Web Magazine

【 福岡店ができるまで。】
お店完成までの道のりをレポートします。

こんにちは。リセノ制作部の岩部です。

まだまだ寒い日が続きますが、
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

立春が過ぎ、暦の上では春。

「今日も寒いな~」と言いながら、
日が少しずつ長くなっていることを実感したり、
春の花々が店頭に並んでいたり。

徐々に春の気配を感じることが増えてきました。

そんな私は、今年の春がいつも以上に
待ち遠しくて仕方ありません...!

なぜなら、この春にリセノ福岡店が
オープンすることが決まったからです^^(拍手!)

情報公開後は「楽しみです!」という喜びのお声を、
有難いことにたくさんいただきました。

一緒に喜んでくださるお客様がいることが
何よりの励みです。本当にありがとうございます。
(いただいたお声は、スタッフ一同で
 共有させていただいております^^)

オープンは、4月を予定しています。

それまで、福岡在住のスタッフ岩部が
店舗づくりの近況や福岡店周辺のあれこれを
詳しくレポートしていこうと思います。

オープンを迎える春ごろまで、
どうぞお付き合いくださいませ^^◎

お店の近況報告。
まっさらなスケルトン、ここからスタートです!

①★2022_01_24_1700.jpg

福岡の物件を本腰を入れて探し始めたのは、
2021年の春ごろ。

それから半年ちょっとで、ようやく
見つかったのが今の物件でした。

なかなか条件に合う物件が見つからず、
苦戦していたのも今となってはいい思い出です。

12月ごろに物件が決定し、
さっそく以前のお店の解体工事に。

その工事が一旦終わったということで、
はじめてスケルトンになった状態を見てきました。

中は、まっさら、広々!

ここからどんな空間へ仕上がっていくのか、
とてもワクワクします。

①★2022_01_24_1711.jpg

スケルトンになったので、
いよいよリセノのお店づくりがスタートします。

施工会社様と、リセノの担当者にて
現場を見ながら細かく打ち合わせ。

デザイン的なコンセプトはもちろん、
どういう売り場がいいか、お客様が見やすいか、
というところまで細かく意見を出し合って
一つずつ進めていきます。

どんな内装になるか、楽しみにしててください^^

店舗ができる場所は、こんなところ。
けやき通り、ヴィンテージマンションの一角

①★2022_01_25_1556.jpg

リセノ福岡店は「赤坂」というエリアに出店します。

中心地から少し離れているので、
落ち着いた雰囲気の街並みです。

①2022_01_25_1585.jpg

地下鉄天神駅から1駅の赤坂駅から徒歩10分。

お店の目の前にはバス停もございます^^

また、天神から1駅なので余裕のある方は
歩くのもおすすめです。

およそ20分前後で到着します。

②★2022_01_25_1598.jpg

天神駅を降りて、国体道路をまっすぐ歩いていると
見えてくるのが「けやき通り」。

この道は、名前の通りけやきの木が両側に並び、
なんだかいい雰囲気なんです。

②★2022_01_25_1594.jpg

冬なので、今はちょっとだけ寂しいですが、
春・夏は緑が生い茂り、秋は黄色一色になります。

そして、古い建物が多いのもツボなポイント。

ヴィンテージマンションが多く、
味わいのあるレンガやタイル、
可愛いアーチのデザインなどを見つけては
惚れ惚れしています。

けやき通り沿いには住宅が多いですが、
こじんまりとしたいい感じのお店もちらほら。

どんなお店なんだろう~と覗いてみるのも楽しいです。

歩いているだけで楽しめる街だなあと思います。

徒歩圏内には、福岡の名所も。
神社、公園、美術館が揃っています。

③2022_01_25_1534.jpg

リセノ福岡店ができる場所の近くには、
福岡の人々から愛されるスポットがたくさん。

徒歩約8分ほどの場所にあるのは護国神社。

入口にそびえ立つ、高さ13mの大鳥居に圧倒されます。

不定期で「護国神社 蚤の市」が開催されており、
たくさんの古いものと人で賑わいます。

③DSC05148.jpg

護国神社からさらに進むと見えてくるのは
大濠公園と福岡市美術館です。

福岡市美術館は、大濠公園の一角に
溶け込むように佇んでいます。

美術やアートを楽しめるのはもちろんですが、
建築物としても魅力的なんです。

設計者は日本近代建築の巨匠、前川國男さん。
若いころにパリへ渡り、近代建築の祖とされる
ル・コルビュジエのアトリエで学ばれています。

外観には、味わいのあるレンガ色のタイルが
異なる形で貼られており、その細やかさからは
ただならぬ拘りを感じます。

そのほかには、内装のアーチ型の天井や
2階の屋外広場なども見所。

3-1.jpg

リニューアルを重ねながらも、
照明器具や家具などは開館当時のまま
前川建築の特徴を受け継ぎ、
今も変わらず福岡市民に愛される場所と
なっています。

③★2022_01_25_1531.jpg

そして目の前に広がるのは、大濠公園。

広々とした湖と、生い茂る木々たち、鳥のさえずり。
何度訪れても、本当に気持ちがいい場所です。

お子様が自由に遊べる遊具や砂場から
ひと休みに最適なカフェ、お散歩コースもあるので
手ぶらで立ち寄っても楽しめるスポットです。

③★DSC05136.jpg

リセノに訪れたあとは公園で遊んだり、
美術館にいったり..!なんてコースを
楽しんでいただけたら嬉しいなあと
ひとり勝手に妄想しております(笑)

もちろん、大濠公園の帰りにフラっと
寄っていただくのも大歓迎です。

3-2.jpg
(天気の良い昼間もいいですが、夕暮れも綺麗です。)

このマガジンを書きながら、改めて
出店近辺の魅力を探っているのですが、
福岡市民に愛されるスポットが多いなあと
実感します。

大濠公園や福岡市美術館が
フラッと立ち寄れる憩いの場所であるように、
リセノもそんなお店になったらいいな、と思います。

気軽に立ち寄れて、さらには暮らしや
インテリアに関して発見があるような、
そんなお店を目指して。

引き続き、スタッフ一同
オープンを目指して頑張ります~!

それでは、次回も楽しみに
お待ちいただけると幸いです。

みんなの保存数:103

暮らしにあったダイニングの選び方

雑貨・食器特集

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「お仕事レポート」の最新記事 4件

2023年11月22日(水)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.17 社内目標共有会「みんなで作る、はじまりの一日」

総勢56名が集った「社内目標共有会」「第5回社食堂」の様子をレポートします。

人事部 相馬 12
2023年9月27日(水)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.16  リセノ夏祭り「とある週末、夏の思い出」

インテリア好きの笑顔が集い、大盛況となった「リセノ夏祭り」をレポートします。

人事部 相馬 7
2024年1月16日(火)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.18 編集課「発信を通して、お客様とインテリアを繋ぐ。」

自社メディア「Re:CENO Mag」の企画や管理を行う、リセノ編集課のお仕事風景をご紹介!

人事部 大西 4
2024年2月15日(木)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.19 バイヤーチーム「商品の魅力に向き合い、世界観を作っていくこと。」

国内外からナチュラルヴィンテージアイテムを仕入れる、バイヤーチームをご紹介!

人事部 大西 3

「お仕事レポート」の人気記事 4件

2022年2月14日(月)
お仕事レポート

【 福岡店ができるまで。】お店完成までの道のりをレポートします。

春にオープンする福岡店。近況と周辺スポットの魅力をお伝えします。

元編集部 岩部 103
2022年4月26日(火)
お仕事レポート

【こんにちは、福岡】Re:CENO FUKUOKAからのご挨拶

4月15日、Re:CENO FUKUOKAオープンいたしました。これからこの店舗で、皆様とお会いできるのを楽しみにしております!

福岡店店長 榎本 71
2022年1月31日(月)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.1 Thanks Letter.「誰に対しても、感謝の気持ちを。」

リセノってどんなブランド?今年、新設されたばかりの人事部部長が、社内文化にスポット当てた連載をスタートします。

人事部 相馬 66
2022年3月15日(火)
お仕事レポート

【リセノのあの人】人事部の相馬さんへインタビューしました。

知られざるリセノの文化や、部署の裏側、ハリネズミと暮らす素敵なお部屋について伺いました。

リセノ制作部 65

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』