Web Magazine

「PAPERCORD ROUND ARM CHAIR」の企画経緯と
コンセプト設計についてお話します。

BM 山本

こんにちは。ヤマモトです。

WICKER CHAIR」「PAPERCORD CHAIR」に続いて
3作目となる新作のオリジナルチェアをリリースします。

今回の「PAPERCORD ROUND ARM CHAIR」は、
背もたれに配したハーフアームと、全高を抑えた意匠
が特徴的なチェアです。

本日のマガジンでは、この新作チェアについて、企画
の経緯とコンセプト設計について紐解いてきます。

ちなみに今作は、前の2つのチェアからのコンセプトを
受け継いだ製品となっておりますので、下記2つの
ブログも読んでいただけると嬉しいです。

「WICKER CHAIR」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。
「PAPERCORD CHAIR」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

ハーフだけど「少しだけ長め」のひじ掛け。
無理なく肘を乗せられて、出入りも楽々です。

20210618-27.jpg

今回のチェアの一番の特徴は、背もたれと一体化した
ハーフサイズのひじ掛けです。

ひじ掛けのあるチェアは、自然な体勢で肘置きとして
使えて、長く座っている中で、体勢を崩して座ること
が出来るので、使いはじめると癖になる良さがあります。

片方に体重をかけてもたれても楽ですし、

20210618-01.jpg

きちんと座って、読書するのにも、腕を支えることが
できて、楽に過ごすことができます。

20210618-02.jpg

また、立ち上がる際には、ひじ部分を支点にして立ち
上がる事ができるので、体重の重い方や、足腰が弱い
方にとっては、生活の助けにもなります。

20210618-03.jpg

反面、ひじ掛けのあるチェアの弱点としては、アーム
部分が体の左右に存在しますので、全体的に幅が大き
くなってしまって、小さなダイニングには合わなかっ
たり、座っている時には、閉塞感を少し感じてしまう
こともあります。

また、アーム部分のでっぱりの分、チェアをテーブル
に入れ込めないので、場所を大きくとってしまうのも
弱点といえるでしょう。

20210618-37.jpg

つまりは、アームのあり・なしは、一長一短と言える
と思います。

今回のチェアは「ハーフ」のラウンドアーム型の意匠
で、通常の半分くらいの奥行きのアームを、円状に丸く
したデザインです。

20210618-24.jpg

アームがチェアの前面まで来ているものに比べて、
出入りもしやすく、また、圧迫感も感じない様に
ハーフまでにとどめています。

20210618-19.jpg

また、ハーフアームのチェアというと、実際には、
「肘を置くには、短すぎる」という場合もあったり
します。

その点も考慮し、今回のチェアは、当店の人気商品
である「Henryチェア」を参考に、それよりも少し
アームを長くしています。

20210618-25.jpg

「Henryチェア」で少しだけ足りなかったアームを
伸ばすことで、自然に肘を置ける位置までアームが
ある状態を作り、それでいながらも、全体幅を広げ
すぎず、また、出入りもしやすいチェアに設計を
しました。

20210618-36.jpg

全高は低めの「64cm」で、
テーブルの下に収納できます。

20210618-28.jpg

今回のチェアのもうひとつの特徴が「背が低い」という
点です。

全高は低めの「64cm」で、一般的なチェアよりも約
10cmほど低く設計しています。

20210618-31.jpg

背を低く設計したのは、肘の位置を座った時に最も楽
な高さにすることが、もっとも大きな理由です。

ただ、その副次的効果として全高が低くなり、結果と
して、ダイニングの下に潜り込ませて収納することが
できました。

20210618-26.jpg

当店の人気商品である「folkダイニング」であれば、
こんな風にほぼ全体が隠れるほどに収まります。

folkダイニングは、高さが68cmのテーブルなので、
「ほぼ」全体が隠れる感じですが、一般的なテーブル
の高さである72cmのものであれば、全体がすっぽり
と収まります。

8月末から「folkダイニングテーブルの72cm ver.」を
プロパーで販売開始しますので、そちらであれば、
まさにすっぽりテーブルの天板下に収まります。

20210618-35.jpg

チェアがダイニングの下に収まることで、小さめの
ダイニングでも、広く導線を確保できるので、食事
の時以外は、家事に忙しいお母さんも、お部屋を走り
まわりたいお子様も、とっても快適に過ごせるように
なると思います。

20210618-34.jpg

毎日の掃除機も、とっても楽々。
テーブルに引っ掛けられます。

20210618-12.jpg

「家事に忙しいお母さん」という事で、ふと思い出し
ましたが、ハーフアームには、もうひとつ生活の「不」
を解消できるポイントがあります。

それは、チェアをテーブルに引っ掛けられるという点です。

チェアは4脚並べたりすると、床の上には脚だらけ。
掃除機をかける時に、結構邪魔だったりします。

このチェアは、ハーフアームをテーブルに引っ掛けら
れますので、掃除機がぐんと楽になります。

20210618-06.jpg

また、脚が多いと引っ掛かって止まってしまいがちな
ルンバも、楽々するりとすり抜けていきますから、
掃除の途中に息絶えているルンバを見る機会も、もう
無くなることでしょう。

20210618-22.jpg

あれはあれで、可愛かったりするんですが(笑)。
今後は見ることはなくなるでしょう。

このチェアを快適に使うコツをひとつ。
それは「深めに座ること」

20210618-14.jpg

さて、良い点をたくさん書いてきましたが、弱点と
いいますか、このチェアの使い方のコツをひとつ
ご紹介しておきます。

このチェアは、ひじ掛けと背もたれが一体化している
意匠ですので、必然的に背もたれも低い位置に来ます。

背もたれは高ければ高いほど、体全体を広く受け止め
てくれますから、背もたれが低いということは、体を
受け止める範囲が狭くなります。

背が低いチェアと高いチェアのメリット・デメリット
は、相反関係にありますから、しょうがなくもあります。

20210618-16.jpg

このチェアの場合、浅く腰掛けて背もたれにもたれる
と、背もたれの背中へのアタリが若干強く感じるかも
しれません。

なので、おすすめの座り方は「深めに腰掛ける」ことです。

20210618-17.jpg

深めに座ると、背もたれがちょうど良い位置で、腰を
サポートしてくれる感覚があり、背中も伸びる感じで
非常に快適です。

「腰をサポートする」という感覚は、普通の高さの
チェアの背もたれではない感覚ですので、その点は
非常に良いポイントです。

深く座って、姿勢がしんどいかというと、わりとその
様な感覚はなく、ひじ掛けもあることで、リラックス
した印象を僕は受けます。

ペーパーコードのしっかりとした硬さの座面と相まっ
て、リモートワークや勉強など、良い姿勢で過ごすの
にちょうど良いとも言えます。

20210618-29.jpg

食事などのオフタイム、仕事や勉強などのオンタイム。
いずれにしても「深く腰掛ける」というのが、この
チェアの使い方のコツで、そうすることで、快適に
長く愛用いただけるんじゃないかなと思います。

ちなみに座面奥行きも広いので、あぐらも個人的には
やっちゃいがちで、とても快適です。

20210618-30.jpg

ゆとりのある幅50cmサイズと、
体にフィットする角度と曲線設計

20210618-09.jpg

さて、すでに販売中のオリジナルチェアと同じですが、
改めてご紹介しておきましょう。

使い心地としてこだわった点として、座面幅を通常の
チェアよりもかなりゆとりのある<50cm>に設計し、
体の大きな男性でもゆったりと座っていただける様に
配慮しました。

座面も中央に向けて自然なカーブをつけることで、
太もも裏が痛くなりづらい仕様にしています。

20210618-11.jpg

シンプルな意匠ながらも、サイズ、曲線、角度を
絶妙に調整することで、座り心地の良いチェアに
設計しました。

使うほどに味わいが深まる「チーク材」

20210618-33.jpg

このチェアは「チーク」の無垢材を使用しています。

チークは、世界三代銘木の一つに数えられる高級材で
油分を多く含んでいるため水分や湿気に強く、かつて
は、船の甲板材としても使用されていたほど耐久性に
優れた素材です。

20210511-38.jpg

木目は緻密で美しく、しっとりとした感触は、ながく
使っていくほどに深い味わいを増していきます。

チェアは長く使っていくものですから、使うほどに
愛着のある1脚になると思います。

意外と強くて、安心です。
ペーパーコードの「お手入れと張り替え」について

20210511-49.jpg

座面のペーパーコードは「防水・防汚加工」を施して
たものを採用しています。ある程度の水分や汚れに
対しての耐性を備えています。

完全に水をはじく仕様ではありませんので、コーヒー
やお醤油などの液体をこぼした時は、色素がペーパー
コードに染み込んでしまう前に、軽く濡らした布で
叩くようにして、吸い込ませて、汚れを取り除きましょう。

20210511-48.jpg

布で擦ってしまうと染み込みの原因となるので、
しない様にしてください。

また、買った直後に「ユニタス テキスタイルプロテク
ター」を振りかけていただければ、さらに汚れが落ち
やすくなるので、万が一飲み物などをこぼしてしまった
場合にも安心です。

1本あれば、4脚を1年以上保護できますので、ぜひ
ご一緒にお買い求めいただくことをおすすめします。

20210618-10.jpg

また、ペーパーコードは10年~20年くらいを目安に、
張替えをおすすめします。

張替えの際は、当店にご相談いただければ、有料とは
なりますが、専門業者と連携のうえ、新しいペーパー
コードに張り替えいたします。

「PAPERCORD ROUND ARM CHAIR」
2021年6月25日より予約発売を開始します。

20210618-23.jpg

というわけで、新作チェアについて、企画の経緯と
コンセプト設計について紐解いてみました。

個人的にも愛用しているアームチェアですが、見た目
も座り心地もよく、生活の「不」も解消してくれる
製品に仕上がりました。

座面などの張替えも国内で対応可能ですので、
長くご愛用いただけると思います。

東京店・京都店での展示はすでに開始しております
ので、気になる方は、ぜひ店舗へお越しいただき、
体感いただければと思います。

また、オンラインでは2021年6月25日から順次予約で
の販売を開始しまして、9月中旬頃にはお届けできると
思います。

ぜひご検討いただければと思います。

20210618-32.jpg

ライターの励みになりますので、ぜひ [ いいね! ] のクリックをお願いします。

現在までにいただいた数:15

リセノ式 センスのいらないインテリア

  • センスのいらないリビングのルール(10)
  • センスのいらないダイニングのルール(10)
  • センスのいらない寝室のルール(6)
  • センスのいらない照明のルール(3)
  • センスのいらないコーディネートのルール(9)
  • センスのいらないインテリアの基礎知識(1)

ナチュラルヴィンテージを知る

  • ナチュラルヴィンテージとは?(11)
  • ナチュラルヴィンテージ実例(35)
  • ナチュラルヴィンテージの基本(18)

インテリアを学ぶ

  • コーディネートの基本(74)
  • ディスプレイの基本(22)
  • お手入れの基本(46)
  • コツとノウハウ(97)
  • リビングの基本(16)
  • ダイニングの基本(20)
  • 収納の基本(23)
  • 寝室の基本(31)
  • キッチンの基本(4)
  • 書斎の基本(9)
  • 照明の基本(24)
  • カーテンの基本(9)

インテリアを楽しむ

  • みんなのエッセイ(49)
  • Let's DIY!(137)
  • 植物と暮らそう(46)
  • 話題の場所レポ(42)
  • 本と音楽と映画(12)
  • おすすめカフェ(27)
  • 日々のできごと(30)

リセノのこと

  • 僕と私の愛用品(73)
  • 蚤の市で見つけた偏愛品(2)
  • Re:CENO Vlog(30)
  • Re:CENO product(76)
  • Buyer's Voice(16)
  • 製品ストーリー(45)
  • 商品紹介(44)
  • リセノ ランチ部(100)
  • お仕事レポート(53)
  • お店だより(97)
  • お知らせ(35)

特集

  • AGRAソファのこと(14)
  • センスのいらないインテリア(30)
  • コーディネートレッスン(32)
  • ナチュラルヴィンテージの作り方(6)
  • オリジナル家具の企画経緯(27)

メンバー


Re:CENO productの人気記事5件

2021年2月11日(木)
Re:CENO product

「AGRAカウチ/1.5人掛けソファ」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

AGRAシリーズに新たに仲間入りする「カウチソファ」「1.5人掛けソファ」について、利用シーンとともに紐解いていきます。

BM 山本 555
2019年8月06日(火)
Re:CENO product

「folk伸長式ダイニングテーブル」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

「伸長式」「楕円形」に仕上げたオリジナルダイニングテーブルについて、設計コンセプトを紐解いていきます。

BM 山本 448
2020年2月22日(土)
Re:CENO product

「AGRAソファ」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

Re:CENO productから2年半ぶりに登場する新作ソファの企画経緯とコンセプトをご紹介します。

BM 山本 329
2020年9月04日(金)
書斎の基本

ユニットシェルフ R.U.S でつくる、「デスク」の魅力をご紹介します。

東京店で大人気の【 ユニットシェルフR.U.S 】。今回は、気軽に取り入れられる、「デスク」としての魅力をご紹介します。

店舗MG 岩田 325
2021年2月16日(火)
Re:CENO product

カウチソファーAGRA と rect どっちがいい? 2つのソファーを比較してみました。

人気のAGRAとrectの、サイズ・座り心地・素材の3つのポイントを比べてみよう!

品質管理 遠藤 211

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』

Menu

  • センスのいらないリビングのルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「リビングの共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • センスのいらないダイニングのルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「ダイニングの共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • センスのいらない寝室のルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「寝室の共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • センスのいらない照明のルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「照明の共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • センスのいらないコーディネートのルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「コーディネートの共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • センスのいらないインテリアの基礎知識

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現するために必要な「インテリアの基礎知識」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。


  • ナチュラルヴィンテージとは?(11)

    ナチュラルヴィンテージの定義について、分かりやすく紐解いています。

  • ナチュラルヴィンテージ実例(35)

    ナチュラルヴィンテージの方程式を用いたお部屋づくり実例です。

  • ナチュラルヴィンテージの基本(18)

    ナチュラルヴィンテージのお部屋作りのポイントを解説していきます。


  • コーディネートの基本

    インテリアコーディネートの基本を分かりやすく解説します。

  • ディスプレイの基本

    ディスプレイをする際の基本の方程式などを解説します。

  • お手入れの基本

    お手入れやメンテナンスの基本技術を解説します。

  • コツとノウハウ

    インテリアを日々使っていくうえで知っておくと便利なコツやノウハウを動画でご紹介します。

  • リビングの基本

    ダイニングテーブルやチェアの選び方などをまとめています。

  • ダイニングの基本

    選び方やお手入れ方法など、ダイニングに関する基本をまとめています。

  • 収納の基本

    選び方やお手入れ方法など、収納家具に関する基本をまとめています。

  • 寝室の基本

    選び方やお手入れ方法など、ベッド・マットレスに関する基本をまとめています。

  • キッチンの基本

    選び方やお手入れ方法など、キッチンに関する基本をまとめています。

  • 書斎の基本

    選び方やお手入れ方法など、書斎に関する基本をまとめています。

  • 照明の基本

    選び方やお手入れ方法など、照明に関する基本をまとめています。

  • カーテンの基本

    選び方やお手入れ方法など、カーテンに関する基本をまとめています。


  • みんなのエッセイ(49)

    リセノにまつわる人たちの日々を、何気なく綴ったエッセイです。ほっとひといき入れたいときに。

  • Let's DIY!(137)

    スタッフが自宅D.I.Yを体験レポート! みなさんも一緒にLet’s Do It Yourself!

  • 植物と暮らそう(46)

    暮らしを豊かに彩る植物を、インテリアに取り入れる方法をご紹介します。

  • 話題の場所レポ(42)

    展示会、家具産地、海外出張、話題のエリアやホテルなどをレポートします。

  • 本と音楽と映画(12)

    インテリア大好きなスタッフが、日頃から読んでいる雑誌や映画、音楽などをご紹介していきます。

  • おすすめカフェ(27)

    リセノスタッフのおすすめカフェをご紹介します。

  • 日々のできごと(30)

    日々生活している中で、スタッフが体験したことや、感じたことなどを書いていきます。


  • 僕と私の愛用品(73)

    リセノスタッフが、実際に自宅で使っているお気に入りのインテリアアイテムをご紹介します。

  • 蚤の市で見つけた偏愛品(2)

    全国各地で定期的に開かれている「蚤の市」にいざ出発! そこで見つけて、ゲットしたかわいいアイテム「偏愛品」を、偏愛とともに語ります。

  • Re:CENO Vlog(30)

    何気ない日常と、それぞれの暮らしに馴染むインテリアを切り取った動画です。

  • Re:CENO product(78)

    オリジナル家具「Re:CENO product」の生産背景や製品への思いを語ります。

  • Buyer's Voice(16)

    製品開発や製品セレクトまつわるストーリーを書いていきます。

  • 製品ストーリー(45)

    製品が生まれる背景や正しい使い方など、プロダクトが本来持つこだわりや魅力を紐解きます。

  • 商品紹介(44)

    商品解説を動画でさらに分かりやすく伝えたい! そんな思いから始まった企画です。

  • リセノ ランチ部(100)

    社内キッチンで、スタッフが協力しながら、美味しく、楽しくをモットーに作っています。

  • お仕事レポート(53)

    Flavorでの仕事の様子をレポートしていきます。

  • お店だより(97)

    リセノのリアルショップ(東京/京都)での日常や、お知らせを綴っていきます。

  • お知らせ(35)

    リセノからのお知らせです。