Web Magazine

「カバンの置き場」にお悩みの方へ。
5つの収納アイデアをご紹介します。

こんにちは。編集部の武尾です。

疲れて家に帰ってくると、
ついつい置きっぱなしになりがちなカバン。

きちんと片付けた方がいいとは分かっていても、
床やソファー、イスの上などにポーンと置いて、
そのままになってしまう...

という方も、多いのではないでしょうか。

20230714093300.jpg

カバンの「置きっぱなし」を防止するために
大切なのは、置き場を作ること。

定位置を決めておくことで、
自然とその場所に戻せるようになり
お部屋を美しく保つことができます。

今回は、カバンの置き場を作るときのポイントと、
おすすめのアイデア5つをご紹介します。

カバンの置き場を作るときのポイント

IMG_0596 のコピー-thumb-800xauto-125112.jpg

カバンの置き場を作る上で
押さえておきたいポイントは2つ。

  1. 帰宅後に必ず通る場所に置き場を作る
  2. 簡単に収納できる工夫を取り入れる

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

① 帰宅後に必ず通る場所に作る

20230714094015.jpg
ラダーハンガー tower

そもそも、カバンの置き場は
家のどこに作るのが便利なのでしょうか。

おすすめは
「家に帰ったら必ず通る動線上」に作ることです。

例えば、玄関や、リビングの入り口付近など。

お出かけ前後の動作がスムーズになり、
片付けが習慣化しやすくなります。

20230714100655.jpg
Re:CENO product|R.U.S おすすめセット #44

「家に帰ったら必ず一度デスクの前に座る」
という方は、デスクの側などもいいでしょう。

お出かけ前や帰宅後にどのように過ごしているか
思い返しながら、生活スタイルに合わせて
置き場を設置することが大切です。

② 簡単に収納できる工夫を取り入れる

20230711173332.jpg
ウォールハンガー JUGLAS 5連タイプ

毎日使うカバンは、お出かけ前に
さっと手に取れる場所に置いておきたいもの。

出し入れに手間がかかる場所を選んでしまうと

「どうせまたすぐ使うんだから出しておこう」
「戻すのが面倒で、結局出しっぱなしに...」

なんてことになりかねません。

通勤バッグなど、普段使いのカバンには
オープンな状態の「見せる収納」や、
かごを使った「死角収納」がおすすめです。

「見せる収納」と「隠す収納」の基本と、部屋別の選び方を解説します。
【動画】センスのいらないインテリア|「死角収納」で日々の片付けストレスを減らしましょう。

20230714100756.jpg ハンガーラック Earl

オープンタイプの収納では
「置く」「入れる」「引っ掛ける」など
1つのアクションで片付けが完了するので
出し入れがとてもスムーズ。

日常の片付けストレスを低減し、
置き場所として定着しやすくなります。

カバンの置き場のおすすめアイデア5選

ここからは、カバンの置き場アイデア5つを、
便利な収納アイテムとともにご紹介していきます。

  1. かごの中に入れる
  2. ウォールハンガーにかける
  3. ハンガーラックにかける
  4. 「S字フック」で吊り下げる
  5. スツールの上に置く

① かごの中に入れる

20230711173638.jpg 丸バスケット AROROG Lサイズ

まずは「お部屋をすっきりと整った印象に見せたい」
という方におすすめの「かご」を使ったアイデア。

お持ちのカバンが入るサイズのかごを用意して、
中にポンっと入れるだけ。

20230713093012.jpg
丸バスケット AROROG Lサイズ

無造作に置いておくだけでも
まとまった印象に仕上げることができ、
見た目も美しく感じられます。

外で汚れたカバンの底が床につくことがないので、
衛生面でも安心です。

20230713093302.jpg
ストックバスケット AROROG

カバンがすっぽり収まるサイズの
蓋つきタイプを選ぶと、ノイズダウン。

蓋がなくても、布を被せておけば
すっきりと見えるのでおすすめです。

自然素材でできたものや、手作業で作られたものなど
表情のあるかごは、アクセントアイテムとして
お部屋を美しく見せてくれる効果もあります。

【わたしの愛用品】カバン置き場として、「丸バスケット AROROG」がおすすめな理由

② ウォールハンガーにかける

20230713092315.jpg
ウォールハンガー JUGLAS 5連タイプ

さまざまなアイテムを
壁に掛けておくことができるウォールハンガー。

お気に入りのバッグを、他のアイテムと一緒に
壁に飾るような感覚で片付けられます。

1-b (5).jpg ウォールハンガー JUGLAS 3連タイプ

ヴィンテージ風のものや、
可愛らしいデザインのものも多いので
お部屋をおしゃれに演出できるのも魅力。

また、ネジの通せる壁面さえあれば利用できるので、
収納スペースが少ないワンルームや玄関など
幅広い場所で取り入れられます。

③ ハンガーラックにかける

20230711173934.jpg
tower ハンガーラック キャスター付き

収納力をもとめる方には、ハンガーラックがおすすめ。

このように、S字フックを使って
ハンガーバーにカバンを引っ掛けておけば、
すっきりと収納することができます。

上着やスカーフなど、毎日身につけるものと
一緒に収納しておくことができるので、
お出かけ前の準備もスムーズです。

20230714101050.jpg
ラダーハンガー tower

一方で、収納力の高いハンガーラックは
どうしてもスペースが必要になるのが懸念点。

壁に立てかけるタイプのラダーハンガーであれば、
コンパクトなスペースにも使えます。

玄関にハンガーを立て掛けて、
ついつい忘れがちなハンカチや折りたたみ傘など、
外出時に必要な物を置いておきます。

掛かっている物はすべて持って行くという
ルーティンを作っておけば、
忘れ物もなくなるでしょう。

④ 「S字フック」で吊り下げる

20230714102211.jpg

ラダーハンガーを設置するスペースも
確保することが難しい場合には、

既にお持ちの家具や、お部屋の引っ掛けられる場所に
S字フックで吊るしてしまうという方法もあります。

rusreco24-8-thumb-640x640-47050.jpg

引っ掛けられる場所さえあれば、
S字フックを用意するだけでいいので
気軽に取り入れられるのもうれしいポイントです。

20230714101645.jpg
Re:CENO product |R.U.S おすすめセット #44

デッドスペースを有効活用できるので、
コンパクトなお部屋やワンルームにもおすすめ。

デスク横などに引っ掛けておくと、
さっと手に取りやすく、使いやすいのも魅力です。

20230714101949.jpg
Re:CENO product|R.U.S おすすめセット #9

家具と家具の間や、壁との隙間など
死角になるような場所に吊り下げれば、
視界に入りづらくなるので
お部屋をすっきりと見せることができます。

⑤ スツールの上に置く

20230711175449.jpg

「お気に入りのカバンは
常に目に見える場所に置いておきたい!」

という方は、ディスプレイ的に見せる意識で
スツールの上に置いてみましょう。

「上に置くだけ?」と思われるかもしれませんが
定位置が決まるだけで、
床に直置きするよりも随分とすっきり整います。

ポンっと置くだけなので、
面倒くさがり屋の方でも安心です。

20230711183653.jpg
Re:CENO product ダイニングスツール folk

また、スツールはカバンの置き場以外にも
来客用の椅子になったり、脚立になったり
いろいろと活用することができるのが魅力。

玄関に置いておけば、カバン置き場としてはもちろん
お出かけ前に靴を履く時用の簡易な椅子としても
使うことができます。

【番外編】使う頻度が低いカバンの収納は?

20230711175149.jpg

ここまで、普段使いのカバンにおすすめの
オープンな収納方法をご紹介してきました。

一方で、たくさんのカバンを
目に見える場所に置いておくと
お部屋が雑多な印象になってしまうことも。

インテリアを美しく保つために、
収納は「見せる2:隠す8」の
バランスがいいと言われています。

つまり、目に見える場所に収納するモノは
全体の2割のみで、残りは隠す必要があります。

そこで、使う頻度が月に2〜3回以下のカバンは
クローゼットや押し入れなど、
目に見えない場所に収納しましょう。

20230714103438.jpg
Re:CENO product|R.U.S 大容量収納/3段ドロワー

ですが、備え付け収納が小さい場合や
そもそも物が多い場合には
入り切らずに溢れてしまう場合もあるかと思います。

そういった場合は、ドロワーやキャビネットなど
収納力の高い扉付き収納をお部屋に取り入れることが
おすすめです。

使う頻度が少ないものや、
雑多な印象を与えるものを中に入れるだけで
インテリアが美しくまとまります。

カバンの置き場を作って、部屋を整えましょう。

rusreco44-2-thumb-694x694-62246.jpg

今回は、カバンの置き場を作るときのポイントと
おすすめのアイデアをご紹介しました。

カバンの置き場を作ると、お部屋が美しく整って、
気持ちもすっきり整います。

「出しっぱなし」によるノイズがなくなることで、
インテリアももっと素敵に見えるはず。

普段の生活や、行動を思い返しながら
ぜひぴったりの置き場を見つけてみてください。

Styling Furniture

R.U.S おすすめセット #44【通常】

¥ 25,400


R.U.S おすすめセット #9【薄型】

¥ 47,100


ハンガーラック Earl

¥ 18,800


ラダーハンガー tower

¥ 4,950


tower ハンガーラック キャスター付き

¥ 9,680



Styling Goods

ウォールハンガー JUGLAS 5連タイプ

¥ 4,950


ウォールハンガー JUGLAS 3連タイプ

¥ 3,740


丸バスケット AROROG

¥ 5,720 ~


ストックバスケット AROROG

¥ 9,900


洗えるバスケット Timb.

¥ 2,640 ~



View More
みんなの保存数:9

暮らしにあったアートの選び方

バイヤーがご案内する収納選び

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「収納の基本」の最新記事 4件

2024年3月08日(金)
みんなのエッセイ

【整理収納のヒント手帖】「部分的」ミニマリストという考え方

「減らすもの」と「減らさないもの」の切り分けについて、考え方と具体例をご紹介します。

maho 13
2024年2月07日(水)
収納の基本

一人暮らしにおすすめの収納棚は? お部屋の広さ別の選び方をご紹介

一人暮らしのコンパクトなお部屋にも置ける「正しい収納棚の選び方」を知って、インテリアと整理を両立したお部屋を目指しましょう。

福岡店 濱田 10
2024年2月16日(金)
みんなのエッセイ

【整理収納のヒント手帖】省スペースでも大丈夫。キッチン収納のアイデア5選

北欧式整理収納プランナーのmahoさんが自宅で実践している「キッチン収納」アイデアをご紹介します。

maho 9
2024年3月29日(金)
みんなのエッセイ

【整理収納のヒント手帖】ストックしておくと便利な「収納アイテム」を3つご紹介します。

余分に持っておいてもストレスがなく便利な収納グッズは、とても頼りになる存在です。

maho 4

「収納の基本」の人気記事 4件

2018年3月20日(火)
収納の基本

圧迫感の心配なし!背の高い家具を上手に取り入れる、2つのポイントとは?

背の高い家具を置いても、不思議とスッキリ!なお部屋をつくるコツをご紹介します。

お客様係 山崎 323
2020年1月31日(金)
収納の基本

知ってたら得する、みんなの「 かご 」の使い方

実際に、お家で活用してる収納術。東京店スタッフ全員に聞いてみました。

編集部 江上 199
2019年4月19日(金)
インテリアを学ぶ

たったこれだけ!見せる収納を作る、3つのコツ「基本編」

意識するだけで、グッとまとまりやすい空間に早変わり。見せる収納を楽しむための、簡単な技をご紹介します。

編集部 江上 195
2020年5月08日(金)
ディスプレイの基本

見せる収納を作るコツ。ちょうどいいバランスは?

見せる部分と、実用性。メリハリをつけることがポイントです!

編集部 江上 83

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』