Web Magazine

「ふんわりもっちり」を、さらに気持ち良く使うには?
folk ソファーでの至福な時間の過ごし方をご紹介します。

京都店店長 関

こんにちは。
Re:CENO KYOTO セキ です。

今回は、リセノオリジナルの人気ソファー、
「folk」について、京都店スタッフがオススメする
座り方や使い方をいくつかご紹介いたします。

20211203181401.jpg

folk ソファーの特徴を知ろう。

まずはfolk ソファーの特徴について、
今までに何度かマガジンなどで触れておりますが、
簡単におさらいしておきます。

20211203181632.jpg

まず、folk ソファーのポイントは、
なんといっても、バフっと身を委ねられる、
もっちりとした座り心地です。

店頭でお試しされたお客様からも、
「気持ち良すぎて、もう立ち上がれないです!」と、
仰って頂く事もしばしば。

ここまでもっちりとした座り心地を実現するために、
商品開発の永い道のりがありました。

詳細については、下記のヒストリーを
ご覧いただけますとお分かりいただけます。

「folk Sofa」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します

そんなfolk ソファーですが、
リセノスタッフ内でも人気は高く、
我々京都店スタッフも大好きなソファーです。

「こうやって座れば、もっとリラックスできるよね」
「これを取り入れれば、もっと快適に過ごせそう」
と、日々アイデアなどを出し合っています。

そこで、京都店スタッフが特にオススメする、
folk ソファーでの時間を、より至福なひと時となる
使い方を3つご案内いたします。

それでは、早速見ていきましょう。

オススメな使い方 ➀
背面クッションを使った、リラックスできる体勢作り。

20211207201727.jpg

まずは、座り方についてです。

folk ソファーの座面の奥行きは約60cm程あり、
こちらは一般的なソファの奥行きと言えます。

60cmあれば、座面の上であぐらをかく事や、
軽く横になる事もできますので、
ある程度のゆったり感は既にあります。

しかし、folkの背面クッションは、
本体にくっ付いていないので、使い方によっては、
さらにゆったりと使う事ができます。

そこでスタッフオススメの座り方は、
背面クッションを抱え、ゆったりと腰かける座り方です。

20211207202316.jpg

このように、背もたれを片脇に挟みこみ、
アーム部分と背もたれに、もたれ掛かる様に座ります。

感じ方の個人差もありますが、クッションを抱いている事で、
身を委ねている感覚も増し、よりリラックスした
体勢を取る事ができます。

スタッフ間では、
「この体勢でテレビを見てたら、寝落ち必至だね!」
と、ソファで寝落ちする事が多いという方には、
寝落ちしすぎて危険かもしれません笑

オススメな使い方 ②
30cm x 55cm サイズのクッションを取り入れる。

20211203194849.jpg
Re:CENO product|クッションカバー WIRY(30×55cm)

続いては、クッションを取り入れるという事です。

ソファにクッションを取り入れる事は、
多くの方が実際に取り入れられているかと思います。

そのような中でも、スタッフのオススメは、
30cm x 55cmサイズのクッションを取り入れる事です。

20211204180704.jpg
Re:CENO product|クッションカバー folk(30×55cm)

このサイズのクッションはあまり無く、
僕も自宅で使っていますが、
とても汎用性が高く、使い勝手抜群なんです。

folk ソファーに使うとすれば、
まずは腰当てとして。

20211207201612.jpg

ソファーやチェアでもそうなのですが、
少し浅めに腰かけた場合など、
腰が浮いてしまう(腰部分に隙間ができる)と、
腰を痛めてしまう恐れがあります。

20211204182010.jpg
チェアに使う時はこんな感じ。

そこで、このサイズのクッションは、
丁度腰が浮かないように、腰部分に当てて座ると、
隙間ができることなく、しっかりと腰を支えてくれます。

folk ソファーは柔らかい座面なので、
リラックスした体勢や浅めに腰かけ持たれた時に、
こちらを入れてみると、座り心地もすごく変わります。

そして、腰当て以外だと、真ん中に配置し、
アーム代わりとして使ったり、膝の上に置いて
肘置きに使ったりと、1つあると利便性がグンと上がります。

僕も家で使っていると書きましたが、
コンパクトで持ち運びもしやすいので、
クッションを持って他の部屋で使う事も多々あります。

クッションを使った座り心地は、
ぜひ一度、店頭にて体感いただきたい部分です。

オススメな使い方 ③
サイドテーブルを取り入れ、センターテーブルを無くしてみよう。

20211204182236.jpg
Re:CENO product|サイドテーブル folk

そして最後は、サイドテーブルを取り入れる事です。

特にfolkシリーズのサイドテーブルは、
シンプルなコの字型となっており、
ソファーシーンに余分なスペースを取らずに配置が可能です。

カラーもフレーム部分のナチュラル or ブラウン、
高さもfolk ソファーの脚の高さ2段階に応じて、
ジャストなサイズをお選びいただく事ができます。

20211204200724.jpg
左 42cm / 右 49cm

少し話は逸れますが、みなさんは、
センターテーブルをお使いでしょうか。

この項目タイトルに書いた、
センターテーブルを無くしてみようというのは、
必ずしも無くした方が良いという訳ではありません。

「センターテーブルを、どう使うか?」
という部分で、有り無しを線引きいただければと思います。

  • なんとなく置いていて、結局物を置くだけになっている。
  • 食事等は基本的にダイニングで済ませる事がほとんど。
  • コンパクトな部屋だが、色々と物があり圧迫感を感じている。

という方は、センターテーブルはやめてみて、
サイドテーブルにされる事をオススメします。

メリットとしては、

  • 圧迫感を軽減でき、空間を広く見せる事ができる。
  • オットマンなどの配置がしやすくなる。
  • 動線の確保がしやすくなる。

などが期待できます。

20211204185531.jpg

3人掛けに2人腰かけた時に、
サイドテーブルを上記の様に真ん中に配置すれば、
2人分の飲み物や軽食ぐらいは十分乗せる事ができます。

ソファーで、だらだらとした時間を過ごしたい際は、
サイドテーブルに必要な物だけを集めて、
思う存分自分の時間を楽しむのもいいですね。

小物類もコーディネートし、見た目と実用性を高めよう。

最後に少しだけ余談です。

今までの3つの内容に加え、
小物類をもう少しコーディネートすれば、
より一層、至福の時間を楽しめます。

長々となってしまいそうなので、
こちらはイメージでご紹介いたします。

ブランケット

20211204195949.jpg
ウールブランケット Silkeborg ダナーヤ ウィンドウペン

フロアランプ

20211204191646.jpg
フロアライト HEMPLEN

ダストボックス

20211204192228.jpg
ダストボックス トラッシュカン RIN 角型

リアルショップにて、ぜひご体感ください。

folk ソファーでの至福な時間の過ごし方について、
いかがでしたでしょうか。

余談部分のアイテムまで揃えると、
本当にソファーから動かなくなってしまう、
いや、動けなくなってしまうかもしれません笑

もちろん、folk ソファー以外でも、
応用できる内容が多いので、既にソファーを
お使いの方はご参考にして頂ければ幸いです。

リアルショップでは、実際に今回ご紹介した内容を
ほぼ全てお試しいただけますので、
ぜひ一度、店頭にてご体感くださいませ。

ソファーでの過ごし方を、
至福なひと時にしてみませんか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Styling Furniture

3人掛けソファー folk/BR

¥ 238,000


3人掛けソファー folk/NA

¥ 238,000


サイドテーブル folk-natural

¥ 20,200


サイドテーブル folk

¥ 20,200


フロアライト HEMPLEN

¥ 44,000



Styling Goods

クッションカバー WIRY(30×55cm)

¥ 4,800


クッションカバー folk(30×55cm)

¥ 4,800


ウールブランケット Silkeborg ダナーヤ ウィンドウペン

¥ 13,200


ダストボックス トラッシュカン RIN 角型

¥ 4,840



View More

ライターの励みになりますので、ぜひ [ いいね! ] のクリックをお願いします。

現在までにいただいた数:16

リセノ式 センスのいらないインテリア

  • センスのいらないリビングのルール(10)
  • センスのいらないダイニングのルール(10)
  • センスのいらない寝室のルール(6)
  • センスのいらない照明のルール(3)
  • センスのいらないコーディネートのルール(9)
  • センスのいらないインテリアの基礎知識(1)

ナチュラルヴィンテージを知る

  • ナチュラルヴィンテージとは?(11)
  • ナチュラルヴィンテージ実例(35)
  • ナチュラルヴィンテージの基本(18)

インテリアを学ぶ

  • コーディネートの基本(74)
  • ディスプレイの基本(22)
  • お手入れの基本(46)
  • コツとノウハウ(97)
  • リビングの基本(16)
  • ダイニングの基本(20)
  • 収納の基本(23)
  • 寝室の基本(31)
  • キッチンの基本(4)
  • 書斎の基本(9)
  • 照明の基本(24)
  • カーテンの基本(9)

インテリアを楽しむ

  • みんなのエッセイ(49)
  • Let's DIY!(137)
  • 植物と暮らそう(46)
  • 話題の場所レポ(42)
  • 本と音楽と映画(12)
  • おすすめカフェ(27)
  • 日々のできごと(30)

リセノのこと

  • 僕と私の愛用品(73)
  • 蚤の市で見つけた偏愛品(2)
  • Re:CENO Vlog(30)
  • Re:CENO product(76)
  • Buyer's Voice(16)
  • 製品ストーリー(45)
  • 商品紹介(44)
  • リセノ ランチ部(100)
  • お仕事レポート(53)
  • お店だより(97)
  • お知らせ(35)

特集

  • AGRAソファのこと(14)
  • センスのいらないインテリア(30)
  • コーディネートレッスン(32)
  • ナチュラルヴィンテージの作り方(6)
  • オリジナル家具の企画経緯(27)

メンバー


お店だよりの人気記事5件

2017年4月14日(金)
植物と暮らそう

大きくなりすぎた<コウモリラン>を簡単・手軽な方法で板付けしてみよう!

はじめは小さな葉だったコウモリランも、成長が著しくどんどん鉢が窮屈になってきました。そんな時は板付けに挑戦してみましょう!

元東京店 鈴木 162
2020年6月01日(月)
お店だより

2020年6月1日 京都店をリニューアルオープンしました!

2020年6月1日におこなった京都店リニューアルに詰め込んだ思いを書いていこうと思います。

BM 山本 148
2019年7月26日(金)
Re:CENO product

R.U.Sユニットシェルフ、こんな組み合わせはどうですか?「キッチン編」

収納は、自分の生活スタイルに合わせてカスタムしよう!

東京店店長 江上 125
2021年5月21日(金)
照明の基本

居心地のいいお家は「照明」がつくる。具体的なテクニックを3つご紹介します。

お金だけでは作れない、居心地いいの作り方。一番の近道は、「照明」を知ること?

東京店店長 江上 111
2022年4月14日(木)
お店だより

【 福岡店ができるまで。】Re:CENO FUKUOKA 2022年4月15日 OPENです!

明日オープンとなる福岡店の様子を、いち早くレポートしていきます。

BM 山本 83

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』

Menu

  • センスのいらないリビングのルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「リビングの共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • センスのいらないダイニングのルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「ダイニングの共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • センスのいらない寝室のルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「寝室の共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • センスのいらない照明のルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「照明の共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • センスのいらないコーディネートのルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「コーディネートの共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • センスのいらないインテリアの基礎知識

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現するために必要な「インテリアの基礎知識」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。


  • ナチュラルヴィンテージとは?(11)

    ナチュラルヴィンテージの定義について、分かりやすく紐解いています。

  • ナチュラルヴィンテージ実例(35)

    ナチュラルヴィンテージの方程式を用いたお部屋づくり実例です。

  • ナチュラルヴィンテージの基本(18)

    ナチュラルヴィンテージのお部屋作りのポイントを解説していきます。


  • コーディネートの基本

    インテリアコーディネートの基本を分かりやすく解説します。

  • ディスプレイの基本

    ディスプレイをする際の基本の方程式などを解説します。

  • お手入れの基本

    お手入れやメンテナンスの基本技術を解説します。

  • コツとノウハウ

    インテリアを日々使っていくうえで知っておくと便利なコツやノウハウを動画でご紹介します。

  • リビングの基本

    ダイニングテーブルやチェアの選び方などをまとめています。

  • ダイニングの基本

    選び方やお手入れ方法など、ダイニングに関する基本をまとめています。

  • 収納の基本

    選び方やお手入れ方法など、収納家具に関する基本をまとめています。

  • 寝室の基本

    選び方やお手入れ方法など、ベッド・マットレスに関する基本をまとめています。

  • キッチンの基本

    選び方やお手入れ方法など、キッチンに関する基本をまとめています。

  • 書斎の基本

    選び方やお手入れ方法など、書斎に関する基本をまとめています。

  • 照明の基本

    選び方やお手入れ方法など、照明に関する基本をまとめています。

  • カーテンの基本

    選び方やお手入れ方法など、カーテンに関する基本をまとめています。


  • みんなのエッセイ(49)

    リセノにまつわる人たちの日々を、何気なく綴ったエッセイです。ほっとひといき入れたいときに。

  • Let's DIY!(137)

    スタッフが自宅D.I.Yを体験レポート! みなさんも一緒にLet’s Do It Yourself!

  • 植物と暮らそう(46)

    暮らしを豊かに彩る植物を、インテリアに取り入れる方法をご紹介します。

  • 話題の場所レポ(42)

    展示会、家具産地、海外出張、話題のエリアやホテルなどをレポートします。

  • 本と音楽と映画(12)

    インテリア大好きなスタッフが、日頃から読んでいる雑誌や映画、音楽などをご紹介していきます。

  • おすすめカフェ(27)

    リセノスタッフのおすすめカフェをご紹介します。

  • 日々のできごと(30)

    日々生活している中で、スタッフが体験したことや、感じたことなどを書いていきます。


  • 僕と私の愛用品(73)

    リセノスタッフが、実際に自宅で使っているお気に入りのインテリアアイテムをご紹介します。

  • 蚤の市で見つけた偏愛品(2)

    全国各地で定期的に開かれている「蚤の市」にいざ出発! そこで見つけて、ゲットしたかわいいアイテム「偏愛品」を、偏愛とともに語ります。

  • Re:CENO Vlog(30)

    何気ない日常と、それぞれの暮らしに馴染むインテリアを切り取った動画です。

  • Re:CENO product(78)

    オリジナル家具「Re:CENO product」の生産背景や製品への思いを語ります。

  • Buyer's Voice(16)

    製品開発や製品セレクトまつわるストーリーを書いていきます。

  • 製品ストーリー(45)

    製品が生まれる背景や正しい使い方など、プロダクトが本来持つこだわりや魅力を紐解きます。

  • 商品紹介(44)

    商品解説を動画でさらに分かりやすく伝えたい! そんな思いから始まった企画です。

  • リセノ ランチ部(100)

    社内キッチンで、スタッフが協力しながら、美味しく、楽しくをモットーに作っています。

  • お仕事レポート(53)

    Flavorでの仕事の様子をレポートしていきます。

  • お店だより(97)

    リセノのリアルショップ(東京/京都)での日常や、お知らせを綴っていきます。

  • お知らせ(35)

    リセノからのお知らせです。