Web Magazine

ダイニングテーブルのアクセントに。
無垢材を使った木製ティッシュケースをDIY!

デザイナー 岡本

20191209143500.jpg

みなさま、こんにちは。
おかもとです。

ジグソーを買ってからというもの、電動のDIY工具に
どんどん興味を持ち出している今日この頃。

今回は以前からやってみたかった、木製のティッシュ
ケース作りにチャレンジしてみることにしました。

せっかくダイニングテーブルが格好良くても、
市販のティッシュボックスがそのまま置かれていると、
なんだか世界観が壊れてしまいますもんね?

いつも目にする場所にあるものだからこそ、美しい
木目の素材を取り入れたり、少し良いものにすると、
ダイニングに豊かな印象がプラスされますよ♪

ぜひ最後までお読みいただければと思います。

まずは準備物をご紹介!

20191209143530.jpg

今回も少しアイテムが多いので、小分けにご紹介
させていただきたいと思います。

まずはこちらのアイテムから。

  • オーク無垢材(一番下、上蓋用)
  • 桐材(下から二番目、箱用)
  • ノコギリ
  • ジグソー
  • トリマー(ここでは非掲載)

トリマーは作業中に追加で買いに行ったので、ここ
では掲載されていません。とても便利なツールで、
後ほど出てきますのでお楽しみに!

木材は、全てオーク無垢材にすると重いということと、
木目を活かさないペイントをする予定だったため、
箱用には軽くて加工しやすい桐材を使用しました。

そしてジグソーという電動工具はティッシュの穴を
再現するために必要な工具です。ホームセンターで、
1日500円程でレンタルする事もできます。

20191209143737.jpg

  • コーナークランプ
  • ハンドドリル(ジグソーの刃より太いもの)
  • 木工用ボンド
  • 鉛筆
  • 差し金
  • 紙やすり(ここでは非掲載)

コーナークランプは一個しか持っていませんでしたが、
複数あると、今回のように箱物を作る時に便利です。

紙やすりは、形を整える目の荒い#80から、表面を
整える目の細かい#400まで用意しました。

20191209143558.jpg

  • ワトコオイル(ナチュラルカラー)
  • 水性塗料(グレー)
  • ウエス(使用済みの布、非掲載)
  • 刷毛×2

塗料ですが、上蓋は無垢材の魅力を引き出すため、
ワトコオイルに。箱の部分はグレ一色で木目を
見せたくなかったので水性塗料を選んでいます。

まずは作るサイズを決めて、けがき作業からスタート。

20191209143629.jpg

木材を切リ抜くとき、間違えないように下書きを
行う行為をけがきと言います。

まずは差し金を使って上蓋用の板にけがいていくの
ですが、目安としてティッシュケースの箱の縦横の
長さに、箱用に使う板の厚みをプラスして計算します。

そうすると、中にティッシュを入れた状態の箱の
サイズが計算できます。

20191209143706.jpg

ティッシュペーパーを取り出す穴の部分は、おなじみの
ティッシュケースから剥がした蓋をなぞることで、
けがきました。

角のカーブが難しそうですが、チャレンジしてみたいと
思います。

次に箱の部分を作っていきましょう。

20191209143810.jpg

次に箱を作っていくのですが、使用する桐材は中身が
詰まっておらず、とても軽く切りやすい木材です。

逆に言うとジグソーの様にパワーのある工具で切ると
割れてしまうこともあるので、手引のノコギリで
切っていきます。

底板1枚と側面の板を4枚切って、やすりがけを
行っておきましょう。

20191209143841.jpg

カットができたら木工用ボンドを使って、各辺を接着
していきます。そのまま立てていると倒れてしまうので、
コーナークランプで角を固定しておきましょう。

ジグソー&トリマーを使って、上蓋を作っていきましょう。

20191209143917.jpg

箱部分ができたら、一番大事な上蓋部分の作業に。

ティッシュペーパーを取り出す穴の部分はジグソーで、
上蓋裏面の段差の部分はトリマーで加工します。

まずはハンドドリルでジグソーのブレードが入る穴を
開け、そこから線に沿うようにジグソーを動かせば
イメージした形状を切り抜けます。

20191209144042.jpg

続いて、箱にはめた時にズレにくいよう、上蓋裏面の
段差の部分を作っていくのですが、このわずかな段差を
作るのにトリマーが必要になってきます。

ノコギリやノミでとも思ったのですが、トリマーが
一番スムーズに作業を行えるのでおすすめです。

凸凹になりましたが、何とか段を作ることができました。
かなりの音と木くずが出るので、注意して作業を行って
ください。

いよいよ最終工程!
ワトコオイルと水性塗料で着色していきます。

20191209144121.jpg

最後に上蓋、箱ともに塗装を行っていきます。

上蓋用のワトコオイルはナチュラルカラー。
箱用の水性塗料は悩みに悩んだ挙げ句、味わいある
無垢材と相性の良さそうな「ダルグレー」という
カラーを選びました。

水性塗料を塗った箱はそのまま半日ほど放置。ワトコ
オイルは塗装後に一度乾拭きをして、二度塗りすると
さらに深みが増しますよ。

20191209144155.jpg

以上で完成です!

ティッシュを箱ごとはめてみましたが、きれいに
はまりました。上蓋式なので無くなったときの取替も
簡単に行え、使用感も良好です♪

お気に入りのティッシュケースができあがりました。

20191209144232.jpg

いかがでしたかでしょうか?

木製のティッシュケースは数多くありますが、オイル
フィニッシュのオーク無垢材を使った外観は、他とは
違う味わい深さを感じさせます。

存在感があってダイニングテーブルのアクセントにも
なりますし、毎日使うティッシュという何気ない
アイテムが、暮らしを豊かにするお気に入りの一つと
なりました。

時と共に変化していく表情を楽しんだり、箱の部分だけ
新たに塗り直したりしながら付き合っていくのも良い
かもしれないと想像を膨らませています。

道具があれば簡単にできるDIYですので、ぜひ週末に
でもチャレンジしてみてくださいね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ライターの励みになりますので、ぜひ [ いいね! ] のクリックをお願いします。

現在までにいただいた数:12

リセノ式 センスのいらないインテリア

  • センスのいらないインテリア(11)

ナチュラルヴィンテージを知る

  • ナチュラルヴィンテージとは?(2)
  • ナチュラルヴィンテージ実例(20)
  • ナチュラルヴィンテージの作り方(9)

インテリアを学ぶ

  • コーディネートの基本(52)
  • ディスプレイの基本(16)
  • お手入れの基本(37)
  • コツとノウハウ(88)
  • リビングの基本(2)
  • ダイニングの基本(19)
  • 寝室の基本(22)
  • キッチンの基本(2)
  • 照明の基本(24)
  • カーテンの基本(8)
  • 植物の基本(30)

インテリアを楽しむ

  • みんなのエッセイ(14)
  • Let's DIY!(125)
  • 植物と暮らそう(49)
  • 僕と私の愛用品(41)
  • 話題の場所レポ(42)
  • 本と音楽と映画(12)
  • おすすめカフェ(31)
  • リセノ ランチ部(88)
  • Re:CENO Vlog(16)
  • お店だより(213)
  • 日々のできごと(30)

リセノのこと

  • Re:CENO product(67)
  • Buyer's Voice(18)
  • 製品ストーリー(68)
  • もうすぐ発売!(37)
  • 商品紹介(25)
  • お仕事レポート(22)
  • お知らせ(38)

メンバー


Let's DIY!の人気記事5件

2017年7月14日(金)
お店だより

麻ひもを使って、10分で出来上がり!簡単アレンジのハンギングプランターを作ろう。

暮らしの空間をちょっぴり素敵にしてくれるグリーンアレンジメント『ハンギングプランター』の作り方をご紹介します。

東京店 江上 1156
2016年2月15日(月)
Let's DIY!

100均素材でお手軽に!すのこシェルフをDIY!

100均素材を中心に使用して、お手軽にチャレンジできる、すのこシェルフ作り!塗装をしなければ1時間位で作れますよ♪

デザイナー 岡本 399
2020年3月17日(火)
Let's DIY!

拾ってきた葉っぱを使って、スケルトンリーフ(葉脈標本)作りに挑戦!

葉っぱの葉脈だけを取り出して、素敵なオブジェを作ってみました!

メディア 中原 352
2016年8月30日(火)
Let's DIY!

賃貸でもできる!有孔ボードを使ってキッチンウォールシェルフをDIY!

便利でデザイン性の高い、キッチンウォールシェルフを作りにチャレンジ!キッチンがとても楽しい場所になってくれますよ♪

デザイナー 岡本 324
2019年8月20日(火)
Let's DIY!

ダボ継ぎで天板を作って、オーク無垢材のデスクをDIY!

天板を一から作ってお気に入りのデザインの脚を組み合わせる、簡単で楽しいDIY。

デザイナー 岡本 224

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』

Menu

  • センスのいらないインテリア

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • コーディネートの基本

    インテリアコーディネートの基本を分かりやすく解説します。

  • ディスプレイの基本

    ディスプレイをする際の基本の方程式などを解説します。

  • お手入れの基本

    お手入れやメンテナンスの基本技術を解説します。

  • コツとノウハウ

    インテリアを日々使っていくうえで知っておくと便利なコツやノウハウを動画でご紹介します。

  • リビングの基本

    ダイニングテーブルやチェアの選び方などをまとめています。

  • ダイニングの基本

    選び方やお手入れ方法など、ダイニングに関する基本をまとめています。

  • 寝室の基本

    選び方やお手入れ方法など、ベッド・マットレスに関する基本をまとめています。

  • キッチンの基本

    選び方やお手入れ方法など、キッチンに関する基本をまとめています。

  • 照明の基本

    選び方やお手入れ方法など、照明に関する基本をまとめています。

  • カーテンの基本

    選び方やお手入れ方法など、カーテンに関する基本をまとめています。

  • 植物の基本

    選び方やお手入れ方法など、植物に関する基本をまとめています。


  • みんなのエッセイ(14)

    リセノにまつわる人たちの日々を、何気なく綴ったエッセイです。ほっとひといき入れたいときに。

  • Let's DIY!(125)

    スタッフが自宅D.I.Yを体験レポート! みなさんも一緒にLet’s Do It Yourself!

  • 植物と暮らそう(49)

    暮らしを豊かに彩る植物を、インテリアに取り入れる方法をご紹介します。

  • 僕と私の愛用品(41)

    リセノスタッフが、実際に自宅で使っているお気に入りのインテリアアイテムをご紹介します。

  • 話題の場所レポ(42)

    展示会、家具産地、海外出張、話題のエリアやホテルなどをレポートします。

  • 本と音楽と映画(12)

    インテリア大好きなスタッフが、日頃から読んでいる雑誌や映画、音楽などをご紹介していきます。

  • おすすめカフェ(31)

    リセノスタッフのおすすめカフェをご紹介します。

  • リセノ ランチ部(88)

    社内キッチンで、スタッフが協力しながら、美味しく、楽しくをモットーに作っています。

  • Re:CENO Vlog(16)

    何気ない日常と、それぞれの暮らしに馴染むインテリアを切り取った動画です。

  • お店だより(213)

    リセノのリアルショップ(東京/京都)での日常や、お知らせを綴っていきます。

  • 日々のできごと(30)

    日々生活している中で、スタッフが体験したことや、感じたことなどを書いていきます。


  • ナチュラルヴィンテージとは?(2)

    ナチュラルヴィンテージの定義について、分かりやすく紐解いています。

  • ナチュラルヴィンテージ実例(20)

    ナチュラルヴィンテージの方程式を用いたお部屋づくり実例です。

  • ナチュラルヴィンテージの作り方(9)

    ナチュラルヴィンテージのお部屋作りのポイントを解説していきます。


  • Re:CENO product(69)

    オリジナル家具「Re:CENO product」の生産背景や製品への思いを語ります。

  • Buyer's Voice(18)

    製品開発や製品セレクトまつわるストーリーを書いていきます。

  • 製品ストーリー(68)

    製品が生まれる背景や正しい使い方など、プロダクトが本来持つこだわりや魅力を紐解きます。

  • もうすぐ発売!(37)

    発売間近の商品の情報を、ひと足お先にご紹介します。

  • 商品紹介(25)

    商品解説を動画でさらに分かりやすく伝えたい! そんな思いから始まった企画です。

  • お仕事レポート(22)

    Flavorでの仕事の様子をレポートしていきます。

  • お知らせ(38)

    リセノからのお知らせです。