Web Magazine

ユニットシェルフ R.U.S の薄型タイプが、
いよいよ販売スタートです!

Re:CENOオリジナルの ユニットシェルフR.U.S に、
いよいよ新しいタイプが、追加されます!

今回新たに追加されるのは、奥行きが通常タイプの
約半分になった、省スペースな薄型タイプです。

組み合わせが自在で、可変性の高いR.U.Sが
薄型になることで、置ける場所や組み合せの
バリエーションがさらに増え、収納の可能性がグッと広がります!

今日はそのR.U.S 薄型タイプを、販売前に一足お先にご紹介します^^

ユニットシェルフ R.U.S とは?

新しいR.U.Sは、省スペースな薄型タイプ

20181214195015.jpg

新しく販売するR.U.Sは、これまでのR.U.Sに比べて
省スペースな薄型タイプです。

薄型タイプと通常タイプを比較すると、こんなに奥行きが違います。

20181214200359.jpg
こちらが薄型タイプ。圧迫感ないデザインが魅力です。

20181214200429.jpg
通常タイプは奥行きがある分、収納力があります。

通常タイプは奥行き43cmに対して、新しいタイプは23cm。
奥行きが20cmも、コンパクトになりました。

シェルフって奥行きが、通常40cm前後のサイズが多く
23cmの薄いシェルフって、実は意外と少ないんですよね...

R.U.Sに薄型が追加され、圧迫感を軽減できたり、
これまで設置を諦めてたスペースに、収納が置けるようになりました!

薄型タイプは、こんなスペースに。

R.U.S 薄型タイプは、こんなスペースで活躍します。

  • 開放感を出したいスペース
  • 収納を置きたいけど、空間が狭いスペース

20181214201359.jpg
アイアンを使用した従来の細さに、薄くなることでさらに圧迫感を軽減。

リビングやキッチンのメイン収納って
どうしても大きく圧迫感がありますが、
同じ幅・高さでも、奥行きが薄くなることで、圧迫感を軽減できます。

薄型タイプは、ただ薄いだけじゃなく"適度に薄い " ところも魅力。

例えばシェルフボード(棚板)の奥行きは20cmですが
このサイズは、リビングでは雑誌や文庫本が、
キッチンでは、使用頻度の高い21cmのプレートが収納しやすいサイズ。

開放感あるスペースにしたくて、さらに収納するモノが
そんなに大きくない場合は、この薄型がぴったりです。

20181217194050.jpg

また薄型は、洗面所や玄関など狭いスペースにも適しています。

今まで、収納を置きたかったけど、
スペースが足りなかったリ、なんとか置けても、
導線が狭くなったり、そんな理由で収納が置けなかった経験ありませんか?

薄型はそんなスペースに設置しやすく、
しかもただ薄いだけでなく、収納物に応じて
ぴったりなパーツを選べたり、5cmピッチで高さを調整できたり。

20181214195930.jpg
収納するモノにぴったりな高さを選べます。

薄型タイプが登場し、今まで置けなかったスペースに、
そのスペースにあった収納を選べるようになりました。

わが家では、玄関で活躍中。

20181217203446.jpg

わが家では、R.U.Sの薄型を玄関で使用しています。

ずーっと靴が散らかっていて、整理できていなかった玄関。

その玄関に合う収納を探していて、
R.U.Sの薄型を試したところ、我が家の玄関にぴったりハマりました。

20181217203521.jpg

この時期は、マフラーや手袋などの防寒グッズを
R.U.Sに収納して、おでかけまえの必須アイテムを1箇所に集約しています。

朝の支度がちょっと楽になり、見た目もスッキリ整って、満足です^^

待望の薄型タイプは、12月21日から販売予定です。

20181217195955.jpg

今回ご紹介しました R.U.S 薄型タイプは、
12月21日(金)から、販売スタートする予定です。

ご紹介しきれなかったR.U.Sの魅力は、
商品ページで、たっぷりご紹介いたします ^^

徐々にいろんな組み合わせを追加していきますので、
ぜひ楽しみにお待ちください!

それではまた~。

ユニットシェルフ R.U.S 一覧

Styling Furniture

R.U.S おすすめセット #9【薄型】

¥ 47,100


R.U.S おすすめセット #20【薄型】

¥ 120,000


R.U.S おすすめセット #8【薄型】

¥ 80,000


R.U.S 薄型パーツ各種 ~パーツから選ぶ~

¥ 17,200 ~


R.U.S おすすめセット #19【薄型】

¥ 65,500




View More
みんなの保存数:72

暮らしにあったダイニングの選び方

雑貨・食器特集

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「Re:CENO product」の最新記事 4件

2023年12月25日(月)
Re:CENO product

ナポレオンシェルフ「H/A WALL SHELF」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

アンティーク意匠を復刻したウォールシェルフをリリースします。

BM 山本 16
2023年12月27日(水)
僕と私の愛用品

【お家で使ってみた。】スタッフ3名が、復刻家具「ウォールシェルフ H/A」をレビュー

フランスのアンティーク家具を復刻。今回は、5つの「コーディネート実例」と「アイテム選びのコツ」についてご紹介します。

編集部 江上 9
2023年10月12日(木)
Re:CENO product

オーダーテーブル「OAK TABLE」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

「Re:CENO product」から初めてとなる「カスタムオーダー対応」のテーブルをリリースします。

BM 山本 7
2024年3月06日(水)
Re:CENO product

シートクッション「folk Seat cushion」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

新プロダクトとして、オリジナルのチェアにフィットする「シートクッション」をリリースいたします。

BM 山本 3

「Re:CENO product」の人気記事 4件

2021年2月11日(木)
Re:CENO product

フェザーソファ「AGRAカウチ/1.5人掛け」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

AGRAシリーズに新たに仲間入りする「カウチソファ」「1.5人掛けソファ」について、利用シーンとともに紐解いていきます。

BM 山本 635
2019年8月06日(火)
Re:CENO product

「folk伸長式ダイニングテーブル」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

「伸長式」「楕円形」に仕上げたオリジナルダイニングテーブルについて、設計コンセプトを紐解いていきます。

BM 山本 538
2020年2月22日(土)
Re:CENO product

フェザーソファ「AGRA」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

Re:CENO productから2年半ぶりに登場する新作ソファの企画経緯とコンセプトをご紹介します。

BM 山本 372
2020年9月04日(金)
書斎の基本

ユニットシェルフ R.U.Sでつくる、「デスク」の魅力をご紹介します。

ユニットシェルフだからこそ、気軽に取り入れられる「デスク」としての魅力をご紹介します。

店舗MG 岩田 334

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』