【お知らせ】 ゴールデンウィークの営業と配送について



Web Magazine

ラグサイズを選ぶ3つのポイント。
レイアウト例もご紹介します。

こんにちは。制作部の山本です。

これからの季節に向けて、
そろそろお部屋のラグマットを変えようかな
と検討されている方も多いのではないでしょうか?

デザインやサイズ、素材など
選ぶ要素はたくさんありますが、
今回は「ラグのサイズ」について
ご紹介したいと思います。

サイズによって、使い心地は大きく変わるので
ぜひ参考にしていただけると幸いです^^

ラグのサイズ目安とは? 基本をおさらい

20210726135451.jpg

お部屋の大きな面積を占めるラグマット。

「サイズ」といっても、大きすぎて
なんだか想像がつかないという方も
多いのではないでしょうか?

そこではじめに、サイズの基本を
おさらいしておきましょう◎

ラグのサイズ表記は、主に「cm」や「畳」。

まず、畳を縦横の「cm単位」で表すと、
江戸間や京間などによって多少の誤差はありますが
基本の数値としては

  • 1畳 = 約 180×90cm
  • 2畳 = 約 160×230cm
  • 3畳 = 約 180×270cm

が目安です。

そして、一般的に多いラグサイズを
畳数で表してみると...

  • 100×140cm = 約 1畳
  • 140×200cm = 約 1.5畳
  • 200×200cm = 約 2畳
  • 200×250cm = 約 3畳

となります。

この目安を参考にすると、
お部屋に置いたときのイメージがしやすく
サイズを選ぶ際に安心です。

ラグサイズを選ぶための3つのポイント

fluff-blog5.jpg

大きさのイメージはついたけれど
「なにを基準にサイズを決めればいいのか?」
と、迷ってしまうこともありますよね。

そんな時に役立つのが、3つのポイント。

  1. 部屋の大きさを知る
  2. 使う場所・スタイルを決める
  3. ほかの家具とのバランスを考える

このポイントを抑えておくだけで、
ラグのサイズ選びはとてもスムーズになります。

では、ひとつずつ見ていきましょう^^

1.部屋の大きさを知る

20230426162416.jpg

まず1つ目は、「部屋の大きさを知る」ということ。

とても基本的なことではありますが、
コンパクトな部屋に大きすぎるラグや
広々とした部屋に小さすぎるラグを置くと
どうしてもチグハグな印象に...。

実際に置いてみて「小さすぎた!」
なんてことにならないために、部屋のサイズは
一番最初に確認しておきたいポイントです。

また、部屋にラグをバランスよく
コーディネートするための最適なサイズは
こちらが目安。

rugsize.gif

  • 4.5畳:100×140cm
  • 6畳:130×190cm
  • 8畳:140×200cm
  • 10畳:200×200cm/200×250cm
  • 12畳:255×255cm

ご自身のお部屋は何畳あるでしょうか?

バランスの良いラグサイズを知っておくと
分かりやすく、サイズ選びで失敗しません◎

2.使う場所・スタイルを決める

1200_1.jpg

次に抑えておきたいポイントは、
「使う場所・スタイルを決める」ということ。

先ほどお話した
「部屋の大きさとラグサイズの関係」は
あくまで目安ではあります。

使う場所や生活スタイルによって、
最適なラグサイズはそれぞれ。

使う場所としては、例えば
リビングやダイニング、寝室など。

biancald-blog5.jpg

スタイルに関しては、

リビングで床に座ったり
寝転がったりすることが多いという方は
すこし大きめのラグを、

ほとんどソファーに座っているという方は
テーブル下に敷くコンパクトサイズで大丈夫。

といったように、暮らしのスタイルに合わせて
ラグのサイズを考えていきます。

3.ほかの家具とのバランスを考える

20220316113119.jpg

3つ目のポイントは
「ほかの家具とのバランスを考える」ということ。

ラグはお部屋の大きな面積を占めるので、
サイズひとつでインテリアの印象は
がらりと変わってきます。

そのため、部屋の大きさとのバランスに加え、
ソファーやテーブルなどの
ほかの家具とのバランスも、とても大切。

orint-blog16.jpg

例えば、こちらのダイニングの場合
同じデザインのラグを選んだとしても
小さなサイズはすっきりとした印象に、

orint-blog17.jpg

大きなサイズを選ぶと、ラグの存在感が増し
華やかで高級感のある印象に仕上がります。

お部屋のサイズや好みにもよりますが、
家具とのバランスは

  • リビング:「ソファ幅+20cm」ほど大きなものが、ゆったりと上質な雰囲気に。
  • ダイニング:「テーブル奥行き+60~75cm」余裕をもたせると、チェアの出し入れもしやすい。
  • 寝室:ベッドより小さいとすっきりとした印象、ベッド幅と合わせるとまとまりのある印象に。

といった点がポイントになります。

ソファーとのバランスに関しては、
下記の動画で詳しく解説していますので
ぜひご参考にご覧ください◎

【動画】センスのいらないインテリア|ラグマットは、ソファよりも大きいサイズを選びましょう。

お部屋に合わせた、ラグサイズとレイアウト例をご紹介します。

/20220117150623.jpg

ここまで、ラグサイズの基本と
3つのポイントを抑えてきました。

次は、それぞれのお部屋と生活スタイルに合わせた
ラグサイズ、レイアウト例をご紹介していきます。

  1. リビング
  2. ダイニング
  3. 寝室
  4. ワンルーム

ご自身のお部屋と暮らしに照らし合わせながら
ご覧いただけると幸いです^^

1.リビングのレイアウト

bwrug-blog9.jpg

まずは、リビングのレイアウトからご紹介していきます。

こちらは、4畳ほどのリビング。

2人掛けソファーに「130×190cm」の
ラグを合わせて、すっきりした印象に。

ラグの上に寝転がったりすることがなく
ソファーで過ごすことが多いという方は、
小さめサイズでも十分快適に過ごしていただけます。

★詳細シーン_FAM120cm長方形(RD)_2023_08_07_3156.jpg

6畳の広々としたリビングには、
「200×250cm」のラグを。

「200×250cm」は、2人~3人掛けソファーや
L字型のレイアウトに合うサイズ感。

「ラグに座ってくつろぐことが多い」という方も
大きなサイズを選ぶのがおすすめです。

また、ソファーやTVボードをラグの上に置くと
空間を区切る「ゾーニング」に効果的なので、
お部屋全体のメリハリをつけることができます。

ゾーニングに関しては、
下記の動画でも詳しく解説していますので
参考にご覧ください◎

【動画】センスのいらないインテリア|ラグマットは、必ず敷きましょう。

2.ダイニングのレイアウト

20230607180326.jpg

次に、ダイニングのレイアウトのご紹介です。

こちらは3畳ほどのダイニングキッチンに
4人掛けのテーブルと、収納用のシェルフを配置。

コンパクトなスペースなので
テーブルから少しだけ大きめの「140×200cm」を選んで
すっきりとした印象にコーディネートしています。

20230412170831.jpg

反対にこちらは、リビング横の広々とした
4畳ほどのダイニングスペース。

同じく4人掛けのテーブルを置いていますが、
大きな「200×250cm」を選んで
ぐんと華やかな雰囲気に仕上げています。

大きめのラグの場合、
チェアを引いたときもラグの上に収まるので、
床の傷防止や音鳴り防止にも効果的です。

3.寝室のレイアウト

travel-blog9.jpg

続いては、寝室のレイアウト。

こちらは4畳ほどの寝室に
ベッドよりも小さな「100×150cm」のラグを配置し、
圧迫感のない雰囲気に。

コンパクトではありますが、出入りに使う足元は
しっかりとカバーしてくれるので快適です◎

★6_カラーの話(ストーン、S)※反転(時計文字盤合成)_掛け布団カバーヘリンボーン_2023_01_11_1822.jpg

6畳ほどの寝室に
大きな「140×200cm」のラグを合わせた場合。

ベッドと幅をそろえるとバランスが良く、
お部屋全体がまとまった印象に。

「寝室にドレッサーを置いている」という方は
ドレッサーの足元までカバーできるので、
冷えが気になる季節などにも嬉しいポイントです。

4.ワンルームのレイアウト

6-b.jpg

最後に、ワンルームのレイアウト例をご紹介します。

ワンルームであれば
お部屋とラグのバランスを考えて、

6畳ほどは「130×190cm~」、
8畳以上は「140×200cm~」
を選ぶのが王道パターンです。

こちらは、6畳のお部屋に「130×190cm」のラグを。

20220307161225.jpg

ローテーブルを配置した7畳のお部屋。

一人暮らしの方は、ローテーブルで
作業も食事もすることがすることが多いですよね。

そのため、座る場所として
60cmほど確保できるラグサイズを選ぶと、
ゆったりと過ごすことができます。

最適なラグサイズを知って、
お部屋のレイアウトを楽しみましょう。

1200_3.jpg

いかがでしたでしょうか?

それでは、今回のおさらいです。

▼ラグサイズの目安
・100×140cm:約 1畳
・140×200cm:約 1.5畳
・200×200cm:約 2畳
・200×250cm:約 3畳
▼ラグサイズを選ぶ3つのポイント
1.部屋のサイズを知る
2.使う場所・スタイルを決める
3.ほかの家具とのバランスを考える

でした。

また、ラグの選び方に関しては
こちらの特集ページでもより詳しくご案内していますので
よろしければご覧ください^^

暮らしにあったラグの選び方

ご紹介したポイントをご参考に、
お部屋や暮らしのスタイルに合った
最適なラグサイズを見つけてくださいね。

それではまた次回。


Styling Goods

ベルギー産 ウィルトン織り ラグマット

¥ 10,800 ~


国産ラグマット FISHERMAN'S COURT Bタイプ

¥ 46,200 ~


洗える+高反発 2層構造 マイクロファイバーラグマット colette 四角形タイプ

¥ 12,800 ~


高+低反発ハイブリッド3層構造 ボリュームフランネルラグマット Rolland

¥ 14,800 ~


ラグマット ORINT

¥ 17,600 ~


ラグマット BOHO

¥ 10,800 ~


ラグマット TRAVEL

¥ 10,800 ~


ラグマット BIANCA LINE-DOT 四角形タイプ

¥ 10,800 ~



View More
みんなの保存数:7

暮らしにあったラグマットの選び方

あったか特集

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「ラグマットの基本」の最新記事 4件

2024年1月05日(金)
ラグマットの基本

シャギーラグとは? メリット・デメリットと人気アイテムをご紹介

たっぷりの毛足で上質なお部屋作りができる「シャギーラグ」の魅力をご紹介します。

商品部 大原 6
2024年2月28日(水)
ラグマットの基本

玄関マットからアクセント使いまで。 あると便利な「小さいラグ」

玄関マットや洗面マットだけでなく、空間の装飾使いにもおすすめな「小さいラグ」。

デザイナー 岡本 5
2024年2月14日(水)
僕と私の愛用品

【わたしの愛用品】ナチュラル×ブラウンのお部屋を、素敵に見せるラグマット「LUCE」

リセノで販売中のラグマットのなかでも人気の高い「LUCE」。愛用してみて、気づいた点やコーディネートの変化をお伝えします。

編集部 江本 5
2024年4月24日(水)
ラグマットの基本

ジュートラグのメリット・デメリットとは? 素材の魅力も解説

麻特有のチクチク感が気になる方へ。ジュートラグの「肌触り」や「お手入れ方法」などを徹底解説します。

動画クリエイター 樋口

「ラグマットの基本」の人気記事 4件

2019年10月01日(火)
ラグマットの基本

こたつにピッタリのラグを選ぶ、3つのポイントをご紹介します。

「素材」「サイズ」「カラー」に着目して、こたつで心地よく過ごせるラグを選びましょう!

お客様係 山崎 361
2017年10月27日(金)
インテリアを学ぶ

寝室にもラグを取り入れよう。ベッド周りのラグの敷き方をご紹介します。

「寝室にラグってどう敷けばいい?」ベッド周りのラグの敷き方をご紹介します。

元京都店 舌 243
2017年3月14日(火)
ラグマットの基本

シーンに合わせて選ぶ!ラグマットのサイズの選び方をご紹介します。

ワンルームとLDKの間取りに合う、おすすめのサイズをご紹介。使いやすいサイズを選ぶポイントも解説します!

お客様係 山崎 229
2019年5月07日(火)
ラグマットの基本

夏用ラグおすすめ10選!メリットや実際のレビューもご紹介

夏にラグマットは必要? おすすめはどんなラグ? など、夏のラグに関する疑問にお答えします。

お客様係 山崎 138

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』