Web Magazine

【リセノのあの人】メディアチームの大場さんへ
インタビューしました。

カメラマン 辻口

こんにちは。
撮影チームの辻口です。

リセノでは、インテリアの魅力を
リアルな暮らしの中でお客様に
感じてもらえるよう、写真の中にモデルとして、
スタッフたち自らが登場しています。

インテリアが好きで、暮らしを楽しんでいる
リセノスタッフなら、誰もが素敵でおしゃれな
暮らしのヒントを持っているはず。

そんな、ちょっと気になる「リセノのあの人」たちに
インテリアのカメラマン暦4年、リセノ暦1年の
僕からインタビュー。リセノの裏側や暮らしに
まつわるお話を伺っていきたいと思います。

20210607134930.jpeg

インテリアにまつわるスペシャリスト。
とにかく明るい大場さん

800x800.jpg

第5回目の今回は、2016年に
コントラクトチームへ入社された大場さんです。

現在はメディアチームに所属し、アイテムの
魅力やインテリアの楽しみ方をお届けするだけでなく、
バイヤーとして、ブランドを形作るアイテムを
選定するなど、重要な役割を担うスタッフです。

いつも明るく、リセノの太陽的な
存在感を放つ大場さん。

YoutubeやInstagramで注目を集めている
素敵な暮らしとそのルーツ、お部屋作りのヒントや
アイテム選定の裏側など、たくさんお話を
お伺いすることができました。

インテリアに憧れて。
リセノへ巡り合うまでの道のり

247A9617.jpg

辻口:
大場さんは最近、ご自身のinstagramの
フォロワーが1万人を突破されたとか何とか...。

大場:
そうなんだよ〜!
びっくりだよね。

辻口:
大場さんの暮らしを切り取ったVlog、
「ときどき、古いもの」もたいへん人気で、
最近リセノへ入社される方の中には、既に大場さんの
ことをよくご存じだったりするそうで笑

大場:
ちょっと恥ずかしいよね笑

辻口:
そんな、内外でちょっとした有名人の大場さんですが、
どんな人物なのか気になってる人も多いかと思います。

今日は「とき古」の舞台でもあるご自宅に
お邪魔しまして、大場さんのことを
根掘り葉掘り伺っていきたいと思います!

1U7A1529.jpg
「ときどき、古いもの」の舞台である大場邸

大場:
緊張する〜!
よろしくお願いします〜!

辻口:
よろしくお願いします!

大場さんは2016年に入社されたと伺っていますが、
以前はどんなことをされていたのでしょうか?

大場:
一つ前は、事務のお仕事で大学情報を集めていました。

二つ前はCADオペレーター、その前は家具屋さんで、
一番最初に就いた会社は、住宅の内装や外装を
手がける会社でした。

辻口:
えーっと、何やらいろいろとやられてますね笑

順番にお伺いしたいのですが、最初は
住宅関係のお仕事をされていたと。

大場:
外装や内装といった「箱」の部分を
手がける会社の中で、インテリアコーディネーターと
設計補助のお仕事をしていました。

辻口:
最初の会社からインテリア関係ですが、
インテリアには元々興味があったんでしょうか?

大場:
そうですね。
昔から、部屋の模様替えがとにかく好きで笑

無心で取り組んでいたので、それが結構
自分のルーツになっていると思います。

なので、学校もインテリア専門学校へ通っていました。

247A9715.jpg
新しい雑貨が仲間入りすると、ディスプレイを変えるという大場さん。

辻口:
なるほど。

憧れの世界に入ってみて、どうだったんでしょうか?

大場:
やっぱり、すごく楽しかったです。

興味のある分野ということもあるんですが、
その会社は結構小さな会社で、チームで密に
取り組めるところも充実感があって。

お客さまとの距離も近いので「どんな家電
持ってますか?」「どこで過ごすことが
多いですか?」って、二人三脚で進められる
ところもよかったです。

その会社では、2~3年お仕事をさせてもらいました。

矛盾を抱えながら、
インテリア街道を突き進む。

247A9633.jpg

辻口:
充実感のあるお仕事だったということですが、
次の会社へ移られたきっかけは
何かあったのでしょうか?

大場:
その会社は、残念ながらなくなってしまって笑

辻口:
なるほど...。

次の会社では家具屋さん選ばれたということですが、
住宅を作るのとはまた違った分野です。

大場:
前の会社では、「箱」を作っても「家具」まで
提案できないことへのもどかしさが
あったんですよね。

お客さまと仲良くなって、完成したご自宅へ遊びに
いかせてもらうこともあったんですが、お部屋と
家具が少しちぐはぐだなと感じるときがあって。

もちろん、インテリアの好みは人それぞれなのですが、
自分の知識の中から提案できる選択肢も
あったのかなっていう想いもありました。

辻口:
大場さんにとっては、内装とインテリアは
一貫したものでなければならなかった、
ということでしょうか?

大場:
そうそう、そうだね。

なので、2社目は家具屋さんを選びました。

辻口:
家具屋さんでは、そのもどかしさは
解消されたのでしょうか?

247A9566.jpg


大場:
これはもう、無いものねだりなんだけど笑

今度は「これはこのお家にあっていないかも」
と感じてる家具でも、"数字"を気にして
勧めなければいけない場面もあって。

今思うと、若かったなという感じです笑

辻口:
大場さんは、正直な人ですね笑

大場:
そうなのかな笑

その会社の家具は、職人さんが受注生産で
作っているようなものだったので、
品質は良いんだけど、値段もその分高くて。

だから余計に、自分の中で
納得できない部分がありました。

イギリスか、リセノか。
究極の二者択一

247A9594.jpg

辻口:
ありがとうございます。

その次はCADオペレーターに就かれていますが、
これまた今までとは少し違う分野です。

大場:
これは、CADオペレーターをやりたかったというより、
海外に行きたいっていう想いがふつふつ湧いてきて、
お金を貯めるために、という意味合いが強かったです笑

辻口:
唐突な海外ですね笑

大場:
専門学校時代の卒業旅行でフランスと
オランダに行ったんですが、コルビュジェの建築を見て
感動したり、その時の感触が自分の中に根付いてて。

辻口:
その後、実際に海外へは行かれたのでしょうか?

大場:
フランスとスペインで、2ヶ月くらい
好き放題してました笑

247A9687.jpg
本棚には、ル・コルビュジェの本がちらほら。


辻口:
なるほど笑

戻ってこられてからは、事務で大学情報集められて
いたというところだと思うんですが、インテリアが
大好きな大場さんとしては、何だか意外な選択です。

大場:
海外に行く少し前から、すごく人生に迷ってて。

長くインテリア業界にいたので、ちょっと離れたい
気持ちがあったり、今度はイギリスへ
ワーホリに行きたくなってしまったり笑

辻口:
うーん、リセノからだんだん
遠ざかっているような気がするのですが...笑

大場:
海外行ったり好き放題するうちに、
もう一度インテリアやりたいなっていう気持ちは
ちゃんと戻ってきてて笑

そうやって、なんとなくインテリアの会社を
探している時に、リセノに出会いました。

辻口:
リセノのどんなところに興味を持ったのでしょうか?

大場:
代表の山本さんが書かれていた、
心地にこだわった家具作り」というブログを
読んだときに、心を掴まれたような気がします。

辻口:
ブログの内容は「質の良いものを、適正な価格で
お届けするという」という、リセノプロダクトの
コンセプトに言及したものです。

大場:
何だか、嘘がない感じがしたというか。

「家具」ではなく「暮らし」を軸にして、
程よい価格で良いものを提供しようという考え方を、
企業が持っているのがすごいなって思ったんですよね。

家具の高級さや、逆に安さばかりを追求して
しまうことってよくあると思うんですけど。

山本さんのブログを色々読むうちに、
「この人の考えてること、何か本気っぽいぞ」って、
どんどん惹かれていって。

辻口:
そこでリセノに共感して、応募されたと。

大場:
でも実はその時、イギリス行きのチケットも持ってて笑

247A9676.jpg


辻口:
そうなんですか!

イギリスのワーホリビザって、抽選で決まる上に、
倍率が高いと聞いたことがあります。

大場:
そうそう、結構貴重なチケットだったから、
「もったいないな」っていう想いもあって。

辻口:
究極の2択です。

大場:
そうなんだよ〜。

でも、友達に相談した時に
「もったいないって迷ってる時点で違うんじゃない?」
ってスパッと言われたのが、なんだかすごく腑に落ちて。

そんなこんなで、リセノに応募することに決めました。

募集はないけど、応募しました。
熱意の力でコントラクトの道へ。

2018_05_18_9527.jpg

辻口:
僕たちとしては、そのご友人に感謝したいところです笑

インテリアを販売する会社ではなく、内装や外装を
手がける会社という選択肢もあったと思うんですが、
その辺はいかがでしょうか?

大場:
私、いつかインテリアを取り扱う
お店をやりたいという目標があって。

だから、結果的にはコントラクトチームとして
入社するんですが、当初は店舗スタッフとして
リセノへ応募していました。

店舗スタッフなら、アイテムに触れる機会も多いし、
仕入れも学べるかなと思って。

辻口:
コントラクトチームへ配属されたのは、
どういう経緯だったのでしょうか?

大場:
その時、実は店舗スタッフの募集は
なかったんですけど、駄目元で応募して、
書類を見てもらうことができて。

取締役で、バイヤーも兼任されていたひめさんが、
私の経歴を見て、コントラクトチームへ推して
くださったみたいなんですよね。

それが、コントラクトチームへ
配属されたきっかけでした。

辻口:
募集がないのに応募するのは、
なかなか前のめりです笑

ちなみに、コントラクトというのは
どういったお仕事でしょうか?

2020_09_16_6473.jpg


大場:
コントラクトは、法人のお客さまに対して、
モデルルームや飲食店、公共施設の空間の
内装や、導入する家具の提案やプロデュースを
させていただくお仕事ですね。

辻口:
空間からインテリアまで手がける、
ということですね。

まさに、大場さんが感じていたジレンマを
解消するお仕事だったのではないでしょうか?

大場:
そうですね。

当時のコントラクトは、数千あるアイテムを使って、
お客さまのご希望にとことんフィットするものを
提案する、というのがコンセプトでした。

たくさんのインテリアアイテムの中から、
ベストなものを選定するのは大変でしたが、
お客さまと二人三脚で作り上げていく
時間は、やっぱり充実感がありました。

20200824153653.jpeg
施工事例「エムハンド様」


辻口:
印象に残っているお客さまは
おられるでしょうか?

大場:
どなたも印象深いお客さまばかりなのですが...。

パッと思い浮かぶのは、
天ぷら八坂圓堂」様でしょうか。

辻口:
京都祇園で日本料理を営まれている
お客さまですね。

大場:
はい。

八坂圓堂様は老舗ということもあって、最初は
かなり緊張していたのですが、お店の方は
とても雰囲気の良い方ばかりで。

カウンターで使われるチェアを探して
おられたのですが、お客さまのことも、
働く方のことも考えて選ばれていたのが
とても印象的でした。

3ヶ月間、たくさんのチェアをご提案させて
いただいたのですが、最終的にはお客さまにも、
働いている方からも嬉しいお言葉を
いただけたことをよく覚えています。

20180712143017.jpeg


辻口:
素敵なお話です。

ちなみに、「当時のコントラクトは」という
お話でしたが、現在のコントラクトは何か
変わった点があるのでしょうか?

大場:
当時は、たくさんのアイテムを使って
「なんでもやります!」というスタンスでした。

今は、リセノが提唱する「ナチュラルヴィンテージ
を軸に、心がほっとくつろぐような空間づくりを
提案させていただいています。

辻口:
ナチュラルヴィンテージなオフィスや施設が
増えていくのは、リセノの一員として
とてもワクワクしますね。

チャレンジときっかけ。
コントラクトからバイヤーへ。

★商品選定_大場さん.jpg

辻口:
さて、経歴によると4年ほどコントラクトの
お仕事に従事されてきた大場さんですが、
現在は主にバイヤーとして活躍されています。

ブランドの世界観を左右する重要な役割だと
思うのですが、バイヤーへ選任された経緯が
気になるところです。

大場:
バイヤーのお仕事に携わるきっかけは、
恐らく京都店のリニューアルだったと思います。

辻口:
リセノ京都店は、2020年にナチュラルヴィンテージの
世界観を表現する場所として生まれ変わっています。

247A6754.jpg
Re:CENO 京都店

大場:
元々は色んなテイストのインテリアを扱っていた
リセノなんですが、ナチュラルヴィンテージの
世界観に合わせて、内装や外装から
作り直そうと言うことになって。

その中で、「ヴィンテージのレジカウンター」を
入れようというお話になったのですが、
何か良いの知らないかな?と山本さんと
ひめさんからお声がけいただいたんですよね。

辻口:
大場さんのヴィンテージ好きは、
内外でもお馴染みなところです。

大場:
そうだね笑
お二人も、それを知ってくださっていて。

色んなお店を巡って、かなり必死に
レジカウンターを探しました。
結局、私の探したものは決定には
至らなかったんですけど笑

それでも、そこから仕入れ回りのお仕事に関して
徐々にお声がけくださるようになっていって。

20200601132056.jpeg


辻口:
なるほど。
レジカウンター探しをきっかけに、
バイヤーとしての業務が増えていったと。

大場:
そうですね。

そんなことがしばらく続いた後、
正式にバイヤーとして選任していただきました。

辻口:
コントラクトからは離れる形だと思うのですが、
迷いはなかったのでしょうか?

大場:
コントラクトも、すごくやりがいのあるお仕事でした。

ただ、自分のお店を持ちたいという目標を考えた時に、
仕入れのことや、色んなアイテムに触れられる
バイヤーのお仕事は、すごく魅力的で。

コントラクトチームの方々も背中を押してくださって、
バイヤーチームへ参加することに決めました。

作り手から使い手へ紡ぐ。
「バイヤー」であるということ

20211107165459-thumb-800xauto-71740.jpeg


辻口:
ありがとうございます。

バイヤーチームの方々が選ばれるアイテムは
どれも素敵で、カメラマンの僕も、
いつもワクワクしながら撮影させていただいています。

リセノからお届けするアイテムは、
どのように選ばれているのでしょうか?

大場:
一つは、リセノというブランドの軸である
ナチュラルヴィンテージの世界観に合うものか、
適正な価格か、というところを重視しますね。

もう一つは、自分たちが本当に暮らしの中で
使いたいなと思えるかどうかというところを、
しっかりチームの中で話し合います。

辻口:
リセノスタッフが、実際に生活の中で
使っているアイテムの中から選定されることも
ありますよね。

大場:
そうですね。

インテリアは暮らしと結びついているものなので、
リアルな生活の中で使い心地も良いものが、
やっぱり素敵だなって思います。

なので、三名いるバイヤーチームの中で、
一人でも納得できないところがあるアイテムは、
選ばれなかったりします。

20210816211330.jpeg
大場さんの愛用品から採用された「BIALETTI MOKA EXPRESS」

辻口:
全員が良いと思えるものを見つけ出すのは、
とても大変そうです。

大場:
大変です笑
でもそうしないと、嘘になってしまうので。

だからこそ、みんなが「いいね!」と
思えるものが見つかったときは、
すごく盛り上がります笑

辻口:
リセノでは、インテリアショップを巡るツアーを
大場さんが企画してくださったりするのですが、
ショップやアイテムに関する知識の多さに
いつも驚かされます。

大場:
ぜんぜん、まだまだです笑

でも、バイヤーになってからは、インテリアに
対するアンテナが一段高くなったと思います。

週末は必ずインテリアショップへ行くようにしていて、
気になるアイテムがあれば必ず調べて、バイヤーの
ミーティングで話題にあげたり...。

20220308000408-thumb-800x800-78753.jpeg


辻口:
それだけ聞くと、
なんだか過酷な気がするのですが...笑

大場:
それが、めちゃ楽しいんだよね笑

アンテナが高くなったことで、
「こんなアイテムあったんだ!」って
さらに色んなアイテムに出会えるようになって。

何か見逃しているものはないかなって、昔の雑誌を
見返したりもするんだけど、逆に「今リセノの取り
扱ってる!」っていうアイテムを発見したり。

バイヤーになってからは、さらにインテリアが
楽しめるようになったな、と感じています。

辻口:
個人的には、そういった情熱やセンスの部分で
大場さんがバイヤーへ選任されたのかなと
思っているのですが...。

大場:
どうだろう、センスの部分は、同じバイヤーの
中原さんやひめさんの方がすごいと思うんですが...笑

バイヤーって、取引先の方や作家の方との
やりとりが多いので、そういうコミュニケーションの
部分に期待していただいのかな、と思っています。

20211206145010-thumb-800x800-73322.jpeg


辻口:
確かに、大場さんっていつも明るいですよね。

大場:
え、ありがとう笑

たぶん、性格の部分もあると思うんですが、
やっぱり楽しく仕事したいので、
みんなでワイワイできたらいいなと思っています。

辻口:
取引先の方や作家様とも、いつも丁寧にやりとり
されているのが印象的です。

大場:
本当は、時間さえあればお世話になった方全員に
お礼を言って回りたいくらいの気持ちです。

インテリアを楽しめるのは、
作り手の方がいてこそなので。

そんな作り手の方の想いを、
使い手の方へ紡ぐのが、バイヤーの
本当の役割だと思っています。

「とき古」の舞台と、
素敵なお部屋づくりのヒント

247A9568.jpg

辻口:
さて、そんな気持ちの熱いバイヤーの
大場さんですが、どんな暮らしをされているのか
気になっている方も多いと思います。

と言っても、「とき古」やInstagramが大人気で、
既にご存知の方も多いと思いますが...笑

大場:
恐縮です...笑

辻口:
Instagramでフォロワーが1万人を突破された時、
「真似しやすいからかな〜?」と仰っていましたが、
それってどういう意味なんでしょう?

大場:
私の部屋って、特別高いものや変わったものが
置いてあるわけでもないし、お部屋の内装に
特徴があるわけでもないんですよね。

だから、恐れ多いですが、
参考にしてもらいやすい部屋なのかなって。

辻口:
なるほど。

お部屋の内装は、白を基調とした
ごくごくシンプルなものですね。

なぜこのお部屋を選ばれたのでしょう?

1U7A1517.jpg


大場:
本当はオーク材の床が理想だったりするんですが、
賃貸ではなかなか難しくて。

一人暮らしをしようと思って集めていた家具が
わりと濃い色のものが多かったので、お部屋全体が
重くならないよう、ベースはいっそ白に
振り切ることにしました。

辻口:
大場さんのお部屋作りのポイントなどがあれば
お伺いしたいです。

247A9571.jpg
ナチュラルカラーのスツール

大場:
そうですねぇ...。
まずは、家具のトーンを揃えることでしょうか。

私の部屋にある家具って、木の色は全部
違ったりするんですが、トーンは揃っているので
ちぐはぐな印象にはなっていないのかなと思います。

247A9573.jpg
濃いブラウンカラーのテーブル


辻口:
トーンというのは、色の
「明度」と「彩度」のことですね。

大場:
はい。
「色味」自体は違っても、明度と彩度が近いもので
揃えると、お部屋に統一感が出ると思います。

家具って、お部屋を構成する要素のひとつなので、
家具単体で見るより、全体のバランスを見て選ぶと、
インテリアが浮いたりすることもなくて良いですね。

247A9574.jpg
赤み掛かったチークカラーのダイニングテーブル

大場:
あとは、ディスプレイスペースには程よく
「ガラス」を取り入れることを意識しています。

辻口:
確かに、キャンドルスタンドや動物のオブジェなど、
ガラス素材のものが随所に取り入れられています。

247A9575.jpg


大場:
私、いろいろ欲しくなっちゃうので、
物量もついつい多くなってしまうんですが笑

ガラスのアイテムを入れると、抜け感が出て、
ガラスと木の質感を引き立てあってる感じがするので、
個人的にはこだわっているポイントです。

247A9576.jpg

大人になってから気がつく、
眠っていたルーツ

20220409224719-thumb-800x800-80905.jpeg


辻口:
ありがとうございます。

ヴィンテージアイテムが散りばめられた素敵な
お部屋ですが、ご自身のマガジンでも、古いもの
との出会いや魅力について語られています。

大場さんは、ご自身のインテリアのルーツを
「部屋の模様替えが好きだったから」とおっしゃって
いました。

ただ、大場さんのマガジンを拝見していると
大場さんはお母さまの影響を強く受けているように
思ったのですが、いかがでしょうか?

大場:
...確かに!
そうかもしれません。

辻口:
マガジンによると、大場さんのお母さまは、
北欧のヴィンテージ家具がお好きで、
少しずつ集めておられるとか。

20200709090651.jpeg
大場さんのお母さまのご自宅

大場:
そうそう。

学生の時に、遊びに来た友達たちが、
「居心地が良い」ってよく言ってたんですけど、
私は当時、ぜんぜん良さが分からなくて笑

民藝のダイニングセットがあったり、ウェグナーの
キャビネットがあったり、壁には作家さんの
アートが飾ってあったり...。

今思うと、良いものを揃えていたんだなと思います。

辻口:
ウェグナーというのは、デンマークの巨匠と
呼ばれるデザイナーですね。

インテリアを学ぶ中で、「良いものが揃えてある」
ことに気がつかれたんでしょうか?

20200709093541.jpeg


大場:
そうだね。
20代半ばにしてようやく分かったというか、
「めっちゃいいの使ってる!」って笑

だから、姉も妹も影響を受けてるみたいで、
最近になって民藝のお皿を集め出したりしてて。

辻口:
それは、お母さまもすごく喜ばれて
いるんじゃないでしょうか。

大場:
どうかな〜。

でも、「あんたたちがそんなに興味持つと
思わなかった」って言ってたかな笑

昔はちんぷんかんぷんだったけど、今は
お皿のこととか、家にある家具のこととか、
色んなことを母に聞いたりしてて。

そうやって話してる時間は、二人とも
楽しそうにしてると思います笑

とき古_16.jpg

インテリアが整うと、
暮らしも整う。

247A9570.jpg


辻口:
素敵なお話をありがとうございます。

「ときどき、古いもの」で紹介されている大場さんの
素敵な暮らしのルーツが、よくわかりました。

大場:
「とき古」については、素敵に
切り取ってくださってる部分が大きいと思います笑

正直、自分が出てるっていう感覚もあまりなくて。
そこは、Vlogを作ってくださっている
チームに感謝ですね。

247A9748.jpg


辻口:
女性3人で、時に楽しそうに、時に真剣に
撮影されている姿が印象的です。

「インテリア」と「暮らし」が並行して語られることも
多くなったと思うのですが、長く携わっている
大場さんはどう思われるでしょうか?

大場:
えぇ〜、難しいこと聞くね笑

なんだろう、私はお化粧することに
近いのかなと思います。

辻口:
お化粧ですか。

大場:
そう、お化粧。

化粧をすると気合が入るし、誰に見せるわけでもない
時でも、背筋がしゃんと伸びるというか。

家具にこだわると、食器にこだわったり。
食器にこだわると、タオルにこだわったり。

服を買っておしゃれすることと、ソファーのカバーを
変えてあげることって似てるというか...。

辻口:
インテリアが整うと、暮らしも整う?

大場:
そうそう、その通りだと思います!
さすが〜!(拍手)

辻口:
えぇっと、ありがとうございます笑

大場:
ごめんごめん笑

なので、そういう意味では「インテリア」も
「暮らし」も、同じものだと私は思っています。

247A9717.jpg

嘘のない提案。
「愛」を乗っけてお届けします。

247A0961.jpg


辻口:
大場さんは、バイヤーとして商品を選定するだけで
なく、その魅力を紐解く「Buyer's Voice」や
センスのいらないインテリア」で、
インテリアの楽しみ方についても発信されています。

大場:
インテリアの魅力をお伝えするときは、
実際の暮らしの中に取り入れたときに、どんな素敵な
ことが起こるか、ということが大事だと思っています。

なので、メディアとしての活動では、
「主観的な目線」を意識して、
アイテムの魅力や取り入れ方をお伝えしています。

辻口:
Buyer's Voice」では、実際にご自宅で使われた
写真や感想なども交えて、アイテムの魅力を
ご紹介されています。

20211108091823-thumb-800xauto-71790.jpeg


大場:
そうですね。

もちろん、私の暮らしと、お客さまの
暮らしは違うものかもしれません。

でも、ちゃんと自分の暮らしに取り入れてみて、
その子の良いところも悪いところも見つけて
あげることで、愛が1つ乗っかるというか。

辻口:
愛が1つ乗っかる!
素敵な表現です。

大場:
え〜、ありがとう笑

人間もそうですけど、完璧なものってなくて。
でも、良いところも悪いところも含めて
愛おしいというか。

そういうところを全部含めて、ブランドがしっかり
発信することが大事なんじゃないかなって思います。

培った全てをぶつける。
「Re:CENO FUKUOKA」

2022_04_14_2471.jpg
Re:CENO 福岡店

辻口:
愛のあるお話をありがとうございます。

さて、長くなってしまいましたが、最後に
遂にオープンを迎える「Re:CENO FUKUOKA
についてお話をお伺いできればと思います。

福岡へ新たな出店が決まってから、大場さんが
大変お忙しそうにされているのを見てきました。

なんでも、出店する場所の選定から
参加されていたとか。

大場:
そうなんです。
とてもありがたい機会でした。

2021年の春頃から、半年くらい掛けて
良い物件がないかと皆さんで探していました。

20220208120702-thumb-800x800-77029.jpeg


辻口:
僕もオープン準備で現地へ行かせていただきましたが、
福岡店が居を構える「赤坂」は、賑やかながら
緑も多くて、とても爽やかな場所でした。

大場:
そうですね。

物件自体も、ヴィンテージのマンションが
多く立ち並ぶ一角にある、味わいのある建物で、
すごく良い場所が見つかったなと思います。

20220414132131-thumb-800x800-81129.jpeg


辻口:
内装についても、目を惹く天井のルーバーや、
柱部分のテクスチャなど、随所に
趣向が凝らされた空間になっていました。

大場:
今回施工を担当してくださった
ストックデザインラボ様が、
こちらの要望を、非常に丁寧に
ヒアリングしてくださって。

離れた福岡の地で、初めてご依頼させていただいた
施工業者様だったのですが、スピーディーかつ丁寧な
対応で、本当にありがたかったです。

お互いに遠慮していたら、こんなに
良いものにはならなかったと思います。

1U7A0843.jpg


辻口:
撮影スタジオでも、バイヤーチームの方が
福岡店でのディスプレイを、何日もかけて
シミュレーションされていたのが印象的です。

大場:
せっかく良い箱ができても、家具の配置や
ディスプレイ、コーディネートの部分が
おざなりになっては台無しなので。

照明からカトラリーの並べ方に至るまで、
こだわり抜きたいなと思いました。

1U7A0861.jpg


辻口:
スタートからゴールまで関わられた大場さんですが、
いいものは出来上がったでしょうか?

大場:
もう、めちゃくちゃ素敵になったと思います!

もちろん、色んな人が携わる中で、
あくまで私はその一員ですが。

代表の山本さんとひめさんが、常にオープンに
私たちへ意見を求めてくださったことが、
本当に嬉しかったです。

1U7A0524.jpg


辻口:
内装からディスプレイに至るまで、今回のことは
ある意味、大場さんが今までやられてきたことの
総決算ではないでしょうか?

大場:
ぜんぜん意識してなかったけど、
言われてみれば、確かにそうかも...!

だから、すごく大変だったけど、最後まで楽しみながら
一貫して取り組めたのかもしれません。

247A0524.jpg

「インテリアの楽しさを、もっとたくさんの人に。」

247A9619.jpg

辻口:
ありがとうございます。
福岡店に来てくださるお客さまの
反応が楽しみです。

すみません、一つだけ気になったのですが、
大場さんって、なんで自分のお店が
持ちたいんでしょう?

大場:
うーん、もちろん、作り手の方の想いを
届けていきたいというのもあるんだけど...。

昔、母によく連れられていったショップは、
小さなお店が多くて。そういうお店の方が、
作家さんやアイテムのお話を、楽しそうに
されている姿が、単純に羨ましかったんですよね。

私、やっぱり人が好きなんです。

だから、お店というツールを通して、色んな人と
繋がりたいなっていうのが、お店を持ちたいと思う
目的なのかな。

辻口:
とても素敵だと思います。

大場:
ありがとう〜。

でも、自分のお店を持つのは、おばあちゃん
くらいになってからかも笑

今はまだ、リセノでもらったものを返せてないし、
変化していくリセノ中で、もっともっと
色んなことを学びたいなって思ってます。

辻口:
大場さんがいてくださると、僕らも心強いです!

大場:
とんでもないです!

これからも、素敵なアイテムやコンテンツを
お届けしていきたいと思っていますので、
どうぞよろしくお願いします。

辻口:
今日は素敵なお話を、
たくさんありがとうございました!

これからもよろしくお願いします!

大場:
よろしくね〜!
ありがとうございました。

247A9601.jpg


Styling Goods

まんまるポット

¥ 13,200 ~


BIALETTI MOKA EXPRESS

¥ 6,600 ~


フルエプロン マノン パスレール

¥ 6,380



View More

ライターの励みになりますので、ぜひ [ いいね! ] のクリックをお願いします。

現在までにいただいた数:21

リセノ式 センスのいらないインテリア

  • センスのいらないリビングのルール(10)
  • センスのいらないダイニングのルール(10)
  • センスのいらない寝室のルール(6)
  • センスのいらない照明のルール(3)
  • センスのいらないコーディネートのルール(9)
  • センスのいらないインテリアの基礎知識(1)

ナチュラルヴィンテージを知る

  • ナチュラルヴィンテージとは?(12)
  • ナチュラルヴィンテージ実例(35)
  • ナチュラルヴィンテージの基本(19)

インテリアを学ぶ

  • コーディネートの基本(74)
  • ディスプレイの基本(22)
  • お手入れの基本(46)
  • コツとノウハウ(97)
  • リビングの基本(16)
  • ダイニングの基本(20)
  • 収納の基本(23)
  • 寝室の基本(31)
  • キッチンの基本(4)
  • 書斎の基本(9)
  • 照明の基本(24)
  • カーテンの基本(9)

インテリアを楽しむ

  • みんなのエッセイ(50)
  • Let's DIY!(138)
  • 植物と暮らそう(46)
  • 話題の場所レポ(42)
  • 本と音楽と映画(12)
  • おすすめカフェ(27)
  • 日々のできごと(30)

リセノのこと

  • 僕と私の愛用品(74)
  • 蚤の市で見つけた偏愛品(2)
  • Re:CENO Vlog(30)
  • Re:CENO product(76)
  • Buyer's Voice(16)
  • 製品ストーリー(45)
  • 商品紹介(44)
  • リセノ ランチ部(100)
  • お仕事レポート(53)
  • お店だより(97)
  • お知らせ(35)

特集

  • AGRAソファのこと(14)
  • センスのいらないインテリア(30)
  • コーディネートレッスン(32)
  • ナチュラルヴィンテージの作り方(6)
  • オリジナル家具の企画経緯(27)

メンバー


お仕事レポートの人気記事5件

2022年2月14日(月)
お仕事レポート

【 福岡店ができるまで。】お店完成までの道のりをレポートします。

春にオープンする福岡店。近況と周辺スポットの魅力をお伝えします。

制作部 岩部 101
2022年3月15日(火)
お仕事レポート

【リセノのあの人】人事部の相馬さんへインタビューしました。

知られざるリセノの文化や、部署の裏側、ハリネズミと暮らす素敵なお部屋について伺いました。

リセノ制作部 61
2022年4月26日(火)
お仕事レポート

【こんにちは、福岡】Re:CENO FUKUOKAからのご挨拶

4月15日、Re:CENO FUKUOKAオープンいたしました。これからこの店舗で、皆様とお会いできるのを楽しみにしております!

福岡店店長 榎本 61
2022年3月23日(水)
お仕事レポート

【 福岡店ができるまで。】オープン日も決定! 準備も着々と進んでおります。

福岡店のオープン日は4月15日(金)に決定。近況の報告と、店長が感じた福岡についてをお話しします。

福岡店店長 榎本 55
2021年7月07日(水)
お仕事レポート

【リセノのあの人】カメラマンの濱田さんへインタビューしました。

インテリアのプロに、素敵な暮らしのヒントやリセノの裏側について伺いました。

カメラマン 辻口 50

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』

Menu

  • センスのいらないリビングのルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「リビングの共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • センスのいらないダイニングのルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「ダイニングの共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • センスのいらない寝室のルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「寝室の共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • センスのいらない照明のルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「照明の共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • センスのいらないコーディネートのルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「コーディネートの共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • センスのいらないインテリアの基礎知識

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現するために必要な「インテリアの基礎知識」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。


  • ナチュラルヴィンテージとは?(12)

    ナチュラルヴィンテージの定義について、分かりやすく紐解いています。

  • ナチュラルヴィンテージ実例(35)

    ナチュラルヴィンテージの方程式を用いたお部屋づくり実例です。

  • ナチュラルヴィンテージの基本(19)

    ナチュラルヴィンテージのお部屋作りのポイントを解説していきます。


  • コーディネートの基本

    インテリアコーディネートの基本を分かりやすく解説します。

  • ディスプレイの基本

    ディスプレイをする際の基本の方程式などを解説します。

  • お手入れの基本

    お手入れやメンテナンスの基本技術を解説します。

  • コツとノウハウ

    インテリアを日々使っていくうえで知っておくと便利なコツやノウハウを動画でご紹介します。

  • リビングの基本

    ダイニングテーブルやチェアの選び方などをまとめています。

  • ダイニングの基本

    選び方やお手入れ方法など、ダイニングに関する基本をまとめています。

  • 収納の基本

    選び方やお手入れ方法など、収納家具に関する基本をまとめています。

  • 寝室の基本

    選び方やお手入れ方法など、ベッド・マットレスに関する基本をまとめています。

  • キッチンの基本

    選び方やお手入れ方法など、キッチンに関する基本をまとめています。

  • 書斎の基本

    選び方やお手入れ方法など、書斎に関する基本をまとめています。

  • 照明の基本

    選び方やお手入れ方法など、照明に関する基本をまとめています。

  • カーテンの基本

    選び方やお手入れ方法など、カーテンに関する基本をまとめています。


  • みんなのエッセイ(50)

    リセノにまつわる人たちの日々を、何気なく綴ったエッセイです。ほっとひといき入れたいときに。

  • Let's DIY!(138)

    スタッフが自宅D.I.Yを体験レポート! みなさんも一緒にLet’s Do It Yourself!

  • 植物と暮らそう(46)

    暮らしを豊かに彩る植物を、インテリアに取り入れる方法をご紹介します。

  • 話題の場所レポ(42)

    展示会、家具産地、海外出張、話題のエリアやホテルなどをレポートします。

  • 本と音楽と映画(12)

    インテリア大好きなスタッフが、日頃から読んでいる雑誌や映画、音楽などをご紹介していきます。

  • おすすめカフェ(27)

    リセノスタッフのおすすめカフェをご紹介します。

  • 日々のできごと(30)

    日々生活している中で、スタッフが体験したことや、感じたことなどを書いていきます。


  • 僕と私の愛用品(74)

    リセノスタッフが、実際に自宅で使っているお気に入りのインテリアアイテムをご紹介します。

  • 蚤の市で見つけた偏愛品(2)

    全国各地で定期的に開かれている「蚤の市」にいざ出発! そこで見つけて、ゲットしたかわいいアイテム「偏愛品」を、偏愛とともに語ります。

  • Re:CENO Vlog(30)

    何気ない日常と、それぞれの暮らしに馴染むインテリアを切り取った動画です。

  • Re:CENO product(78)

    オリジナル家具「Re:CENO product」の生産背景や製品への思いを語ります。

  • Buyer's Voice(16)

    製品開発や製品セレクトまつわるストーリーを書いていきます。

  • 製品ストーリー(45)

    製品が生まれる背景や正しい使い方など、プロダクトが本来持つこだわりや魅力を紐解きます。

  • 商品紹介(44)

    商品解説を動画でさらに分かりやすく伝えたい! そんな思いから始まった企画です。

  • リセノ ランチ部(100)

    社内キッチンで、スタッフが協力しながら、美味しく、楽しくをモットーに作っています。

  • お仕事レポート(53)

    Flavorでの仕事の様子をレポートしていきます。

  • お店だより(97)

    リセノのリアルショップ(東京/京都)での日常や、お知らせを綴っていきます。

  • お知らせ(35)

    リセノからのお知らせです。