Web Magazine

じゃがいもと手羽先のローズマリーオイル煮

20141217073200.jpg

クリスマスが段々と近づいてきましたが、
みなさんは、プレゼントなどの準備は万端ですか?

この間、深夜にクリスマスが舞台の
大好きな映画『グレムリン』がやっていて、
すっかりクリスマス気分が、盛り上がって
しまいました。

だから、今日のランチは、クリスマスらしい
じゃがいもと手羽先を使ったレシピ。

簡単でちょっと豪華な感じがする
(本当はとっても経済的な)ひと品です。

20141217073242.jpg

作り方は、簡単。

鍋に、オリーブオイルとにんにく、唐辛子が
軽く暖まったら、手羽先を皮目を下にして
敷き詰めます。

隙間に、じゃがいも、たまねぎを置いたら、
ローズマリーの葉をちぎって、蓋をすること25分、
焼くと言うよりは、低温のオイルで蒸し煮にする
イメージです。

20141217073315.jpg

15分を過ぎた当たりから、焦げ付かないように、
具材にまんべんなくオイルが回るように
中身をたまにかき混ぜます。

蓋を開けるたびに、部屋中にガーリックとローズマリーの
いい香りが広がりますよ。

20141217073338.jpg

うーん、ランチというより、ディナーかも。
ちょっとワインやビールが欲しくなりますねー♪

普段は鍋のままテーブルに出してしまうのですが、
今日は、このままもう一品、作ります。

鶏とローズマリーの味がしっかり染み込んだ
オイルに、マッシュルームを投入。

軽く炒めたら火を止めて、コーヒーフレッシュと
溶けるチーズ、パスタを加えて和えます。

器にとったら、たっぷりの粉チーズと黒胡椒を
かければクリーミィなパスタが、わずか2分で完成。

20141217073417.jpg

準備含めて40分ほどで、一つの鍋から、
クリスマスにぴったりの2品ができあがり。
さっそく、ランチパーティー開始です。

20141217073501.jpg

20141217073442.jpg

「ねぇ、せっかくだから、クリスマスっぽい音楽をかけようよ」
「そうそう、クリスマスパーティーのプレゼントどうした?」

クリスマスの話題で盛り上がりつつ、
各々、料理を取り分けっこします。

チーズのパスタは、とっても優しい味に
仕上がりました。
女子部員に、特に大人気。

20141217073530.jpg

香り高いじゃがいもと手羽先には、男子部員の手が止まりません。
「お、お酒のんじゃダメだよねー?」

20141217073550.jpg

一つの鍋から、2つのレシピが短時間で出来上がる
ランチ部のクリスマス予行レシピでした。

簡単なので、ぜひぜひパーティーのひと品に
加えてみてくださいね。

20141217073624.jpg

ごちそうさまでした。

[材料] 4人前

  • 手羽先 12本
  • じゃがいも 3個
  • たまねぎ 1/2個
  • ローズマリー 少々
  • にんにく 2片
  • クミンパウダー 適量
  • 塩 適量
  • 胡椒 適量
  • 水 大さじ1
  • オリーブオイル 150ml
  • マッシュルーム 1パック
  • 粉チーズ お好みでたくさん
  • とろけるチーズ 30グラム
  • コーヒーフレッシュ 4つ

調理手順

  1. じゃがいもを水洗いして、水気をしっかり拭き取っておく。芽をとって皮のままぶつ切りにする。
    塩と胡椒をあらかじめ振っておく。
  2. 鶏肉手羽先は、関節を切り落とし、火が通りやすくするため骨にそって切れ目を入れる。
    塩と胡椒を振って下味をつけておく。
  3. 鍋の中に、オリーブオイル、にんにく、とうがらしを入れたら、弱火をつける。
    少し温まりだしたら、手羽先を敷き詰めて隙間にじゃがいもを並べるように置く。
    わずかな水を加えたら、ちぎったローズマリー、クミンパウダーを加えて、蓋をして25分ほど弱火にかける。
    15分を過ぎたあたりから、たまにこげないようにかき混ぜる。
  4. 蓋を開けて、じゃがいもが箸を通すくらい煮えていれば、出来上がり。

●マッシュルームのパルミジャーノパスタ

  1. じゃがいもと手羽先のローズマリーオイル煮作っている間に、お湯を沸かしておく。
  2. オイル煮が完成したタイミングで、お湯にパスタを入れてゆがく。
    オイル煮を盛りつけたら少しだけ油を残して、鍋の中にマッシュルームを加えてしっかり火を通します。
  3. 茹で上がったパスタを鍋に加えたらコーヒーフレッシュととけるチーズを混ぜあわせます。
    皿に盛りつけたら、パルミジャーノチーズをたっぷりかけて、黒胡椒をかければ出来上がり。

暮らしにあったダイニングの選び方

雑貨・食器特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「リセノ ランチ部」の最新記事 4件

2022年12月27日(火)
リセノ ランチ部

【KINTOの土鍋でつくる、簡単レシピ】vol.2キツネ色の出汁が美味しい。関西風「おでん鍋」

薄口しょうゆで透き通るおでんつゆ。スタッフを自宅に招いて、お鍋を囲みました。

制作部 清水 11
2022年12月21日(水)
リセノ ランチ部

【KINTOの土鍋でつくる、簡単レシピ】vol.1芯からあったまる。北海道名物の「石狩鍋」

切って、煮込むだけ!ご当地の鍋レシピをご紹介します。

編集部 江上 11
2022年9月20日(火)
リセノ ランチ部

【はれきちレシピ】白玉で簡単アレンジ! 「抹茶のミニパフェ」の作り方

vlog動画で作った「抹茶のミニパフェ」。白玉はそのままに、アレンジレシピ「お月見パフェ」もご紹介します。

カメラマン 岡 9
2023年7月20日(木)
リセノ ランチ部

はちみつレモンジャムを使った簡単アレンジレシピをご紹介します。

すぐに真似できるレモンジャムのアレンジレシピをご紹介します。

福岡店 立脇 7

「リセノ ランチ部」の人気記事 4件

2014年12月11日(木)
リセノ ランチ部

とろろと豚バラの暖かそうめん

今日のRe:CENOランチは、とろろと豚バラの暖かそうめんです。

リセノランチ部 199
2021年9月15日(水)
リセノ ランチ部

コーヒーマイスターがおいしいコーヒーの淹れ方をご紹介します。

外出ができないこんな時だからこそ、ご自宅でおいしいコーヒーを淹れてみませんか?

元カメラマン 濱田 60
2022年1月11日(火)
リセノ ランチ部

コーヒーマイスターが正しいコーヒーの保存方法をご紹介します。

美味しいコーヒーは鮮度がとても重要。正しい保存方法をご紹介します。

元カメラマン 濱田 53
2021年8月17日(火)
リセノ ランチ部

手軽な材料で10分で完成!「簡単レモンスカッシュ」のレシピをご紹介します。

暑い夏を吹き飛ばそう!ゴクゴク飲めるレモンスカッシュの作り方をご紹介。

元京都店 羽織 32

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』