Web Magazine

2020年6月1日 京都店をリニューアルオープンしました!

こんにちは。やまもとです。

コロナ下の緊急事態宣言に伴う自粛で情報をリリース
していなかったのですが、6月1日に京都店を新たに
リニューアルオープンしました。

思い返せば、オンラインショップ運営会社として
立ち上げたのが、2008年。そこから実店舗の1号店
として京都店を立ち上げたのが2013年です。

Re:CENO Products&Stories オープンしました。

それから実に7年が経ち、リセノというブランドは、
テイストも、価格帯も、取り扱う品も、お客様層も、
スタッフの経験値も大きく変化しました。

京都店は、7年という月日の中で内装も古くなり、
また、理想とする空間デザインも大きく変化した中で、
ようやく念願叶って、いま僕たちが持っているものを
すべて詰め込んだお店にすべく、リニューアルしました。

リニューアル案が出たのが2016年秋頃だったので、
ここにたどり着くまで、本当に長かった。。。

今日は、京都店リニューアルに詰め込んだ思いを
書いていこうと思います。

「ナチュラルヴィンテージ」を表現した
空間デザインに仕上げました。

2020_06_01_4081.jpg

まずは、内装を一新した空間デザインについて、
思いをお伝えしていこうと思います。

リセノが目指すインテリアテイストのコンセプトは、
ナチュラルヴィンテージスタイルです。

「ナチュラルヴィンテージ」という言葉は造語で、

「シンプルでナチュラルな内装をベースに、
 トーンを抑えた統一感のある家具を配し、
 ヴィンテージ感のあるディテールアイテムを
 ミックスすることで、落ち着いた印象を与える
 インテリアスタイリング」

と定義しています。

今回のリニューアルは、このナチュラルヴィンテージ
を表現する場所にしよう。というコンセプトで内装の
デザインをスタートしました。

2020_06_01_4059.jpg

深い色味が落ち着きを感じる
ミッドブラウンに統一した「建具と壁面」

今回こだわったのは、前述の通り「建具と壁面の一部」
です。基本的にはシンプルに仕上げ、この2つのみに
ディテール感を入れています。

建具は、ミッドブラウンカラーに統一することで、
全体に落ち着きを感じさせながら、調和した印象を
与えるようにしました。

2020_06_01_4064.jpg

ナショナルブランドの建具などは、種類も豊富で、
安価なものが多いのですが、建具にはディテールの
あるものを使いたかったので、ここには少し高くても
造作家具として、一からデザインしました。

2020_06_01_4299.jpg
左:入口ドア 右:店舗内ドア

色味を揃え、オークの無垢材や、板目突板を採用し、
木の力強さを感じさせることで、味わいを加えています。

そして、壁面タイル。

2020_06_01_4068.jpg

建具と同じくミッドブラウンカラーで、少しでこぼこ
としたディテール感のあるタイルを採用しています。

白目地を入れることで、重くなりすぎない様に
配慮もしています。

2020_06_01_4088.jpg

自宅では、キッチンなどにタイル貼りを取り入れて
もらえると、とても雰囲気のあるキッチンに仕上がる
と思います。

内装において、ディテール感のあるものを入れたのは
この「建具」と「壁面」の2点のみです。

ディテールを入れる部分をキメたい部分だけに抑える
ことで、価格を抑えながら、シンプルになりすぎず、
雰囲気ある仕様にするのが、ナチュラルヴィンテージ
スタイルが目指す内装デザインです。

シンプルなオーク床

2020_06_01_4104_2.jpg

建具と壁面にディテール感のあるデザインを入れた
ので、床はいたってシンプルなオークのクリア塗装
仕上げです。

7年前に貼った床を、そのまま活かしています。

7年間の汚れが溜まってだいぶ汚れていたので、今回は
業者さんにサンダーをかけてもらい、すべての汚れや
塗膜をはぎとりました。

1.jpg

サンダーをかけた後のフローリングは、まるで新品の
オーク材そのものです。

このままでは汚れに弱いので、社内スタッフでオスモ
のクリア塗装を塗装し、仕上げました。

2.jpg

3.jpg

塗装はほぼ全員が初めてくらいのレベルでしたが、
オークの濡れ色がきれいに発色し、シンプルできれい
な床に仕上がりました。

5.jpg

オスモ #1101 エキストラクリアー

アンティークミックス

2020_06_01_4071.jpg

内装は「建具と壁面」にディテール感を入れましたが、
これだけでは、シンプル・ナチュラルという印象が強い
ので、もう少しヴィンテージ要素を加えたいところです。

そこで、家具や雑貨で、ディテール感=味わいを
足していきます。

ここで提案したいのが、新品の家具を中心としながら、
北欧などのアンティーク品をミックスするスタイリングです。

2020_06_01_4062.jpg

家具のほかにも、蚤の市などで買ってきた雑貨を配する
ことで、ヴィンテージとしての味わいをさらにプラス
します。

2020_06_01_4144.jpg

アンティーク品をスパイス的に足してあげることで、
「ナチュラル 7:ヴィンテージ 3」ぐらいになり、
シンプルすぎず、味わいのあるインテリアに
仕上がります。

これで、シンプルな内装ながらも、ヴィンテージ感を
感じられる落ち着いた空間になりました。

ここに、リセノのオリジナル家具を合わせて、
コーディネートをしています。

リセノのオリジナル家具は、ナチュラルヴィンテージ
に合うように落ち着いたデザインに仕上げています。

2020_06_01_4080.jpg

木材は、オークやアッシュといった木目の美しい材を
ナチュラル・ミッドブラウンといった色を中心に
仕上げています。

ファブリックも、ブラウンやカーキといった落ち着いた
カラーを中心に、グレーがかったリネンなどの素材感
の良いものを使っています。

2020_06_01_4072.jpg

カラーや材の選定、シンプルな意匠デザインによって
ナチュラルヴィンテージにとてもフィットする家具に
仕上げています。

2020_06_01_4104.jpg

----------------

このようなアプローチで、ナチュラルヴィンテージの
空間を、京都店で表現しました。

インテリアに統一感を出すポイントは、色数を絞り、
ベースカラー70:メインカラー25:アクセントカラー5
の配色ルールを守ることがポイントです。

ナチュラルヴィンテージでは、アクセントカラーを
入れずに、色数を3色までに絞り込むことで、より
落ち着いた統一感を生みだしています。

また、アクセントカラーの代わりとして、アンティーク
品や自然素材のかご、ドライフラワー、建具・壁など
「アクセントアイテム」を足すことで、味わいを
足すようにしています。

ナチュラルヴィンテージは、落ち着いた印象があり、
トレンドに左右されず、シンプルさもあるので飽きずに
長く愛せるスタイリングと僕は考えています。

家づくりの参考にもしていただけるお店に仕上がった
と思います。

ゆっくり、じっくりお選びいただける様に
いくつかの工夫を入れました。

さて、そんなナチュラルヴィンテージな空間に
仕上がった京都店。

リニューアルにあたって、よりゆっくり、じっくりと
家具・インテリアをお選びいただけるように、いくつか
工夫をしました。

こちらもひとつずつご紹介していきます。

東京店で大変好評いただいている
カフェスタンドを京都店にも作りました!

2020_06_01_4161.jpg

東京店でとてもご好評いただいておりますショップ内
カフェを、いよいよ京都でも開始します。

京都のサーカスコーヒーさんに作っていただいた
オリジナルブレンドのコーヒーや、季節ごとにかわる
オリジナルドリンクを提供していきます。

DSC04101.jpg

コーヒーは、丁寧なハンドドリップで一杯ずつ入れて
お出ししますので、かなり美味しいです^^

2020_06_01_4156.jpg

東京店と同じく、基本はテイクアウト形式なのですが、
京都店では、入口横にカウンターも用意しているので、
そちらで飲んでいただける様にしました。

2020_06_01_4122.jpg

また、店内が込み合っていない時は、店内展示の家具
に座って、家具で過ごす時間を体感いただきながら
お飲みいただいても大丈夫です。

コーヒーを飲みながら、ゆっくり・じっくりと家具
選びのご相談をしていただければと思います。

Re:CENO CAFE STAND

相談席と、ソファを併設。
お子様連れでもゆっくりと。

店内奥には、座ってゆっくりとご相談いただける専用
席をご用意しました。

2020_06_01_4184.jpg

リセノでは、3DやWebサイトを見ながら、じっくりと
ご相談いただく場合がとても多いので、今回の店舗
リニューアルに伴って、さらにゆっくりとご相談いた
だける様に、相談専用席を設けました。

また、お子様連れのお客様も多くご来店いただくの
ですが、子供はなかなかじっとできないと思いますの
で、ゆっくり相談するのって結構難しいですよね。

そんな問題をすこしでも解決できればと、ご相談席の
隣には、カウチソファとTVをセットで置いています。

2020_06_01_4208.jpg

TVには、AmazonPrimeを入れていますので、お子様の
好きなアニメなどを流して、お子様にご機嫌に過ごし
ていただいている間に、ゆっくりとご相談いただけ
たらいいなと思っています。

インテリア雑誌のバックナンバーや
選書もたくさんあります。

2020_06_01_4073.jpg

店内中央にあるR.U.Sで作った大型の壁面収納には、
たくさんの本を収納しています。

実際にご自宅で使っていただく際にイメージしやすい
様に、本をたくさん入れました。

これらの本は、実際に会社や自宅にあった本を持ち
寄っていますので、Casa BrutusやELLE DECOなどの
バックナンバー、その他インテリア関連書籍、旅関連、
コーヒー関連、ビジネス書など、幅広い選書です。

DSC04073.jpg

DSC04075.jpg

インテリア作りやライフスタイルのヒントになる本も
たくさんありますので、ご来店いただいた際には、
ぜひ実際に手に取っていただき、前のテーブルで
お読みいただければと思います。

2020_06_01_4091.jpg

7年かけて育てたシンボルツリーも。
植物が豊かなファサードデザイン

2020_06_01_4095.jpg

植物が豊かな店頭ファサードは、僕たちの自慢です。
京都の中心地にありながら、豊かな植物に囲まれた
店頭デザインです。

7年前に植えたシンボルツリーは、当初は2Fにかかる
かどうかぐらいの大きさだったのですが、現在では、
3Fをも超えるほどに大きく成長しました。

4.jpg
2013年7月当時

その他にも店頭デッキには、植物を多く植えています
ので、植物に囲まれた気持ちのいい空間になっています。

ウッドデッキも長年の風雨でだいぶ傷んでいたので、
今回は新たに「イペ」という丈夫な材に変更し、
張替えを行いました。

DSC04086.jpg

現在はかなり赤味を帯びていますが、時間とともに
経年変化し、褪せたグレーに変わっていく予定です。

また、軒天にもウッドをあしらいました。

2020_06_01_4063.jpg

普段はあまり見ない場所ですが、住宅設計の際にも、
それほど価格は高くなく、雰囲気はかなり出るので、
お勧めです。

京都の真ん中にありながら、豊かな植物のある店頭を
見ていると、僕自身とても心が落ち着きます。

ぜひ、京都店では、店内のソファに座って、入口の
方をゆっくりと見てもらえると嬉しいなと思います。

2020_06_01_4116.jpg

オンライン発売前の新作アイテムも
多数取り揃えました。

2020_06_01_4143.jpg

京都店のリニューアルにあたって、食器や花器、雑貨
など、いろいろなアイテムを新たにセレクトしました。

2020_06_01_4074.jpg

2020_06_01_4142.jpg

2020_06_01_4145.jpg

2020_06_01_4196.jpg

これらのアイテムは、オンラインストアへ投入予定の
商品ですが、一足早く京都店に並べています。

バイヤー厳選のアイテムばかりですので、ぜひ家具
以外にも、雑貨選びもお楽しみいただければと思います。

2020_06_01_4078.jpg

また、現在開発中のオリジナル家具も、一足早く展示
するのは、京都店の以前からの特徴です。

発売前の製品は、いつもここでお客様に体感いただき、
感想をいただいて、製品開発に活かしています。

上の写真のデスク・チェアは夏発売に向けて試作中の
製品ですので、ぜひとも感想をお聞かせください^^

こだわりを詰め込んだ「新生」京都店。
2020年6月1日 リニューアルオープンです!

2020_06_01_4093.jpg

今回は、京都店のリニューアルにあたっての内装
コンセプトや、新サービスなどをご紹介いたしました。

リセノのオリジナル家具を体感いただくとともに、
カフェや内装など、さまざまにお楽しみいただければ
という思いで、リニューアルをしました。

住宅づくりの参考になるポイントもたくさんあります
ので、どうぞご来店いただき、内装についても、商品
についても、スタッフに色々とご質問いただければと
思います。

コロナに気を付けながらにはなると思いますが、
ぜひご来店をお待ちしております!

Re:CENO KYOTO
みんなの保存数:150

カーテン特集

ベッド・寝具特集

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「お店だより」の最新記事 4件

2024年3月01日(金)
お店だより

【青山店ができるまで。】お店づくりの様子をレポートします。

今春、4店舗目となる「Re:CENO 青山店」を出店します。オープンに向けて、着々と準備中です。

店舗MG 岩田 8
2023年7月07日(金)
お店だより

固い座り心地が人気の「culumシリーズ」特徴と各店展示についてお知らせします。

新商品「culum low sofa」が、発売されたculumシリーズの魅力と展示状況をお伝えします。

京都店 宮崎 5
2023年6月12日(月)
お店だより

東京店をリニューアルしました。Before/Afterでみる改装レポート

「ふつうのお家」をイメージできるように、コンクリート壁を白壁に改装しました。

店舗MG 岩田 4
2023年6月28日(水)
寝室の基本

夏用タオルケットのおすすめ3選。選び方や肌触りの違いをご紹介

綿・麻・ポリエステルが持つ素材ごとの特徴と、リセノでおすすめのタオルケットをご紹介します。

元二子玉川店 中川

「お店だより」の人気記事 4件

2020年6月01日(月)
お店だより

2020年6月1日 京都店をリニューアルオープンしました!

2020年6月1日におこなった京都店リニューアルに詰め込んだ思いを書いていこうと思います。

BM 山本 150
2019年7月26日(金)
Re:CENO product

R.U.Sユニットシェルフ、こんな組み合わせはどうですか?「キッチン編」

収納は、自分の生活スタイルに合わせてカスタムしよう!

編集部 江上 132
2021年5月21日(金)
照明の基本

居心地のいいお家は「照明」がつくる。具体的なテクニックを3つご紹介します。

お金だけでは作れない、居心地いいの作り方。一番の近道は、「照明」を知ること?

編集部 江上 131
2022年4月14日(木)
お店だより

【 福岡店ができるまで。】Re:CENO FUKUOKA 2022年4月15日 OPENです!

明日オープンとなる福岡店の様子を、いち早くレポートしていきます。

BM 山本 87

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』