Web Magazine

turkで作る絶品カフェ風玉子サンド

こんにちは。やまもとです。

前回、撮影の裏側を公開した記事にちょっと出て
きた玉子サンドについて、

「とっても美味しそう!」
「作り方を知りたい!」

との声をたくさんいただきましたので、今回は、
玉子サンドの簡単レシピをお届けします。

記事:撮影の裏側を公開!リセノの撮影チームに密着してみました。

20150614055948.jpg

作り方は、とっても簡単!
ポイントは、カリッとトーストと、ふーわふわ玉子

今回は、スタッフのなかむらが、絶品玉子サンドの
レシピをお届けします。

なかむら「とっても簡単です。
     みなさんも是非作ってみてくださいね!」

20150614060104.jpg

まずは、食パンを切っていきます。

パン屋さんの食パンを使っていますが、
もちろん普通の食パンでもOKです。

20150614060016.jpg

今回は、トースト&玉子焼きを作るのに、私物の
「turk(ターク)」のフライパンを使っていきます。

20150614060125.jpg

1枚の鉄からできているturkのフライパンは、
抜群の熱伝導と熱保持、ムラのない火のまわりが特徴。

turkとは?

turkとは、1枚の鉄板より打ち出された鋳造クラシックフライパンを製作するメーカー。
1857年にドイツで設立され、現在も変わらず150年間の間、昔ながらの製法で作られています。

食パンも「カリッ!」と焼けて、めちゃ旨くなります。
リセノでも、取り扱いを検討中のアイテムです。

そして、隠し味は、発酵バター。

バター本来の甘い風味に、ヨーグルトのような
さわやかな酸味と特有の香りがつきます。

20150614060148.jpg

これを油の代わりに、イン!

20150614060215.jpg

あとは、普通にトーストするだけ。

20150614060249.jpg

「ジュー」といい音と香りがしてきます。

20150614060719.jpg

さて、続いては、もう一枚のフライパンで、
玉子を焼いていきましょう。

これもturkで。
2枚のturk保有は、ちょっと贅沢で、うらやましいです。

20150614060313.jpg

目安は、1枚のサンドイッチを作るのに、
玉子3個。

贅沢な玉子のボリュームが、今回の玉子サンドの
ポイントです。

20150614060043.jpg

かき混ぜて、こちらもジュー。

20150614060331.jpg

かき混ぜながら、焼いていきます。

20150614060352.jpg

焼けた部分と、半なまの部分が、いい感じ。

20150614060414.jpg

はい。玉子焼きも完成!

20150614060447.jpg

そして、あっという間に、トーストと、玉子焼きが
出来上がりました。

20150614060510.jpg

そしたら次は、トーストをフライパンからあげて、
マヨネーズを塗っていきます。

20150614060531.jpg

そして、トーストに玉子をライドオン!
たーくさん乗せます。

20150614060553.jpg

そして、軽く塩・こしょう。

20150614060611.jpg

半分にカットすれば、「はい!出来上がり!」

20150614060633.jpg

ちょっとしたサラダの付け合わせを合わせて、
オリーブウッドのカッティングボードに載せれば、
カフェ風玉子サンドの出来上がりです。

20150614060650.jpg

本当にとっても簡単。
めちゃウマです!

turkを使わなくてももちろん作れますが、
turkは使うと、トーストや野菜のローストなど、
食材の旨さを引き出してくれますので、クセになり
ますよ!

20150614064930.jpg

[材料] 1人前

  • 食パン 2枚
  • 卵 3個
  • マヨネーズ 大さじ1/2
  • ディジョンマスタード 大さじ1/2
  • マーガリン 適量
  • 塩 適量
  • 胡椒 適量

調理手順

  1. 卵をよく溶きほぐす。
  2. フライパンをよく熱し、チリチリと音がしてきたらマーガリンを適量入れて溶かす。
  3. 食パンを2枚入れる。
  4. 2.と同様のもう一枚のフライパンに、一気に卵を流し入れる。
  5. 卵を手早く箸でかき混ぜながら、表面が少し固まってきたら、形を整える。
  6. 食パンの両面に焼き色がつき、表面がぱりっとしたら、乾いたボードに取り出す。
  7. 食パンにバター、マヨネーズ、ディジョンマスタードを塗り、5.の卵をのせる。
  8. お好みで、胡椒をかける。
  9. もう一枚のパンをのせ、オムレツを馴染ませるために、軽く押す。
  10. 食べやすい大きさにカットする。
みんなの保存数:2

暮らしにあったダイニングの選び方

雑貨・食器特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「お仕事レポート」の最新記事 4件

2023年11月22日(水)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.17 社内目標共有会「みんなで作る、はじまりの一日」

総勢56名が集った「社内目標共有会」「第5回社食堂」の様子をレポートします。

人事部 相馬 12
2023年9月27日(水)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.16  リセノ夏祭り「とある週末、夏の思い出」

インテリア好きの笑顔が集い、大盛況となった「リセノ夏祭り」をレポートします。

人事部 相馬 7
2024年1月16日(火)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.18 編集課「発信を通して、お客様とインテリアを繋ぐ。」

自社メディア「Re:CENO Mag」の企画や管理を行う、リセノ編集課のお仕事風景をご紹介!

人事部 大西 4
2024年2月15日(木)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.19 バイヤーチーム「商品の魅力に向き合い、世界観を作っていくこと。」

国内外からナチュラルヴィンテージアイテムを仕入れる、バイヤーチームをご紹介!

人事部 大西 3

「お仕事レポート」の人気記事 4件

2022年2月14日(月)
お仕事レポート

【 福岡店ができるまで。】お店完成までの道のりをレポートします。

春にオープンする福岡店。近況と周辺スポットの魅力をお伝えします。

元編集部 岩部 103
2022年4月26日(火)
お仕事レポート

【こんにちは、福岡】Re:CENO FUKUOKAからのご挨拶

4月15日、Re:CENO FUKUOKAオープンいたしました。これからこの店舗で、皆様とお会いできるのを楽しみにしております!

福岡店店長 榎本 71
2022年1月31日(月)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.1 Thanks Letter.「誰に対しても、感謝の気持ちを。」

リセノってどんなブランド?今年、新設されたばかりの人事部部長が、社内文化にスポット当てた連載をスタートします。

人事部 相馬 66
2022年3月15日(火)
お仕事レポート

【リセノのあの人】人事部の相馬さんへインタビューしました。

知られざるリセノの文化や、部署の裏側、ハリネズミと暮らす素敵なお部屋について伺いました。

リセノ制作部 65

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』