【お知らせ】 ゴールデンウィークの営業と配送について



Web Magazine

蟹と銀杏の中華風あんかけ炊き込みご飯

20151112060858.png

木曜日のランチ部、今日のメニューは、
蟹と銀杏の中華風あんかけ炊き込みご飯です。

中華スープの素と、
卵の白身を使ったフワフワの
あんかけで作る熱々の
炊き込みご飯を頂きましたー!

20151112060957.png

秋も深まり、お店にも
手頃な価格で並び始めた銀杏。
まとめて沢山買えば、よりお得な旬の味覚です。

20151112061051.png

まずは、硬い殻を向くために、
茶封筒に銀杏を入れて、1分半から2分程度
電子レンジで加熱します。
これだけで、簡単に銀杏に火が通り、
殻がむきやすく。

途中で、ポンポンと大きな音が
鳴るので驚かないでくださいね。

20151112061141.png

火が通った銀杏は、硬い殻を外したら
少量の熱湯の中に落として、
しばらくかき混ぜます。
こうすると、面倒な薄皮がだんだん外れてくれます。
9割方の薄皮は、これでOK。
残りの薄皮も、お湯から引きあげると
簡単に取れるようになっていますよ。

20151112061211.png

今日は、贅沢に蟹身をたっぷり使います。
むき身でなく、缶詰を使う場合は、
水分も炊き込む分量に加えるといいです。

20151112061241.png

中華風のアレンジするのが、本日のポイント。
しょうが、しいたけ薄切り、銀杏、蟹身を加えたら、
中華スープの素と薄口しょうゆ、
ごま油を数滴入れて炊きあげましょう。

20151112061304.png

12分弱火で炊いたら、
さらに10分蒸らして待ちます。
いつもながら、待ち遠しい時間。

20151112061336.png

蓋を開れば、蟹と生姜のいい匂いが、部屋に広がります。

20151112061409.png

20151112061431.png

もちろんこれだけで、おいしく食べれますが、
今日は、もう一手間。
卵白を加えたフワフワトロトロのあんかけを、
贅沢に炊き込みご飯にたっぷりかけます。

20151112061453.png

シャキシャキの青梗菜も、あんかけを作る際に、
中華スープで湯通ししておけば、
食感も奥行きが出てさらに楽しめます。

20151112061514.png

「中華料理屋さんみたい!中華スープで炊くなんて、もっとチープな味になるかと思ったら、上品な味ですね♪」

「銀杏って、炊き込みご飯に合うんですね!モチっとした歯ごたえも、ホクホクした感じも面白いねー」

20151112061544.png

木曜日のランチ部トクイの
炊き込みご飯の中でも、上位にランクインする出来上がり。
見た目の華やかさの割に、簡単に調理できるので
ぜひぜひ、お試しくださいね。

20151112061608.png

材料(4人前)

  • 蟹身 150g
  • 銀杏 250g
  • 生姜 1/4片
  • 米 2カップ
  • 水 1と1/2カップ
  • しいたけ 3つ
  • 青梗菜 1束
  • 卵白 1個分 
  • 薄口しょうゆ 大さじ1
  • 中華スープの素(炊き込分) 大さじ1
  • 中華スープの素(あんかけ分) 大さじ1
  • ごま油 数滴
  • 酒 大さじ1
  • 塩 少量
  • 鷹の爪 少量

  1. 銀杏の下ごしらえをする。茶封筒に入れて電子レンジで2分程度加熱して、殻を割り、少量の熱湯にいれて掻き混ぜる。
    だんだん、勝手にほとんどの銀杏の薄皮が剥けてくるので、ざるに引き上げて残りの薄皮が付いているもの薄皮を外す。
  2. 洗米して、米の2/3の量の水と、鷹の爪、酒、薄口しょうゆ、中華スープの素、ごま油を鍋に入れる。
    千切りにした生姜、しいたけ、銀杏、ほぐした蟹のむき身を載せたら、沸騰するまで強火で温めて、蓋をしたら弱火で12分炊き込む。
  3. 火を止めて、さらに12分蒸らしたら、中身をかき混ぜておく。100ml程度の水を、温めて中華スープの素、胡椒、塩、薄口しょうゆで中華スープを作る。
    青梗菜をそのままスープで1分程度似たら、青梗菜は取り出して、水溶き片栗粉で、とろみをつける。最後に、かき混ぜながら、卵白を加える。
  4. 炊き込みご飯に、青梗菜を輪になるように盛り付けたら、熱々の餡かけをたっぷりかければできあがり。





暮らしにあったダイニングの選び方

雑貨・食器特集

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「リセノ ランチ部」の最新記事 4件

2022年12月27日(火)
リセノ ランチ部

【KINTOの土鍋でつくる、簡単レシピ】vol.2キツネ色の出汁が美味しい。関西風「おでん鍋」

薄口しょうゆで透き通るおでんつゆ。スタッフを自宅に招いて、お鍋を囲みました。

制作部 清水 11
2022年12月21日(水)
リセノ ランチ部

【KINTOの土鍋でつくる、簡単レシピ】vol.1芯からあったまる。北海道名物の「石狩鍋」

切って、煮込むだけ!ご当地の鍋レシピをご紹介します。

編集部 江上 11
2022年9月20日(火)
リセノ ランチ部

【はれきちレシピ】白玉で簡単アレンジ! 「抹茶のミニパフェ」の作り方

vlog動画で作った「抹茶のミニパフェ」。白玉はそのままに、アレンジレシピ「お月見パフェ」もご紹介します。

カメラマン 岡 9
2023年7月20日(木)
リセノ ランチ部

はちみつレモンジャムを使った簡単アレンジレシピをご紹介します。

すぐに真似できるレモンジャムのアレンジレシピをご紹介します。

福岡店 立脇 7

「リセノ ランチ部」の人気記事 4件

2014年12月11日(木)
リセノ ランチ部

とろろと豚バラの暖かそうめん

今日のRe:CENOランチは、とろろと豚バラの暖かそうめんです。

リセノランチ部 199
2021年9月15日(水)
リセノ ランチ部

コーヒーマイスターがおいしいコーヒーの淹れ方をご紹介します。

外出ができないこんな時だからこそ、ご自宅でおいしいコーヒーを淹れてみませんか?

元カメラマン 濱田 60
2022年1月11日(火)
リセノ ランチ部

コーヒーマイスターが正しいコーヒーの保存方法をご紹介します。

美味しいコーヒーは鮮度がとても重要。正しい保存方法をご紹介します。

元カメラマン 濱田 53
2021年8月17日(火)
リセノ ランチ部

手軽な材料で10分で完成!「簡単レモンスカッシュ」のレシピをご紹介します。

暑い夏を吹き飛ばそう!ゴクゴク飲めるレモンスカッシュの作り方をご紹介。

元京都店 羽織 32

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』