Web Magazine

「WIRY OFFICE CHAIR」の企画経緯と
コンセプト設計についてお話します。

BM 山本

こんにちは。ヤマモトです。

Re:CENO productに、新たにオフィス家具が加わります。

2016年から販売している「WIRYシリーズ」の意匠を
継承した「オフィスデスクとチェア」で、自社で働く
スタッフ用に企画した家具でもあります。

本日のマガジンでは、この新作のオフィス家具について
企画の経緯とコンセプト設計について紐解いてきます。

前編の<デスク編>では、オフィス家具企画の経緯と、
デスクのコンセプトについて書いておりますので、
ぜひそちらからお読みいただければと思います。

前編:「WIRY DESK」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

使い心地が良く、見た目も柔らかに。
無機質ではない「オフィスチェア」

20210629-01.jpg

前編の企画経緯でもお話した通り、オフィスチェアは
無機質で、メカニカルなデザインのものが多いです。

オフィスというのは、たくさんのデスクとチェアが
ざーっと並ぶ関係上、シンプルな方が美しいから
でしょうか。

もしくは、無機質でメカニカルな方が、仕事に集中で
きる場所と認識しやすいから、かもしれません。

オフィスチェアの有名ブランドの「HermanMiller」や、
美しいデザインの「Vitra」なんかも、メカニカルな
デザインを打ち出しています。

20210621_1.jpg

ただ、僕の感覚では、もう少し家具のような質感が
あった方が、現代のオフィスには合っているような気
がします。

オフィスの在り方は、昔と比べると、効率性を求める
ものよりも、あたたかみや居心地の良さを高めて、
それにより仕事のパフォーマンスが最大化するという
流れが主流になってきています。

シンプルなデスクと、オフィスチェアと、パソコンと
では、無機質な「仕事場」そのものですもんね。

20210629-08.jpg

僕たちのオフィスもリノベーションをするにあたって、
ファブリックフロア → オーク無垢床に張り替える
予定で、居心地の良い空間で、リラックスして働ける
場所にしようと考えています。

そうしたら、メカニカルなオフィスチェアよりも、
ファブリックや木を使った「椅子」に近い意匠の方が
デザイン的にもフィットしますし、リラックス感を
感じられるだろうと思います。

長時間座る場所としての要素も、つつがなく。
「高さ調整」と「座り心地」と「耐久性」

20210629-19.jpg

さて、そういうわけで「椅子」の意匠に近づけて、
「リラックスを感じられるオフィスチェア」という
コンセプトが決まり、デザインがスタートしました。

「椅子」に近いデザインということは、「そうしたら
椅子でいいのでは?」という疑問とあたることになり
ますが、そうではありません。

オフィスチェアに求められる要素として、大きく3つの
要素が存在するからです。

1つ目は「高さ調整」の機能です。

20210629-21.jpg

オフィスチェアは、いろんなメンバーが入れ替わり
使うことがありますので、それぞれの座高にフィット
する「可変性」が必要です。

自宅での短時間の仕事や勉強ならば、座高が合ってな
い椅子をとりあえず使っていても良いともいえます。

ただ、1日8時間×平日5日間=40時間以上を過ごす
オフィス仕事や、恒常的なリモートワークでは、高さ
が合わない椅子を使い続けると、姿勢が悪い状態が
続くことで、体を痛めてしまいます。

コロナ禍の影響で、自宅でのリモートワークが急に
始まった人の多くが苦しんでいるポイントでしょう。

なので、高さ調整の機能は、オフィスチェアに必須の
機能であり、椅子ではまかなえない機能なのです。

20210629-04.jpg

今回のオフィスチェアは、大手メーカーも採用してい
る機構を採用し、座面高さを 47cm~54cmの「7cm」
の高さ調整が可能になっています。

自分に最適な高さに出来ることで、気持ちよくデスク
に向かえると思います。

必須の機能の2つ目は「座り心地」です。

20210629-20.jpg

長い時間座り続けることを想定しているので、心地に
もこだわっています。

座部分には、リセノのソファでおなじみのコーデュロイ
のファブリックを張り込んでいます。