Web Magazine

老舗の日本料理屋「 京都祇園 天ぷら八坂圓堂 」様
こだわりのチェアをお届けいたしました。

こんにちは。おおばです。
今回のマガジンでは、 リセノコントラクト事業部
手掛けました、納品事例をご紹介いたします。

歴史ある祇園のお店「 天ぷら八坂圓堂 」の本邸へ、
カウンターチェアをお届けいたしました。

20180711102700.jpg

ご来店されるお客様のことはもちろん、対応される
スタッフの方がおもてなしをしやすいよう、考えられた
特別なオーダーチェアです。

お店の魅力とともに、たっぷりご紹介いたします^^

京都の風情、四季折々の天ぷらを味わえる「 天ぷら八坂圓堂 」様。

「 祇園 」という言葉を聞くと、京都の風情ある町屋、
灯篭のある石畳...そんな景色を思い浮かべられる方が、
多いのではないでしょうか。

「 天ぷら八坂圓堂 」は、そんな趣きある街並を歩き、
京都最古の禅寺と呼ばれる、建仁寺を通り抜けた先に、
本邸がございます。

20180711102818.jpg

130年以上の歴史を誇る、圓堂様。
高級板前カウンターや座敷で、天ぷらを味わえる、
京都の老舗日本料理屋さんです。

ぜひ、一度は訪れたい!名店でございます^^

20180711154139.jpg

お店にて、何度か打合せを重ねさせていただきましたが、
格式高く、とても緊張したことを覚えています...!

ですがそのたび、スタッフの方々の柔和なご対応や、
笑顔に心解きほぐされました。

20180712143017.jpg

和の風情、歴史深さ、ふわっと漂うお香...上質さの中
に、おもてなしの温かさや、落ち着きを感じます。

そんな空間へお客様をお迎えする、大切なチェア。
訪れるお客様のこと、日々使うスタッフのことを考え、
数多くの商品から、お選びいただきました^^

お客様とスタッフのことを考え、選んでいただきました。

圓堂様から頂戴したご要望は、まずはご来店される
お客様が座りやすい、居心地がよいと感じていただくこと。

そして、日々サービスに従事するスタッフの方々が、
少しでも扱いやすいこと、この2点を希望されました。

サイズはもちろん、肘掛けの奥行感、背もたれのカーブ、
大きさ...等々、細微にわたって、こだわられておりました。

3か月の打合せを重ね、ご意見をいただき、選択いた
だいたチェアがこちらです!

20180711164859.jpg

スッと伸びた脚、丸みのある背もたれが、圓堂様が醸
し出す和の空間に、品よく馴染みます。

ハイブランドのチェアや、名だたる名作チェア等も、
打合せ時は、ご提案させていただいておりました。

しかし、ブランドやデザインではなく「 心地よさ 」を
何より大事にされ、ご確定いただきました。

そのこだわり、少しだけご紹介させていただきます。

① お客様に、居心地よく感じていただきたい。

まずご希望されたのは、「肘掛け付き」というところ。

カウンターは、プロの調理風景を眺めながら、料理も
楽しめる特等席。
ですが、時に、お隣との距離感も気になる方もいらっしゃるのでは?

居心地よく料理を楽しんでいただきたい、そんな想い
から「肘掛け付き」のチェアをご希望いただきました。

20180712145559.jpg

手前までカバーできる肘掛けをつくることで、ちょっと
した囲いができ、自分だけのゾーンをつくることができます。

20180712142701.jpg

また、肘掛けがあると、身体を預けて、ゆっくりお食
事を楽しめますね^^

揚げたての天ぷらを味わいながら、お酒も入れつつ、
和やかな会話が続く、そんなシーンがイメージできます。

② より良いサービスの向上を求めて。

お客様と接する上で、欠かせないサービス。

カウンターチェアということもあり、後方からのサー
ビスも重要となります。

以前ご使用されていたチェアは、背もたれ、座面共に
レザー素材だったため、重みや、厚みがありました。

そのため少しでも動きをスムーズに、負担なく使いた
い、そんなご希望をいただきました。

20180711171652.jpg

ご確定いただいたチェアは、木製フレームタイプです。

そのため、レザーより厚みが抑えられ、チェアとチェ
アの間に若干の隙間ができます。

そのゆとりが、後方からのサービスがスムーズに。
日々、サービスに従事され、お客様の動きや、気遣い
を考えられたご要望ですね^^

20180712144509.jpg

スマートになったことで、チェア全体がカウンター下
に納まり、
後方の通路を広げることができました。

スタッフの方々の回遊性が高くなり、動線がスムーズに。
更には、お客様の立ち座りの動作も、取りやすくなりました。

20180712145211.jpg

お届け後に伺った撮影時に、圓堂様より、

『 カウンター席にピッタリで、大変綺麗です! 』
『 スタッフがサービスを提供しやすくなり、喜んでいます。』

と、とてもありがたいお言葉をいただきました^^
お客様、スタッフの方々にお喜びいただけたこと、
何よりうれしかったです。

居心地の良い空間づくり、お手伝いいたします。

いかがでしたでしょうか。

大事なとき、大切な方と訪れたい、そんな老舗の料理屋
「 天ぷら八坂圓堂 」様。

ぜひ、皆様も京都にお越しの際は、お立ち寄りくださいませ。

20180711185255.jpg

リセノインテリア法人事業部では、今回のような、
こだわりのオーダー家具、モデルルームコーディネート
など、幅広くご対応いたしております。

お気軽にご相談くださいませ^^

法人事業部へのお問い合わせはこちら。

お店の基本情報

店名京都祇園 天ぷら圓堂
住所605-0811 京都府京都市東山区八坂通小松町566
電話番号075-551-1488
営業時間ランチ 11:30~15:00
夕 食 17:00~22:00
URL

http://www.gion-endo.com/index.html

みんなの保存数:1

暮らしにあったダイニングの選び方

雑貨・食器特集

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「お仕事レポート」の最新記事 4件

2023年11月22日(水)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.17 社内目標共有会「みんなで作る、はじまりの一日」

総勢56名が集った「社内目標共有会」「第5回社食堂」の様子をレポートします。

人事部 相馬 12
2023年9月27日(水)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.16  リセノ夏祭り「とある週末、夏の思い出」

インテリア好きの笑顔が集い、大盛況となった「リセノ夏祭り」をレポートします。

人事部 相馬 7
2024年1月16日(火)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.18 編集課「発信を通して、お客様とインテリアを繋ぐ。」

自社メディア「Re:CENO Mag」の企画や管理を行う、リセノ編集課のお仕事風景をご紹介!

人事部 大西 4
2024年2月15日(木)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.19 バイヤーチーム「商品の魅力に向き合い、世界観を作っていくこと。」

国内外からナチュラルヴィンテージアイテムを仕入れる、バイヤーチームをご紹介!

人事部 大西 3

「お仕事レポート」の人気記事 4件

2022年2月14日(月)
お仕事レポート

【 福岡店ができるまで。】お店完成までの道のりをレポートします。

春にオープンする福岡店。近況と周辺スポットの魅力をお伝えします。

元編集部 岩部 103
2022年4月26日(火)
お仕事レポート

【こんにちは、福岡】Re:CENO FUKUOKAからのご挨拶

4月15日、Re:CENO FUKUOKAオープンいたしました。これからこの店舗で、皆様とお会いできるのを楽しみにしております!

福岡店店長 榎本 71
2022年1月31日(月)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.1 Thanks Letter.「誰に対しても、感謝の気持ちを。」

リセノってどんなブランド?今年、新設されたばかりの人事部部長が、社内文化にスポット当てた連載をスタートします。

人事部 相馬 66
2022年3月15日(火)
お仕事レポート

【リセノのあの人】人事部の相馬さんへインタビューしました。

知られざるリセノの文化や、部署の裏側、ハリネズミと暮らす素敵なお部屋について伺いました。

リセノ制作部 65

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』