【お知らせ】 ゴールデンウィークの営業と配送について



Web Magazine

【ほんとうの、美味しいって?】徹底的にチキンソテー

チキンソテーのレシピは、
「鶏もも肉に塩を振って、フライパンで焼く」
という、一行で片付きます。

ですが、このレシピをしっかりと丁寧に仕上げると、
焼いただけでも、メイン料理となるような
チキンソテーに仕上がります。

いろんな味付けやソースのレシピを覚えるより
ちゃんとした焼き方を知った方が、
格段に美味しくなるはずです。

チキンソテーのポイントは3つ
1、下処理
2、塩加減
3、火入れ
です。

DSCF9019.jpg

チキンソテーを美味しく作る
3つのポイントを詳しく解説します。

DSCF8983.jpg

まず下処理。

鶏モモ肉についている余分な皮、
脂肪は取り除きましょう。

これをすることで、味がすっきりします。

あと、身が厚いところは少し切り込みを入れて、
身の厚さをフラットにしてください。
こうすることで、火の入り方が均等になります。

次に塩。

よくあるチキンソテーのレシピを見ると、
塩は適量とか、少し強めに塩をふるとか、
曖昧模糊としていますが、塩しかしないので、
塩の量はかなり重要なはずです。

チキンソテーに最適な塩は、鶏肉に対して1%。

覚えておいてください。

DSCF8986.jpg

最後に火入れ。
皮面を下にして、弱火で焼きます。

チキンソテーの皮は カリカリにしたいですよね?

そもそも、どうして皮がカリカリに
なるかと言うと、熱で脂分が溶け出すから。

強火でガツっと焼けばカリッと
いきそうなものですが、それだと
皮の表面、皮の皮、しか焼けてない
状態になり、焦げてるのにブヨブヨ
みたいなことになります。

皮はある程度弱火でじっくり焼いて、
脂がじんわり抜けていくのを待ちましょう。

皮面から焼くと更にいいこともあって
肉に直接火が当たることがないので、
しっとりと仕上がります。

皮がクッションになるんですね。
身の方から焼いてしまうと、硬くなって
しまうので、皮面だけでほぼ火を入れて、
身の方は予熱くらいで十分です。

では、作ってみましょう。

DSCF9021.jpg

ここまで考えることができたら、
カリカリでジューシーなそれだけで
美味しいチキンソテーに仕上がってるはず。

季節の野菜を同じフライパンで焼いて、
一緒に盛り付ければ、
ビストロランチの様な一皿が完成です。

では、さっそく作っていきましょう。

材料 2人分

DSCF8979.jpg

  • 鶏もも肉  2枚
  • 塩     処理をした鶏肉に対して1%

作り方

1.鶏もも肉の余分な皮、脂肪分を取り除き、
  身の厚さを均等にする。

DSCF8983.jpg
▲鶏もも肉の余分な皮、脂肪分を取り除くことで、味がすっきりします。

DSCF8980.jpg
▲身が厚いところは少し切り込みを入れて、身の厚さをフラットに。

2.1%の塩を振って、15分置く。
 水気をペーパーで拭き取る。

3.フライパンに油をひいて、皮面を下にし、
 弱火で15分くらいじっくり焼いていく。
 (テフロンのフライパンの場合は、
  油をひかなくても大丈夫です。)

DSCF8986.jpg
▲お箸やヘラなどで少し押さえながら皮が鍋肌に当たるように。
 
4.7割くらい火が入ってきたら、
 身の方を触ってみます。
 冷たくなかったらもうほとんどOKです。

 火を止めてから、ひっくり返して1分ほど
 置いておいてください。
 DSCF8991.jpg

5.チキンソテーを取り出したら、
 同じフライパンで季節野菜を焼いていきます。

 インゲン、茹でた新じゃがいもなど
 お好みの野菜を軽くソテー。

 お皿に盛り付けたら、たっぷりのパセリ、
 レモン、コショウなどでシンプルにどうぞ。

DSCF9001.jpg

シンプルなレシピだからこそ、
「塩加減」はきっちりと。

それだけで、メインにもなる
チキンソテーの完成です。

お好みの春野菜を合わせて、
今週末のランチにいかがでしょうか。

次回は、シンプルなトマトパスタ
「ポモドーロ」を予定しています。

それでは、また。

DSCF9016.jpg

みんなの保存数:33

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「食べるを楽しむ」の最新記事 4件

2024年2月20日(火)
食べるを楽しむ

【シンプルを極めるレシピ】油淋鶏(ユーリンチー)の作り方と、揚げ物の基本

カリッとジューシーな油淋鶏を作りましょう。仕上げは、新玉ねぎを使ったタレをかけます。

松山たけし 9
2024年4月02日(火)
食べるを楽しむ

【シンプルを極めるレシピ】ふわふわのチャーハン

簡単そうに見えて、実は奥深いチャーハン。自宅で本格的なふわふわチャーハンを作る方法を解説します。

松山たけし 6
2024年3月05日(火)
食べるを楽しむ

【シンプルを極めるレシピ】春の豚汁を作りながら、汁物の組み立て方を考える

新玉ねぎと菜花を使って、一味変わった優しい「春の豚汁」を作りましょう。

松山たけし 4
2024年3月19日(火)
食べるを楽しむ

【シンプルを極めるレシピ】炒め物の定番! 回鍋肉(ホイコーロー)

中華の定番・回鍋肉をいつもより美味しく仕上げる4つのコツをご紹介します。

松山たけし 3

「食べるを楽しむ」の人気記事 4件

2023年3月03日(金)
食べるを楽しむ

【ほんとうの、美味しいって?】大根の味噌汁から考える。

レシピの新連載がスタート。第一回目は、「大根の味噌汁」です。

松山たけし 36
2023年4月10日(月)
食べるを楽しむ

【ほんとうの、美味しいって?】徹底的にチキンソテー

レシピの連載がスタート。第三回目は、「チキンソテー」です。

松山たけし 33
2023年5月23日(火)
食べるを楽しむ

【ほんとうの、美味しいって?】塩豚ポトフ

レシピの連載がスタート。第六回目は、「塩豚ポトフ」です。

松山たけし 19
2023年5月09日(火)
食べるを楽しむ

【ほんとうの、美味しいって?】野菜だけのスープ

レシピの連載がスタート。第五回目は、「野菜だけのスープ」です。

松山たけし 18

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』