Web Magazine

リアルな生活での商品提案がスタート。
さらに選びやすい商品ページに変わります。

20200615190725.jpg

こんにちは、撮影担当の
よねもとです。

最近、会社で新たな取り組みを
本格的にスタートしました。

「自宅撮影」です。

今までは、家族がいることなどの諸事情から
なかなかチャレンジできなかった
自宅での撮影。

それが最近のリモートワークを機に、
本格的に取り組みを試みる
ことになりました。

当店で販売する商品を、よりリアルに。

そして、お客さまと同じく使う立場に
なって撮影してみる。

そうすることで今までとは異なる
視点から商品を紹介することが
できるようになってきています。

今回のマガジンは、所感的なところが
多いので、ゆる〜りとお付き合い
いただけましたら幸いです。

自宅撮影をすることで
起きた変化とは。

自宅撮影を始めてから、ぼく自身が
大きく感じた3つの変化です。

  • 生活感を感じるリアルな写真表現が、できるようになりました。
  • 商品と四六時中ともにすることで、長所・短所が見えてきました。
  • 使い手の皆さまに近い立場で、商品をご紹介できるようになりました。

それでは感じたことを、一つずつ
ご説明させていただきます。

生活感を感じるリアルな写真表現が、
できるようになりました。

20200615190906.jpg

実際に自宅で撮影をするようになって、
まず最初に感じたのは、部屋の狭さ。

当たり前のことかもしれませんが、
今までは広いスタジオで快適に
撮影をしていたので、広さが
足りない!なんてことも。

でも、それが逆に良かった
ポイントにも。

実際に生活しているお部屋で撮影する
ことでしか撮れない、リアルな雰囲気を
表現することができるようになりました。

20200615190947.jpg

商品との距離感であったり、周りを
取り囲む家具たちも近いことから、
実際にそのお部屋にいるかのような
距離感を感じます。

もしかしたら、スペースや物に制限が
あると言うのも、良いきっかけに
なったのかもしれません。

画像掲載商品:タブレット&リモコンラック RIN / ツールボックス tosca Lサイズ

商品と四六時中ともにすることで、
長所・短所が見えてきました。

20200615191029.jpg

自宅で撮影をするようになって、
商品と寝ても覚めても一緒に
いるようになりました。

まさに、四六時中とは
こう言うことかと。

今までは、スタジオに出勤してから
商品を見ていたので、ほとんどが
日中に触れている感じです。

それが四六時中ともなると、撮影する
時間帯にも自由度が広がって、
朝、昼、晩と使い方や商品の表情の
違いに気がつくようになりました。

20200615191103.jpg

例えば就寝前に、ゆったりと過ごしている時。

照明のシェードを傾けてポスターに
ライティングしてみたり。

ふと、商品に目をやると「この感じいいなぁ、
お客さまに伝えたいなぁ」なんて感じで、
パシャりとカメラを手に取ってしまいます。

商品には、朝には朝の表情や使い方が、
昼には昼の表情や使い方が、
同じく夜も。

それぞれの長所や、短所にも以前に増して
気がつくようになって、ご紹介している
商品ページにも深みが出たように感じます。

画像掲載商品:フラワーベース LUNA / テーブルライト COPYING

使い手の皆さまに近い立場で、
商品をご紹介できるようになりました。

20200615191148.jpg

今までは、インテリアショップの
スタッフとしての意識を強く持って
撮影をしていました。

そうなると、どうしても販売側の立場で
商品を見て紹介をしてしまっていた
部分が大きかったかなと気がつきました。

実際に自宅で、家族と一緒に商品を
使うことで、販売側からお客さまと
同じ消費者側の立場に自然となり、
商品に対しての捉え方も変わりました。

「あぁ〜、こう言うことかぁ」なんて
ことを家族に教えてもらうことも
しばしば、、、。

そんなこともあり、これからはぼく自身も、
お買い物をされるお客さまと同じ
消費者としての意識を強く持って
撮影していこうと思います。

今後も継続していきます。
毎回の変化に、乞うご期待!

20200615191232.jpg

今回のマガジンでは、新たな自宅撮影の
取り組みで変化した内容をご紹介しました。

リセノを好きでいてくださるお客さまに
もっともっとインテリアを楽しんで
いただけるように、ぼく自身も
インテリアを楽しみながら
商品を紹介していけたらと思います。

見ていて楽しい。

購入していただいて実感。

時が経って共感。

そんな役割をサイトからアウトプット
し続けていけるように精進します。

お客さまからも、ぜひ「こんなこと
やってみたら」なんて、ご意見を
いただけたら嬉しいです。

これからのリセノは、もっともっと
楽しいコンテンツを発信していきます。

乞うご期待くださいませ。

それでは、また次回に。
よねもとでした。

みんなの保存数:8

暮らしにあったダイニングの選び方

雑貨・食器特集

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「お仕事レポート」の最新記事 4件

2023年11月22日(水)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.17 社内目標共有会「みんなで作る、はじまりの一日」

総勢56名が集った「社内目標共有会」「第5回社食堂」の様子をレポートします。

人事部 相馬 12
2023年9月27日(水)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.16  リセノ夏祭り「とある週末、夏の思い出」

インテリア好きの笑顔が集い、大盛況となった「リセノ夏祭り」をレポートします。

人事部 相馬 7
2024年1月16日(火)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.18 編集課「発信を通して、お客様とインテリアを繋ぐ。」

自社メディア「Re:CENO Mag」の企画や管理を行う、リセノ編集課のお仕事風景をご紹介!

人事部 大西 4
2024年2月15日(木)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.19 バイヤーチーム「商品の魅力に向き合い、世界観を作っていくこと。」

国内外からナチュラルヴィンテージアイテムを仕入れる、バイヤーチームをご紹介!

人事部 大西 3

「お仕事レポート」の人気記事 4件

2022年2月14日(月)
お仕事レポート

【 福岡店ができるまで。】お店完成までの道のりをレポートします。

春にオープンする福岡店。近況と周辺スポットの魅力をお伝えします。

元編集部 岩部 103
2022年4月26日(火)
お仕事レポート

【こんにちは、福岡】Re:CENO FUKUOKAからのご挨拶

4月15日、Re:CENO FUKUOKAオープンいたしました。これからこの店舗で、皆様とお会いできるのを楽しみにしております!

福岡店店長 榎本 71
2022年1月31日(月)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.1 Thanks Letter.「誰に対しても、感謝の気持ちを。」

リセノってどんなブランド?今年、新設されたばかりの人事部部長が、社内文化にスポット当てた連載をスタートします。

人事部 相馬 66
2022年3月15日(火)
お仕事レポート

【リセノのあの人】人事部の相馬さんへインタビューしました。

知られざるリセノの文化や、部署の裏側、ハリネズミと暮らす素敵なお部屋について伺いました。

リセノ制作部 65

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』