【お知らせ】 ゴールデンウィークの営業と配送について



Web Magazine

手づくり北欧料理で、クリスマスパーティー!

今日は、クリスマスイヴ。
みなさま、いかがお過ごしですか??

僕は、大好きな会社で、夜まで働く予定です(笑)

なので、先日、リセノスタッフと共に
一足お先にクリスマスパーティーを楽しみました!

料理からテーブルコーディネートまで、
「自分たちでやってみる!」をコンセプトにした
手づくり社内クリスマスパーティーです。

今回は、その様子をレポートします!

20141223125542.jpg

ことみママのスウェーデン料理

ランチ部でもおなじみの社内キッチンで、今回の
クリスマスパーティーで料理を担当して
くれたのが
スタッフの「ことみママ」。

20141223130301.jpg

ことみママは、社内パーティーが開催される度、
北欧料理を振る舞ってくれる、お料理上手。

今回は、クリスマスに合うスウェーデン料理を
作ってくれました。

フィンランドで手に入れた自前のエプロンを纏い、
気合は十分。

『愛情いっぱい込めて作るよ!』

20141224004415.jpg

クリスマスと言えば、チキンですよね。

今回のメインディッシュは、
スウェーデンの家庭料理で、クリスマス感もある
「鶏肉のスウェーデン煮込み」です。

作り方は、至ってシンプル。

バターとにんにくで、みじん切りにした
たまねぎを炒めます。

たまねぎが黄色く色づいてきたら、
あらかじめ、塩・コショウ・ディルで下味を
つけた鶏肉を、玉ねぎの上に投入。

お鍋に蓋をして、鶏肉に十分火が通るまで、
15分程、弱火で蒸煮します。

20141223171839.jpg

火が通ったら、鍋から鶏肉を取り出し、
今度はソース作り。

炒めた玉ねぎに「ワインビネガー(酢)」と
砂糖、生クリームを入れて、火にかけます。

20141224011109.jpg

最後に、鍋に鶏肉を戻し、その上から
さっき作ったソースをかけて、火で温め直します。

お好みで、ローズマリーなどハーブを
入れれば、完成です!

20141224011619.jpg

ポイントは「ワインビネガー(酢)」を入れる事。

ことみママ曰く、スウェーデン料理の特徴を
一言で表すなら「保存に適した料理」だそうです。

スウェーデンの長くて厳しい冬を、限られた食材
で過ごすためには、食材を長持ちさせる必要が
ありました。

そのため、食材が腐らないよう酢漬け、燻製などの
調理方法が多く、「ワインビネガー」が
昔から料理によく使われていました。

なので、このスウェーデン煮込みにも、
「ワインビネガー」をたっぷり使用しています。

どんな味に仕上がっているのか??
楽しみです^^

クリスマスを演出する、テーブルコーディネート

今回のパーティー、料理はことみママでしたが、
テーブルコーディネートは私、エンドウが
担当しました。

今回のパーティーのコンセプトは、
「北欧のクリスマス」。

20141223143808.jpg

自宅にある「北欧アイテム」をかき集めて、
テーブルコーディネートに挑みました。

こだわりのポイントは、北欧らしく
キャンドルを使ってクリスマスを演出する事。

キャンドルの消費量世界一のフィンランドでは、
こういったパーティーの際、みんなが集まる
テーブルをたくさんのキャンドルで照らします。

それに習って、僕も部屋の照明は極力落として、
キャンドルの明かりで、空間演出してみました。

20141223143837.jpg

通常のティーキャンドルだけだと暗いので、
高さのあるキャンドルを合わせて使うと、
少ないキャンドルで、明るくパーティー感のある
テーブルを演出できます。

あと、キャンドルだけだとクリスマス感が
弱かったので、ブーケを一つだけプラスしました。

20141223143741.jpg

普段、お花を買うなんて照れくさいのですが、
こういったイベント事には、いつもと違う雰囲気を
出してくれるので、改めて良いなーと感じました。

このキャンドルとブーケの合わせ技は、
クリスマス気分をかなり高めてくれました。

思った以上の相乗効果があったので、
ぜひ、みなさまもお試しください^^

いよいよ、パーティースタート!

20141223135629.jpg

今夜のメニューは、

  • アンチョビソースの田舎風サラダ
  • とうもろこしのすり流しスープ
  • サーモンマリネのマスタードソースがけ
  • 鶏肉のスウェーデン煮込み
  • 干しぶどうとベリーのカンパーニュ

メインディッシュの他にも、ことみママが気合いを
入れて、全てスウェーデン料理で揃えてくれました。

20141223141430.jpg

20141223141317.jpg

20141224012747.jpg

スタッフ:セキ『マジ、美味しいっすね!』
スタッフ:スズキ『さっぱりなのにジューシー!
と、スウェーデン料理にテンションMAX!

僕も実際に食べてみると、本当に美味しい!

特にメインディッシュの、「鶏肉のスウェーデン
煮込み」は、ワインビネガーが効いていて、
さっぱりした味付けで、一気に食べちゃいました♪

あ~おいしかった、満腹、満腹。

まとめ

実は、今回のクリスマスパーティーを企画したのが
開催前日でした。

師走と言うだけあって、この時期忙しいですよね。

ついつい忙しくて、毎年クリスマスの準備を
怠ってしまってましたが、結局特別な事が
できませんでしたが、今年はギリギリ
間に合いました^^

忙しいながらも知恵を出し合ってやってみると、
やっぱり楽しかったです。
クリスマス気分も堪能できて、大満足。

今回ご紹介した、メインディッシュの
「鶏肉のスウェーデン煮込み」と、キャンドルを
使ったテーブルコーディネート、
どちらも簡単なので、ぜひお試しください。

今日これからクリスマスパーティーを
予定されている方も、きっと間に合いますよ!

鶏肉のスウェーデン煮込み レシピ

材料] 4人前

  • 鶏もも肉 500g
  • 塩、こしょう
  • たまねぎ 2個
  • にんにく 小1片
  • バター 150g
  • ローズマリー 少々
  • 酢 50ml
  • 砂糖 大さじ2杯
  • 生クリーム 150ml

調理手順

  1. 4等分に切った鶏肉に塩、こしょうをまぶす。
  2. 1cm角に切ったたまねぎを、バター、にんにくと一緒に火にかける。
  3. バターが溶け始めたら、その上に鶏肉をのせる。
  4. 鍋に蓋をして、弱火で15分蒸煮する。
  5. 鶏肉に火が通ったら、一度鍋から取り出す。
  6. 別の鍋に酢を入れ、砂糖を溶かし、生クリームを入れ混ぜる。
  7. 最後に、鶏肉と作ったソースを同じ鍋に戻す。
  8. お好みで、ローズマリー、ディルを加え温め直せば、出来上がり。


愛用品特集

雑貨・食器特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「日々のできごと」の最新記事 4件

2022年10月26日(水)
日々のできごと

「コーヒーがお好きな方」へのギフトに。おすすめのコーヒーグッズをご紹介します。

「コーヒーがお好きな方」へ贈るストーリーのあるギフトをリセノで選んでみませんか。

福岡店 濱田 28
2023年3月15日(水)
日々のできごと

お引越し祝いをお探しの方へ。新生活を始めるご家族・ご友人へ贈りたいギフトをご紹介します。

お引越しのシーズン。大切な方へのお引越し祝いをリセノで見つけてみませんか。

福岡店 濱田 8
2023年7月04日(火)
日々のできごと

ガラス花瓶で夏を彩ろう。おすすめの花瓶4選をご紹介いたします。

夏の暮らしを楽しむためのアイテム、ガラス花瓶。おすすめの花瓶と、取り入れて分かった暮らしの変化をお伝えします。

福岡店 濱田 7
2024年3月15日(金)
日々のできごと

新生活に喜ばれる贈り物おすすめ9選をご紹介します。

新生活を応援する思いを、ギフトと一緒に贈りましょう。

京都店 宮崎 1

「日々のできごと」の人気記事 4件

2017年6月30日(金)
インテリアを学ぶ

捨てるのちょっと待った!挽いたコーヒー豆のエコな有効活用法をご紹介します。

使い終わったコーヒー粉の、エコな再利用方法をご紹介します。

商品部 関 476
2020年3月13日(金)
インテリアを学ぶ

インテリアには欠かせない。クッションの使い方をサイズ別で紹介します。

快適なクッションの使い方を、サイズ別でご紹介します。

元京都店 舌 147
2015年6月12日(金)
日々のできごと

撮る楽しさを教えてくれるカメラ<Mamiya RB67>

上から覗くユニークなファインダーや、ポラロイドでの撮影など、一枚一枚撮る楽しさを感じるカメラのご紹介。

デザイナー 岡本 104
2017年2月07日(火)
日々のできごと

京都のおしゃれ賃貸が見つかる!おすすめ不動産サイトを3つご紹介します。

京都のリノベ・デザイナーズ・京町家の物件をお探しなら、この3サイトをチェックしよう!

品質管理 遠藤 41

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』