Web Magazine

赤坂けやき通りをぶらり。
福岡店近辺のおすすめのお店をご紹介します。

こんにちは。リセノ制作部の岩部です。

早いもので、福岡店がオープンして
約2週間ほど経ちました。

私は、今まで自宅勤務でしたが
福岡店の事務所に出勤し
業務に励んでおります。

今までは一人で黙々とやっていたので
些細な会話が楽しい、嬉しい!

やはり人との関わり合いが
仕事の醍醐味の一つだなあと実感しつつ、
素敵なスタッフに囲まれて、
刺激を受けながら過ごしています^^

1.jpg

福岡店に出勤するようになって
もう一つ、大きな楽しみが増えました。

それは、近くの美味しいお店の開拓!

近くにいいお店ないかな?と
Googleマップを眺めるのがマイブーム。

今回は、その中から
実際に伺っておすすめしたい!と思った
お店をご紹介したいと思います。

ぜひ、リセノ福岡店にお越しくださった際に、
参考にしていただければと嬉しいです^^

2.jpg

初めにご紹介するのは、
リセノ福岡店から道を挟んだ向かい側にある
「赤坂けやき通りむらた」さん。

冷泉町に店を構える「信州そば むらた」の
姉妹店で、福岡で蕎麦といえば
必ずその名が挙がる名店だそうです。

私も知人に話すと、知ってる!という声が多く
知名度の高さを感じます。

3.jpg

臼を型取ったグリーンのネオンが目印です。

20220421164635.jpg

写真は、蕎麦の実を細かく挽いた
蕎麦粉で打つ十割蕎麦「細挽き もり」。

つるっとした口当たりで喉ごしがいいんです。

リセノのスタッフもみんな大絶賛で、
出張にきたメンバーには、
まずここをおすすめするほどです^^

4.jpg

次にご紹介するのは、
リセノ福岡店の2つ隣にあるお店
「洋食ワイン VIN(ヴァン)」さん。

マンションの一角にこじんまりと佇み、
味わいのある雰囲気。
個人的にずっと気になっていたお店でした。

5.jpg

6.jpg

いただいたのは、日替わりランチ。
前菜のサラダと、パスタ、コーヒー、デザートが
セットになっています。

本日のパスタはボロネーゼ。
濃厚なソースにもちもちとした麺が
ピッタリで、とっても美味しかったです。

7.jpg

お次は、けやき通りを大濠公園側に
向かって少しだけ歩きます。

4分ほど歩くと、見えてきたのは
青々と生い茂る木々と
味わいのあるレンガのアプローチ。

個人的に外観がとっても好みな
ヴィンテージマンションです。

その1階にあるのが「オネット惣菜店」さん。

8.jpg

青と黄色の可愛らしい配色に目を惹かれます。

お弁当からお惣菜、焼き菓子など
幅広いラインナップ。

旬の食材が使われていたり、
どれも拘りを感じるメニューばかり。
日々通ってしまいそうな予感がしています。

9.jpg

ランチ営業はしていないそうですが、
焼き菓子は店内で食べることが
できるそうです。

天気の良い日は、お弁当を買って
そのまま大濠公園に出かけるのも
楽しいかなあと思います^^

10.jpg

ケーキもとっても美味しそう。
お弁当を買いに行くがてら、自分へのご褒美が
増えちゃいそうですね...!^^; 笑

12.jpg

最後にご紹介するのは、徒歩3分ほどの
「ae(アエ)/& LOCALS 赤坂けやき通り店」さん。

「尊い生産と食卓をつなぐ」というコンセプトで
地域の食材を使ったアイテムを展開されています。

13.jpg

ヴィンテージのガラスケースや、たくさんの
ドライフラワーが吊るされた空間も見どころ。

店内の雰囲気もとっても素敵です。

15.jpg

取材終わり、福岡店の店長えのさんが
美味しそうなモナカを買ってくださいました!

アンドローカルズのカフェメニューとして
大人気の自家製もなか「モナ」。
(カフェは大濠公園内にあります。)

あんこは北海道小豆「えりも小豆」を
使ったちょっぴり塩が効いた餡で、
皮は九州産のもち米をつきたてのお餅から
職人がひとつひとつ二重焼きされているとのこと。

パッケージも可愛いので
お土産にも喜ばれそうです。

16.jpg

自分達であんこを詰めるスタイル。
「美味しそう〜!」という声が飛び交います^^

17.jpg

店長!ありがとうございます^^

18.jpg

みんなでモナカを持って、
「いただきます」の記念写真をパシャリ。

19.jpg

もなかは
「素材の味がしっかりしていて美味しい!」
「もなかがパリパリ!お米の味がする...!」
と大好評。

あんこが余ってしまった場合は、
あんバタートーストにするのもおすすめだと
お店の方に教えていただきました^^

お店の情報

2.jpg

店名赤坂けやき通りむらた
住所福岡市中央区赤坂3丁目9-28 大産赤坂ビル1F
電話番号092-731-5515
営業時間11:30~15:00(14:30)/17:30~21:30(21:00)
定休日月曜(※祝日の場合は翌火曜)
URLinstagram

4.jpg

店名洋食ワイン VIN(ヴァン)
住所福岡県福岡市中央区赤坂2-3-6 東急ドエルアルス赤坂 1F
電話番号092-791-5292
営業時間12:00~14:30(14:00)/18:00~24:00(22:30)
定休日月曜日
URL公式サイト

8.jpg

店名オネット惣菜店
住所福岡県福岡市中央区赤坂2-6-5 1F
電話番号092-406-5253
営業時間11:00~19:00(イートイン 11:00~18:00)
定休日月・火曜日
URL公式Instagram

12.jpg

店名ae(アエ)/& LOCALS 赤坂けやき通り店
住所福岡市中央区赤坂3丁目7-14
電話番号092-791-4700
営業時間11:00~19:00
定休日月曜日(祝日の場合営業、翌日休み)
URL公式サイト

今回は、福岡店周辺のお店を
ご紹介してきました。

けやき通りは、大濠公園に行く時に通っていた
道でしたが、なかなかお店に入ることは
なかったように思います。

ですが、実際に歩いて散策したり調べてみると
魅力的なお店がたくさん。

また、どのお店さんもとても優しい方ばかりで
どこに行ってもホッとできる居心地の良さを
感じます。

のんびりとした街並みと、人を通して、
益々この街が好きになりました^^

きっと、まだまだ面白いお店があるはず。
これからも開拓していこうと思います◎

ぜひ周辺にお越しになった際は、
ぶらっとお散歩がてら、
お店にお立ち寄りくださいね^^

それでは、またお会いしましょう!

みんなの保存数:39

暮らしにあったダイニングの選び方

雑貨・食器特集

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「お仕事レポート」の最新記事 4件

2023年11月22日(水)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.17 社内目標共有会「みんなで作る、はじまりの一日」

総勢56名が集った「社内目標共有会」「第5回社食堂」の様子をレポートします。

人事部 相馬 12
2023年9月27日(水)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.16  リセノ夏祭り「とある週末、夏の思い出」

インテリア好きの笑顔が集い、大盛況となった「リセノ夏祭り」をレポートします。

人事部 相馬 7
2024年1月16日(火)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.18 編集課「発信を通して、お客様とインテリアを繋ぐ。」

自社メディア「Re:CENO Mag」の企画や管理を行う、リセノ編集課のお仕事風景をご紹介!

人事部 大西 4
2024年2月15日(木)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.19 バイヤーチーム「商品の魅力に向き合い、世界観を作っていくこと。」

国内外からナチュラルヴィンテージアイテムを仕入れる、バイヤーチームをご紹介!

人事部 大西 3

「お仕事レポート」の人気記事 4件

2022年2月14日(月)
お仕事レポート

【 福岡店ができるまで。】お店完成までの道のりをレポートします。

春にオープンする福岡店。近況と周辺スポットの魅力をお伝えします。

元編集部 岩部 103
2022年4月26日(火)
お仕事レポート

【こんにちは、福岡】Re:CENO FUKUOKAからのご挨拶

4月15日、Re:CENO FUKUOKAオープンいたしました。これからこの店舗で、皆様とお会いできるのを楽しみにしております!

福岡店店長 榎本 71
2022年1月31日(月)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.1 Thanks Letter.「誰に対しても、感謝の気持ちを。」

リセノってどんなブランド?今年、新設されたばかりの人事部部長が、社内文化にスポット当てた連載をスタートします。

人事部 相馬 66
2022年3月15日(火)
お仕事レポート

【リセノのあの人】人事部の相馬さんへインタビューしました。

知られざるリセノの文化や、部署の裏側、ハリネズミと暮らす素敵なお部屋について伺いました。

リセノ制作部 65

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』