Web Magazine

つけウドン専門「 花雷 」様へ、
町屋に合う和モダンな家具を納品をしました。

こんにちは、おおばです。

今回のマガジンでは、 リセノコントラクト事業部
手掛けました、納品事例をご紹介いたします。

2018年10月末、京都2店舗目としてオープンされた、
つけウドン専門ト酒ト料理 花雷 』様です。

20181219210610.jpg

京都らしい町家を、花雷様仕様に改装され、風情ある、
うどん屋さんが誕生しました。

美味しい料理の魅力とともに、家具のレポートをお届けいたします。

モチモチな食感で、お腹も心も大満足!

花雷様は、京都の長岡京市で1店舗、そして四条烏丸
という京都の中心街に2店舗目をオープンされました。

早速、その美味しさの魅力、ご紹介させていただきます^^

20181220094639.jpg

和モダンな色合いの器に、白い麺と濃い目のお出汁が
キレイに
盛りつけられ、目でも楽しめますね~!

メニューが豊富で、撮影時には、迷いに迷いましたが...
人気№1の「 坦々つけ麺 」と「 豚角煮と玉子のつけ麺 」をいただきました。

20181220095939.jpg

とにかくコシが強く、モッチモチなのですが、滑らかで、
するすると口に入っていきます^^

伺ってみると、麺は国産小麦だけで作られていていて、
「多加水熟成」と
いう製法で、じっくり時間をかけて
作るというこだわり!

うどんを" つけて食べる "という点も、新鮮でしたが、
麺の柔らかさ、滑らかさ、モチモチ加減も驚きでした。

20181220115127.jpg

優しい照明の灯り、レトロなレコードや蓄音機が並び、
とても落ち着く空間で、食事を楽しむことができますよ。

レトロモダンな町屋に、しっくり馴染む家具をご提案。

町屋を改装されたこともあり、和の要素が多い店内。

そんな中、これまでの畳スペースを板張りにされたり、
ステンドグラスが、空間のポイントになっていたりと、
レトロなテイストが散りばめられています。

20181219212018.jpg
畳だったスペースを、色違いの板張りにされ、和モダンな雰囲気に。


20181220162337.jpg
入口を入ると、当店の照明と、ステンドグラスの枠がお出迎えです。

リセノでは照明、テーブル、チェアを納品させていただきました。

ご提案のポイントは室内のテイストに合わせた、
『 和洋折衷のレトロモダンスタイル 』。

落ち着いた雰囲気を演出しながらも、遊び心を加えた
懐かしくも" 今 "に馴染むコーディネートです。

スペースごとに、ご紹介させていただきます。

過ごしやすさと、動線を考えたカウンター席。

入口を入ってすぐの席は、7席並ぶカウンター席です。
厨房をのぞみつつ、料理を楽しめる場所ですね。

20181219212732.jpg
赤い座面とダークブラウンのフレームが、和モダンな雰囲気を演出します。

カウンター席の後ろは通路にもなっているため、
お客様、スタッフの方々の通りやすさも配慮しました。

ポイントは、背もたれがまっすぐなところです。

チェアを後ろに引いても、背に丸みがあるタイプより、
通行の妨げになりづらくなります。

20181219213349.jpg

背中をしっかりカバーしてくれる高さにすることで、
まっすぐでも、ゆっくり身体を預けることができます。

食べ終わった後も、せかせか急ぐことなく、ホッと一息できますね。

デザイン性豊かな、テーブル席。

カウンター席を抜けると、2~4名様に対応したテーブ
ル席が並びます。

20181219215031.jpg
格子の背もたれが、和の空間に馴染みますね。

20181219215128.jpg

チェアはあえてバラバラのデザインで遊び心を。

ですが、黒・こげ茶・茶色のトーンを揃えることで、
チグハグな印象にならないようにしました^^

20181219215920.jpg

また、テーブルやチェアは飲食店で使用することを考え、
汚れに強く、水を弾くウレタン塗装にしました。

うっかりうどんの汁や食べ物をこぼしてしまっても、
サッとふき取ることができ、忙しい片づけ時には、嬉しいポイントです^^

お手入れ簡単な家具の仕上げ方法「ウレタン塗装」の特徴についてご紹介します。

あたたかな空間で、美味しい料理を楽しめる「 花雷 」様。

いかがでしたでしょうか。

ほっこりあたたかな空間と、美味しいうどんの魅力が
お伝えできたら、うれしいです。

また、夜はお酒も飲める!ということで、一品料理も
かなり充実していらっしゃいます。

20181220101720.jpg

仕事中のランチ、京都観光中の夜など、ぜひみなさまも
行ってみてください。

リセノコントラクト事業部 では、様々なテイスト、商品
からトータルでコーディネートのご提案させていただきます。

ぜひ、お気軽にご相談ください^^
コントラクト事業部へのお問い合わせはこちら。

お店の基本情報

店名つけウドン専門ト酒ト料理 花雷
住所604-8221
京都市中京区錦小路通新町東入天神山町270
電話番号075-231-7866
営業時間11:30〜14:30
17:30〜22:00
URL

HP:http://hanarai.com/
Facebook:https://www.facebook.com/udon.dining.hanarai628/


暮らしにあったダイニングの選び方

雑貨・食器特集

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「お仕事レポート」の最新記事 4件

2023年11月22日(水)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.17 社内目標共有会「みんなで作る、はじまりの一日」

総勢56名が集った「社内目標共有会」「第5回社食堂」の様子をレポートします。

人事部 相馬 12
2023年9月27日(水)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.16  リセノ夏祭り「とある週末、夏の思い出」

インテリア好きの笑顔が集い、大盛況となった「リセノ夏祭り」をレポートします。

人事部 相馬 7
2024年1月16日(火)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.18 編集課「発信を通して、お客様とインテリアを繋ぐ。」

自社メディア「Re:CENO Mag」の企画や管理を行う、リセノ編集課のお仕事風景をご紹介!

人事部 大西 4
2024年2月15日(木)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.19 バイヤーチーム「商品の魅力に向き合い、世界観を作っていくこと。」

国内外からナチュラルヴィンテージアイテムを仕入れる、バイヤーチームをご紹介!

人事部 大西 3

「お仕事レポート」の人気記事 4件

2022年2月14日(月)
お仕事レポート

【 福岡店ができるまで。】お店完成までの道のりをレポートします。

春にオープンする福岡店。近況と周辺スポットの魅力をお伝えします。

元編集部 岩部 103
2022年4月26日(火)
お仕事レポート

【こんにちは、福岡】Re:CENO FUKUOKAからのご挨拶

4月15日、Re:CENO FUKUOKAオープンいたしました。これからこの店舗で、皆様とお会いできるのを楽しみにしております!

福岡店店長 榎本 71
2022年1月31日(月)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.1 Thanks Letter.「誰に対しても、感謝の気持ちを。」

リセノってどんなブランド?今年、新設されたばかりの人事部部長が、社内文化にスポット当てた連載をスタートします。

人事部 相馬 66
2022年3月15日(火)
お仕事レポート

【リセノのあの人】人事部の相馬さんへインタビューしました。

知られざるリセノの文化や、部署の裏側、ハリネズミと暮らす素敵なお部屋について伺いました。

リセノ制作部 65

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』