Web Magazine

自宅作業の効率化や生産性が上がる
デスクランプの取り入れ方をご紹介します。

京都店店長 関

こんにちは。
Re:CENO KYOTO セキです。

今回は、デスクランプについてのお話です。

このようなご時世ですので、
長らく自宅等でお仕事や作業をされている方も
多いのではないでしょうか。

「自宅作業にも、もう慣れた」という方も、
いらっしゃるかと思います。

そこでですが、みなさまはデスクに
照明を置いておられますでしょうか。

もし置かれていないという方は、
もしかすると、デスクランプを置く事で、
作業効率や生産性がアップするかもしれません。

今回は、デスクランプの取り入れ方について、
ご紹介して参ります。

20210915101605.jpg
テーブルライト COPYING

デスクランプを置くメリットとは?

さて、早速ですが、
デスクランプを取り入れようと思うタイミングとは、
みなさんどのような時でしょうか?

「天井照明だと少し見えにくいので、手元を明るくしたい」
「住環境の兼ね合いでデスクを使う時だけつけたい」
「デスク上にちょっとスペースがあるので置きたい」

など、お客様からお伺いする事があります。

そこで、デスクランプを取り入れる際のポイントは、
大きく分けて3つございます。

  • 実用性
  • 利便性
  • インテリア性

この3つのポイントを考慮し、
適した照明を取り入れる事で、
作業効率がグンと上がります。

それでは、3つのポイントを、
順を追って見ていきましょう。

デスク作業が捗る
「 実用性 」

それではまず、
実用性の部分から見ていきましょう。

デスクランプは、手元の明るさを十分にする。
というのが大きな役割です。

20210915105615.jpg
テーブルライト Birdy

ここが十分でなければ、
デスクランプの実用性としては乏しいのです。

まず、最初のポイントは、この明るさなのですが、
デスクライトの明るさは300ルクス以上が必要と
言われています。

ルクス?

あまり聞き馴染みの無い言葉が出てきますが、
ルクスとは、光に照らされた面の明るさを表す単位です。

しかし、一般的な照明器具では、
「ワット」や「ルーメン」などで表記される事が多く、
この単位はルクスに換算ができないので、
実際どれぐらいの明るさを選べば良いというのが難しいです。

300ルクスは、一般的には「 蛍光灯二本分 」と、
表される事が多いのですが、蛍光灯の種類にもよるので、
これも深堀していくと、かなり難しくなっていきます。

なので、少し大きく捉えると、
無理なく文字などがしっかり見えるぐらいの明るさ
を選ぶとよいでしょう。

リセノでは、1 15~20Wをお勧めしており、
本を読めるぐらいの明るさを確保でき、
目が疲れない上質な明るさを実現できます。
明るい方がお好みの方は1畳 30Wを目安にしましょう。

であれば、畳数に応じたワット数の天井照明が
点いていれば十分そうに思いますが、
お勧めは、天井照明もデスクランプも点けるです。

20210915102025.jpg
STYLING BOOK No.064-28

何故かと言いますと、レイアウトにもよりますが、
おおよそデスクの配置は壁向きに配置する事が多く、
天井照明が部屋の真ん中にある場合、
後ろ上側から光が当たり、自分の影などが入ってしまいます。

また、デスクの上を天井照明だけで照らすには、
天井からの距離など、照度自体が足りない場合があります。

照度
物体の表面を照らす光の明るさを表す物理量。
単位はルクス(記号: lx)や、ルーメン(記号: lm)が用いられます。

では、今度はデスクランプだけ点ければ?
と思われる方もいらっしゃるかと思います。

そこで、みなさまは、子供の頃に両親や先生などから、
「暗い所で読書やゲームをすると目が悪くなるよ!」と、
怒られた事はないでしょうか。

僕はたくさんあります笑

実は、ここにもポイントがあります。

デスクだけを照らしていると、その他の周りは暗いので、
他の場所に目をやった時に急に暗くなり、
また目を戻すと明るくなる。

これを繰り返すと、目の瞳孔(黒目)が大きくなったり
小さくなったり、簡単にまとめると目が疲れてしまいます。

また、その環境下でPCなどを使い、
長時間同じ体勢・同じ画面を見ていると、
眼精疲労や頭痛をさらに感じやすくなってしまいます。

なので、可能な限り、デスク以外の部分との
明るさが極端に変わらない方が、目には優しいのです。

加えて、定期的なストレッチなんかも取り入れて、
目や身体に負担をかけないようにしましょう。

作業シーンに合わせた
「 利便性 」

続いての項目は利便性です。
ここでのポイントは、明るさ調整
フォーカスを当てていきます。

実用性の部分でも触れましたが、
デスクを照らす際には、デスク以外の空間との
明るさに極端な差をつけないというのがポイントでした。

もともとリセノでは、一室多灯という、

お部屋の中で、必要な場所に必要な照明を
というのを推奨しております。

20210915104144.jpg

なので、天井照明はもちろん、
デスクランプやフロアランプなどを使い、
デスク周りにも光があるという事が望ましいです。

そこでお勧めなのは、LED調光・調色機能です。
どういった物なのかの詳細は、
下記の過去記事からご覧いただけます。

「Phillips hue」をセンス良く、インテリアに取り入れよう!

これは照明自体では無く、電球に調光機能がついており、
スマホなどで明るさや色味を変える事ができます。

個人的にも自宅で使っており、大変便利で、
使ったら最後、無いと生活が不便にしか感じません。

例えばこれを天井照明とデスクランプにつけ、
空間を一定の明るさに合わせたりする事もできます。

調色についても、照明の基本になりますが、

20210915125751.jpg
集中したい時には昼光色(青白い色)

20210915111848.jpg
リラックスしたい時には電球色(オレンジっぽい光)

と、状況に応じてサッと切り替える事ができます。

LED対応の照明器具には、
おおよそ取り付けることができますので、
こちらは、ぜひ取り入れて頂きたいポイントになります。

また、加えてシェードが可動できるものは、
さらに利便性を高めてくれます。

20210915113001.jpg

照明が直立状態の場合、手元がこれぐらいで、

20210915113144.jpg

少し画像では分かりにくいですが、
このように動かすだけで、手元がより明るくなります。

調光機能とシェードの可動を組み合わせることにより、
照らしたい所を的確に照らすことができ、
作業にも集中できることでしょう。

気分が上がる
「 インテリア性 」

最後の項目は、インテリア性です。

やっぱり機能面などがいくら良くても、
見た目が素敵で無ければ気分も上がりません。

ここは、デザインの好みにも左右される部分ではありますが、
ポイントはシェードの透過性と考えます。
20210915103716.jpg

シェード(笠部分)の素材や形状に応じて
透過性は変わります。

上記画像のように、シェードがガラスや布は透過性が高く、
アルミや琺瑯などは透過性がありません。

ほわっと、全体的に明るさを出すなら透過性を高め、
スポット的な照らし方をしたい場合は透過性が無い
シェードを選ぶとよいでしょう。

そして、最後に重要なポイントは、
デスクランプを配置する場所です。

デスク上をコーディネートする際に、照明を
座った時の自分の頭ぐらいの高さで、利き手と逆側に配置する
という事です。

例えば、右利きの場合で右側に置くと、

20210915104504.jpg

このように、自分の手の影が入ってしまいます。

そこで、利き手の反対側に置くと、

20210915111223.jpg

このように、影も入らず書き物を行う際など、
読み書きしにくくなる事も無くなります。

高さに関しても、可能な限り座った時の頭ぐらいの
高さになるように配置すると、
広範囲で明るさが取れるので意識しましょう。

デスクランプを置かない場合

ここでは余談程度ですが、
デスクランプを置かない場合のご提案です。

デスクのサイズ的にデスクランプの配置が難しい場合、
デスク横にフロアランプを配置したり、
壁にブラケット照明を付けるという方法もあります。

20210915120216.jpg
フロアライト HEMPLEN

20210915120302.jpg
ブラケットライト SPREAD Aタイプ

テーブルサイズやレイアウトの状況に応じて、
こちらもご参考にしてみてください。

まとめ

デスクランプの取り入れ方、
いかがでしたでしょうか。

少し長くなりましたので、
最後に簡単にまとめていきましょう。

手元がしっかり明るくなる明るさで、極力デスクだけを照らさない。

天井照明やフロアランプなどと併用する。

LED調光・調色機能を取り入れ、シーンに応じて調整を行う。

シェードタイプは、用途にあった物を選ぶ。(可動できれば、なお便利)

デスクに配置する際は、座った時の頭ぐらいの高さで利き手と逆側に配置する。

このポイントを意識し、
デスクランプを一度取り入れてみてください。

既にお使いの方も、今一度上記の内容を
落とし込んでみていただければ、
きっとデスク上が違った見え方になるはずです。

自宅での作業が少しでも効率アップすれば嬉しいです。

京都店では、実際に上記を盛り込んだ
デスクのコーディネートを行っております。

ぜひ店頭でも一度ご体感くださいませ。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

20210915131238.jpg

Styling Furniture

テーブルライト COPYING

¥ 25,300


テーブルライト Birdy

¥ 77,550


BRASS FLOOR LIGHT

¥ 102,000 ~


ブラケットライト SPREAD Aタイプ

¥ 23,330


フロアライト HEMPLEN

¥ 41,800


テーブルランプ HEMPLEN

¥ 20,900


OIL PARCH PENDANT 35

¥ 37,800 ~




View More

ライターの励みになりますので、ぜひ [ いいね! ] のクリックをお願いします。

現在までにいただいた数:28

リセノ式 センスのいらないインテリア

  • リビングのルール(8)
  • ダイニングのルール(4)
  • 寝室のルール(3)
  • 照明のルール(3)

ナチュラルヴィンテージを知る

  • ナチュラルヴィンテージとは?(2)
  • ナチュラルヴィンテージ実例(22)
  • ナチュラルヴィンテージの作り方(10)

インテリアを学ぶ

  • コーディネートの基本(54)
  • ディスプレイの基本(18)
  • お手入れの基本(36)
  • コツとノウハウ(81)
  • リビングの基本(6)
  • ダイニングの基本(19)
  • 収納の基本(18)
  • 寝室の基本(25)
  • キッチンの基本(3)
  • 書斎の基本(5)
  • 照明の基本(21)
  • カーテンの基本(9)
  • 植物の基本(24)

インテリアを楽しむ

  • みんなのエッセイ(20)
  • Let's DIY!(125)
  • 植物と暮らそう(44)
  • 僕と私の愛用品(49)
  • 話題の場所レポ(38)
  • 本と音楽と映画(12)
  • おすすめカフェ(26)
  • リセノ ランチ部(89)
  • Re:CENO Vlog(18)
  • お店だより(82)
  • 日々のできごと(27)

リセノのこと

  • Re:CENO product(72)
  • Buyer's Voice(12)
  • 製品ストーリー(41)
  • 商品紹介(28)
  • お仕事レポート(36)
  • お知らせ(33)

メンバー


照明の基本の人気記事5件

2015年8月05日(水)
インテリアを学ぶ

知っておきたい、3つの電球の違い。「白熱球」「蛍光球」「LED」を上手に使い分けよう!

今回のマガジンは「自分の部屋にあった電球は?」の疑問にお答えします!

品質管理 遠藤 788
2015年8月03日(月)
コツとノウハウ(動画)

【動画】照明のコードを簡単に短くする結び方をご紹介します。

照明のコードを簡単に短くする結び方をご紹介。とっても簡単なのに、きれいに仕上がります!

BM 山本 596
2015年12月08日(火)
インテリアを学ぶ

多灯照明を楽しもう。取り付け簡単なダクトレールの取り付け方をご紹介いたします。

多灯照明を楽しもう!自分で手軽に取り付けられ、照明の幅がグッと広がる簡易ダクトレールをご紹介♪

京都店店長 関 545
2015年9月16日(水)
インテリアを学ぶ

<天井照明の基礎知識> シーリングライトとペンダントライトを使い分けよう!

メインの照明は、どっちがいいのか?2タイプの照明の特徴を、わかりやすく説明します!

品質管理 遠藤 376
2016年4月06日(水)
照明の基本

あなたのお部屋に、本当に必要な照明って?色々な照明の明るさを比較してみました。

照明の明るさって、よく分からない・・。そんなお悩み解決のため、色々なタイプの照明を集めて、明るさを比べてみました!

経理・総務 中西 332

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』

Menu

  • リビングのルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「リビングの共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • ダイニングのルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「ダイニングの共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • 寝室のルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「寝室の共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • 照明のルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「照明の共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • コーディネートの基本

    インテリアコーディネートの基本を分かりやすく解説します。

  • ディスプレイの基本

    ディスプレイをする際の基本の方程式などを解説します。

  • お手入れの基本

    お手入れやメンテナンスの基本技術を解説します。

  • コツとノウハウ

    インテリアを日々使っていくうえで知っておくと便利なコツやノウハウを動画でご紹介します。

  • リビングの基本

    ダイニングテーブルやチェアの選び方などをまとめています。

  • ダイニングの基本

    選び方やお手入れ方法など、ダイニングに関する基本をまとめています。

  • 収納の基本

    選び方やお手入れ方法など、収納家具に関する基本をまとめています。

  • 寝室の基本

    選び方やお手入れ方法など、ベッド・マットレスに関する基本をまとめています。

  • キッチンの基本

    選び方やお手入れ方法など、キッチンに関する基本をまとめています。

  • 書斎の基本

    選び方やお手入れ方法など、書斎に関する基本をまとめています。

  • 照明の基本

    選び方やお手入れ方法など、照明に関する基本をまとめています。

  • カーテンの基本

    選び方やお手入れ方法など、カーテンに関する基本をまとめています。

  • 植物の基本

    選び方やお手入れ方法など、植物に関する基本をまとめています。


  • みんなのエッセイ(20)

    リセノにまつわる人たちの日々を、何気なく綴ったエッセイです。ほっとひといき入れたいときに。

  • Let's DIY!(125)

    スタッフが自宅D.I.Yを体験レポート! みなさんも一緒にLet’s Do It Yourself!

  • 植物と暮らそう(44)

    暮らしを豊かに彩る植物を、インテリアに取り入れる方法をご紹介します。

  • 僕と私の愛用品(49)

    リセノスタッフが、実際に自宅で使っているお気に入りのインテリアアイテムをご紹介します。

  • 話題の場所レポ(38)

    展示会、家具産地、海外出張、話題のエリアやホテルなどをレポートします。

  • 本と音楽と映画(12)

    インテリア大好きなスタッフが、日頃から読んでいる雑誌や映画、音楽などをご紹介していきます。

  • おすすめカフェ(26)

    リセノスタッフのおすすめカフェをご紹介します。

  • リセノ ランチ部(89)

    社内キッチンで、スタッフが協力しながら、美味しく、楽しくをモットーに作っています。

  • Re:CENO Vlog(18)

    何気ない日常と、それぞれの暮らしに馴染むインテリアを切り取った動画です。

  • お店だより(82)

    リセノのリアルショップ(東京/京都)での日常や、お知らせを綴っていきます。

  • 日々のできごと(27)

    日々生活している中で、スタッフが体験したことや、感じたことなどを書いていきます。


  • ナチュラルヴィンテージとは?(2)

    ナチュラルヴィンテージの定義について、分かりやすく紐解いています。

  • ナチュラルヴィンテージ実例(22)

    ナチュラルヴィンテージの方程式を用いたお部屋づくり実例です。

  • ナチュラルヴィンテージの作り方(10)

    ナチュラルヴィンテージのお部屋作りのポイントを解説していきます。


  • Re:CENO product(74)

    オリジナル家具「Re:CENO product」の生産背景や製品への思いを語ります。

  • Buyer's Voice(12)

    製品開発や製品セレクトまつわるストーリーを書いていきます。

  • 製品ストーリー(41)

    製品が生まれる背景や正しい使い方など、プロダクトが本来持つこだわりや魅力を紐解きます。

  • 商品紹介(28)

    商品解説を動画でさらに分かりやすく伝えたい! そんな思いから始まった企画です。

  • お仕事レポート(36)

    Flavorでの仕事の様子をレポートしていきます。

  • お知らせ(33)

    リセノからのお知らせです。