Web Magazine

ラタンチェア「WICKER BENCH/STOOL」の企画経緯と
コンセプト設計についてお話します。

こんにちは。ヤマモトです。

Re:CENO productから「WICKER CHAIR」のシリーズ
として、新作ベンチとスツールをリリースします。

ラタン×チークで設計した「WICKER CHAIR」は、
とても軽く、ダイニングや書斎のアクセントになる
ことから、大変ご好評いただいています。

本日のマガジンでは、この「WICKER」シリーズに
新たに仲間入りするベンチとスツールを、インテリア
に取り入れるメリットについて紐解いていきます。

ちなみにWICKERシリーズの企画経緯は、CHAIRの
発売時に書いた以下の記事をご参照ください。

「WICKER CHAIR」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

使うほどに味わいが深まる
「チーク×ラタン家具」

2020_11_05_6170ウィッカー(NA)ベンチ_メイン.jpg

チェア・ベンチ・スツールから構成される「WICKER」
シリーズは、Re:CENO productでは初採用となる
樹種「チーク」の無垢材を使用しています。

10.jpg

チークは、世界三代銘木の一つに数えられる高級材で
油分を多く含んでいるため水分や湿気に強く、かつて
は、船の甲板材としても使用されていたほど耐久性に
優れた素材です。

木目は緻密で美しく、しっとりとした感触は、ながく
使っていくほどに深い味わいを増していきます。

4.jpg

また、座面には「ラタンのピール(=皮)」を
編み込んでいます。

9.jpg

ラタンは、非常に強い素材で、何十年と受け継がれて
いけるほどの耐久性があります。

非常に軽量ながらも、強さと柔軟性を兼ね備え、
また、使っていくほどに表面が深みを増します。

座り心地も、ラタンの柔軟性を十分に活かした、
しなやかな弾力を感じさせるものです。

木製の板座とも、ウレタンクッションとも異なる
張りのある座り心地は、とても快適です。

ラタンとチークは、新品のうちから独特の風合いが、
他にはない味わいを感じさせ、また、長い年月の利用
による経年変化で、さらに美しく完成していきます。

アクセントとして、ぜひインテリアに加えていただき
たい製品に仕上がりました。

2020_11_04_5971ウィッカー(BR)スツール_ブログ_弾力.jpg

小さなダイニングも広く使える
「ベンチスタイリング」

2020_11_05_6210.jpg

さて、ここからは、ベンチをインテリアに採用する
メリットを紐解いていきます。

ダイニングには、4つのチェアを揃える方が多いと
思いますが、今回新たなシーンとして提案したいのは
「チェア2脚とベンチ1脚」を合わせるスタイリングです。

ベンチは背もたれがないため、長くリラックスする
のにはあまり向きませんが、その反面、背もたれが
ない分、空間に「抜け感」を感じさせてくれます。

2020_11_05_6232★.jpg

そのため、小さめのダイニングに、なるべく圧迫感を
感じさせず、広く感じさせる効果があります。

さらに、当店人気の「folkダイニングテーブル」に
合わせていただける様に、より圧迫感を減らすために、
脚間にすっぽり収まるサイズに設計しました。

2020_11_05_6126.jpg

使用時以外には、テーブルの下にまるまる入り、通路
をまるまる確保できますので、小さなダイニングを
物理的にも広く使うことができます。

ちなみに両側ともにベンチにしちゃうのも、個人的に
は、わりとアリかなと思ってます。

さらにダイニングに広さを与えることができます。

2020_11_04_6003ウィッカー(BR)ベンチ_ブログ_両側すっぽり(合成_右).jpg

1脚あれば、いろいろ便利に使える
「スツール」

2020_11_04_6082.jpg

続いては、スツールを取り入れるメリットです。

スツールは、背もたれのない簡易的な椅子です。

たまの休みには、友人たちをお家に招いて、ゆっくり
と食事をともにするという方も多いと思いますが、
なかなか複数台の椅子を、余分として用意しておく
ことは難しいものです。

そんな時には、スツールがうってつけです。

そもそも背もたれがない小さな椅子ですので、部屋の
隅にちょこっと置いておいてもいいですし、

2020_11_04_6090.jpg

普段は別用途として、例えば、キッチンでの調理中
の休憩に使ったり、

2020_11_04_6109.jpg

普段は玄関の靴を履く時用の簡易な椅子として使ったり、

2020_11_12_6840.jpg

ソファ横のサイドテーブルとして使ったり、

2020_11_05_6116.jpg

ドア横などにちょっとしたアクセント台として使ったり、

20201106.jpg

と、いろいろに活用できるというかなりの便利アイテムです。

1~2脚持っていれば、インテリアのどこかでは必ず
活躍してくれるアイテムです。

とても軽く、持ち運びしやすいので、
天気のいい日にはテラスへ持ち出して。

IMG_0022.png

また、WICKERシリーズはとても軽いのも良い点です。

スツールの重量は、2.6kg。
ベンチの重量は、5.7kg。
ともに、とっても軽いです。

チークは、古くは船の甲板に使われていたほどに
水に強い木材ですし、ラタンも自然に自生している
蔓(つる)ですので、こちらも水に強いです。

ずっと外に置きっぱなしは、さすがに傷んでくる
可能性がありますが、たまの外置きなら、まったく
問題なし。

2020_11_04_6095.jpg

天気のいい日には、ひょいっと持ち上げて、テラスに
置いて、つまみとビールがあれば、気分の良いテラス
席に早変わり。

背もたれが無いから取り回しが良く、水に強くて軽い
からこそできる即席テラス席。
たまにはこんな使い方もおすすめです。

2020_11_06_6311.jpg

「WICKER BENCH/STOOL」
2020年11月16日より順次予約受付を開始します。

2020_11_04_6038.jpg

というわけで、新たにWICKERシリーズとして発売
するベンチとスツールについて紐解いてみました。

チェアとは違った良さをもつ「背もたれのない椅子」
たちですが、それぞれがチェアとは異なる良さをもち、
生活の「不」を解消してくれる製品です。

座面などの張替えも国内で対応可能ですので、
長くご愛用いただけると思います。

また、オンラインでは11月16日から順次予約での販売
を開始しまして、2021年1月頃にお届けできると思います。

ぜひご検討いただければと思います。

WICKERシリーズ
みんなの保存数:25

暮らしにあったダイニングの選び方

雑貨・食器特集

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「Re:CENO product」の最新記事 4件

2023年12月25日(月)
Re:CENO product

ナポレオンシェルフ「H/A WALL SHELF」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

アンティーク意匠を復刻したウォールシェルフをリリースします。

BM 山本 16
2023年12月27日(水)
僕と私の愛用品

【お家で使ってみた。】スタッフ3名が、復刻家具「ウォールシェルフ H/A」をレビュー

フランスのアンティーク家具を復刻。今回は、5つの「コーディネート実例」と「アイテム選びのコツ」についてご紹介します。

編集部 江上 9
2023年10月12日(木)
Re:CENO product

オーダーテーブル「OAK TABLE」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

「Re:CENO product」から初めてとなる「カスタムオーダー対応」のテーブルをリリースします。

BM 山本 7
2024年3月06日(水)
Re:CENO product

シートクッション「folk Seat cushion」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

新プロダクトとして、オリジナルのチェアにフィットする「シートクッション」をリリースいたします。

BM 山本 3

「Re:CENO product」の人気記事 4件

2021年2月11日(木)
Re:CENO product

フェザーソファ「AGRAカウチ/1.5人掛け」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

AGRAシリーズに新たに仲間入りする「カウチソファ」「1.5人掛けソファ」について、利用シーンとともに紐解いていきます。

BM 山本 635
2019年8月06日(火)
Re:CENO product

「folk伸長式ダイニングテーブル」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

「伸長式」「楕円形」に仕上げたオリジナルダイニングテーブルについて、設計コンセプトを紐解いていきます。

BM 山本 538
2020年2月22日(土)
Re:CENO product

フェザーソファ「AGRA」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

Re:CENO productから2年半ぶりに登場する新作ソファの企画経緯とコンセプトをご紹介します。

BM 山本 372
2020年9月04日(金)
書斎の基本

ユニットシェルフ R.U.Sでつくる、「デスク」の魅力をご紹介します。

ユニットシェルフだからこそ、気軽に取り入れられる「デスク」としての魅力をご紹介します。

店舗MG 岩田 334

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』