Web Magazine

たったこれだけ!見せる収納を作る、3つのコツ「基本編」

こんにちは。
Re:CENO TOKYOのエガミです。

4月のはじめ。

桜の下では、みんな立ち止まって、
にこやかな表情をしていて、
街に流れる空気が、なんだかいつもより、
少しやさしい感じがして、好きな季節です。

とは言っても、今って初めましての事ばかりで、
一年の中で、いちばん気が張っていて、
必死で、大変な時期なんだと思います。

とっても、おこがましいけれど、
この時期になると、すれ違った面識のない方を
応援したくなります。

「のんびり行きましょう」が一番の気持ちだけれど、
最初が肝心だから、「今だけ頑張ってみよう」
も半分混ぜ込んで、ゆるいエールを。

まったく、力にもならないのですが。
なんなら、つい最近、
風邪を引いてしまったばかりで説得力ゼロです。笑

と、、余談終了。
いつも長くてすみません。本題にいきます。

今回のWebマガジンでは、
居心地のよいお部屋づくり「収納の見せ方」の
ポイントをご紹介したいと思います。

ユニットシェルフ「R.U.S」を使って、
見せる収納を楽しむコツ、ご紹介します。

20190411195332.jpg

今回は、Re:CENOオリジナルの
ユニットシェルフ「R.U.S」シリーズを使用した
コーディネートを参考にします。

R.U.Sは、使い方に合わせて、
パーツごとに組み合わせ可能。

棚の高さも、5cmピッチで調整できるので、
自由度が高く、オリジナリティのある
空間を演出できるのが魅力です。

収納の見せ方って、幅広くて、
自由なのが、楽しさのひとつ。

今回は、見せる収納を楽しむために、
飾るときの「基本的なコツ」を
3つに絞って、ご紹介したいと思います。

①なるべく色は3色までに絞ろう。

20220908205325.jpeg

インテリアのお仕事を始めたばかりのとき。

基本として、はじめに教えてもらったことが、
色は、なるべく3色までに絞ることでした。

お洋服選びでもそうですが、
色が多いと、なかなかスッキリとまとめるのが
難しくなり、難易度がグンとアップしますよね。

3色以下に絞るだけで、
グッとまとまりやすくなります。

20220908205505.jpeg

20220908205048.jpeg

例えば、こちらの棚コーディネート。

ベースカラーは、
床と同じ色味に合わせた「ナチュラル」です。

メインカラーとして、
壁の色と近い「白」や「淡いグレー」を
持ってくることで、小物アイテムが多くても、
圧迫感を感じにくいように工夫。

そしてアクセントカラーは、ブラックです。

一般的には、アクセントとして、
ポイントになるようなビビットなカラーを
もってくることが多いです。

しかし、
ナチュラルヴィンテージなお部屋づくりの場合は、
色味ではなく、「素材感のあるアイテム」で
アクセントをつけることをおすすめしています。

おすすめは、取り入れやすい、
天然素材のカゴや植物。

なんだか味気ないなあ...と感じたときは、
ぜひ取り入れてみてください。

②繰り返す、レピテーション効果

20220908195831.jpg

2つ目のコツは、これを意識するだけで、
グッと空間がまとまるテクニック
「レピテーション」です。

同じ色・同じ素材などのアイテムを
繰り返し、配置することで、調和感が生まれます。

この時、小さい細々とした雑貨類は、
まとめて同じ場所にグループ化すること。

大きなカゴなどのアイテムは、
ひとつ飛ばしなど、少し離した場所に
繰り返し配置すると、まとまりやすいです。

レピテーションについて詳しくまとめた
記事がありますので、ぜひこちらも
あわせてご覧ください。

《レピテーション》を意識するだけで、グッとお部屋がまとまる!素敵になる!

③面積の広いものは、下へ
軽やか・抜け感のあるものは、目線の高さに

20220908185541.jpg

最後は、こちら。

大きいものは、下に置き、
小さなもの・軽やかなものは、目線の高さに
飾りましょう。

こちらのコーディネートでは、
本や雑誌などは重量感があり面積が広いため、
下の方に置いています。

見せる収納を楽しむコツは、
細々したものと大きいもののバランスが
とても大切です。

個人的に、収納を買ったばかりの最初の頃は、
一部に、お気に入りスペースを作り、
細かい雑貨類などで、その部分のディスプレイ替えを
楽しむイメージがはじめやすかったです。

万が一、余りのスペースができて、
困った時は、とりあえず大き目のカゴを
置いてみるのがおすすめです。

20190411232703.jpg

ユニットシェルフなど
組み合わせ自由な
収納棚の場合。

飾るアイテムだけでなく、
ドロワ―・キャビネットなどの
重量感が
あるものを下に配置し、

抜け感のあるシェルフボードは、
上に配置するとバランスがよくなります。

以上の3つを意識するだけで、簡単にまとまります。

20220908190114.jpg

今回は、見せる収納を作るための
コツ「基本編」をご紹介しました。

次回、また機会がありましたら、
+αのコーディネート術をご紹介できたら
うれしいです。

ご質問などがございましたら、
お気軽にご相談くださいませ。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

Styling Furniture

R.U.S 基本セット【通常】高さ91cm×幅92cm(ウッドキャビネット)

¥ 54,600 ~


R.U.S おすすめセット #1【通常】

¥ 131,200


R.U.S 基本セット【通常】 高さ165cm×幅47cm(シェルフボード44)

¥ 49,100 ~


R.U.S 基本セット【通常】 高さ165cm×幅92cm(ウッドキャビネット)

¥ 78,200 ~


R.U.S 基本セット【通常】 高さ54cm×幅92cm(ガラスキャビネット)

¥ 42,600 ~




View More
みんなの保存数:195

お部屋の衣替え

サマーセール
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「インテリアを学ぶ」の最新記事 4件

2023年1月10日(火)
インテリアを学ぶ

AGRAソファーを2階リビングへ。階段を通らない場合の搬入方法をご紹介します。

大型家具を階段搬入する際のチェックポイントをまとめてみました。

二子玉川店 店長 大森 26
2021年6月01日(火)
インテリアを学ぶ

ダイニングチェアーの買い替え・買い足し、どう選ぶ? 失敗しない2つのポイントをご紹介

意外と見落としがちなポイントをお伝えします。チェアーの買い替え・買い足しをご検討の方は、ぜひご一読ください!

プロサポート 笠嶋 25
2023年10月27日(金)
インテリアを学ぶ

伸長式ダイニングテーブルの失敗しない選び方をご紹介します。

伸長方法の違いや設置に必要なサイズ感を知って、伸長式ダイニングテーブルを選びましょう。

編集部 江本 8

「インテリアを学ぶ」の人気記事 4件

2014年11月14日(金)
インテリアを学ぶ

「無垢材家具」と「突板家具」の違いを学ぼう。

そもそも無垢材はなんとなく知ってるけど、突板って何?という方が多いと思います。

BM 山本 944
2015年8月05日(水)
インテリアを学ぶ

白熱球・蛍光球・LEDの違いを比較! 上手に使い分ける方法とは?

今回のマガジンは「自分の部屋にあった電球は?」の疑問にお答えします!

品質管理 遠藤 914
2015年7月01日(水)
インテリアを学ぶ

もう失敗しない!ダイニングテーブルの正しい選び方

今回のマガジンは、ダイニングテーブルのサイズ選びについて。「どのサイズを買ったらいいの?」の疑問にお答えします!

品質管理 遠藤 803
2015年12月08日(火)
インテリアを学ぶ

多灯照明を楽しもう。取り付け簡単なダクトレールの設置方法をご紹介します。

照明の幅がグッと広がる、簡易ダクトレールをご紹介。

商品部 関 626

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』