Web Magazine

家具選びをはじめる前に、読んでほしい
「使い心地と、見心地」と「充足感」についてのお話

こんにちは。やまもとです。

みなさんは、家具を選ぶ時に、どんな基準で選んで
いますか?

 ・デザイン
 ・サイズ
 ・機能性
 ・価格
 ・ブランド
      etc......

など、様々な基準がある中で、雑誌やSNSをいろいろ
と見てみたり、Webサイトを見てみたり、実際に家具
屋さんに足を運んでみたり、人に聞いてみたり、とさ
れながら、徐々に自分に合った家具を選んでいくのだ
ろうと思います。

家具選びについては、ほとんどの人が「素人」です。

なぜなら、ファッションなどと異なり、若い頃から何
度もトライ&エラーを繰り替えしながら、徐々に上手
になっていくという過程を、家具選びでは行えないか
らです。

家具は、ファッションと違って、何度も買い直したり
することはないですからね。

どうしても、経験値を積みづらいのです。

20230315-9.jpg スタッフ岩部邸。好きな家具に囲まれた暮らしは、素敵です。

経験値が積みづらいですので、なかなか「家具選び」
というものについて、自分なりの価値基準を作りづら
く、結果として、購入したものをなんとなく使ってい
たり、組み合わせたりしていることと思います。

リセノでは「具体的な家具選びの方法」ということも
多数の記事や動画にしたり、書籍にしたりとまとめて
いますが、

センスのいらないインテリア

今日の投稿は、そのすこし前の部分のお話です。

具体的な家具選びの知識の前に、

 ・どういう基準で、家具を選ぶと良いのか
 ・自分はどうしたいのか
 ・暮らしの中でどう感じたいのか

という「概念」「思考」的なところについて、書き記
していこうと思います。

家具選びのエピソード0として、すこし考えるきっかけ
になればと思います。

家具選びは「2つの心地」の理解が大切。
「使い心地」と「見心地」を考えましょう。

20230315-3.jpg

家具選びの考え方としては「2つの心地」について、
理解することが、とても大切です。

「2つの心地」とは、

 「使い心地」と「見心地」

の2つです。

順に説明していきましょう。

機能性やサイズなどの「使い心地」

2019_08_01_6119.jpg

まずは「使い心地」についてです。

家具は、普段の暮らしで「道具」として、毎日使う物です。

ですから、座り心地であったり、触り心地、使いやす
い設計、サイズ、(照明なら)明るさ......など、快適
な使い心地を有していることは、絶対条件です。

いかにデザインが美しくとも、座り心地の悪いチェア
は要りませんし、サイズの足りないテーブルも×です。
また、素敵な照明であっても、明るさが足りなければ、
役に立ちませんね。

20230510.jpg

つまりは、家具は「暮らしやすくするための道具」で
すから、機能性としての「使い心地」を備えている事
は、とても大事なわけです。

これを専門的な言葉で言うと「機能美を有している」
という言い方をします。

このように、家具を選ぶ際には、まず大前提として、
「使い心地が良い」という点が必要なわけです。

使い心地 = 機能美

目で愛でて、心も満たす「見心地」

20210511-09.jpg

前項でお話した「使い心地」について、多くの人が
「そりゃそうだよ。当たり前だよ。」と、思われる
方が多いことでしょう。

必要なサイズのテーブルがなければ、人数分の食事を
置けませんし、快適な座り心地のチェアがなければ、
食事を楽しみながらの会話も弾みませんね。

「使い心地」は、絶対条件です。

では「使い心地」が、十分に足りている家具があれば
暮らしは豊かになるのでしょうか?

答えは、NOだと思います。

もし、多くの人が「使い心地」だけで満足するのであ
れば、ファッションは、おしゃれを楽しむ必要はなく、
寒さをしのげればいい、体を隠せればいいということ
になってしまいます。

また、食事であれば、お腹が膨られればいいという事
であれば、美味しい食事を楽しむ必要さえ無くなって
しまうでしょう。

つまり、人というものは

 「機能が満たされれば、満足」

という風にはできていないのです。

20230405-04.jpg

そして、それは家具選びにおいても、例外ではありません。

だからこそ「使い心地」と同時に、とても重要になっ
てくるのが「見心地」という考え方です。

見た目の美しさ = 「見心地」が大事なのは、なぜでしょう。

その答えは、人は美しいものを見たり、触れたりする
ことで、心が喜んだり、気持ちが安らいだりする感覚
を得るからです。

家具やインテリアは、日々の暮らしの中で、幾度とな
く目にしたり、触れたりします。

それは一年を通して毎日の事ですから、お気に入りの
洋服などよりも、さらにさらに多いのです。

暮らしの中で、ふと目にしたり、触れたりした時に、

「きれいな椅子だな。素敵だな。」
「美しい照明だな。買ってよかったな。」
「このソファー、最高だな。」

といった風に「美しいものを、見て楽しむ」という
満足を感じることができます。

これを「機能美」に対して、「造形美」と言います。

見心地 = 造形美

「使い心地と、見心地」が揃うことで、
「心の充足」が生まれます。

20230501112158.jpg

そして「使い心地」だけでなく、「見心地」が揃った
家具を使うことで、ひとつの感情変化が起こります。

それが「心の充足」です。

これは、ずっと欲しかった洋服を手に入れた時や、素
敵なレストランで、特別に美味しいご飯を食べた時、
特別なホテルや、旅館などに泊まった時などに起こる
感情に近いものです。

つまりは、

 「いいものを手に入れて、嬉しいな。」
 「貴重な経験ができて、嬉しいな。」
 「よく頑張って働いた自分を褒めたいな。」

という、自分自身を褒めてあげたいような、手に入れ
た喜びをかみしめるような、そんな満たされた感覚です。

これが「心の充足」です。

ただ使うために必要な機能だけを備えた家具と異なり、
「使い心地と、見心地」の両方が合わさった家具を手
に入れた時には、こんな感情が起こるのです。

20230315-14.jpg

なぜそう言い切れるのかというと、僕自身が20年以上
もインテリア業界で仕事をしてきて、ふつうの人より
も、たくさんの家具、たくさんの家、たくさんの経験
を、広く、深く積んできたからです。

「使い心地と、見心地」から得られる「充足感」は、
僕自身が、日々、実感しています。

その感情を早くに知った僕は、自宅には美しい家具を
配しています。

それらがふと目に入る度に

「あぁ。なんだかいいな。満足だな。嬉しいな。」

と思うのです。

例えば、リビングから見るダイニング。

20230315-17.jpg

目に入るダイニングテーブルとチェア、照明の美しさ
に心が安らぎ、持っている嬉しさに思わず「にやり」
とします。

家具は良いものは一生使えますから、この美しい家具
によって、ずっと気持ちを喜ばせ続けることができる
のです。

20230315-4.jpg

また、ダイニングから見るリビング。

そこにあるソファーの美しさには、いつまでも眺めて
いたくなる感覚があり、また、アートに目をやると、
その調和に、心が落ち着く感覚があります。

-----

こんな風に、家具やインテリアには

 ・「使い心地」としての美しさ = 機能美 = 利便性
 ・「見心地」としての美しさ  = 造形美 = 充足感

の2つがとても大事だとわかります。

機能美だけでは、用は為すものの、心の充足までには
至りませんので、同時に「見心地」の良いものを選び
「心の充足」に達する事が、美しいお部屋作りの要素
だと思うのです。

使い心地 + 見心地 = 充足感

「良質な家具」は長く使えるので、
実はコスパが良いという考え方も。

20230427-04.jpg

「使い心地と、見心地」が揃った家具を使うことは、
「心の充足」につながるという考え方をご理解いただ
けたでしょうか。

この考え方は、実は「家具選び」に限ったものではな
く、ファッションや食事、宿泊、生活用品などなど、
すべての物事に通底する考え方でもあります。

デフレの日本では100円均一ショップを筆頭に、どう
しても「安くて、良いもの」にフォーカスが当たりが
ちです。

でも、やはり「高くて、良いもの」を使うことには、
その「造形美」を愛でることができるという特典が
あるとともに「自分自身を褒める、認める」という
充足感を感じるまでがセットになっているのです。

20230118-9.jpg

ここで注意していただきたいのは

「高価なものが、絶対に良いものだ。」

という言っているわけではありません。

安くても、自分のなかで「使い心地と、見心地」が
満足できるものもたくさんあります。

基本は、価格の話ではなく、

使い心地 + 見心地 = 充足感を感じることを目的にする

という「充足感」までを1つのセットとして考えることです。

もちろん「使い心地と、見心地」が良いからこそ、
価格が高いものは、たくさんあります。

誰しもが持っているお金は有限ですから、自分の中で
どこにお金をかけるのか、かけないのかを、選んでい
くことが大切なのです。

agra3na-blog30.jpg

ちなみに、リセノで取り扱う家具は、質の良い材料や
質の良い職人などによって、高い価格の家具もたくさ
んあります。

それは、家具の企画・設計・デザインを手掛けている
僕自身が「使い心地と、見心地」を兼ね備えた家具の
価値を知っているからこそ、安価な材料で、数年しか
もたないような家具を、提供したくないからに他なり
ません。

高価な家具は、品質が良いので、10年、20年、30年と
いう長いスパンで使い続けることができます。

ものによっては、子供から孫へと、使い続けられる
家具もたくさんあります。

北欧家具などは、その象徴的な家具です。

20230315-20.jpg

代々使えるような丈夫で、長く飽きずに愛でることの
できる家具は、安価な家具を数年経って捨ててしまう
よりも、結局、コスパは格段に良いです。

例えば、

 1万円のチェアを1年で捨てると、10,000円÷365日=「1日あたり27円」

 10万円のチェアを20年使うと、100,000円÷7,300日=「1日あたり13円」

という計算になり、初期投資は高くかかるものの
最終的には、半分の価格で済むわけです。

しかも「1日あたり」は、「同じ1日」ではなく、

「心が充足し、豊かな気持ちをもらえる1日あたり13円」

     と 

「価格で選んだものを、仕方なく使う1日あたり27円」

ですから、その価値は歴然なわけです。

「使い心地と、見心地」から生まれる「心の充足」
をイメージして、家具選びをスタートしましょう。

20230510-2.jpg

今回のマガジンでは、具体的な家具選びの方法という
ことの前段階として、

 ・どういう基準で家具を選ぶと良いのか

という「概念」や「思考」的なものにフォーカスして
書き記してきました。

家具選びは、初めての方には何を指針に選べば良いの
かの見当が付きづらいものです。

それがゆえに、その場しのぎの安価な家具を買ってし
まうと、後々に、結局は買い替えたくなってしまい、
「安物買いの銭失い」になりがちです。

家具選びの際には、

 ・使い心地
 ・見心地

の両面を備えた家具を選び、日々の心の充足までを
イメージしながら、選ぶように心がけましょう。

そうすると「一人暮らしする時に、初めて買った家具」
が、一生物として長く愛用できる「唯一無二の家具」
になるかもしれません。

本投稿が、家具選びの考え方についての参考になれば
嬉しいなと思います。

みんなの保存数:49

夏の素材特集

ベッド・寝具特集

お部屋の衣替え
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「リビングの基本」の最新記事 4件

2024年4月15日(月)
僕と私の愛用品

【お部屋作りのアイデア帖】子どもと暮らす18畳LDKを、理想の空間にするコツ3選

子どもと暮らしながら理想のお部屋にするために、大切にしていることについて。

福岡店店長 榎本 7
2024年3月28日(木)
リビングの基本

【お部屋作りのアイデア帖】1K7畳の1人暮らしのお部屋で、音楽や映画を楽しむための3つの工夫

日常を豊かにするための「趣味」を楽しむ一人暮らし。取り入れている工夫をご紹介します。

福岡店 濱田 7
2024年5月01日(水)
リビングの基本

使い込むほど柔らかい。通年使えるコットンブランケットの魅力とは?

なにかと頼れる万能アイテム。機能性の高さとおすすめの商品をご紹介します。

商品部 大原 1

「リビングの基本」の人気記事 4件

2018年1月09日(火)
リビングの基本

家具の配置で、居心地の良さが変わる!リビング・ダイニングのレイアウトの基本をご紹介します。

リビング・ダイニングの配置の基本を知って、家族みんなが暮らしやすい空間を作りましょう!

お客様係 山崎 889
2019年12月17日(火)
リビングの基本

テーブルのないリビングのメリットと、快適に過ごすためのコツを知ろう!

何となく置いてしまうことの多い、リビングテーブル。無くした場合のメリットや、快適に過ごすコツをご紹介します。

お客様係 山崎 519
2020年7月17日(金)
インテリアを学ぶ

知っておきたい「リビングテーブル」の選び方~サイドテーブル編~

テーブル選びで、サイズ感の次に大事なポイントは?

編集部 江上 84
2021年7月09日(金)
コーディネートの基本

「住み心地のいいお家」の特徴って?おうち時間を好きになる6つのアイデア

「外」と「お家」に繋がりを作って、開放感のあるインテリアを実現しよう。

編集部 江上 67

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』