Web Magazine

木製家具にカビが発生! 
防止策と掃除方法をご紹介します。

今回のマガジンのテーマは、「カビ発生の対策」です。

木製家具は、木が呼吸する特性から
木部に湿気が溜まりやすく、カビが発生してしまうことがあります。

特に気温・湿度が高くなる6~9月は、
カビが発生しやすい時期で、注意が必要です。

家具にカビが発生してしまうと、健康に害がでたり掃除も大変...

何よりお気に入りの家具にカビが発生したら、ショックですよね...?

そこで今回は、カビ発生を防止する方法や
もしカビが発生したときの、正しい掃除方法をご紹介します。

木製家具にカビが発生しやすい原因は?

20220713161709.jpg

お部屋の中でカビが発生しやすいポイントのひとつが、
実は木製家具であることを、ご存知でしょうか?

木製家具にカビが発生しやすい原因は、
木材が呼吸することに関係があり、
湿度が高い環境では、木材は湿気を吸い込む特性があります。

カビは湿度が高い環境で発生しやすいため、
湿気を多く含んだ木材から、カビが発生しやすくなります。

20220713161849.jpg
ヘッド付きフロアベッド PIATTO

特に空気が滞留しやすい環境に置く木製家具は、
カビ対策が必要なので、注意しましょう。

例えば、寝室だとベッド下は空気が滞留しやすく
すのこの裏側は、カビが発生しやすいポイント。

その他、壁に沿わして設置している収納家具は、
家具の背面にカビが発生することが、よくあります。

このように、「空気が滞留しやすい場所」に置く
木製家具は、カビが発生しやすいので、
次にご紹介する対策で、カビをしっかり防止しましょう。

木製家具のカビを防止する方法は?

20220713162129.jpg

カビを発生させないためには、とにかく湿気を溜めないことが大事です。

すぐに実践できる対策を3つご紹介するので、ぜひ試してみてください。

① お部屋を換気する。

20220713172456.jpg

カビ防止の対策1つ目は、まず換気をすることです。

1日に1度は、窓を開けてお部屋全体の空気を入れ替えましょう。

空気が滞留しやすい場所には、サーキュレーターで
風を当てて、湿気が溜まらないようすると効果的です。

20220715095840.jpg

また湿気が溜まりやすいお部屋の場合、
壁付けする家具は、壁と家具の間に3cm程度
隙間を空けることを、お勧めします。

壁と家具の間の空気滞留を防ぎ、カビ発生のリスクを軽減できます。

② お部屋を除湿する。

20220713163048.jpg

対策2つ目は、除湿をすること。

エアコンの除湿機能で、お部屋全体の湿度を
下げることが、カビ発生の防止になります。

20220715115233.jpg

収納の中など、エアコンの除湿機能では
湿気が取りにくい場所には、除湿剤を置くと効果的です。

お部屋全体はエアコンで除湿を、
密閉された空間には除湿剤で、ケアしましょう。

③ ファブリックは定期的に干す。

20220713163902.jpg

対策3つ目は、定期的に干すこと。

木製家具の他、ファブリックは水分を吸うため
カビが発生しやすく、家具の中ではマットレスやクッションは注意が必要です。

20220713163716.jpg

マットレスは定期的に、ベッド横に立てかけて
湿気を逃したり、クッションは風通しのよい場所で
日陰干ししましょう。

マットレス、ソファーのクッションを干すと、
ベッド下、ソファー下の湿気を逃すこともできるので、一石二鳥です。

それでも木製家具にカビが発生したときの対処方法は?

20220715095957.jpg

もしカビが発生したときの対処方法は、拭き取ることです。

まずは水で濡らし硬く絞った布で、カビを拭き取ります。

濡れた状態だと、またカビが発生しやすくなるので
拭き取った部分に扇風機、サーキュレーターを使って
拭いた部分を乾かしましょう。

20220715100025.jpg

またカビにはアルコール除菌が有効です。

カビをしっかり除去する場合は、
市販のアルコール除菌剤を、布に染み込ませて拭きましょう。

ただ、アルコール除菌は家具の塗膜を傷めるので、ご注意を。

アルコール除菌は、塗膜が厚いウレタン塗装か
そもそも塗装していない無塗装の家具には、使用OKです。

ラッカー塗装、オイル塗装の家具は、
塗膜が溶けてしまうので、アルコール除菌は控えましょう。

木製家具のカビ対策をしっかりして、快適に暮らそう。

20220713164310.jpg
Re:CENO product|木製ベッド folk/NA

それでは、木製家具のカビ対策を復習しましょう。

  • お部屋の換気をする。湿気が溜まる場所にはサーキュレーターを。
  • エアコンでお部屋全体を除湿する。密閉された場所には除湿剤を。
  • マットレス・クッションは定期的に干す。
  • もしカビが発生した場合は、布で拭き取る。アルコール除菌は塗装に注意を。

こちらを実践してもらえれば、カビ対策は十分かと思います。

お気に入りの家具や、くつろげる空間を守るために、
カビ対策をしっかり実施して、快適に暮らしましょう。

Styling Furniture

ヘッド付きフロアベッド PIATTO マットレスジャストセット

¥ 21,800 ~


【レース】リネンカーテン Utena

¥ 9,900 ~


ゴールドプレミアムポケットコイルマットレス

¥ 38,800 ~


木製ベッド folk/NA

¥ 79,800 ~




View More
みんなの保存数:27

暮らしにあったダイニングの選び方

雑貨・食器特集

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「お手入れの基本」の最新記事 4件

2023年12月13日(水)
お手入れの基本

木製家具の木目や節など個性の違いが出てくる理由を解説します。

木材の個性的な柄がなぜ出てくるのかを解説します。

リセノ品質管理部 7
2024年2月13日(火)
お手入れの基本

オイル塗装の家具のメンテナンス方法をご紹介します。

定期的にメンテナンスして、オイル塗装の家具をより味わい深いものに育てましょう。

リセノ品質管理部 3
2023年11月29日(水)
お手入れの基本

ブラインドの簡単お掃除術! 頻度別のお手入れ方法をご紹介します。

ブラインドは複雑な形状から、お掃除しづらいと思っていませんか?

リセノ品質管理部 3
2024年3月12日(火)
お手入れの基本

家具の地震対策に、転倒防止や設置の工夫をしましょう。

家具の一番の地震対策は固定すること。固定できない場合も、できる対策はあるので紹介していきます。

リセノ品質管理部 1

「お手入れの基本」の人気記事 4件

2014年11月14日(金)
インテリアを学ぶ

「無垢材家具」と「突板家具」の違いを学ぼう。

そもそも無垢材はなんとなく知ってるけど、突板って何?という方が多いと思います。

BM 山本 943
2015年4月20日(月)
お手入れの基本

とっても簡単♪蜜蝋ワックスで、オイルフィニッシュ家具をメンテナンスしよう。

オイルフィニッシュの無垢材家具にワックスを塗って、保湿をするメンテナンス手順をご紹介します。

BM 山本 710
2016年9月09日(金)
インテリアを学ぶ

お手入れ簡単な家具の仕上げ方法「ウレタン塗装」の特徴についてご紹介します。

家具の仕上げ方法で多い、ウレタン塗装の特徴についてご説明いたします。

商品部 関 424
2019年6月25日(火)
インテリアを学ぶ

ルンバブルな家具の特徴は? ルンバで掃除しやすい、家具の選び方をご紹介します!

ルンバが通れる高さや、段差を把握してルンバが使いやすいお部屋にしましょう!

品質管理 遠藤 206

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』