Web Magazine

木の特性をもっと知ろう。
木材に関する勉強会を開催しました!

こんにちは。おおばです。

リセノのコントラクト事業部では、サイトで扱う商品
以外に、オーダー家具や内装プロデュースに関する
お問合せも、たくさんいただいております。

空間をより居心地よくしよう。
リセノプロデュースの、リノベーション事例ご紹介いたします。

そこでチームでは、もっと厚みあるご提案ができるよう、
展示会や勉強会などへ参加して、知識を深めています^^

今回のマガジンでは、そんな勉強会の様子を、ご紹介
したいと思います!

テーマは「 木材の知識を深め、差別化をできる空間の提案をしよう。」

20190708202327.jpg

教えていただいたのは、 日本演出 様と、田中製材所 様の2社様です。

知っているようで知らない、木の特性であったり、
様々な表情をもつ木材を、どう空間に取り入れるのか、
幅広く教えていただきました。

オーダー家具の提案強化や、内装空間クオリティUPで
きる内容を、たくさん吸収させていただきました^^

勉強会の様子とともに、その魅力もお伝えさせていただきます。

20190709161230.jpg

まずは、講師の方々をご紹介いたします!

講師に立っていただいた、2社様のご紹介をさせていただきます。

日本演出 様は、オーダー家具や、店舗什器を扱われる、
商空間のプロ集団の皆さま、そして 田中製材所 様は、
大阪で創立120年以上の歴史を誇る材木屋さんです。

日本演出 様が、手掛けてこられた施工事例を、
一部ご紹介いたします。

主に、商業施設や店舗空間をつくられています。

20190708202854.jpg

こちらは" 古材 "そのものを一部、使っているそうです。

古材とは?

50~100年以上、伝統技法で建築された古民家から取り出したもの、あるいは地中や水中に何十年、何百年と埋もれて化石化した木材です。傷もあれば割れもあります。同じ表情を持つものはない、世界にたった1つだけのものです。

私たちも、これまで" 古材風 "加工がされた家具など、
ご提案をしてきました。

ですが、本物の" 古材 "を使うことで、より空間の魅力を高められます。

幅広い素材を扱われる、豊かな会社様だからこそですね。

20190708203013.jpg

こちらも、スライドレールに古材で装飾をしています。

ダクトレールやスライドレールと、古材をこんな風に、
組合せるコーディネートは、さすがプロの方々です。

自分にはない発想で、1つ発見になりました。

日本演出 様が、おっしゃっていることで、
お店にご来店されるお客様の、体験を重要しして、
そのお店のブランド価値を上げるお手伝いがしたい、
という言葉が印象的に残っています。

確かに、蔦屋書店さん、スターバックスさんなどを
筆頭に、ただ商品を売るのではなく、空間そのものを
プロデュースし、過ごす時間の「価値」を提供する
店舗が増えていますね。

内装や、店舗コーディネートをご相談する度に、
とても、頼もしく感じています^^

田中製材所 様は、材木屋さんですが、
木材をご用意いただけるだけではなく、オーダー家具
もつくっていただけます。

以前マガジンでご紹介した、京都にある Cafe Jinta
のテーブルは、 田中製材所 へ作っていただいています。

Cafe Jinta / 三条烏丸

20190709145343.jpg

こちらは、ポピュラーなパイン材でつくっていますが、
" ヒュームドパイン "という、熱と水蒸気で、蒸し上げ
る加工を施しています。

敢えて乾燥させて、耐久性を上げ、木材特有の反りや
割れといった動きを抑えることができる素材です。

古材風な仕上げになるため、アンティークなテイスト
を求められる方に、ピッタリです^^

イメージや、用途をお伝えいただければ、
こんな素材ありますよ、こんな変化が楽しめます等、
幅広くご提案が可能です。

どんな空間を望まれているのか、素材やデザインは?
など、様々なオーダーを叶えてくれる皆さまなんです!

勉強会レポート!「 木材 」について、知識を深めよう。

自然素材の「 木材 」は、リセノスタッフみんな、
興味津々のテーマです^^

他部署含め、20人以上のスタッフが集まり、勉強会が始まりました。

20190708204200.jpg

日本演出 は、木材以外にも様々な素材を扱われます。
どの空間に、どんな素材がベストなのか、プロ目線で
アドバイスをいただけます。

今回は「 木材 」に特化した内容をたっぷり、お伺いいたしました。

20190708203844.jpg

木材には、オーク、パイン、ウォールナット等、様々な
種類があり、それぞれに特徴や表情があります。

リセノの家具でも、たくさん使われています^^

どんな空間を希望されるのか、テイストなどによって
使用する木材は変わってきます。

例えば「 古材には憧れるけど、扱われる商品によって
衛生面や、割れや傷が気になる...」

「無垢のオーク材を使って、ヴィンテージ風にしたい、
 けど予算的に難しい...」

などなど、お悩みの方いらっしゃるのではないでしょうか。

素材の特徴をいかしつつ、加工を施したり、他素材と
組合せることで、クリアになることもたくさんあります。

素材そのものの特徴は、私たちも把握していましたが、
プラスα加えることで、提案の幅が何通りも広がって
いくことを、改めて気づかされました。

20190710194841.jpg

田中製材所 様は、さすが材木屋さん!
楽器で使われている木材の話や、木のもつ調湿効果
など、多方面から木の魅力をたっぷり語っていただきました^^

「 木は年月とともに、よくなっていく。 」そんな言葉
が印象的に残っています。

人口素材にはない、自然素材ならではの、素敵な特徴ですね~!

先程ご紹介した" ヒュームドパイン "も、使うほどに
味が出て、色味が濃くなっていきます。

Cafe Jinta 様のお店は、アンティーク家具で揃えられ
ているため、時間が経つほどに、テーブルも馴染んで
いく、そんな変化もお楽しみいただけます。

20190709161149.jpg

自然素材だからこそ、上手に向き合うことで、
より空間の魅力を高めたり、他とは違う差別化を図る
ことができます。

空間の質が上がることで、扱っている商品がより、
こだわりある物に見えたり、カフェやレストランを、
更にくつろげる居場所として提供することができます^^

改めて気づかされる「 木材 」の魅力、私たちも
どんどんご提案に取り入れていきたいと思います!

オーダー家具、空間演出もお任せ下さい。

勉強会実施後も、スタッフがそれぞれ個別で詳しく
お話を聞いたり、質問したりと、有意義な時間を
作ってくださいました。

費用面でも、どうしたら抑えられるのか、作る際の、
イメージ誤差を縮めるには?

これからのご提案に活かせそうな知識を、たくさん
吸収できました^^

20190709162106.jpg

「 なかなか希望に合った家具が見つからない...! 」

「 木材をたっぷり取り入れた店舗にしたいけど、お手入れが心配... 」

「オフィスに、古材テイストを取り入れて、空間演出したい。 」

などなど、お悩み、お困りのことがございましたら、
まずはお気軽にお問合せくださいませ。

日本演出 田中製材所 の皆さまとタッグを組み、
ご希望に沿った、ご提案をさせていただきます^^

みんなの保存数:10

暮らしにあったダイニングの選び方

雑貨・食器特集

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「お仕事レポート」の最新記事 4件

2023年11月22日(水)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.17 社内目標共有会「みんなで作る、はじまりの一日」

総勢56名が集った「社内目標共有会」「第5回社食堂」の様子をレポートします。

人事部 相馬 12
2023年9月27日(水)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.16  リセノ夏祭り「とある週末、夏の思い出」

インテリア好きの笑顔が集い、大盛況となった「リセノ夏祭り」をレポートします。

人事部 相馬 7
2024年1月16日(火)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.18 編集課「発信を通して、お客様とインテリアを繋ぐ。」

自社メディア「Re:CENO Mag」の企画や管理を行う、リセノ編集課のお仕事風景をご紹介!

人事部 大西 4
2024年2月15日(木)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.19 バイヤーチーム「商品の魅力に向き合い、世界観を作っていくこと。」

国内外からナチュラルヴィンテージアイテムを仕入れる、バイヤーチームをご紹介!

人事部 大西 3

「お仕事レポート」の人気記事 4件

2022年2月14日(月)
お仕事レポート

【 福岡店ができるまで。】お店完成までの道のりをレポートします。

春にオープンする福岡店。近況と周辺スポットの魅力をお伝えします。

元編集部 岩部 103
2022年4月26日(火)
お仕事レポート

【こんにちは、福岡】Re:CENO FUKUOKAからのご挨拶

4月15日、Re:CENO FUKUOKAオープンいたしました。これからこの店舗で、皆様とお会いできるのを楽しみにしております!

福岡店店長 榎本 71
2022年1月31日(月)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.1 Thanks Letter.「誰に対しても、感謝の気持ちを。」

リセノってどんなブランド?今年、新設されたばかりの人事部部長が、社内文化にスポット当てた連載をスタートします。

人事部 相馬 66
2022年3月15日(火)
お仕事レポート

【リセノのあの人】人事部の相馬さんへインタビューしました。

知られざるリセノの文化や、部署の裏側、ハリネズミと暮らす素敵なお部屋について伺いました。

リセノ制作部 65

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』