【お知らせ】 ゴールデンウィークの営業と配送について



Web Magazine

小さな子どもと暮らす。
快適でおしゃれなリビングづくりのコツ

こんにちは。
Re:CENO TOKYOの近藤です。

赤ちゃんや小さなお子さんと
日中を過ごす場所は、リビング
という方が多いのではないでしょうか。

ハイハイやひとり歩きができるようになると、
危ないものに手が届かないように、
インテリアには気を使いますよね。

今回は、お父さんお母さんに向けて、
赤ちゃんや小さなお子さんと暮らす
快適なリビングづくりのコツをご紹介します。

小さな子どもにとって、快適なリビング環境とは?

1-b.jpg

赤ちゃんや小さな子どもにとって、
快適な環境とは、安全で衛生的な
お父さんお母さんの目が届くリビングです。

子どもは、これから身体機能や
体の構造が発達していく段階にあります。

だからこそ、思わぬことが大きな危険になる可能性も。

とくに、乳幼児のうちは、
どうしても手のかかる時期なので、
お父さんお母さんの負担を少しでも和らぐような、
スムーズな生活動線を意識することが大切です。

小さな子どもと過ごす、リビングづくり5つのポイント

IMG_2139 のコピー.jpg

小さな子どもと過ごすリビングは、
必要なスペースや家具を用意するのはもちろん、
安全面や衛生面を考えて、整えることが大切です。

以下のポイントに気をつけながら、
子どもに優しいリビング環境にしましょう。

① 子ども用の寝転がるスペースを確保

20230416103321-thumb-autoxauto-q98.jpg

子どもが小さいうちは、
寝転がって過ごす時間が長いもの。

そのため、子どもには、
リビングに寝転がれるスペースが必要です。

IMG_2132 のコピー.jpg

例えば、リビングテーブルではなく、
サイドテーブルを配置することで、
テーブルのスペース分を減らすことができ、
リビングを広く使うことができます。

空いたスペースには、子どものケガ防止に、
クッション性のあるラグマットなどを敷きましょう。

子どもがひとり歩きをするようになってからは、
敷物がずれてしまうと転倒に繋がるので、
滑り止めがついているラグマットや、
床に敷き詰めるジョイントマットが便利です。

dotibul-blog3-thumb-autoxauto-q98 のコピー.jpg

それでも乳児のうちは、
ラグマットだと、毛足の中に入り込んでしまった
小さな物を誤飲してしまう恐れや、
ジョイントマットだと、インテリア性には、
やや欠けてしまうのが悩みどころ。

そこでおすすめしたいのが、
イブルマット」+「ソフトサポートラグ
の組み合わせ。

イブルマットとは、韓国インテリア発祥の
キルティングマットです。

肌にやさしいコットン100%で、洗濯機で洗えるのが、
お父さんお母さんには、うれしいポイント。

サイズも展開も豊富なため、
寝具やラグマットとしても使えるだけでなく、
子ども用のプレイマットやお昼寝マットとしても
活用できるマルチなアイテムです。

しかしながら、イブルだけだと薄手なため、
フローリングの上に直接敷いてしまうと、
床の硬さや冷たさを感じやすく、
滑って転んでしまう危険も。

そこで、「ソフトサポートラグ」をイブルの下に
1枚敷いて、滑り止めとクッション性を
プラスしましょう。

お子さんがドタバタと楽しく走り回っても、
滑る心配がなく、騒音も気になりにくくなるので、
安心してご使用いただけます。

イブルマットとは?コットン100%で赤ちゃんにも安心の万能お布団

② ベビーグッズやおもちゃの置き場所

20221113181453-thumb-autoxauto-q98 のコピー.jpg

おむつや、おしり拭き、ガラガラなどのベビーグッズ、
おもちゃや絵本は、カラフルなものが多いため、
整理をしておかないと、リビングがゴチャッとした
印象になってしまいます。

おしゃれな物ばかりを集められればいいですが、
そうもいかないのが現実ですよね。

そこでおすすめしたいテクニックが、
「死角収納」です。

死角収納とは、かごなどを使って
「死角となる場所」を作り、
収納するテクニックのことです。

【動画】センスのいらないインテリア|「死角収納」で日々の片づけストレスを減らしましょう。

★3_子供も安全_洗えるかごTimb_4P6A7065 のコピー.jpg

シンプルな方法ですが、
子どもに自らお片付けをしてもらうためには、
「出しやすい・しまいやすい・わかりやすい」
ことが大切です。

収納するかごは、自然素材のような風合いのあるもの
を選んでいただくと、リビングの雰囲気も損ねません。

おもちゃ収納のアイデアとは?散らからないコツをご紹介します。

③ リビングの室温や湿度環境

Skype_Picture_2023_10_27T01_38_46_111Z-thumb-autoxauto-q98 のコピー.jpg

子どもの体温は、大人と比べると、
0.5~0.6℃高く、肌も敏感。

そのため、とくに暑い夏では、
熱中症などの危険があるうえに、汗や湿気による
かぶれも起こりやすので注意が必要です。

汗をかいていないか、こまめに確認しながら、
室温をしっかりと調節しましょう。

冬場には、空気が乾燥するため、
風邪を引きやすく、肌荒れもしやすくなります。

加湿器や空気清浄機を効果的に活用し、
湿度と、きれいな空気を保つようにしましょう。

④ ベービーゲートで、危険なものを遠ざける。

Skype_Picture_2023_09_12T08_04_50_366Z-thumb-autoxauto-q98.jpg

小さい子どもは、大人と違って、
何が危険なのかを、まだ理解できていません。

おもちゃを口にしたり、
危険な場所にもハイハイしていったりと、
好奇心も旺盛なので、何にでも興味を持ちます。

無垢で無防備だからこそ、大人がきちんと、
事故から守ってあげなくてはいけません。

例えば、つかまり立ちをしようとして、
家具を倒して転んでしまったり、
ドアに手を挟んでしまったりと、
家の中には、危険がいっぱい。

スクリーンショット 2024-01-15 192220 のコピー.jpg

そのため、危ないと感じるものは、
「子どもの手の届かない位置に置く。」
「ベビーゲートやベビーサークルを使って、
 子どもから遠ざける。」
ようにしましょう。

⑤ お父さんお母さんの目が行き届くレイアウトに。

20211021155403-thumb-800x800-71030-thumb-autoxauto-q98 のコピー.jpg

0~5歳くらいまでは、リビングが
子ども部屋を担うご家庭が、
ほとんどかと思います。

そのため、家事をしている間も
常に子どもの様子が見守れる
リビングのレイアウトにしましょう。

一緒に遊んだり、リビングで家族と
コミュニケーションをとることで、
子どものその日の様子がわかり、
なによりも目が届くことは、安心ですよね。

次の章では、実際にお子さんがいるリセノスタッフと
お客様のご自宅のリビングをご紹介します。

小さい子どもと過ごす、おしゃれなリビングレイアウト

DSC01229 のコピー.jpg

ここからは実際に、
小さいお子さんと暮らすスタッフやお客様宅の
リビングをご紹介します。

東京店 店長 スタッフ大森宅

0d7337430bb9ec0d8ccbcadcc2007c4d_1-thumb-autoxauto-q98 のコピー.jpg

Re:CENO TOKYOで店長を務めるスタッフ大森は、
奥様と1歳になる娘さんの3人暮らし。

真新しさを感じる新築3LDKで、
こだわりのある様々な家具を集めながら
インテリアを楽しんでいます。

リビングの主役には、リセノの人気商品である
AGRA/NA ソファーセット Aタイプ」を愛用。

休日は、AGRAソファーの広々とした座面を
プレイマット代わりに、一緒におもちゃで遊んだり、
絵本の読み聞かせをしています。

詳しくは、下記の動画にて、
お部屋や家具を隅々まで語り尽くしています。

スタッフ大森のルームツアーをお楽しみください。

【動画】リセノルームツアー|東京店 店長が暮らす、新築3LDKのキッチンとダイニング。
【動画】リセノルームツアー後編|1歳の子どもと暮らす、北欧好きのリビングインテリア

商品部 スタッフ関宅

20230408111310-thumb-autoxauto-q98 のコピー.jpg

長年、Re:CENO KYOTOで店長を務め、
現在はその経験を活かし、商品部で活躍する
スタッフ関は、奥様と4歳の男の子と、
3LDKの戸建に暮らしています。

リビングダイニングでは、
culum ダイニングソファー」を愛用中。

奥様もライフスタイルショップで、
収納アドバイザーとして働かれていることもあって、
お子様のおもちゃを、上手に収納されています。

コンパクトなスペースでも、
快適に過ごせるような家具選びと、
趣味が詰まったお部屋には、
参考になるアイディアが盛りだくさんです。

【動画】リセノルームツアー|コンパクトでも快適に。家族3人暮らしの工夫と、趣味が詰まったこだわりルーム

お客様 M様宅

スクリーンショット 2024-01-15 194301 のコピー.jpg

こだわりの注文住宅の戸建てに引っ越され、
3人掛けソファー AGRA/NA」を
ご愛用いただいているM様のお宅。

ご夫婦と1歳半になるお子様の3人暮らし。

「大人時間を楽しむダイニングと、
 子どもがのびのび過ごせるリビング」

こちらをテーマに、
リセノのプロスタッフがお客様のご自宅にお邪魔して、
出張コーディネートをいたしました。

詳しくは、下記の動画にてご紹介しています。
ぜひご参照ください。

【動画】Before After PRO-After|第2回ナチュラルヴィンテージでつくる、親子でくつろぐLD

子どもと過ごす、安全で快適なリビングを作りましょう。

20210409112739-thumb-694x694-63438-thumb-autoxauto-q98 のコピー.jpg

今回は、「小さいな子どもと暮らす
快適でおしゃれなリビングづくりのコツ」について、
ご紹介しました。

他にも、リセノでは「インテリアと子ども」に関する
記事を多数ご紹介しております。

合わせてご覧いただけますと幸いです。

【わたしの愛用品】4人暮らし・子育て世帯が「AGRA」を選んだ理由と、リアルな使い心地
【わたしの愛用品】30代子育て世帯がこだわって選んだダイニングテーブル〜前編〜
【わたしの愛用品】30代子育て世帯がこだわって選んだダイニングテーブル〜後編〜
【わたしの愛用品】カラフル食器を隠してスッキリと。「R.U.S大容量収納」を子育て世帯が選んだ理由
【わたしの愛用品】他にはなかなか無い、ぼくの初めてのキッズチェア
【わたしの愛用品】お子さまがいらっしゃるご家庭へ。 ラグマットを「colette」に変えて感じたこと
【 リセノスタッフ こどものいる暮らし vol.1 】Re:CENO FUKUOKA 榎本編
ベッドパッドが子供がいるご家庭に最適な理由をお教えします。
おもちゃの収納どうしてますか?散らかったリビングのお悩みを解決します。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Styling Furniture

3人掛けソファー AGRA/NA

¥ 248,000


AGRA/NA ソファーセット Aタイプ

¥ 466,000


キルティングマット Dot ibul(ドットイブル)

¥ 4,950 ~


キルティングマット Striped ibul(ストライプイブル)

¥ 11,000


滑り止め+クッション SOFT SUPPORT RUG(ソフトサポートラグ)

¥ 3,980 ~


ストックバスケット AROROG

¥ 9,900


洗えるバスケット Timb.

¥ 2,640 ~


R.U.S おすすめセット #33【薄型】

¥ 32,600


キッズロッキングチェア

¥ 19,800




View More
みんなの保存数:2

カーテン特集

ベッド・寝具特集

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「リビングの基本」の最新記事 4件

2024年3月28日(木)
リビングの基本

【お部屋作りのアイデア帖】1K7畳の1人暮らしのお部屋で、音楽や映画を楽しむための3つの工夫

日常を豊かにするための「趣味」を楽しむ一人暮らし。取り入れている工夫をご紹介します。

福岡店 濱田 7
2024年4月15日(月)
僕と私の愛用品

【お部屋作りのアイデア帖】子どもと暮らす18畳LDKを、理想の空間にするコツ3選

子どもと暮らしながら理想のお部屋にするために、大切にしていることについて。

福岡店店長 榎本 5
2024年2月29日(木)
リビングの基本

【お部屋作りのアイデア帖】小さな子どもと暮らす19畳LDKに取り入れた3つの工夫

子どもの成長に合わせた、インテリアを楽しむ工夫をご紹介します。

二子玉川店 店長 大森 4

「リビングの基本」の人気記事 4件

2018年1月09日(火)
リビングの基本

家具の配置で、居心地の良さが変わる!リビング・ダイニングのレイアウトの基本をご紹介します。

リビング・ダイニングの配置の基本を知って、家族みんなが暮らしやすい空間を作りましょう!

お客様係 山崎 887
2019年12月17日(火)
リビングの基本

テーブルのないリビングのメリットと、快適に過ごすためのコツを知ろう!

何となく置いてしまうことの多い、リビングテーブル。無くした場合のメリットや、快適に過ごすコツをご紹介します。

お客様係 山崎 518
2020年7月17日(金)
インテリアを学ぶ

知っておきたい「リビングテーブル」の選び方~サイドテーブル編~

テーブル選びで、サイズ感の次に大事なポイントは?

編集部 江上 83
2021年7月09日(金)
コーディネートの基本

「住み心地のいいお家」の特徴って?おうち時間を好きになる6つのアイデア

「外」と「お家」に繋がりを作って、開放感のあるインテリアを実現しよう。

編集部 江上 67

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』