Web Magazine

冷却効果はグラス以上!
銅製カップで、夏のドリンクがさらにおいしさアップ!

20180724094942.jpg

こんにちは、よねもとです。

7月も下旬に入り、暑さはどんどん
厳しさを増すばかり。

リセノ本社がある京都では、連日
35℃を超える猛暑続き。

そこで今回は、暑い夏に楽しむドリンクを
グラスで飲むよりもさらにキリッとした
冷たさで楽しめる「銅製カップ」を
使ったドリンクをご紹介します。

暑い夏を楽しく乗り切るために、
ぜひ参考にしてみてください。

銅製だと何が違うの?

20180724095017.jpg

まずは簡単に銅のお話から。

一番身近にある銅製のものと言えば、
10円玉。

あと以外にもNYにある「自由の女神」も
銅でできていたんです。

気になる方は、こちらから。
自由の女神 銅

そんな身近にあって、知っているようで
知らない素材の銅。

一般的に認識されているその特徴は、
「熱伝導率の高さ」と「抗菌性」。

例えば、フライパンでは他の金属製のものよりも
熱伝導率が高いことでプロの料理人からも
高く評価され、また抗菌作用があることで
下水道の配管にも使われているようです。

実はこの他にも、あまり知られていない
銅ならではの特徴が隠されていました。

それは、高い冷却効果があること。

お酒を嗜む方は、居酒屋さんでハイボールを
注文したときに銅製のカップで出された
経験ありませんか。

まさにこれが銅がもつ冷却効果を利用した、
ドリンクをおいしく嗜むための演出です。

銅製カップに氷を入れることで冷感の
持続性が長く続き、グラスを使うよりも
冷たくドリンクを楽しむことができます。

20180724112756.jpg

暑い夏にキリッと冷えたドリンクを長い時間
楽しめるのが、銅製カップの魅力です。

銅製カップと相性抜群!
おすすめドリンクをご紹介。

ここからは、ぼくが普段銅製カップを
使って楽しんでいる、夏におすすめの
ドリンクをご紹介していきます。

  • 47種類のボタニカル成分で、夏らしい爽快なフレーバーが楽しめる「ジントニック」
  • フルーツをふんだんに使った、女性に人気のフレーバーワイン「サングリア」

ぜひ試してみてください。

47種類のボタニカル成分で、夏らしい爽快な
フレーバーが楽しめる「ジントニック」

20180724112828.jpg

最近はまっている夏におすすめの
カクテル「ジントニック」。

ジントニックと言っても、使っている
ジンはクラフトジン。

造り手の「こだわり」や「個性」がこめられた
小規模生産者によるものです。

今回の銘柄は、「モンキー47」。

ドイツで作られています。

モンキー47の「47」という数字には、
アルコール度数47%と、47種類の
ボタニカルエッセンスが配合されて
いるところからつけられています。

ちなみにジンで有名なボンベイサファイアでも、
ボタニカル成分は10種類。

モンキー47はさらにそれを上回る成分配合なので、
造り手の味に対するこだわりを強く感じます。

そんなボタニカル成分たっぷりの夏らしい
フレーバーが楽しめるモンキー47で
作るジントニックは格別。

銅製カップの冷たさと相まって、
グラスで楽しむよりもきっと
おいしく感じるはず。

暑い夏にぜひ試していただきたい
おすすめカクテルです。

20180724113630.jpg

【 1杯分 】

  • ドライジン 45ml
  • トニックウォーター 適量 (45mlに対して120mlが目安)
  • ライム 1/8カット(くし切り)
  • ミント 1房
  • ロックアイス 適量

フルーツをふんだんに使った、女性に人気の
フレーバーワイン「サングリア」

20180724113005.jpg

続きまして、夏になると飲みたくなる
フレーバーワインとして女性に人気の
サングリアです。

サングリアは、ワインが苦手な方でも、
飲みやすいことで、定評があります。

赤ワインにさまざまなフルーツとシナモンなどの
スパイスを加えて作るスペイン生まれのお酒。

フルーツには、柑橘系や、キウイ、
桃やパイナップル、りんごが一般的。

作り方はとても簡単。

フルーツを一口大にカットして、デキャンタなどの
容器に入れスパイスのシナモンスティック
それに赤ワインを注いだら完成。

それを冷蔵庫で1~2時間ほど寝かせると、
フルーツフレーバーも強くなって、
さらにおいしく仕上がります。

サングリアは作り方もシンプルで彩りもあるので、
ホームパーティーなどで用意すると喜ばれます。

通常はワイングラスなどで飲むことが多いサングリア
ですが、そこを銅製のカップにすると、テーブル
コーディネートとしても映えて、さらに長い時間
冷たく楽しめるので、ぜひ試してみてください。

20180724113036.jpg

【 1杯分 】

  • 赤ワイン 350ml
  • オレンジ 1/2個
  • リンゴ 1/2個
  • レモン 1個
  • キウイ 1個
  • はちみつ 20g
  • シナモンスティック 1本

夏はぜひ、銅製カップで
涼やかなドリンクタイムを!

20180724113110.jpg

いかがでしたか?銅製カップだからこそ
楽しみたい、キリッと冷えた夏らしい
ドリンクレシピ。

  • 47種類のボタニカル成分で、夏らしい爽快なフレーバーが楽しめる「ジントニック」
  • フルーツをふんだんに使った、女性に人気のフレーバーワイン「サングリア」

銅製カップは、冷却効果がグラスよりも
高いので、暑い夏にはぜひおすすめ。

これからまだまだ暑い夏が続きそうです。

「冷えたドリンク飲みたいなぁ~」なんて時には、
ぜひ銅製カップを使ってキリッと冷えた
ドリンクを体感してみてください。

それでは、熱中症にはお気をつけて
この暑い夏を乗り切ってください。

よねもとでした。

みんなの保存数:5

暮らしにあったダイニングの選び方

雑貨・食器特集

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「リセノ ランチ部」の最新記事 4件

2022年12月27日(火)
リセノ ランチ部

【KINTOの土鍋でつくる、簡単レシピ】vol.2キツネ色の出汁が美味しい。関西風「おでん鍋」

薄口しょうゆで透き通るおでんつゆ。スタッフを自宅に招いて、お鍋を囲みました。

制作部 清水 11
2022年12月21日(水)
リセノ ランチ部

【KINTOの土鍋でつくる、簡単レシピ】vol.1芯からあったまる。北海道名物の「石狩鍋」

切って、煮込むだけ!ご当地の鍋レシピをご紹介します。

編集部 江上 11
2022年9月20日(火)
リセノ ランチ部

【はれきちレシピ】白玉で簡単アレンジ! 「抹茶のミニパフェ」の作り方

vlog動画で作った「抹茶のミニパフェ」。白玉はそのままに、アレンジレシピ「お月見パフェ」もご紹介します。

カメラマン 岡 9
2023年7月20日(木)
リセノ ランチ部

はちみつレモンジャムを使った簡単アレンジレシピをご紹介します。

すぐに真似できるレモンジャムのアレンジレシピをご紹介します。

福岡店 立脇 7

「リセノ ランチ部」の人気記事 4件

2014年12月11日(木)
リセノ ランチ部

とろろと豚バラの暖かそうめん

今日のRe:CENOランチは、とろろと豚バラの暖かそうめんです。

リセノランチ部 199
2021年9月15日(水)
リセノ ランチ部

コーヒーマイスターがおいしいコーヒーの淹れ方をご紹介します。

外出ができないこんな時だからこそ、ご自宅でおいしいコーヒーを淹れてみませんか?

元カメラマン 濱田 60
2022年1月11日(火)
リセノ ランチ部

コーヒーマイスターが正しいコーヒーの保存方法をご紹介します。

美味しいコーヒーは鮮度がとても重要。正しい保存方法をご紹介します。

元カメラマン 濱田 53
2021年8月17日(火)
リセノ ランチ部

手軽な材料で10分で完成!「簡単レモンスカッシュ」のレシピをご紹介します。

暑い夏を吹き飛ばそう!ゴクゴク飲めるレモンスカッシュの作り方をご紹介。

元京都店 羽織 32

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』