Web Magazine

【卒業インタビュー】vol.3
元カメラマン濱田に、今後の夢を聞いてみました。

こんにちは。編集部の江上です。

最近リセノでは、とある出来事がありました。

長年カメラマンをつとめ、制作チームの中心として、
撮影からyoutube出演まで、多岐にわたって
活動していた濱田が、退職。

彼の現在の活動を知るために、
自宅にお伺いし、インタビューを行いました。

「夢」や「働き方」をテーマに、
3回にわたっての連載、今日が最終回です。

【卒業インタビュー】vol.1 元カメラマン濱田に、今後の夢を聞いてみました。
【卒業インタビュー】vol.2 元カメラマン濱田に、今後の夢を聞いてみました。

家具屋さんになるための第一歩として、
フリーのカメラマンになりました。

20230104130147.jpg

ー前回、家具屋さんになるために、カメラマンとして
 安定を目指すというところまでお話してくれました。
 活動の指針は、ありますか?

はまだ:
はい。僕なりに指針があって。

それは、家具屋さんになる夢と同じで、
「僕と関わる人が幸せになってほしい。」
という想いです。

綺麗事だと笑われることもありますが、
最後までこの想いは、大切にしたいです。

ぼくは、写真にも、家具と同様に
人を幸せにする力があると信じています。

20230104130923.jpg

20230104131244.jpg

ーそう思えた具体的なエピソードって?

はまだ:
実家で昔の写真を整理していたとき、
家族とたくさんの思い出について話をしたんです。

小さい頃の様子をおさめてくれていた事もそうですが、
両親の若い頃や日常的な写真を見返したとき、
この家族の元に生まれてこれてよかったな...!と、
心から感動したことがあって。

そして、手元にモノとして大切な写真があって、
それを家族と共有しながら、見れたことが本当に
いい経験でした。

20230104131714.jpg

20230104131807.jpg

ー実家に帰ると、昔の写真をみて盛り上がることって
 あるよね。昭和を感じる写真だったり、よく分から
 ない状況の写真とか。笑

はまだ:
日常の写真には、僕たちが想像する以上の力を
秘めているなと思っていて。

大切な人の感情に気付くことができたり、
未来に幸せを届けることができたり。

ただ、毎日の慌ただしい生活の中では、

・育児をしながら、子供と一緒に撮影をする
・お出かけしながら、兄弟を見守り撮影をする
・家族全員が揃って、日常的な写真を撮影する

なんてことが、実はとても大変なことだと思います。

決して華やかな瞬間ではありませんが、
そんな慌ただしい日常の記憶や出来事こそ、
家族の思い出として、永遠に残っていくモノだと、
自身の体験から感じました。

そこで、同じような想いを持たれている方の
お力になれればと思い、日常を中心とした
家族写真を撮影することにしたんです。

20230104132923.jpg

20230104133013.jpg

ー商業的な撮影とご家族の撮影は、違いそうだなと。
 大事にしていることはありますか?

はまだ:
ご家族の撮影では、瞬間を収めなければいけない事と、
日常的なものについては、プロ感が出すぎてしまう
写真は、あえて撮影しないようにしています。

背景や衣装が煌びやかな写真や、ライティングや
構図が整った記念写真もとっても素敵なんですが、
なにより自然な雰囲気を大切にしています。

僕のポリシーは、ご家族にとって、
「未来に残したい瞬間」を収めること

20230104133805.jpg

20230104133843.jpg

はまだ:
最近は、写真を撮る意味が少し変化している気もして。

SNSによって、素敵な写真が瞬く間に広まり、
同じような写真を多く見かけるようになりました。

ご家族には、それぞれの「らしさ」があると
思っています。飾らなくとも、十分素敵というか。

100組あれば、100通り。型にはめ込んでしまうのは、
少しもったいないと気が付いたんです。

なので、記憶としっかりリンクする、
等身大の写真を残したいと思っています。

20230104135008.jpg

20230104135152.jpg

ーダンスをしているように見えるけど、これは?

はまだ:
スパイダーマンになりきっている瞬間なんです。
子供らしくって、最高ですよね。

これをみると、もしかしたら、
ダンサーになれるんじゃない?なんて思えたり。笑

お子様の撮影をしていると、
ユーモアのある子だったり、芸術派だったり、
集中力が凄まじかったり、運動神経がよかったり、
愛嬌が満点だったり。

フィルターを通して、100%全員が
個性を持っていることを再認識し、
彼らの可能性を感じずにはいられないんです。

20230104140716.jpg

20230104140753.jpg

はまだ:
そういう意味では、皆さま自身が、
撮影日だけでなく、日々の中でも、
「未来に残したいと思う瞬間」を写真に
残すようになるきっかけを作れたら嬉しいです。

また、データだけでなく、しっかり現像することが、
未来につながる大切なことなのかもしれません。

なので、僕が撮影をするときは、必ず、
子供と家族にとって「未来に残したい写真とは?」
というテーマをもって、ご家族と楽しく
コミュニケーションを取るようにしています。

20230104141919.jpg

20230104141952.jpg

ーリセノでカメラマンをしていたとき、濱ちゃんは、
 現場を盛り上げたり、褒め上手だったり、
 その人らしさを大切にしているからこそのトークが
 いつも印象的でした。

はまだ:
家族写真を撮るようになった今、
リセノでの経験が活きているなと感じています。

それは、より良い写真を撮影するために、
どんな環境に整えるか?をカメラマンは、
常に意識すること。

業種の違う撮影をすることになっても、
やるべきことは同じで、対峙している方の気持ちや
魅力を理解するためのコミュニケーションが
何より大切なんです。

20230104142427.jpg

20230104142501.jpg

ー理解するためのコミュニケーションですね。

はまだ:
はい。これまで関わりのなかった方を撮影することも
あるので、その方が大切にしていることをしっかり
お聞きして、僕が大切にしていることもお伝えする
ようにしています。

そうすると、カメラを買うので教えてください!と
言っていただけたり、無口なお父さんの熱い愛情を
お伺いできたり。笑

微力かもしれませんが、本気で向き合うと
相手の気持ちが動いてくれることもあるんです。

20230104142816.jpg

20230104142902.jpg

ーお互いの想いをきちんと話すということは、
 普段のお仕事にも共通して言えることだな~と。
 それを繰り返していくことで、信頼に繋がって
 いくというか。

はまだ:
一方的になってしまう事は、もちろん良くないですが、
共感することが全てではないところが、
仕事のコミュニケーションの難しいところですよね。

ひとまず、想いを正直にぶつけることで、
理解し合おうとお互いの心が動く、ということが、
一番大事なのかもしれませんね。

リセノで学んだ、心を動かす写真

20230104143339.jpg

20230104143409.jpg

はまだ:
綺麗さだけでなく、その場の空気感や物語を
写真の中に写すことを大切にしているのは、
家族との出来事以外にも、リセノでの経験が
元になっているんです。

とくに代表の山本さんは、
空気感の伝わる写真に敏感でした。

20230104143636.jpg

20230104143708.jpg

ー分かります。私たちと少し視点が違うというか。

はまだ:
カメラマンとしては、整っている写真を選びたく
なるんですが、モデルが爆笑している写真を
選ばれることも多くて。笑

実際には、そのちょっとした視点の差で、
お客さまの反応や、ブランドのイメージが良い方向に
変わることが多々ありました。

ご家族の撮影をしていると、その気持ちが段々と
分かってきたような気がします。

何気ない自然な瞬間にこそ、心が動くことがあるんです。

20230104144108.jpg

20230104144232.jpg

はまだ:
リセノに居た事で、そんな撮影ができるようになって。
写真の中に物語を収めることができたり、
その家族にしかない空気感を写すことができました。

それが、カメラマンとしての強みになっているな
と感じています。

20230104144544.jpg

20230104144638.jpg

はまだ:
そして、撮影を振り返ったとき、楽しかった!とか、
この人に撮影してもらってよかった。とか、

撮影自体が未来に残るような体験として、
お客さまの思い出になっていただければ、
とても嬉しいです。

家具屋さんになる夢と同時に、カメラマンの活動も、
一生涯お客さまに携わることができるので、
すごくやりがいがあります。

20230104145014.jpg

20230104145047.jpg

はまだ:
また、個人的には、リセノで家具を購入された
お客さまの撮影ができたらいいなと思っています。

これまで支えてくださった皆さまへの恩返しが
できるかなと。

そうでなくとも、もし撮影をしたいと思って
いただけたら、いつでもご依頼ください。

素敵な写真と一緒に、たくさんお話ができたら
嬉しいです。

これからの活動とお知らせ。

20230104145352.jpg

ーでは最後に、今後の活動について、
 改めて教えてください。

はまだ:
今後は、出張写真の取り組みだけでなく、
家具の勉強や夢を叶えるために、
できることを精一杯やっていきたいと思っています。

他にも、リセノで学んだ企画力や撮影、
ライティングなどを活かして、
地元を盛り上げるためのWebメディアを制作中です。

現在、準備段階なのですが、こちらも追って、
公開していこうと思っています。

20230104145720.jpg

20230104145802.jpg

はまだ:
そして、本当にありがたいことに、
リセノで外部ライターとして、
記事を書かせていただくことになりました。

インテリアに関することや、
関東圏のライフスタイル情報、活動の近況報告など、
執筆させていただく予定です。

こんな僕ですが、皆さまに楽しんでいただけるような
記事にしたいなと思っています。

また、必ず家具屋さんになるという夢を実現しますので、
その時まで、末永く見守っていただけると嬉しいです。

これにて、卒業インタビュー終了です。

20230104151054.jpg

今回のインタビューを通して、
もがきながらも一歩ずつ着実に歩む姿や、
自分らしさを大切にする濱ちゃんの人柄に
リセノスタッフも、気付けばいつも
刺激をもらっていたな~と、思い出しました。

と、内輪話はさておき、
登場した家族写真、とっても素敵でしたね。

リセノを応援してくださっている皆さまも、
濱ちゃんの活動を応援していただけますと幸いです。

最後までお付き合いいただき、
ありがとうございました。

撮影のご依頼は、こちらからお願いいたします。
DENHIN
みんなの保存数:35

暮らしにあったダイニングの選び方

雑貨・食器特集

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「お仕事レポート」の最新記事 4件

2023年11月22日(水)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.17 社内目標共有会「みんなで作る、はじまりの一日」

総勢56名が集った「社内目標共有会」「第5回社食堂」の様子をレポートします。

人事部 相馬 12
2023年9月27日(水)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.16  リセノ夏祭り「とある週末、夏の思い出」

インテリア好きの笑顔が集い、大盛況となった「リセノ夏祭り」をレポートします。

人事部 相馬 7
2024年1月16日(火)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.18 編集課「発信を通して、お客様とインテリアを繋ぐ。」

自社メディア「Re:CENO Mag」の企画や管理を行う、リセノ編集課のお仕事風景をご紹介!

人事部 大西 4
2024年2月15日(木)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.19 バイヤーチーム「商品の魅力に向き合い、世界観を作っていくこと。」

国内外からナチュラルヴィンテージアイテムを仕入れる、バイヤーチームをご紹介!

人事部 大西 3

「お仕事レポート」の人気記事 4件

2022年2月14日(月)
お仕事レポート

【 福岡店ができるまで。】お店完成までの道のりをレポートします。

春にオープンする福岡店。近況と周辺スポットの魅力をお伝えします。

元編集部 岩部 103
2022年4月26日(火)
お仕事レポート

【こんにちは、福岡】Re:CENO FUKUOKAからのご挨拶

4月15日、Re:CENO FUKUOKAオープンいたしました。これからこの店舗で、皆様とお会いできるのを楽しみにしております!

福岡店店長 榎本 71
2022年1月31日(月)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.1 Thanks Letter.「誰に対しても、感謝の気持ちを。」

リセノってどんなブランド?今年、新設されたばかりの人事部部長が、社内文化にスポット当てた連載をスタートします。

人事部 相馬 66
2022年3月15日(火)
お仕事レポート

【リセノのあの人】人事部の相馬さんへインタビューしました。

知られざるリセノの文化や、部署の裏側、ハリネズミと暮らす素敵なお部屋について伺いました。

リセノ制作部 65

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』