Web Magazine

使いやすく心地よい。
キッチンにおすすめな「見せる収納」

みなさまこんにちは。
おかもとです。

今回のマガジンのテーマは、
キッチンにおける「見せる収納」です。

我が家のキッチンでは、
DIYによる「見せる収納」を取り入れているのですが、
実生活の中で感じたおすすめな理由について
書かせていただきました。

ぜひ最後までお読みいただければと思います。

10_%E7%B8%A6

我が家のキッチンは、
リフォームとDIYを組み合わせた「見せる収納」

11_%E6%A8%AA

我が家は、3年ほど前に中古マンションを購入し、
業者さんによるリフォームとDIYを組み合わせながら、
キッチン収納を作りました。

元々は、戸棚や直置きのキッチンカウンターなどの
「隠す収納」でスッキリさせていたのですが、
飾る楽しさや利便性を求めて、
壁に吊り下げるタイプの「見せる収納」を追加。

今のキッチンの姿にたどり着きました。

【 My DIY HOME 】キッチン収納にひと工夫。 出し入れが楽な壁掛け小棚をDIY!

キッチンを「見せる収納」にして感じたメリット

毎日の生活で感じる「利便性」の高さ

12_%E3%82%B5%E3%83%83%E3%81%A8

「見せる収納」と聞くと、技術やセンスが要りそうで、
少し難しそうに聞こえる方もおられるかもしれません。

でも我が家では、よく使うものをデザイン性の高い
キャニスターに入れたり、茶器や計りなどの
お気に入りアイテムを並べているだけの簡単なもの。

13_%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC

この「よく使うもの」というのがポイントで、
コーヒー豆や砂糖などのように、頻繁に使うものが
さっと取れる位置にあるというのは本当に便利。

棚を開けたり引いたりする
1アクションが減るだけでも利便性の高さを感じます。

入り切らないものや、デザインが好きじゃないものは、
「隠す収納」にしまうのですが、
使い分けできるスペースがあることも
「見せる収納」を楽しむポイントになっています。

好きなものが空間に存在する「心地よさ」

14_%E5%A5%BD%E3%81%8D%E3%81%AA%E3%82%82%E3%81%AE

「見せる収納」のもう1つのポイントは、
やはりディスプレイではないでしょうか?

このキャニスターは、市販のガラス製のものに、
趣味のかご編みでカスタマイズしたもの。

「隠す収納」だけだった頃は、
こういったものも飾れませんでしたが、
思い入れのあるものが空間に存在すると、
自然と心地よさを感じます。

15_%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A4

こちらもDIYで作った額に、
旅行先で撮った写真を合わせたお気に入りの作品。

スペースは限られているので、お気に入りが増えたら、
1軍2軍を入れ替えたり、そんな作業も、
またちょっとした楽しみだったりします。

DIYだから楽しめた
「サイズ選び」や「素材選び」

18_%E5%B9%85

我が家の「見せる収納」はDIYだったので、
戸棚の幅に合わせたサイズにしたり、
好きな素材で作ったりという楽しみがありました。

17_%E7%B4%A0%E6%9D%90

棚板は、ラバーウッドのオイル塗装にして、
作業台で邪魔にならないよう奥行きを短く。

16_%E9%AB%98%E3%81%95%E3%81%A8%E5%A5%A5%E8%A1%8C%E3%81%8D

ベルト部分は、コーヒーキャニスターなどの、
ある程度高さのあるものを置けるよう、高めの設計に。

こんな風に「見せる収納」を
DIYで取り入れるメリットもあるので、
是非気になる方は検討してみてください。

リセノアイテムで探す
「見せる収納」キッチンタイプ

Re:CENOで販売中のアイテムから、
「見せる収納」をご紹介。

フィットした一台を見つけてください。

ひとり暮らしでも取り入れやすい1列タイプ

rusreco57_1.jpg

まずはひとり暮らしにもおすすめな1列タイプ、
「ユニットシェルフ R.U.S おすすめセット #57」です。

幅91cmと取り入れやすいサイズ感ですが、
上段は「見せる収納」、
下段は大きめのスライド棚付きドロワーと
ひとり暮らしには十分な容量。

rusreco57_2.jpg

収納物に合わせて棚板の位置も変更できるので、
見せるアイテム選びも広がります。

大き過ぎないけどしっかり収納できる1.5列タイプ

rusreco60_1.jpg

賃貸にも取り入れやすい大きさの1.5列タイプ、
「ユニットシェルフ R.U.S おすすめセット #60」です。

幅136.5cmと大き過ぎないサイズ感ですが、
2人ぐらしでも使いやすい収納量を持っています。

rusreco60_2.jpg

お酒や調味料のボトルを並べたり、
カゴを使ったアレンジを楽しんだり、
見せる・隠すのバランスが良い収納です。

ファミリーに便利な2列タイプ

rusreco7_1

最後に紹介するのは、
ファミリーにおすすめな2列タイプ、
「ユニットシェルフ R.U.S おすすめセット #7」です。

幅182cmと大きめのサイズ感ですが、
片側にちょっとした作業スペースがあるので、
お料理の準備などもしやすくなっています。

rusreco7_2

出し入れがしやすく収納力も高いので、
設置スペースにゆとりのあるお家におすすめです。

「見せる収納」を取り入れて、
快適なキッチンに。

10_2.jpg

いかがでしたかでしょうか?

家事に追われて作業場になりがちなキッチンですが、
見せるエリアがあると、ちょっとした工夫や
遊び心あるアイテムを置くだけで楽しめる空間に。

気になった方は、是非取り入れてみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Styling Furniture

R.U.S おすすめセット #57【通常】

¥ 154,380 ~


R.U.S おすすめセット #60【通常】

¥ 189,380 ~


R.U.S おすすめセット #7【通常】

¥ 143,400




View More
みんなの保存数:20

バイヤーがご案内する収納選び

雑貨・食器特集

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「キッチンの基本」の最新記事 4件

2023年5月15日(月)
リビングの基本

家具選びをはじめる前に、読んでほしい「使い心地と、見心地」と「充足感」についてのお話

どういう基準で、家具を選ぶと良いのかの思考法について解説します。

BM 山本 48
2023年9月29日(金)
キッチンの基本

使いやすく心地よい。キッチンにおすすめな「見せる収納」

実生活の中で感じた「見せる収納」がおすすめな理由についてご紹介いたします。

デザイナー 岡本 20
2023年6月13日(火)
ダイニングの基本

【6畳以下】狭いダイニングキッチンを広く見せるレイアウトのコツ

「圧迫感を軽減」「動線を確保」「デッドスペースを有効活用」の3項目を抑えましょう。

品質管理 遠藤 10
2024年3月22日(金)
キッチンの基本

新生活準備! 揃えておきたい食器の基本と選び方

新生活に準備したい食器の基本とは? 選び方のポイントとおすすめの食器4選をご紹介します。

二子玉川店 人見 3

「キッチンの基本」の人気記事 4件

2022年2月09日(水)
キッチンの基本

サイズの観点からみる、プレートを揃える順番についてご紹介します。

私が行きついたプレートを揃える優先順位について、3サイズに分けてご紹介します。

元生産管理 松本 80
2016年11月22日(火)
インテリアを学ぶ

食器棚やキッチンカウンターの種類は?基本の3タイプをご紹介

キッチン収納をどういう基準で選べばよい?カップボード、レンジボード、キッチンカウンターの違いを紹介します。

品質管理 遠藤 59
2023年5月15日(月)
リビングの基本

家具選びをはじめる前に、読んでほしい「使い心地と、見心地」と「充足感」についてのお話

どういう基準で、家具を選ぶと良いのかの思考法について解説します。

BM 山本 48
2022年12月06日(火)
キッチンの基本

毎日の食卓をちょっぴり豊かに「天然木のお椀」の魅力

毎日手に取るものだからこそ、お気に入りの1点を。

お客様係 松井 40

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』