Web Magazine

【リセノの裏側】vol.19 バイヤーチーム「商品の魅力に向き合い、世界観を作っていくこと。」

こんにちは。人事部の大西です。
人事部の連載企画「リセノの裏側」。

前回は、編集課にスポットを当て、
お仕事の裏側をお届けしました。

【リセノの裏側】vol.18 編集課「発信を通して、お客様とインテリアを繋ぐ。」

今回は、バイヤーチームについて。

加藤さん2.jpg

バイヤーチームは、リセノが提唱している
「ナチュラルヴィンテージ」のテイストに沿った商品を
国内外から仕入れる役割を担っています。

お客様にインテリア選びの楽しさを届けるために
日々全力で働くバイヤーチームの
実際のお仕事風景をご紹介します。

「バイヤーチーム」とは?

加藤さん5.jpg

まずは、簡単にチームのご紹介から。

実はもともと、「バイヤー」という
専任のチームはありませんでした。

リセノが提唱する、
「ナチュラルヴィンテージ」を形作る中で
その世界観に沿うアイテムをセレクトする役割も
自然と必要に。

そこで、長年リセノで幅広く経験を積んでいた
女性スタッフ 大場が「バイヤー」として
活動をスタートしました。

翌年には、前職でバイヤー経験のある
が加わり、チームとして体制を強化。

リセノを深く知るベテランスタッフを中心に
日々、お互いの知見やセンスを持ち寄り、
積極的に意見を交わしています。

「バイヤー」ってどんなお仕事?

バイヤー1 (1).jpg

バイヤーの主な業務は、こんな感じ。

  • 家具、インテリアのセレクト商品のバイイング
  • 売上分析、市場調査から販売計画の立案
  • 店舗、制作部署への商品情報連携
  • メディア活動を通じての商品プロモーション
  • オウンドメディアのライティング
    (翌週発売予定の商品紹介)

リセノのバイヤーは、商品の仕入れはもちろん、
販売プロモーションから売上分析まで
幅広く経験できることが、特徴です。

IMG_E1999-2.jpg

昨年は「ナチュラルヴィンテージ」の可能性を
さらに広げるための市場調査として
パリ・コペンハーゲンの展示会にも足を運びました。

吸収した世界のインテリアトレンドは、
すぐに「ナチュラルヴィンテージ」の
世界観に落とし込み、バイイングに活かします。

日々のバイイング業務については、
国内外のメーカー様と商談を重ねながら
商品を決定していきます。

決定後は、商品の魅力を伝えるために
デザイナー撮影チーム と協力しながら
プロモーション活動に注力。

他部署との連携も欠かせない仕事のため
日々コミュニケーションを取りながら
自身で業務をハンドリングしていくことが大切です。

「バイヤー」の難しさとやりがい

バイヤー2 (1).jpg

リセノのバイヤーチームは、
単に、素敵だ!と思う商品を
仕入れているわけではありません。

リセノが提唱する、

  • 「ナチュラルヴィンテージ」の世界観
  • お部屋づくりの「セオリー」

を、実現できるアイテムを見立て、
お客様がインテリアを楽しめるように
試行錯誤を重ねています。

時には、何十種類ものサンプルを取り寄せ、
ブランドの世界観に合うかどうか
じっくり検証することも。

そうして「リセノにぴったり!」と
取り扱いを決めたアイテムが
実際にお客様に届き、喜びの声をいただけたときは

バイヤーならではの「やりがい」が
生まれるといいます。

「バイヤーチーム」のスタッフをご紹介します。

ここからは、「バイヤーチーム」の
スタッフをご紹介します。

スタッフ 大場

20220414202847-thumb-800x800-81257-thumb-autoxauto-q98.webp

サイトにも沢山登場されている、大場さん。
すでにご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

入社当初は、コントラクト事業部として
法人向けのコーディネートを提案されていました。

その後『Re:CENO mag』のライターや動画制作など
幅広く経験を積み、バイヤーの専任に。

持ち前のセンスと感性を活かして、
ブランドを支える、ベテランスタッフです。

hawsh_自宅撮影_大場_2312_HAシェルフ_09.jpg

プライベートでもインテリアを
存分に楽しまれている、大場さん。

お気に入りの「古いもの」に囲まれた、
ナチュラルヴィンテージなご自宅は
マガジン内からじっくりご覧いただけます。

【動画】ときどき、古いもの|隠す収納で、暮らしを心地よく整えて。

大場さんのそばで、インテリアや暮らしについて
鮮度高く吸収できる環境は
バイヤーチームだけの特権です。

スタッフ 加藤

IMG_0872-2.jpg

前職は、アウトドアメーカーで
バイヤーをされていた、加藤さん。

入社当初は、品質管理チームとして、
商品改善に向き合う毎日でした。

そして入社から1年後、
体制強化に伴いバイヤーチームへ異動。

IMG_0868-2.jpg

バイヤーチームでは、週に1度、
社内のスタッフに向けて
新商品を紹介する企画を行っています。

そこでは、持ち前の爽やかなトーク術を活かし
商品の魅力を余すことなく伝える姿も。

リセノの商品1つ1つを深くまで理解し、
いつも全力で取り組まれる姿勢が
とても素敵なスタッフです。

一緒に働く、バイヤースタッフを募集しています。

加藤さん1.jpg

今後、海外メーカーからの仕入れ強化に伴い、
さらなる発展を目指すバイヤーチームでは、
新メンバーの採用を開始しました。

主な仕事内容はこちらです。

  • 家具、インテリアのセレクト商品のバイイング
  • 売上分析、市場調査から販売計画の立案
  • 店舗、制作部署への商品情報連携
  • メディア活動を通じての商品プロモーション
  • オウンドメディアのライティング
    (翌週発売予定の商品紹介)

インテリアが好きで、日頃から
お部屋づくりを楽しんでおられる方。

業界問わず、バイヤー・MD経験があり
リセノで挑戦してみたいという
熱い想いをお持ちの方は、
ぜひ採用情報をご確認ください。

募集職種:バイヤー

「商品の魅力に向き合い、世界観を作り上げていくこと。」

画像3.webp

日々更新される、新商品の数々。
季節ごとに変わる、特集ページ。

その裏側では、常にお客様の視点に寄り添い
商品1つ1つの魅力に向き合い続ける
バイヤーチームの姿があります。

それは、1人でも多くのお客様に
インテリア選びの「ワクワク感」や、
「楽しさ」を届けたいという強い思いがあるから。

そんなスタッフと共に
新しい挑戦をしてみたい、という方は
ぜひご応募をお待ちしております。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

採用サイト:エントリー
みんなの保存数:3

暮らしにあったダイニングの選び方

雑貨・食器特集

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「お仕事レポート」の最新記事 4件

2023年11月22日(水)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.17 社内目標共有会「みんなで作る、はじまりの一日」

総勢56名が集った「社内目標共有会」「第5回社食堂」の様子をレポートします。

人事部 相馬 12
2023年9月27日(水)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.16  リセノ夏祭り「とある週末、夏の思い出」

インテリア好きの笑顔が集い、大盛況となった「リセノ夏祭り」をレポートします。

人事部 相馬 7
2024年1月16日(火)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.18 編集課「発信を通して、お客様とインテリアを繋ぐ。」

自社メディア「Re:CENO Mag」の企画や管理を行う、リセノ編集課のお仕事風景をご紹介!

人事部 大西 4
2024年2月15日(木)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.19 バイヤーチーム「商品の魅力に向き合い、世界観を作っていくこと。」

国内外からナチュラルヴィンテージアイテムを仕入れる、バイヤーチームをご紹介!

人事部 大西 3

「お仕事レポート」の人気記事 4件

2022年2月14日(月)
お仕事レポート

【 福岡店ができるまで。】お店完成までの道のりをレポートします。

春にオープンする福岡店。近況と周辺スポットの魅力をお伝えします。

元編集部 岩部 103
2022年4月26日(火)
お仕事レポート

【こんにちは、福岡】Re:CENO FUKUOKAからのご挨拶

4月15日、Re:CENO FUKUOKAオープンいたしました。これからこの店舗で、皆様とお会いできるのを楽しみにしております!

福岡店店長 榎本 71
2022年1月31日(月)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.1 Thanks Letter.「誰に対しても、感謝の気持ちを。」

リセノってどんなブランド?今年、新設されたばかりの人事部部長が、社内文化にスポット当てた連載をスタートします。

人事部 相馬 66
2022年3月15日(火)
お仕事レポート

【リセノのあの人】人事部の相馬さんへインタビューしました。

知られざるリセノの文化や、部署の裏側、ハリネズミと暮らす素敵なお部屋について伺いました。

リセノ制作部 65

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』