【お知らせ】 ゴールデンウィークの営業と配送について



Web Magazine

【食べるしゃべる眠る。】第三話|ぼくと妻との家計の関係

妻:2000円ずつカンパでいい?
ぼく:わかった

ぼくがサラリーマンとして働き、
妻が小さなピアノ教室を営み、
娘が小学3年生をしているわが家。

月々の家計管理と日々の"食"を担ってくれている妻に
ぼくは「新鮮で、自然で、丁寧に作られた
食べ物にお金を使おう」と伝えている。

妻も賛成で日々丁寧にごはんを作ってくれて、
家族みんなでの「おいしい!」が何よりの
レジャーであり生きがいだと、夫婦で確信している。

写真1.jpg

と、カッコツケるのは簡単だが、
娘の習い事費用や物価高に直面する近年、
カッコツケに見合った食予算を確保するのは大変で、
食べたい食材を日常的に買うと、
シンプルに予算オーバーな月がある。
わりとある。

にもかかわらず、

妻:今日の夜...あそこのスパゲッティ、食べたくない?
ぼく:おお、しいて言うなら......めっちゃ食べたい
妻:行こ
夫:行こ!

食予算が残ってないのに、外食にゆく。
貪欲にゆく。
勢いでゆく。

写真2.jpg

その資金はどこから出るのか?
解決するシーンが、冒頭の会話である。

「カンパ」。
外食費を補うため、
各自の小遣いからいくらか持ち寄る。
それがわが家の「カンパ」。

写真3.jpg

「小遣い制」のわが家で、小遣いは各自が
自分の好きなこと、趣味などに使える個人予算。

以前は、家族での外食費は家計から出す考えしかなく、
出ないなら外食は我慢した。
でもいつからか、

ぼく:家族での外食も、
   自分の好きな趣味みたいなものや。
   人生楽しむために、カンパ制でいこう!

爽快で壮大な文脈に全然あってない「カンパ制」。
最初500円くらいずつから始まり、
今や2000円くらいずつ出して、外食するようになった。

「小遣い制」に加えて「カンパ制」が
正式に導入されている家は、あまりないだろう。

写真4.jpg

先日の夜。

ぼく:結婚記念日、あの店のコース食べたいなあ
妻:ああ、食べたいな
ぼく:行くか!
妻:...5000円ずつやな
ぼく:ご!...
妻:大カンパやな
ぼく:大カンパの到来やな

そんなこんなで、夜は更けていった。

写真5.jpg

みんなの保存数:3

カーテン特集

ベッド・寝具特集

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「みんなのエッセイ」の最新記事 4件

2024年3月29日(金)
みんなのエッセイ

【整理収納のヒント手帖】ストックしておくと便利な「収納アイテム」を3つご紹介します。

余分に持っておいてもストレスがなく便利な収納グッズは、とても頼りになる存在です。

maho 9
2024年3月12日(火)
みんなのエッセイ

【くちぶえエッセイ】お部屋の乱れは、心の乱れ。

お部屋が整っていないと、心も体も不健康です。

masha 8
2024年3月26日(火)
みんなのエッセイ

【おかえりカラー】じーっと見つめる、その先に。

海に一度背を向けて、僕らは、石拾いを始めました。

二子玉川店 店長 大森 4
2024年4月09日(火)
みんなのエッセイ

【まいにち、ちょっといいこと。】はじまりの4月

この春から、娘は小学校、息子は保育園へ。子育ての新たな章に入ったような、そんな気持ちです。

moegi 3

「みんなのエッセイ」の人気記事 4件

2021年7月15日(木)
みんなのエッセイ

【はなうた日和】ご機嫌に暮らそう。

思わず、ご機嫌にはなうたを歌いたくなるような、暮らしをたのしむ様子をお届けします。好きなことや物がギュッと詰まったエッセイをお楽しみください。

siippo 680
2021年9月16日(木)
みんなのエッセイ

【はなうた日和】食欲の秋の始まりです。

ぐっと涼しくなった今日この頃。景色、お庭、料理と秋の装いを感じられるようになってきました。そんな秋の風景を子供たちと楽しむ様子、お届けさせていただきます。

siippo 335
2021年8月19日(木)
みんなのエッセイ

【 はなうた日和 】夏のお楽しみを集めよう。

まだまだ暑い日々が続きますね。子供たちと過ごす夏休みは賑やかで楽しく、成長を感じる一コマも。そんな暮らしの風景をお届けします。

siippo 291
2021年11月25日(木)
みんなのエッセイ

【はなうた日和】パンが好きなんです。

パン好きさんたちの笑顔を思い浮かべて。作る時間も、みんなで食べる時間も至福のひとときです。

siippo 185

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』