部のカラー

ブラウン

温もりを重視するならば、
ブラウンカラーを選びましょう。

とくに、北欧ヴィンテージ家具によく見られる
赤みを帯びたブラウンを選ぶと、
上質で深みのあるコーディネートに仕上がります。

noana2br_商品画像_★26_リセプロカット_NOANA-BR-2P(グレーストライプ)_2023_12_11_8319.jpg

ポイント② アソートカラー

ブラウン・ベージュ・グレー

落ち着きを感じさせる、
「ブラウン・ベージュ・グレー」を選べば、
簡単に温もり重視の北欧リビングを再現できます。

ブラウンを多く取り入れることで、
グッとあたたかな雰囲気に。

温もり重視のスタイルに選ぶグレーは、
落ち着きのあるダークグレー系がおすすめです。

BRキーポイント.png

ポイント③ おすすめのアクセントカラー

レッド

温もり重視の北欧リビングにおすすめしたい
アクセントカラーが、「レッド」。

同系色のブラウンと相性がとても良く、
お部屋に温もりと重厚感が加わります。

鮮やかさの程度で印象が変わり、
ビビッドになるにつれ、より個性的に、
深い色味になるにつれ、よりヴィンテージな雰囲気に。

アクセントレッド.jpg

「鮮やかな赤を選ぶには少し気が引ける...」と
お考えの方には、ノルディックカラーの
くすみ系レッドがおすすめです。

少しの個性と落ち着き感が両立でき、
ほっこりと安らげるコーディネートになります。

naturawi_商品画像_★21_テラコッタ×コニャック コーディネート(暗)_ナトゥーラクッション_IMG_0003.jpg

ちなみに、両方のスタイル共通して
おすすめのアクセントカラーがブラックです。

実は、無彩色のブラックは、
どんな色にも合わせやすい万能カラー。

北欧インテリアに取り入れると、
リビング空間がキュッと引き締まり、
モダンさを備えた大人な雰囲気になります。

アクセントブラック.png

北欧インテリアのリビングにおすすめのアイテム

noana3_商品画像_★28_リセプロカット※1、3P、オットマン共通_NOANAソファー3P(NA)_2023_12_08_8267.jpg

noana2br_商品画像_★26_リセプロカット_NOANA-BR-2P(グレーストライプ)_2023_12_11_8319.jpg

「明るさ」と「温もり」のスタイル、
どちらの北欧インテリアがよりお好みでしたか?

それでは、どちらのスタイル共に、
「これを
選べば間違いなし!」な
おすすめのリビングアイテムをご紹介します。

ぜひ、リセノ式北欧インテリアを作る際に
ご参考になさってください。

① silta シェルフキャビネット・サイドボード

silta3g-4_jpg.png

siltaは、50年代頃の北欧ヴィンテージ家具から
着想を得たデザインの収納家具を、
日本の家屋にフィットするように
リサイズした当店のオリジナルアイテム。

さまざまなシーンにフィットするよう、カラーと
サイズバリエーションを豊富に揃えています。

中でも、設置スペースをコンパクトに抑えつつ、
収納力もたっぷりと備えている、
高さ182cmのシェルフキャビネットは、
リビングにおすすめです。

ナチュラルカラーは、ハイタイプながら
圧迫感を軽減できるメリットもあります。

リビング.png

ソファーやTVボードなど、
低めの家具が集まる
リビングでは、
壁面がポッカリと空いて寂しい印象になりがち。

ハイタイプのシェルフキャビネットは、
フォーカルポイントとして、
リビングに垢抜けた印象をもたらします。

【動画】センスのいらないインテリア|「フォーカルポイント」を学びましょう。

② NOANA ソファー

noana3_商品画像_★★2023_12_13_8406.jpg

北欧インテリアを代表する名作ソファーのひとつに、
デンマークデザイン界の巨匠である、
ハンス・J・ウェグナーの「GE290」があります。

GE290の計算された美しいフォルムに
「くつろぎ感」をプラスしたのが、NOANAソファー。

洗練されたデザインを引き継いだソファーを
リビングの主役に据えれば、
たちまち北欧インテリアに仕上がります。

豊富なカバーの中でイチオシなのが、
北欧の伝統的なストライプ柄を再現し、
当店独自に開発した「グレーストライプ」。

ナチュラル・ブラウンフレーム共に、
合わせていただくと、北欧らしさが一層高まります。

【動画】北欧を感じる温かなデザインが魅力!「NOANA」ソファーをご紹介します。

noana2br_商品画像_★メイン_NOANAソファー2P(BR)_2023_12_13_8438.jpg

③ RattanMix ネストテーブル

93wq48FYVVwIUAAAAASUVORK5CYII=(1).png

入れ子型のコンパクトなネストテーブルも、
北欧インテリアの代表的なアイテムのひとつです。

ローテーブルよりもスペースを取らず、
軽くて持ち運びがしやすい機能性や、
丸みがあってお部屋のアクセントになる点も魅力的。

「リビングを広く使いたい」とお考えの方を中心に、
人気の高いアイテムです。

【動画】自由に使えて、暮らしが便利になるテーブル|あったら、いいもの。ネストテーブル編

ramixrd-st_商品画像_★5_ネストテーブル(RD)_2023_10_25_6320.jpg

④ 多灯照明

olika-wd-blog5-thumb-autoxauto-q98_webp.png

北欧のみならず、海外では主流の「多灯照明」。

お部屋を複数の照明で照らし、
光の陰影にリズムを生むことで、
くつろぎの空間を作るテクニックです。

【動画】ナチュラルヴィンテージの作り方|Vol.5 多灯照明で、お部屋を彩りましょう。

リセノ式北欧インテリアにおすすめの照明は、
こちらの3種類です。

天井照明 Olika WOOD LED CEILING LIGHT

1-b_jpg.png

リビングには、圧迫感なくお部屋全体を照らせる
シーリングライトを推奨しています。

【動画】センスのいらないインテリア|リビングにはシーリングを。ダイニングにはペンダントを。

調光・調色ができる機能性、
1つで約10畳前後のお部屋を照らせる明るさを
備えたOlika Wood。

天井照明は味気ない印象のものが多いですが、
上品で美しい木目によって、
お部屋に温かみをプラスします。

フロアライト Brass&LinenMix

2-b_jpg.png

支柱から土台に用いた真鍮と、
柔らかな風合いのシェードによって、
消灯時も美しいフロアライト Brass&LinenMix。

シンプルな円形のデザインは、
飽きがくることなく、永く暮らしに寄り添います。

この普遍性は、永く愛される北欧インテリアとも
相性ばっちりのアイテムです。

テーブルライト COPYING

copying-blog11-thumb-autoxauto-q98_webp.png

支柱の曲線美によって
北欧らしさを感じさせるCOPYINGは、
まるでオブジェのような佇まい。

キャビネットの上など、お部屋の一角に置くだけで、
コーディネートが華やぎます。

まるでオブジェのようなテーブルライト?! 凛とした上質な佇まいに、惹かれました。

⑤ ラグマット

QAAAABJRU5ErkJggg==.png

ラグマットは、インテリアの中でも、
バリエーションが多く、悩ましいジャンルのひとつ。

「明るさ重視」「温もり重視」のスタイル、
どちら共に間違いなくフィットするのが、
ベージュです。

中でも、ブラウン寄りではなく、
「グレー寄りのベージュ」を選ぶと、
北欧インテリアの要素が高まります。

ベージュカラー ラグマット 一覧

⑥ アート・フレーム

20230329155436_jpg.png

壁面が寂しくなりがちなリビングにはぜひ、
アクセントとして、アートを取り入れましょう。

【動画】センスのいらないインテリア|お部屋にアートを飾ってみましょう。

「リビングアイテムの選び方」でお伝えした
ポイントを念頭に置いてデザインを選べば、
理想のスタイルにフィットするアートに出会えます。

  • 明るさ重視のスタイル
    お部屋が明るくなるカラーか?
    丸みのあるデザインか?

  • 温もり重視のスタイル
    落ち着きのあるカラーか?
    幾何学的(複雑)なデザインか?

アートは、インテリアの中でも
個性を表現できるアイテム。

ぜひ、楽しみながらセレクトしてください。

アート・フレーム 一覧

⑦ クッション

wOOVQkKZ6pVzgAAAABJRU5ErkJggg==.png

クッションも、ラグマットやアートと同じく、
バリエーションが豊富なアイテムです。

クッション 一覧

そのため、こちらのポイントを元に選びましょう。

  • 明るさ重視のスタイル
    お部屋が明るくなるカラーか?
    丸みのあるデザインか?
    柔らかさを感じる質感・素材か?

  • 温もり重視のスタイル
    落ち着きのあるカラーか?
    幾何学的(複雑)なデザインか?
    プリミティブな質感・素材か?

中でもおすすめのクッションは、
くすみ系のノルディックカラーでもある
ナトゥーラシリーズです。

naturawi_商品画像_ナトゥーラシリーズ.jpg

モノトーンから色鮮やかな組み合わせまで、
幅広い北欧インテリアに馴染みます。

さらに、正方形と長方形のサイズ違いで
3つ合わせると、動きが感じられて、
リビングに心地いいリズムが生まれます。

【動画】センスのいらないインテリア|クッションは「3つ」並べましょう。

⑧ 時計

kumiji_商品画像_app.jpg

生活の道具である時計も、
飾る場所やデザインに気を配ることで、
立派なアクセントアイテムになります。

見やすさ重視で選ぶもよし、
デザイン重視で選ぶもよしですが、
リセノ式北欧インテリアにおすすめなのが「KUMIJI」。

無駄な物を削ぎ落とした洗練されたデザインで、
リビングに上質な印象を与えます。

ご紹介したフロアライトと同じ真鍮素材のため、
素材と色のレピテーション効果によって、
リビングにまとまりが生まれます。

【動画】センスのいらないインテリア|「レピテーション(繰り返し)」を学びましょう。

「チェア=ダイニングで使う」という
イメージを持たれている方も多いですが、
お気に入りのチェアを、
オブジェとしてリビングの一角に飾っても、
こなれ感が出て素敵です。

チェア 一覧

20230302160206-thumb-autoxauto-q98_webp.png

北欧インテリアのリビングで、心地よく暮らしましょう。

93wq48FYVVwIUAAAAASUVORK5CYII=(1).png

それでは最後に、リセノ式北欧インテリアの
リビングアイテムの選び方をおさらいしましょう。

  • 明るさ重視のスタイル
    キーワード:明るさ、丸み、柔らさ
    木部のカラー:ナチュラル
    アソートカラー:ライトグレー、ベージュ、ホワイト
    おすすめのアクセントカラー:イエロー

  • 温もり重視のスタイル
    キーワード:落ち着き、幾何学、プリミティブ
    木部のカラー:ブラウン
    アソートカラー:ブラウン、ベージュ、グレー
    おすすめのアクセントカラー:レッド

北欧インテリアのお部屋づくりを進める中で、
お悩みごとがあれば、
お気軽にプロサポートにご相談くださいませ。

長年インテリア業界で経験を積んだスタッフが、
お客様だけの北欧インテリアをご提案いたします。

インテリア相談、承ります。リセノのプロサポートをご紹介。

また当店では、
北欧インテリアに関するコンテンツを
多数ご用意しております。

北欧インテリア コンテンツ 一覧

よろしければ、お部屋づくりの際にお楽しみください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Styling Furniture

3ドアサイドボードwithガラス silta

¥ 138,000


シェルフキャビネット silta

¥ 168,000


3人掛けソファー NOANA/NA

¥ 248,000


2人掛けソファー NOANA/BR

¥ 198,000


ネストテーブル RattanMix/NA

¥ 52,800


ネストテーブル RattanMix/RD

¥ 52,800




View More
みんなの保存数:4

カーテン特集

ベッド・寝具特集

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「リビングの基本」の最新記事 4件

2024年3月28日(木)
リビングの基本

【お部屋作りのアイデア帖】1K7畳の1人暮らしのお部屋で、音楽や映画を楽しむための3つの工夫

日常を豊かにするための「趣味」を楽しむ一人暮らし。取り入れている工夫をご紹介します。

福岡店 濱田 7
2024年4月15日(月)
僕と私の愛用品

【お部屋作りのアイデア帖】子どもと暮らす18畳LDKを、理想の空間にするコツ3選

子どもと暮らしながら理想のお部屋にするために、大切にしていることについて。

福岡店店長 榎本 5
2024年2月29日(木)
リビングの基本

【お部屋作りのアイデア帖】小さな子どもと暮らす19畳LDKに取り入れた3つの工夫

子どもの成長に合わせた、インテリアを楽しむ工夫をご紹介します。

二子玉川店 店長 大森 4

「リビングの基本」の人気記事 4件

2018年1月09日(火)
リビングの基本

家具の配置で、居心地の良さが変わる!リビング・ダイニングのレイアウトの基本をご紹介します。

リビング・ダイニングの配置の基本を知って、家族みんなが暮らしやすい空間を作りましょう!

お客様係 山崎 887
2019年12月17日(火)
リビングの基本

テーブルのないリビングのメリットと、快適に過ごすためのコツを知ろう!

何となく置いてしまうことの多い、リビングテーブル。無くした場合のメリットや、快適に過ごすコツをご紹介します。

お客様係 山崎 518
2020年7月17日(金)
インテリアを学ぶ

知っておきたい「リビングテーブル」の選び方~サイドテーブル編~

テーブル選びで、サイズ感の次に大事なポイントは?

編集部 江上 83
2021年7月09日(金)
コーディネートの基本

「住み心地のいいお家」の特徴って?おうち時間を好きになる6つのアイデア

「外」と「お家」に繋がりを作って、開放感のあるインテリアを実現しよう。

編集部 江上 67

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』