Web Magazine

収納棚はオープンタイプが使いやすい?
メリットと購入前に知っておきたいことを紹介します。

20190107203007.jpg
Re:CENO product|R.U.S リビング収納 Fタイプ(幅92cm×高さ91cm)

こんにちは。
Re:CENO KYOTO ゼツです。

クローゼットなど、お部屋の収納スペースが少なかったり、
収納スペースよりも、持っているモノが増えた時などに
購入を検討されるであろう収納家具。

そんな時、選択肢のひとつに、
扉や引出しのない《 オープンシェルフ 》が
あがってくることはないでしょうか?

今回のマガジンでは、
そんな《 オープンシェルフ 》のメリットと
購入前に知っておきたいことをご紹介します。

取り出しやすく しまいやすい!

20190107213241.jpg

オープンシェルフは、扉の開閉動作が不要なので、
取りだしやすく片付けやすいが特徴の収納家具です。

その為、使用頻度の高いモノを
しまっておくのに適しています。

例えば、キッチンでの使用を想定されている場合だと
毎日使用するお気に入りのマグカップやコーヒーグッズ。

20190107203731.jpg
Re:CENO product|R.U.S キッチン収納 Aタイプ (幅140cm×高さ165cm)

リビングスペースだと、お子様の遊び道具や、
良く読む雑誌などを収納してはいかがでしょうか?

毎日使うものだから、
「すぐに取り出せるようにしたい!」
「扉の開閉の手数を減らしたい!」といった
ことならオープンシェルフがおすすめです。

20190107213344.jpg

○知っておきたいこと
扉や引き出しがないので、ホコリが溜まりやすい。
扉付きに比べて、掃除の頻度は高くなりそうです。
こまめにチェックし、キレイな状態を保ちましょう。

「飾る」を楽しめる♪

20190107203926.jpg
オープンラック RESPIRAR120

オープンシェルフは単なる「収納棚」というよりも
「飾り棚」としての要素も強く持ち合わせています。

お気に入りの雑貨や、植物を飾ったり、
ディスプレイスペースとして有効活用ができるので
季節の変化に合わせて置くものを変えるなど、
飾るを楽しめるところが嬉しいポイントです。

20190107204104.jpg

例えば、玄関やリビングなど、
来客された方の目に付く場所に、
素敵に飾られたオープンシェルフがあると、
きっと、そこから会話が生まれ、話も盛り上がるでしょう。

また、自分の好きなモノが目に見える場所にあるのって
なんだか豊かな気持ちになりませんか?

心地の良い空間づくりにも
オープンシェルフは役に立ちます。

20190107204357.jpg

○知っておきたいこと
良くも悪くも、置いたものが全て目に入ります。
乱雑に置いてしまうと、散らかって見えてしまいます。
整理整頓、キレイに並べる心がけが大切です。

どこでも使えるオールラウンダー

20190107210025.jpg
R.U.S ベッドサイド収納 Aタイプ(幅185cm×高さ91cm)

幅・奥行き・高さといったシェルフ自体のサイズで、
「置ける・置けない」があることは前提ですが、

リビング、ダイニング、寝室、玄関、書斎など
収納家具が必要な場所であれば、どの空間でも
使用できる便利さを、持ち合わせた収納家具です。

例えば、転勤等でお引越しの頻度が高い方なら、
一つあれば次の住まいのどこかのお部屋で
活躍してくれるでしょう。

20190107210458.jpg
Re:CENO product|R.U.S リビング収納 Cタイプ(幅185cm×高さ91cm)

さらに、お部屋の間仕切りとしても使用できるので
お部屋の模様替えがお好きな方なら、
レイアウトの幅を広げるアイテムにもなりますよ。

20190107213445.jpg

○知っておきたいこと
棚の高さが変えられる!など、可変性が無いと、
収納できるモノのサイズが限定されてしまいます。
[組み合わせ自由自在のユニットシェルフ]なら、
そんな問題も解決してくれます。

特徴を知って上手に取り入れよう

20190107205158.jpg

オープンシェルフのメリットと
購入前に知っておきたい事。
いかがでしたでしょうか?

最後にメリットと注意点のおさらいです。

  • 取り出しやすくしまいやすい:掃除の頻度は高くなります。
  • 「飾る」を楽しめる!:整理整頓を心がけないと、散らかって見えます。
  • オールラウンダー:可変性が無いと、収納できるモノのサイズが限定されます。

収納家具にオープンシェルフをご検討の際は、
以上のようなメリットに加えて、
気をつけたいことを理解し、
上手に取り入れてくださいね。

リセノでも、オープンシェルフを
多数取り扱っておりますが、
実店舗では、Re:CENOプロダクト
ユニットシェルフ R.U.Sをご覧いただけます。

どんなデザインにしようかお迷いの方など、
ぜひ店頭にてご相談くださいね。

それではまた次回。
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

みんなの保存数:36

お部屋の衣替え

サマーセール
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「インテリアを学ぶ」の最新記事 4件

2023年1月10日(火)
インテリアを学ぶ

AGRAソファーを2階リビングへ。階段を通らない場合の搬入方法をご紹介します。

大型家具を階段搬入する際のチェックポイントをまとめてみました。

二子玉川店 店長 大森 26
2021年6月01日(火)
インテリアを学ぶ

ダイニングチェアーの買い替え・買い足し、どう選ぶ? 失敗しない2つのポイントをご紹介

意外と見落としがちなポイントをお伝えします。チェアーの買い替え・買い足しをご検討の方は、ぜひご一読ください!

プロサポート 笠嶋 25
2023年10月27日(金)
インテリアを学ぶ

伸長式ダイニングテーブルの失敗しない選び方をご紹介します。

伸長方法の違いや設置に必要なサイズ感を知って、伸長式ダイニングテーブルを選びましょう。

編集部 江本 8

「インテリアを学ぶ」の人気記事 4件

2014年11月14日(金)
インテリアを学ぶ

「無垢材家具」と「突板家具」の違いを学ぼう。

そもそも無垢材はなんとなく知ってるけど、突板って何?という方が多いと思います。

BM 山本 944
2015年8月05日(水)
インテリアを学ぶ

白熱球・蛍光球・LEDの違いを比較! 上手に使い分ける方法とは?

今回のマガジンは「自分の部屋にあった電球は?」の疑問にお答えします!

品質管理 遠藤 914
2015年7月01日(水)
インテリアを学ぶ

もう失敗しない!ダイニングテーブルの正しい選び方

今回のマガジンは、ダイニングテーブルのサイズ選びについて。「どのサイズを買ったらいいの?」の疑問にお答えします!

品質管理 遠藤 803
2015年12月08日(火)
インテリアを学ぶ

多灯照明を楽しもう。取り付け簡単なダクトレールの設置方法をご紹介します。

照明の幅がグッと広がる、簡易ダクトレールをご紹介。

商品部 関 626

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』