Web Magazine

後悔しない家具の買い方は?
迷ったとき、予算をかけたいアイテムをご紹介します。

こんにちは、やまさきです。

今回は、インテリアの
予算配分に関するお話です。

新生活をスタートするとき
上限なくお金を使えたら、素敵な家具を
一気に揃えることができますよね。

20220325141516.jpgSTYLING BOOK No.115-02

ですが、転居には何かとお金がかかり
欲しい家具を一気に揃えるのは、
難しいこともあります...!

今回は、私が何度か
新生活を経験した中で、
「予算をかけてもOK」と思えたアイテムを
2つご紹介いたします。

はじめての1人暮らしや、
2人暮らしをスタートされる方。

憧れの家具が沢山あるけど、
何から買おうかな?とお悩みの方に
ご参考いただけると嬉しいです。

さっそく見ていきましょう!

思い切って予算をかけても、後悔のないアイテムは?

20220325141846.jpgSTYLING BOOK No.114-02

私が思う「予算をかけてもOK」なアイテムは
ご家族が増えたり、お部屋の間取りが広くなっても
使い続けられる家具です。

そのためのポイントが、2つあります。

  • 数が増えても良いもの
  • サイズが関係しにくいもの

数が増えても良い家具は
人数や間取りが変わっても、
不要にならず、ずっと使い続けることができます。

某芸人さんのお言葉を借りると、
「なんぼあってもいいですからね~」
という感じの家具...です!^^

もう1つの、サイズが関わらない家具は
買い替える機会が少なく、1度手に入れると
長いお付き合いが始まります。

特にチェアー照明
2つのポイントに当てはまり、
長く愛用できるアイテムだと思います。

以下より、詳しく解説します。

予算をかけてもOKなアイテム ① :「チェアー」

20220325142133.jpgダイニングチェアー PP68

私の中で、数が増えてもOKな家具として
1番に思い浮かぶのが、「チェアー」です。

1人暮らしを始めるときは
1脚で事足りるチェアーですが、

広いお部屋に引っ越したり、
2人暮らし・ご家族暮らしなど
お住まいの人数が変わると、
2脚・3脚・4脚...と必要な数が増えていきます。

20220325142018.jpgダイニングチェアー PP68

ダイニング以外でも、書斎やドレッサーなど
チェアーが活躍する場所は多くあるため、
数が増えても安心です。

また、サイズの影響も
少ない家具だと思います。

例えば、ソファーやベッドは
お住まいの人数や間取りによって、
サイズアウトする可能性がありますよね。

チェアーには、その心配がありません。

20220325152309.jpgPAPERCORD/BR Round arm

ライフスタイルが変化しても
買い替えに迫られない分、思い切って
予算をかけても、損のないアイテムだと思います。

余談ですが、我が家でも
チェアー好きの旦那さんが
1人暮らし時代に集めた数脚が活躍しており、
その恩恵を受けています...!

私も、一緒に歳を重ねられる1脚を
いつか迎えるぞ~と、心に決めています^^

ダイニングチェアー 一覧

予算をかけてもOKなアイテム ② :「照明」

20220325153740.jpgBRASS FLOOR LIGHT

フロアライト・テーブルライト
ペンダントライトなどの「照明」も
数が増えてもOKなアイテムです。

理由として、心地よい空間の条件に挙げられる
多灯照明があります。

1つの空間に、2つ以上の照明を取り入れ
重層的に光を重ねることで、
豊かな印象に仕上げるテクニックです。

詳細は、以下のマガジンにて
照明の歴史とともに、ご紹介しています。

「BRASS FLOOR LIGHT」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

多灯照明にしよう!と思うと
照明の数が、多く必要なことに気付きます。

例えば「1LDK」では
リビング・ダイニングと寝室、
それぞれに2~3灯、照明が欲しくなります。

もし、一軒家に住むことになれば
もっと多い数、照明が必要です。

20220325154714.jpg

私も直近で、一軒家に引っ越しましたが
LDKを多灯にすると、
玄関・階段・書斎などの照明が
全然足りませんでした。。

やむおえず、学生時代に
とりあえず買った照明まで出してきて
そちらを今も、フル稼働させています。
(早く買い替えたいです...!)

こうして数が必要になるなら
1人暮らしの頃から、照明にお金をかけて
豊かな空間で過ごせたら良かった~と
身を持って、学んだ出来事でした。

20220325155535.jpgBRASS FLOOR LIGHT

シェードが超特大、など
特殊なデザインでなければ
サイズもそれほど関係しないのが、
照明の良いところです。

人数や間取りに関係なく、
活躍する場があり、一度購入すると
長く付き合うことになると思います。

20220325160034.jpg

照明 一覧

その他の家具は?

ちなみに、チェアーと照明以外だど
「可変性」がある家具も、ライフスタイルの変化に
柔軟に対応できます。

Re:CENO のオリジナルプロダクトでは
ユニットシェルフR.U.Sや、
伸長式ダイニングテーブル folkが該当します。

20220325160617.jpg
R.U.S おすすめセット #50

20220325160919.jpg
伸長式ダイニングテーブル folk

パーツを組み替えることで、
用途やサイズを変えられるため
人数・間取りの変化に強いアイテムです。

不要な買い替え無く、長く愛用できるので
迷ったときは、可変性のある家具に
予算を割くのも1つです◎

予算をかけるアイテムを吟味して、後悔のない家具選びを。

20220322170917.jpgSTYLING BOOK No.106-02

いかがでしたか?

最後に、今回の内容をおさらいです。

私が思う、予算をかけてもOKな家具
(= 変化に強く、長く使える家具)は、

  • 数が増えても良いもの
  • サイズが関係しにくいもの

具体的なお勧めは、

  1. チェアー
  2. 照明
  3. 可変性のある家具

でした。

ご新築など、長く暮らすお家では
インテリアの主役になる
ソファーやベッドなど、
大物にこだわっていただくのも賛成です。

暮らしが変化するかな...?という方は
上の3点に着目いただくと
長く愛用できる、もしかしたら一生モノの
相棒が見つかるかもしれません。

予算配分の、いち意見として
ご参考になりましたら幸いです。

Styling Furniture

ダイニングチェアー PP68

¥ 246,400 ~


ダイニングチェアー J39

¥ 161,700


フロアライト Brass&Layered

¥ 109,800 ~


ペンダントライト Oilparch

¥ 37,800 ~


テーブルライト SIENI

¥ 28,800


R.U.S おすすめセット #50【通常】

¥ 24,800


伸長式ダイニングテーブル folk/BR

¥ 128,000 ~




View More
みんなの保存数:27

ギフト特集

ベッド・寝具特集

お部屋の衣替え

サマーセール
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「リビングの基本」の最新記事 4件

2024年6月28日(金)
リビングの基本

【お部屋作りのアイデア帖】1K8畳のコンパクトなお部屋で、心地よく過ごすための3つの工夫

狭いお部屋でも心地よく。我が家で実践しているインテリアの工夫をご紹介します。

福岡店 立脇 11
2024年6月04日(火)
リビングの基本

リネン生地とは?  特徴とお手入れ方法をご紹介します。

じめっとした季節にも。リネン生地を清潔に保つヒントをご紹介します。

商品部 大原 4
2024年5月01日(水)
リビングの基本

使い込むほど柔らかい。通年使えるコットンブランケットの魅力とは?

なにかと頼れる万能アイテム。機能性の高さとおすすめの商品をご紹介します。

商品部 大原 2
2024年6月21日(金)
リビングの基本

夏の暑さ対策に。「リネンブランケット」の魅力とおすすめ5選

「一度使うと手放せない」そんなリネンブランケットの魅力を、詳しく解説します。

動画クリエイター 樋口

「リビングの基本」の人気記事 4件

2018年1月09日(火)
リビングの基本

家具の配置で、居心地の良さが変わる!リビング・ダイニングのレイアウトの基本をご紹介します。

リビング・ダイニングの配置の基本を知って、家族みんなが暮らしやすい空間を作りましょう!

お客様係 山崎 889
2019年12月17日(火)
リビングの基本

テーブルのないリビングのメリットと、快適に過ごすためのコツを知ろう!

何となく置いてしまうことの多い、リビングテーブル。無くした場合のメリットや、快適に過ごすコツをご紹介します。

お客様係 山崎 519
2020年7月17日(金)
インテリアを学ぶ

知っておきたい「リビングテーブル」の選び方~サイドテーブル編~

テーブル選びで、サイズ感の次に大事なポイントは?

編集部 江上 84
2021年7月09日(金)
コーディネートの基本

「住み心地のいいお家」の特徴って?おうち時間を好きになる6つのアイデア

「外」と「お家」に繋がりを作って、開放感のあるインテリアを実現しよう。

編集部 江上 67

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』