Web Magazine

かぼちゃソテー&ソースのショートパスタ

20151022030236.png

木曜日のランチ部、今日のメニューは、
かぼちゃソテー&ソースのショートパスタです。

いつの間にやら、すっかり日本でも
秋のイベントして定着したハロウィン。
今日は、そんなハロウィン向きの
かぼちゃを使ったレシピをご紹介します。

20151022030537.png

この季節に、しっかり実り、
味も良くなるかぼちゃ。
ビタミンAを豊富に含み、
皮膚や粘膜にもいい効果があり、
空気が徐々に乾燥し始める
これからにもピッタリの食材です。

20151022030600.png

皮が硬くて、調理が難しい印象が
あるけれど、手順を抑えれば簡単。

まずは、丸のまま水をかけてラップで包み、
電子レンジで3~4分程度加熱します。
すると、随分と柔らかくなり、
包丁で切り分けやすくなります。

そのまま、ワタと種をとって、下ごしらえ。

玉ねぎみじん切りを、バターで炒めたら
かぼちゃを加えて、ひたひたになるくらいの水で
煮詰めていきます。
水分が完全に飛びきるまで、かき混ぜているうちに、
身が崩れてホロホロに。

20151022030632.png

20151022030654.png


最後に、ブレンダーに、
パルミジャーノ、オリーブオイル、塩、白ワインを
加えて、ドロドロにすれば、かぼちゃの滋味深い
パンプキンソースのできあがり。

20151022030739.png


この時、ちょっとゴロゴロした感じを残したり、
じゃがいもを加えるなどアレンジすれば、
コロッケの具にしたり、
ポテトサラダ風に使ったりと
色々と応用が効きます!

20151022030801.png

パスタは、まるで貝のような
ショートパスタ、コンキリエを使用。
独特のシェル型だから、
隙間にかぼちゃが詰まって、
相性抜群です。

20151022030837.png

今日は、かぼちゃはソースだけでなく、
他の秋においしい野菜とともに
ソテーにするのがポイント。
同じ具材を異なる調理方法で
あわせると、見た目だけでなく
味わいも奥行きが増しますね。

20151022030859.png

ソテーした野菜とベーコンを、
かぼちゃソースのパスタに
飾るように盛り付ければ
見た目も華やかな
ハロウィンパスタができあがりです。

20151022030919.png

20151022030944.png

「かぼちゃの味が、本当にしっかりでてる。これなら、冷めても美味しそう!」

「ソテーした野菜が、アクセントになってていいですね!ベーコンの塩気が相性抜群ですねーー」

20151022031011.png

今回みたいに、パスタをコーティングするみたいに
かぼちゃがまとわりついて優しい味にするのもいいけれど、
牛乳や生クリームを加えて、もっとソースの感じを
強く作るのも楽しいかも。

お肉が苦手な方も、しっかりしょっぱい目に
秋野菜をソテーすれば、おいしくいただけます♪

20151022031034.png

とても簡単にできて、
華やかなパンプキンパスタ。
子どもも大好きなレシピなのでぜひ、
よければハロウィンパーティに!

20151022031058.png

材料(4人前)

  • かぼちゃ 1個
  • たまねぎ 1個
  • なす 1本
  • ほうれん草 1/2束
  • ベーコン 160g
  • ショートパスタ(コンキリエ) 200g
  • バター 1個
  • 塩 適量
  • オリーブオイル 大さじ1
  • にんにく 1片
  • 鷹の爪 適量
  • パルミジャーノ 大さじ3
  • 塩胡椒 適量

  1. かぼちゃに水をかけて、ラップでくるみ電子レンジで4分程度加熱する。かぼちゃを4つに切ったら、中から綿と種を取り除き、うち3つは皮を剥いて乱切りに、1つは薄く切る。
  2. 玉ねぎをあらみじん切りにして、バターをひいて、フライパンで炒める。
    乱切りにしたかぼちゃを、フライパンに加えたらひたひたになる程度の水を入れて10分程度煮詰める。
  3. 2を、塩・オリーブオイル・パルミジャーノ・白ワインとともにブレンダーにかける。
  4. オリーブオイル、にんにく、鷹の爪を温めて香りを出したら、ベーコン、櫛に切ったかぼちゃ、茄子、ほうれん草を形が崩れないように、濃い目の塩胡椒で炒める。
  5. 茹で上がったパスタとかぼちゃペーストを絡めたら、グリルした4を乗せて胡椒・パルミジャーノ(分量外)を振れば出来上がり。





暮らしにあったダイニングの選び方

雑貨・食器特集

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「リセノ ランチ部」の最新記事 4件

2022年12月27日(火)
リセノ ランチ部

【KINTOの土鍋でつくる、簡単レシピ】vol.2キツネ色の出汁が美味しい。関西風「おでん鍋」

薄口しょうゆで透き通るおでんつゆ。スタッフを自宅に招いて、お鍋を囲みました。

制作部 清水 11
2022年12月21日(水)
リセノ ランチ部

【KINTOの土鍋でつくる、簡単レシピ】vol.1芯からあったまる。北海道名物の「石狩鍋」

切って、煮込むだけ!ご当地の鍋レシピをご紹介します。

編集部 江上 11
2022年9月20日(火)
リセノ ランチ部

【はれきちレシピ】白玉で簡単アレンジ! 「抹茶のミニパフェ」の作り方

vlog動画で作った「抹茶のミニパフェ」。白玉はそのままに、アレンジレシピ「お月見パフェ」もご紹介します。

カメラマン 岡 9
2023年7月20日(木)
リセノ ランチ部

はちみつレモンジャムを使った簡単アレンジレシピをご紹介します。

すぐに真似できるレモンジャムのアレンジレシピをご紹介します。

福岡店 立脇 7

「リセノ ランチ部」の人気記事 4件

2014年12月11日(木)
リセノ ランチ部

とろろと豚バラの暖かそうめん

今日のRe:CENOランチは、とろろと豚バラの暖かそうめんです。

リセノランチ部 199
2021年9月15日(水)
リセノ ランチ部

コーヒーマイスターがおいしいコーヒーの淹れ方をご紹介します。

外出ができないこんな時だからこそ、ご自宅でおいしいコーヒーを淹れてみませんか?

元カメラマン 濱田 60
2022年1月11日(火)
リセノ ランチ部

コーヒーマイスターが正しいコーヒーの保存方法をご紹介します。

美味しいコーヒーは鮮度がとても重要。正しい保存方法をご紹介します。

元カメラマン 濱田 53
2021年8月17日(火)
リセノ ランチ部

手軽な材料で10分で完成!「簡単レモンスカッシュ」のレシピをご紹介します。

暑い夏を吹き飛ばそう!ゴクゴク飲めるレモンスカッシュの作り方をご紹介。

元京都店 羽織 32

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』