Web Magazine

バラバラでも失敗しない。
デザインの違うダイニングチェアーを調和させるコツをご紹介します。

東京店 久保田

こんにちは。
Re:CENO TOKYOのクボタです。

今回は、
「ダイニングチェアー」の組み合わせについて
のお話です。

これまで日本では、
「ダイニングセット」を選ぶ家庭が多く、
ダイニングテーブルに、同じデザインのチェアー
どうしを合わせるスタイルが一般的でした。

20210618194729.jpg

セットで揃えると、
まとまりのある印象になるだけでなく、
コスト面でも安価に揃えられたり、
探す手間を掛けずに済むというメリットがあります。

しかし、その一方でインテリアとしては、
どこか味気なさを感じてしまうことも。

そこでお勧めしたいのが、
「あえて揃えない」ダイニングスタイルです。

20210619114039.jpg

最近では、カフェやインテリアショップなどで、
「あえて揃えない」組み合わせをよく見かけます。

海外のインテリアでよく目にするこのスタイルは、
洗礼された印象を与えます。

また、一脚一脚、気に入ったデザインや
座り心地のものを選べる楽しさもあります。

しかし、種類がバラバラのチェアーを置くことで、
こんな心配も生まれます。

「不揃いで雰囲気が壊れるのでは?」
「統一感がなくなり、ごちゃごちゃしそう。」

そこで今回は、
ナチュラルヴィンテージスタイルでつくる、
「バラバラのダイニングチェアーを
調和させるためのコツ」についてご紹介します。

パターン① 「カラーバランス」を考えて、調和を取ろう。

一つ目は、「色を統一させる」方法です。

インテリアのイメージを決める要素として、
「色」「形」「素材」「質感」の4つが挙げられます。

その中でも、特に大きな影響を与える「色」。

色には、それぞれのイメージや個性があり、
組み合わせ方や、使う色の配分によって、
インテリアの雰囲気が変わります。

特に、色の配分については、
どの色をどのくらいの面積で使うかによって、
与える印象にかなり違いが生まれます。

インテリアの基本として、使いたい色を、
「ベースカラー」「メインカラー」「アクセントカラー」
の3つに分け、その配分を7:2.5:0.5の割合に
すると、バランスの取れたコーディネートに
仕上がると言われています。

何も考えずに好きな色味のものを
組み合わせてしまうと、ゴチャついた印象を与えます。

そのため、この割合を踏まえて、チェアーの色味も
考えると良いでしょう。

おすすめの方法は、チェアーの色味を
「同じ色」で揃えたり、
「同じ配色のアイテムを繰り返し置く」ことです。

カラーバランスを考える際、
一か所だけに色味の違うものを置くと、
周囲から浮いてしまい、唐突な印象を与えます。

20210618185550.jpg

それを解決するのが、同じ色を繰り返し使う、
「色のレピテーション」という方法です。

同じカラーを繰り返し配置することで、
唐突な印象がなくなり、空間全体が調和します。

例えば、座面がファブリックタイプのチェアーなら、
ファブリックの色味を揃えるだけでも、
統一感のある印象になります。

20210618191110.jpg

あえて色味をバラバラにし、
アクセントとして楽しむインテリアもありますが、
ナチュラルヴィンテージでは、
トーンを抑えたカラーで統一するインテリアを
お勧めしています。

ナチュラルヴィンテージについては、
後半に詳しくお話したいと思います。

センス良く見せるカラーコーディネイト術、7:2.5:0.5の法則をご紹介します。
≪レピテーション≫を意識するだけでグッとお部屋がま素敵になる!

パターン② 「形」を揃えて、統一感を持たせよう。

次に、「形を合わせる」方法です。

「色」の次にインテリアに影響を与える「形」。

人は、形からイメージを持ちます。

例えば、チェアーのラインが、
曲線なのか、直線なのかによって、
柔らかな印象、シャープで引き締まった印象など、
異なったイメージを感じ取ります。

そのため、まったく形の異なるチェアが並んだ際に、
チェアの形から受ける印象が異なり、
視覚的にばらつきを感じてしまうことがあります。

そこで、ベースとして形を統一し、
色を変えたり、素材が違うアイテムを選んで
変化を付けるのも、1つの方法です。

もちろん、形を全く同じにする必要はありません。

例えば、リセノの取り扱い商品だと、
「 WICKERチェアー」と「PAPERCORDチェアー」。

こちらは、形がほとんど同じですが、
座面の素材がラタンとペーパーコードで、異なります。

20210618191455.jpg

並べてみても、
形が揃うことで、視覚的にばらつきを感じにくく、
まとまった印象になります。

また、カラー違いで並べてみても、
形から受ける印象が同じため、
ばらつき感が軽減されます。

20210619222645.jpg

パターン①のように、「色」の部分を統一することで、
まとまり過ぎた印象を感じる方も
いらっしゃると思います。

その場合は、チェアーの「形」を揃えた上で、
色や素材に変化をつけると良いでしょう。

+αのテクニック 「質感」で変化をつけよう。

ここまで、基本として、幅広いスタイルに合わせた、
「バラバラのダイニングチェアーを
調和させるためのコツ」についてお話してきました。

最後に、ナチュラルヴィンテージの視点から、
+αのテクニックをご紹介します。

ナチュラルヴィンテージスタイルで、
バラバラのチェアーを取り入れるときには、
「素材」と「質感」に着目します。


ナチュラルヴィンテージスタイルでは、
「素材」や「質感」のあるアイテムを
「アクセント」として取り入れることを
お勧めしています。

20210620180648.jpg

「アクセント」とは、
インテリアのポイントとなる箇所の事で、
コーディネートのバランスを取り、
メリハリをつけてくれます。

その際に、「アクセントカラー」と呼ばれる、
差し色を加える方法が一般的ではありますが、
リセノでは、「素材」でアクセントを付ける事で、
空間を引き締めます。

ダイニングチェアーを選ぶ際にも、
この「素材でアクセントをつける」方法を
取り入れると、温かみとまとまりのあるダイニングを
作ることが出来ます。

ナチュラルヴィンテージをベースに、
バラバラのチェアを取り入れるときには、
次の3つのポイントを抑えましょう。

  • 木材、ラタン、籐などの「天然素材」で揃えよう。
  • 「色」は揃えて、全体のトーンを統一しよう。
  • 「形」はバラバラでもOK


アイアンや金属などの人工的な素材は、
色味が均一のため、組み合わせによって色どうしが
ぶつかり合うことがあります。

一方、天然素材は、1つの素材の中に、
濃い色味の部分と薄い色味の部分があります。

アイテムの中に色の濃淡があることによって、
それぞれの色馴染みが良く、
ぶつかり合うことなく、まとまります。

また、テーブルとチェアーどうしの「色」は揃えて、
全体のトーンを統一することで、
ナチュラルヴィンテージなダイニングに仕上がります。

ポイントを抑えて「あえて揃えない」ダイニングスタイルを楽しもう。

以上、「バラバラのダイニングチェアーを
調和させるためのコツ」についてご紹介しました。

チェアを合わせる時、「色」や「形」など、
どこか一つでも共通点を持たせることで、
揃っていないはずのチェアーが調和して見えます。

今回お伝えした、2パターンのポイントを抑えた上で、
ナチュラルヴィンテージや、お好みのインテリアに
合わせて、「あえて揃えない」ダイニングスタイルを
楽しんでいただけますと幸いです。

Styling Furniture

ダイニングチェアー Henry

¥ 25,800


ダイニングチェア WICKER/NA

¥ 36,800


ダイニングチェア WICKER/BR

¥ 36,800


ダイニングチェア PAPERCORD/NA

¥ 36,800


ダイニングチェアー RIVER 2脚セット

¥ 39,800


1人掛けソファー WIRY

¥ 66,800


伸長式ダイニングテーブル folk/NA

¥ 128,000 ~




View More

ライターの励みになりますので、ぜひ [ いいね! ] のクリックをお願いします。

現在までにいただいた数:51

センスのいらないインテリア

  • センスのいらないリビングのルール(12)
  • センスのいらないダイニングのルール(11)
  • センスのいらない寝室のルール(7)
  • センスのいらない収納のルール(1)
  • センスのいらない照明のルール(4)
  • センスのいらないコーディネートのルール(9)
  • センスのいらないインテリアの基礎知識(7)

ナチュラルヴィンテージを知る

  • ナチュラルヴィンテージとは?(12)
  • ナチュラルヴィンテージ実例(47)
  • ナチュラルヴィンテージの基本(18)

インテリアを学ぶ

  • コーディネートの基本(84)
  • ディスプレイの基本(26)
  • お手入れの基本(52)
  • コツとノウハウ(121)
  • リビングの基本(19)
  • ダイニングの基本(26)
  • 収納の基本(26)
  • 寝室の基本(29)
  • キッチンの基本(6)
  • 書斎の基本(11)
  • 照明の基本(24)
  • カーテンの基本(7)

インテリアを楽しむ

  • みんなのエッセイ(88)
  • Let's DIY!(138)
  • 植物と暮らそう(63)
  • 話題の場所レポ(47)
  • 本と音楽と映画(11)
  • おすすめカフェ(23)
  • 日々のできごと(34)

リセノのこと

  • 僕と私の愛用品(91)
  • 蚤の市で見つけた偏愛品(21)
  • Re:CENO Vlog(52)
  • Re:CENO product(81)
  • Buyer's Voice(43)
  • 製品ストーリー(46)
  • 商品紹介(55)
  • リセノ ランチ部(103)
  • お仕事レポート(63)
  • お店だより(74)
  • お知らせ(36)

特集

  • AGRAソファのこと(14)
  • センスのいらないインテリア(35)
  • コーディネートレッスン(43)
  • ナチュラルヴィンテージの作り方(6)
  • オリジナル家具の企画経緯(31)

メンバー


チェアの基本の人気記事5件

2019年2月22日(金)
インテリアを学ぶ

肘掛けや座面に注目しよう。 ダイニングチェアの選び方をご紹介します。

肘掛けや座面の素材に注目した、ダイニングチェアの選び方を紹介します。

元京都店 舌 168
2017年6月27日(火)
チェアの基本

ダイニングテーブルにぴったりのチェアーを選ぶ、3つのポイントをご紹介します。

意外とコツが必要な、チェアーのサイズ選び。ぜひ正しいサイズを知って、テーブルにぴったりの1脚を見つけましょう!

お客様係 山崎 116
2017年11月26日(日)
コツとノウハウ(動画)

【動画】テーブルとチェアの高さの最適な関係性を学ぼう。

ダイニング選びの際に実はとっても大切な「テーブルとチェアの高さの最適な関係性」についてご紹介します。

リセノ編集部 83
2020年4月28日(火)
チェアの基本

リモートワークを快適に!デスクチェアを選ぶ、3つのポイントをご紹介します。

チェアの硬さや座面の高さに注意すると、デスクワークはもっと快適になります!

品質管理 遠藤 77
2021年6月25日(金)
チェアの基本

バラバラでも失敗しない。デザインの違うダイニングチェアーを調和させるコツをご紹介します。

「バラバラのチェア、憧れるけど、どう合わせたらいいの?」コツを知るだけで、統一感のあるダイニングスペースに。

東京店 久保田 51

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』

Menu

  • センスのいらないリビングのルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「リビングの共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • センスのいらないダイニングのルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「ダイニングの共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • センスのいらない寝室のルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「寝室の共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • センスのいらない収納のルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「収納の共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • センスのいらない照明のルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「照明の共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • センスのいらないコーディネートのルール

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現できる「コーディネートの共通ルール」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。

  • センスのいらないインテリアの基礎知識

    センスがなくても、誰でも素敵なインテリアを実現するために必要な「インテリアの基礎知識」を、一問一答式で分かりやすく紐解いていきます。


  • ナチュラルヴィンテージとは?(12)

    ナチュラルヴィンテージの定義について、分かりやすく紐解いています。

  • ナチュラルヴィンテージ実例(47)

    ナチュラルヴィンテージの方程式を用いたお部屋づくり実例です。

  • ナチュラルヴィンテージの基本(18)

    ナチュラルヴィンテージのお部屋作りのポイントを解説していきます。


  • コーディネートの基本

    インテリアコーディネートの基本を分かりやすく解説します。

  • ディスプレイの基本

    ディスプレイをする際の基本の方程式などを解説します。

  • お手入れの基本

    お手入れやメンテナンスの基本技術を解説します。

  • コツとノウハウ

    インテリアを日々使っていくうえで知っておくと便利なコツやノウハウを動画でご紹介します。

  • リビングの基本

    ダイニングテーブルやチェアの選び方などをまとめています。

  • ダイニングの基本

    選び方やお手入れ方法など、ダイニングに関する基本をまとめています。

  • 収納の基本

    選び方やお手入れ方法など、収納家具に関する基本をまとめています。

  • 寝室の基本

    選び方やお手入れ方法など、ベッド・マットレスに関する基本をまとめています。

  • キッチンの基本

    選び方やお手入れ方法など、キッチンに関する基本をまとめています。

  • 書斎の基本

    選び方やお手入れ方法など、書斎に関する基本をまとめています。

  • 照明の基本

    選び方やお手入れ方法など、照明に関する基本をまとめています。

  • カーテンの基本

    選び方やお手入れ方法など、カーテンに関する基本をまとめています。


  • みんなのエッセイ(88)

    リセノにまつわる人たちの日々を、何気なく綴ったエッセイです。ほっとひといき入れたいときに。

  • Let's DIY!(138)

    スタッフが自宅D.I.Yを体験レポート! みなさんも一緒にLet’s Do It Yourself!

  • 植物と暮らそう(63)

    暮らしを豊かに彩る植物を、インテリアに取り入れる方法をご紹介します。

  • 話題の場所レポ(47)

    展示会、家具産地、海外出張、話題のエリアやホテルなどをレポートします。

  • 本と音楽と映画(11)

    インテリア大好きなスタッフが、日頃から読んでいる雑誌や映画、音楽などをご紹介していきます。

  • おすすめカフェ(23)

    リセノスタッフのおすすめカフェをご紹介します。

  • 日々のできごと(34)

    日々生活している中で、スタッフが体験したことや、感じたことなどを書いていきます。


  • 僕と私の愛用品(91)

    リセノスタッフが、実際に自宅で使っているお気に入りのインテリアアイテムをご紹介します。

  • 蚤の市で見つけた偏愛品(21)

    全国各地で定期的に開かれている「蚤の市」にいざ出発! そこで見つけて、ゲットしたかわいいアイテム「偏愛品」を、偏愛とともに語ります。

  • Re:CENO Vlog(52)

    何気ない日常と、それぞれの暮らしに馴染むインテリアを切り取った動画です。

  • Re:CENO product(83)

    オリジナル家具「Re:CENO product」の生産背景や製品への思いを語ります。

  • Buyer's Voice(43)

    製品開発や製品セレクトまつわるストーリーを書いていきます。

  • 製品ストーリー(46)

    製品が生まれる背景や正しい使い方など、プロダクトが本来持つこだわりや魅力を紐解きます。

  • 商品紹介(55)

    商品解説を動画でさらに分かりやすく伝えたい! そんな思いから始まった企画です。

  • リセノ ランチ部(103)

    社内キッチンで、スタッフが協力しながら、美味しく、楽しくをモットーに作っています。

  • お仕事レポート(63)

    Flavorでの仕事の様子をレポートしていきます。

  • お店だより(74)

    リセノのリアルショップ(東京/京都)での日常や、お知らせを綴っていきます。

  • お知らせ(36)

    リセノからのお知らせです。