Web Magazine

【6畳以下】狭いダイニングキッチンを
広く見せるレイアウトのコツ

今回のテーマは、「狭いダイニングキッチンにレイアウトする家具の選び方」です。

6畳以下のスペースに、大きなダイニングや
キッチン収納をレイアウトすると窮屈な思いをしたり、
移動しづらいなど、過ごしにくいダイニングキッチンになってしまいます。

「我が家はダイニングキッチンが狭いから
しょうがないか...」と感じている方でも、
実は家具の選び方を工夫するだけで、改善することができます。

そこで、今回は狭いダイニングキッチンでも
快適に過ごせる家具選びのポイントを、3つご紹介します。

① 6畳以下の狭いダイニングキッチンには、
「圧迫感を感じさせない家具」をレイアウト

1.jpg Re:CENO product|80ダイニングテーブル WIRY/NA

狭いダイニングキッチンで選ぶべき家具の
ポイント1つ目は、「圧迫感を感じさせない家具」です。

圧迫感を感じさせない家具の代表例は、
アイアン素材を採用した、フレームの細い家具。

7.jpg

アイアン素材は木材より強度が高いため、細く仕上げることが可能です。

フレームが細いと、視覚的に詰まった印象を軽減してくれます。

ダイニングテーブルのような大型家具を
アイアン素材に変更すると、ダイニングキッチンの
印象が軽やかになります。

20230608161434.jpg

また、フレームが細いとダイニングのテーブル下が
広くなるため、足が組みやすかったり、
立つ ⇔ 座るの動作がスムーズに。

アイアン素材のように細い家具を選べば、
狭さを感じさせる原因の「詰まった印象」と
「動きづらさ」の2つを、軽減することができます。

アイアン素材がお好みでない場合、幕板がないテーブルや、脚が細いテーブルをお勧めします。

② 6畳以下の狭いダイニングキッチンには、
「動線を確保できる家具」をレイアウト

20230608152010.jpg
Re:CENO product|R.U.S 薄型パーツ各種

狭いダイニングキッチンで選ぶべき家具の
ポイント2つ目は、「動線を確保できる家具」です。

動線を確保するために、収納家具は薄型タイプを
選ぶことをおすすめします。

20230608153456.jpg
幅60cmの動線を確保できた状態

人がお部屋を歩くのに必要なスペースは、幅60cmです。

狭いダイニングキッチンでは、動線60cmを確保する
ことが難しいケースがありますが、そんな場合は
薄型家具に変更して、動線を確保しましょう。

ちなみに一般的な収納家具の奥行は、
リビング収納 = 奥行40cm前後
キッチン収納 = 奥行45m前後。

19.jpg
Re:CENO product|R.U.S おすすめセット #9【薄型】

20230608152235.jpg
ユニットシェルフR.U.S 薄型タイプ/奥行25cm

リセノで販売しているユニットシェルフR.U.S薄型は、
奥行25cmと奥行が浅いタイプです。

一般的な収納家具から、R.U.S薄型タイプに
変更するだけで、15~20cm程度のスペースを確保することができます。

20230608153731.jpg
Re:CENO product|2ドアサイドボード silta

20230608150204.jpg

また siltaシリーズ は、北欧アンティークの
キャビネットと比較して、奥行が10cmほど浅い設計です。

「ダイニングキッチンが狭いけど、キャビネットを
レイアウトしたい。」という方は、silta のような
薄型キャビネットを推奨します。

③ 6畳以下の狭いダイニングキッチンには、
「収まりがよい家具」をレイアウト

20230608154123.jpg Re:CENO product|ダイニングチェア folk round arm

狭いダイニングキッチンで選ぶべき家具の
ポイント3つ目は、「収まりがよい家具」です。

例えば、上記の画像のようにテーブル下に
チェアが収まると、使用しないときにスペースを確保することができます。

20230608154506.jpg
チェアが天板下に収まると動線を確保できます。

テーブル下にチェアを収めるためには、
肘掛がないチェア、もしくは背もたれ・肘掛が
低いチェアを選びましょう。

20230608155446.jpg
R.U.S 基本セット【薄型】 高さ91cm×幅25cm

また、狭いダイニングキッチンのよくある悩みは、
収納スペースが足りないことや、物が溢れて窮屈な印象になること。

そういうお悩みがある方には、デッドスペースに
収まる収納家具の活用を、お勧めします。

20230608155707.jpg
tower ハンドル付きスリムワゴン

収納場所を増やせば、が溢れたり、
密集して圧迫感を感じることを、防止することができます。

狭いダイニングキッチンでは、最大限にスペースを
有効活用できる、「収まりのよい家具」を取り入れましょう。

6畳以下の狭いダイニングキッチンは、家具のレイアウトに注意しよう。

21.jpg
ダイニング3点セット RIVER 幅80cmタイプ

それでは今回のまとめです。

6畳以下の狭いダイニングでは、このような家具をレイアウトしましょう。

  • 圧迫感を軽減できるフレームが細い家具
  • 動線を確保できる薄型家具
  • スペースを有効活用できる収まりのよい家具

上記のような家具をレイアウトすると、
同じスペースのダイニングキッチンでも、
窮屈感や動きづらさが軽減できます。

ダイニングキッチンが狭いとお悩みの方は、
今回紹介しました3つのポイントを参考に、家具を見直してみましょう。

20230608160221.jpg
約6畳の我が家のダイニング

ちなみに我が家のダイニングキッチンも6畳と狭く、
動線を確保するために、silta キャビネット を使用しています。

北欧アンティークの意匠をしながら、日本の住宅に
あった奥行設計が、狭いわが家にとてもフィットしています。

狭いLDKでも快適に過ごす方法については、
以下のマガジンでも解説しておりますので
参考にしていただけますと幸いです。

狭いリビングの悩みを解決! レイアウト実例をご紹介します。
お部屋を広く見せたい方へ。狭いLDKでも快適に過ごすための、3つのポイント

Styling Furniture

80ダイニングテーブル WIRY/BR

¥ 79,800


R.U.S おすすめセット #8【薄型】

¥ 80,000


2ドアサイドボード silta

¥ 108,000


3ドアサイドボードwithガラス silta

¥ 138,000


R.U.S 基本セット【通常】 高さ91cm×幅25cm(シェルフボード22)

¥ 24,400 ~


tower ハンドル付きスリムワゴン

¥ 11,000




View More
みんなの保存数:10

暮らしにあったダイニングの選び方

雑貨・食器特集

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「ダイニングの基本」の最新記事 4件

2024年1月15日(月)
僕と私の愛用品

【わたしの愛用品】名作アーコールチェアと合わせたい「伸長式ダイニングテーブル folk」

伸長式ダイニングテーブル folkの魅力とは? 異なるヴィンテージチェアとの合わせ方のコツもご紹介します。

編集部 江本 8
2023年11月08日(水)
ダイニングの基本

ダイニングソファーを「ベンチスタイル」にする魅力とは?

1つあるだけでいろんな役割を果たすベンチ。その魅力とは?

福岡店 濱田 5
2023年12月12日(火)
ダイニングの基本

ダイニングテーブルの適切なサイズとは? 基礎知識に沿って解説します。

暮らしにあったダイニングテーブルを選ぶための3つのポイントをご紹介します。

二子玉川店 加藤 3
2023年12月20日(水)
ダイニングの基本

オーダーダイニングのカスタムポイントと、選び方のコツをご紹介

オーダーで、自宅にぴったりなダイニングテーブルを空間を作りましょう。

二子玉川店 近藤 1

「ダイニングの基本」の人気記事 4件

2019年8月27日(火)
ダイニングの基本

円形ダイニングを選ぶ前に知っておきたい!適切なサイズを選ぶ、2つのポイントとは?

○人で使っても狭くない?必要なスペースはどのくらい?など、円形ダイニングにまつわる疑問を解消します!

お客様係 山崎 1051
2018年1月09日(火)
リビングの基本

家具の配置で、居心地の良さが変わる!リビング・ダイニングのレイアウトの基本をご紹介します。

リビング・ダイニングの配置の基本を知って、家族みんなが暮らしやすい空間を作りましょう!

お客様係 山崎 887
2015年7月01日(水)
インテリアを学ぶ

もう失敗しない!ダイニングテーブルの正しい選び方

今回のマガジンは、ダイニングテーブルのサイズ選びについて。「どのサイズを買ったらいいの?」の疑問にお答えします!

品質管理 遠藤 803
2015年9月07日(月)
ダイニングの基本

板目?柾目?節あり?家具選びは<木目>にも注目しよう!

プロが家具を選んだり、デザインをする際に、気を付けるポイント。それが、今回ご紹介する<木目(もくめ)>です。

BM 山本 195

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』