Web Magazine

ハイブランド家具を扱うインターオフィス様に学ぶ!
快適なオフィス空間づくりとは?

こんにちは。おおばです。

私が所属するリセノインテリア法人事業部では、
オフィス空間のご依頼も多くいただきます。

そこで今回は、さらに厚みあるご提案ができるよう、
inter office(インターオフィス)」様のショールー
ム見学へいってきました!

20190328151235.jpg

世界的に有名なアルネ・ヤコブセンの家具や、リセノ
スタッフにもファンが多い北欧のアルテックなど、
ハイブランド家具を、多く取り扱われています。

20190329091615.jpg

創業されて30年以上、品質やデザイン性の高さだけ
ではなく、その背景やストーリー、家具と空間がどう
マッチするか、常に追求されていらっしゃいます。

そこには、強く共感することや、改めて気づかされる
発見が散りばめられていました。

「 コミュニケーションの取れるオフィスって、どうしたら? 」
「 憧れのデザイナーズ家具を取り入れて、上質な空間にしたい。 」

などなど、オフィスレイアウトや、移転にお悩みの方、
ぜひご覧ください^^

まずは、見応えたっぷりなショールームをご紹介。

20190325203826.jpg

ショールームには、最先端のオフィスアイテム、
歴史あるデザイナーズ家具がズラリと並び、見応えたっぷり!

私たちもよく読む、インテリア雑誌 Casa BRUTUSや、
ELLE DECORで見たことある、アイテムばかりです。

そんな上質な空間に、訪れたスタッフと終始感動の声
が止まりませんでした。

20190329105726.jpg

レイアウトは、新発売商品、トレンドや展示会に合わ
せて、定期的に変更されているのだとか。

20190325204022.jpg

名作のデザイナーズチェアがずらり!

私もいつか欲しい、北欧デザイナー ハンス・J・ウェグ
ナーのYチェアも発見し、ひそかにテンションが上がります^^

20190325204114.jpg

もちろんオフィスチェアも多数ご用意され、1脚1脚、
機能性や座り心地を試させていただきました。

20190326173554.jpg

不思議なボックスがショールームの中央に!

こちら「Framery(フラメリー)」という、フォーンブース。
扉を閉めると、ほとんど外の声、雑音は聞こえません。

もちろん、外には内側の声もシャットダウン。

オープンなオフィス空間の需要が高まる中、やはり
時には、込み入った話や、周囲を気にせず電話をしたい
シーンはビジネスにはつきもの。

部屋をつくるのではなく、家具によって集中する場を
提供することができます。

快適なオフィス空間を、ご提案するためには?

オフィス空間づくりは、実際の現場を見させていただ
くことが一番!

奥にはライブオフィスが繋がり、スタッフの皆さまが
働いている風景を、実際に見ることができます。

20190328151612.jpg

そこには快適な空間を提案するために、インターオフ
ィス様
ならではのこだわりがありました。

「 実際に自分たちが使ったり、取り入れてみることで、
 お客様へのご提案に活かせる。 」と担当の方より、
お伺いさせていただきました。

20190328152032.jpg

オフィスにレイアウトされている商品は、全て
お取扱いのものばかり。

また、商品だけではなく、トレンドあるレイアウトや、
フリーアドレス席、カフェスペースなども積極的に
導入されているそう。

リアリティある現場を拝見することで、グッと理解が
より深まります。

改めて気づかされたオフィス空間づくりのヒント、
少しだけご紹介させていただきます。

コミュニケーションがとれる、レイアウト作り。

最近多く取り入れられるのが、オフィスらしくなく、
リラックスできるスペース。

雑誌やテレビでもよく見かけますが、やはり実際に
あると、距離感を縮められていいな~と感じました。

20190327193446.jpg

無機質なカラーやデザインばかりのオフィスではなく、
丸みあるフォルムや、やさしいカラーが緊張感を、
ほぐしてくれます。

20190328153246.jpg

最近はベージュやグレーなどの、ニュートラルカラー
も多いのだとか。

デスクでずっと向かい合っているよりも、柔らかい
雰囲気の方が、自然と会話も弾み、コミュニケーショ
ンが取りやすそうです^^

また、個人的にすごく驚いたのが、こちらのキッチンカウンター!

20190328154322.jpg

普段は仕事用のカウンターですが、天板をスライドさせると...
下からIHとシンクが現れます!

社内のコミュニケーションの1つとして、また展示会時
のレセプションパーティーなどで使用されているそう。

キッチンがあることで、時には料理企画や、ランチ
ミーティングなど、コミュニケーションの幅が広がります。

私たちの会社にもキッチンがありますが、確かに、
マガジンのランチ部や、朝にドリップコーヒーを入れ
たり...人が集まりやすいスペースになっているなと、
改めて気づきました。

ワークシェルフを多用し、アイデアあふれる空間づくり。

オフィス空間で課題になるのは、収納力もよく問われます。

書類やカタログが増えていったり、サーバー周辺も
ごちゃつきがち...

スタッフの私物やコートなども、意外と置き場に困りますね。

インターオフィス様では、ワークシェルフを非常に
アイデア豊かにレイアウトし、活用されていました。

20190328155930.jpg

こちらは、「 ハラー・システム 」という、
スイスのUSM社製のもの。

扉付き、オープンタイプ等、部材を組み替え、補充を
することで、様々な用途で使うことができます。

20190327094105.jpg
ドリンクスペースの裏側は、スタッフの方々の私物置き場になっていました!

ボリューム満点な収納力だけではなく、ディスプレイ
棚としても使えますし、腰高にすれば、カウンターとしても使えます。

20190328160224.jpg
設計士の方々が、気分や季節に応じてディスプレイされているのだとか。遊び心あるアイテムに日常のオシャレさが垣間見れます!

見せるところと、隠すところを切り分け、整った
オフィスづくりを見ることができました。

オフィスは、人数やレイアウトに変化が起こりやすいですね。

そんなとき、可変性の高いシェルフを導入しておく
ことで、様々なシーンや、変化に対応しやすい魅力に
気づかされました。

オフィス空間のご提案もお任せください。

オフィス空間に取り入れたいアイデアやヒントが、
たくさん散りばめられているショールームです。

上質な空間や、担当者様の姿勢やリアルな体験談、
私たちも改めて気づかされることや、勉強になることが
たくさんありました!

20190329110756.jpg

リセノインテリア法人事業部では、web掲載商品は
もちろん、今回のようなハイブランド家具も、取り扱
っております。

ご予算、テイスト、お悩みのこと、ヒアリングさせて
いただき、トータルでご提案いたします。

オフィス、店舗オープン、モデルルームのコーディネ
ートなど、まずはお気軽にご相談くださいませ^^

みんなの保存数:7

暮らしにあったダイニングの選び方

雑貨・食器特集

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「お仕事レポート」の最新記事 4件

2023年11月22日(水)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.17 社内目標共有会「みんなで作る、はじまりの一日」

総勢56名が集った「社内目標共有会」「第5回社食堂」の様子をレポートします。

人事部 相馬 12
2023年9月27日(水)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.16  リセノ夏祭り「とある週末、夏の思い出」

インテリア好きの笑顔が集い、大盛況となった「リセノ夏祭り」をレポートします。

人事部 相馬 7
2024年1月16日(火)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.18 編集課「発信を通して、お客様とインテリアを繋ぐ。」

自社メディア「Re:CENO Mag」の企画や管理を行う、リセノ編集課のお仕事風景をご紹介!

人事部 大西 4
2024年2月15日(木)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.19 バイヤーチーム「商品の魅力に向き合い、世界観を作っていくこと。」

国内外からナチュラルヴィンテージアイテムを仕入れる、バイヤーチームをご紹介!

人事部 大西 3

「お仕事レポート」の人気記事 4件

2022年2月14日(月)
お仕事レポート

【 福岡店ができるまで。】お店完成までの道のりをレポートします。

春にオープンする福岡店。近況と周辺スポットの魅力をお伝えします。

元編集部 岩部 103
2022年4月26日(火)
お仕事レポート

【こんにちは、福岡】Re:CENO FUKUOKAからのご挨拶

4月15日、Re:CENO FUKUOKAオープンいたしました。これからこの店舗で、皆様とお会いできるのを楽しみにしております!

福岡店店長 榎本 71
2022年1月31日(月)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.1 Thanks Letter.「誰に対しても、感謝の気持ちを。」

リセノってどんなブランド?今年、新設されたばかりの人事部部長が、社内文化にスポット当てた連載をスタートします。

人事部 相馬 66
2022年3月15日(火)
お仕事レポート

【リセノのあの人】人事部の相馬さんへインタビューしました。

知られざるリセノの文化や、部署の裏側、ハリネズミと暮らす素敵なお部屋について伺いました。

リセノ制作部 65

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』