Web Magazine

デスクライトの正しい選び方は? おすすめのライトをご紹介します。

こんにちは。
Re:CENO TOKYOの大森です。

コロナウィルスの流行により、働き方が変わり
「在宅ワークがメイン」という方もいらっしゃるかと
思います。

実は、在宅ワーク環境を整える上で
注目すべきアイテムが「デスクライト」なのは
ご存知でしょうか?

デスクライトとは、手元を明るく照らし、
作業効率を高める照明機器のことです。

手元がはっきり見えることで、
作業中の目の負担を軽減できる効果があります。

デスク、チェアーだけでなく、デスクライト選びにも
こだわっていただくことで、疲れにくく、
作業効率の高い在宅ワーク環境を作ることができます。

そこで今回は、
デスクライトの正しい選び方をお伝えし、
厳選したおすすめ商品を3つご紹介いたします。

デスクライト選びのポイント

anglepoise-mi-3-thumb-694x694-100287.jpg

一口に、デスクライトといっても、タイプは様々。

ここからは、デスクライトの特徴を踏まえて、
デスクライト選びのポイントを4つご紹介します。

「スタンドタイプ」と「クランプタイプ」

1-b.png

デスクライトは、大きく分けて
「スタンドタイプ」と「クランプタイプ」の
2つに別れます。

「スタンドタイプ」は、ライト単体で自立して、
デスクの好きな位置に配置できるタイプのこと。

また、昼は書斎のデスクで使い、夜は寝室で使うなど
シーンに応じて使用場所を変えたい時でも、
さっと移動することができます。

そのため、1つのデスクライトを別々の場所で
使いたい方は、「スタンドタイプ」がおすすめです。

26411836_m-2.jpg

一方、「クランプタイプ」は、クランプと呼ばれる
固定金具を天板端に取り付けて使用するタイプです。

デスクサイズがコンパクトな場合であっても、
幅広く作業スペースを確保できます。

ただし、「スタンドタイプ」と異なり、
他の場所に移動して使う際は、
固定金具の取り外しが必要です。

そのため、一箇所専用のライトとして、作業スペースを
無駄なく使いたいという方におすすめです。

照射範囲を決める

anglepoise-mi-blog8-2.jpg

作業内容に応じて、光を照らす範囲が
変わるのはご存知でしょうか。

パソコン作業の場合は、ディスプレイや
キーボードに合わせて幅広のライトがおすすめです。

また、文字を書く作業の場合は、手元を明るく照らす
スポットライトが適しています。

このように、行う作業内容に応じて
ライトの照射範囲を確認することが重要です。

作業内容に合わない照射範囲のものを選ぶと、
疲れ目の原因になることがありますので、
注意して選びましょう。

角度調節ができる

anglepoise-mi-blog4.jpg

デスクワークをする際は、PC作業の他に、
メモを取ったり、資料を探したりと、
たくさんの動作を行うかと思います。

作業内容によって照らしたい場所も変わるはず。

角度調節ができるデスクライトであれば、
照射場所を楽に変えることができます。

20220327195215-thumb-800x800-80069.png

また、作業外の時には、壁や見せたいものに光を
照射させて、関節照明として使うこともできます。

単にデスクライトとしてだけではなく、
雰囲気を作るインテリア要素もプラスできるため、
活用の幅が広がります。

調光・調色機能がある

anglepoise-mi-blog7.jpg

調光は、明るさを変えられる機能で、
調色は、色味を変えられる機能を言います。

明るさは、部屋の環境に合わせて適宜調節すると
目に優しく、疲れにくい空間に。

色味は、勉強や細かい作業をする際は、白い光の
「昼光色」が適しており、寝る前には暖色系の
「電球色」が良いと言われています。

ワット?ルーメン?ルクス?とは

20230227125911-2.jpg

照明は、様々な光の単位でその度合を表します。
それぞれ、どんなことを表しているのかが分かると
照明選びがぐっと楽になりますのでご参照ください。

  • ワット(W)...仕事率(単位時間にあたりに消費するエネルギー)を表す単位
  • ルーメン(lm)...光源の能力値・性能を表す単位/光の総量
  • ルクス(lx)...照度を表す単位

ワットは、あくまで仕事率を表す単位ですので、
同じ60Wの電球でも明るさが異なる場合があります。

その際は、ルーメン値を確認すると、
明るさを比較できます。

おすすめのライト3選

copying-7-thumb-694x694-66594.jpg

ここからは、リセノがおすすめするデスクライトを
3つご紹介いたします。

特徴やメリット、おすすめの使い方などを見て、
デスクライト選びの参考にいただればと思います。

ANGLEPOISE 90 mini mini

anglepoise-mi-blog1.jpg

スタンドタイプのコンパクトなデスクライト。
軽量で持ち運びに適しています。

anglepoise-mi-blog3.jpg

USB給電に対応しているため、パソコンがあれば
どこでも使用できるのが嬉しいポイント。

4-b.jpg

シェードが360度回転し、角度調節が自由自在です。
無段階調光式で、利用シーンに合わせて活躍します。

場所を取らないサイズ感ながら、
必要な機能を満たした万能なデスクライトです。

かわいらしいフォルムから、デスク上の
インテリアアイコンとしてもおすすめ。

アングルポイズ補正済.jpg

ベッド横に置いて、読書灯としても活躍します。

ANGLEPOISEについては、こちらでも
詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

【わたしの愛用品】リモートワークに最適!機能的なミニデスクライトをご紹介します。

COPYING テーブルライト

copying-blog1.jpg

削り出された曲線が、とても美しいライト。

光が上下に放射されることで、手元と壁に
光を当てることができます。

copying-blog4.jpg

電球にはめるタイプのシェードで、
この機構のおかげで適度な角度調整が叶います。

copying-blog3.jpg

スリムな接地面のため、作業スペースを圧迫せず
好きなところに配置してご利用いただけます。

一般的にデスクライトは、機械的でどこか
さっぱりした印象を感じるものが多いですが、
こちらのCOPYING(コピング)は、機能性と
インテリア性を兼ねた味わいのあるライトです。

SIENI テーブルライト

sieni-tl-blog20.jpg

スタンドタイプから派生した
「ポータブルタイプ」の照明。

コードレスで持ち運びが自由なのが、最大の特徴です。

sieni-tl-blog23.jpg

5時間のフル充電で、6.5~65時間の連続使用が可能。

無段階調整で、夕方はうっすらと灯し、
夜間は光量を上げて、楽しむことができます。

さきほどのCOPYING(コピング)同様に、
電球に付けるタイプのシェードで、角度調整できます。

8-b.jpg

コロンとかわいらしいサイズ感のため、
テーブル上で明るさを確保するよりも、
デスク周りの雰囲気を作りたいという方におすすめ。

sieni-tl-2560-thumb-694x694-71283-2.jpg

ダイニング、ソファー横、デスク、寝室と、
どんな生活空間にも溶け込む身軽なライトです。

目が疲れにくい、デスクライトの使い方

_DSC1609.jpg

ここまでデスクライトの選び方、おすすめライトを
ご紹介しましたが、その使い方にもコツがあります。

「デスクライトを使っているのに、疲れやすい」
といったことにならないように、
下記の項目をチェックしましょう。

  • 直接光源が目に入らない位置にする
  • 部屋の照明を消さない
  • 明るさを調節する

anglepoise-mi-blog5.jpg

光源が直接目に入ってしまうと、眩しさで
見えづらいだけでなく、目の疲れにつながります。

高さ、角度を調節して眩しくない位置にしましょう。

また、デスク作業をする際は、
部屋の照明を消さないことも重要です。

真っ暗なお部屋でデスクライトだけが点灯していると、
明暗差が生じ、疲れ目の原因になることも。

部屋全体の明るさとデスクライトの明るさを調整し、
適切な作業環境を作りましょう。

デスクライトを正しく選んで、作業効率アップ

sieni-tl-2560-thumb-694x694-71283-2-2.jpg

デスク環境で後回しになりがちなデスクライトですが、
長時間の作業を手助けしてくれる大事なアイテムです。

デスク作業が終われば、
ダイニングテーブルに移してライトを使用する。

お風呂上がりに寝室にライトを移動させて、
読書や絵本を楽しむ。

など、1つで多用途に使えるものがたくさんあります。

ぜひ、ご自身の生活を手助けする照明機器として、
デスクライトを導入してみてはいかがでしょうか。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

Styling Furniture

テーブルライト ANGLEPOISE 90 MINI MINI

¥ 26,400


テーブルライト COPYING

¥ 28,600


テーブルライト SIENI

¥ 25,800




View More
みんなの保存数:3

暮らしにあったTVボードの選び方

照明特集

暮らしにあった照明の選び方

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「照明の基本」の最新記事 4件

2023年8月29日(火)
照明の基本

シーリングライトの正しい外し方とは? 安全に照明を取り外す方法

シーリングライトは、自身で取り外すことが可能です。

商品部 関 13
2023年8月30日(水)
照明の基本

デスクライトの正しい選び方は? おすすめのライトをご紹介します。

作業効率がアップするデスクライトの選び方をご紹介します。

二子玉川店 店長 大森 3
2023年8月24日(木)
照明の基本

照明器具の捨て方とは? 処分方法4選と手順をご紹介します。

意外と知らない照明器具の捨て方。処分方法や注意点を詳しくご紹介します。

福岡店 立脇 1

「照明の基本」の人気記事 4件

2015年8月05日(水)
インテリアを学ぶ

白熱球・蛍光球・LEDの違いを比較! 上手に使い分ける方法とは?

今回のマガジンは「自分の部屋にあった電球は?」の疑問にお答えします!

品質管理 遠藤 914
2015年8月03日(月)
コツとノウハウ(動画)

【動画】照明のコードを簡単に短くする結び方をご紹介します。

照明のコードを簡単に短くする結び方をご紹介。とっても簡単なのに、きれいに仕上がります!

BM 山本 692
2015年12月08日(火)
インテリアを学ぶ

多灯照明を楽しもう。取り付け簡単なダクトレールの設置方法をご紹介します。

照明の幅がグッと広がる、簡易ダクトレールをご紹介。

商品部 関 622
2015年9月16日(水)
インテリアを学ぶ

シーリングライトとは? ペンダントライトとの使い分け方を解説

メインの照明は、どっちがいいのか?2タイプの照明の特徴を、わかりやすく説明します!

品質管理 遠藤 399

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』