Web Magazine

【リセノのあの人】プロサポートチームの中島さんへ
インタビューしました。

こんにちは。
撮影チームの辻口です。

リセノでは、インテリアの魅力を
リアルな暮らしの中でお客さまに
感じてもらえるよう、写真の中にモデルとして、
スタッフたち自らが登場しています。

インテリアが好きで、暮らしを楽しんでいる
リセノスタッフなら、誰もが素敵でおしゃれな
暮らしのヒントを持っているはず。

そんな、ちょっと気になる「リセノのあの人」たちに
インテリアのカメラマン暦5年、リセノ暦2年の
僕からインタビュー。リセノの裏側や暮らしに
まつわるお話を伺っていきたいと思います。

2020_02_26_2311.jpg

4つの部署を経験された、
ベテランスタッフの中島さん

NIK_3197.jpg

第8回目の今回は、2013年に応対チームへと
入社された、ベテランスタッフの中島さんです。

応対サポートや発注チーム、コントラクト、
プロサポートチームなど、色んな部署を
経験されてきた中島さん。

昔のリセノの様子や、本社移転の裏側など、
9年間勤められてきた中島さんだからこそ
聞けるお話を、たくさんお伺いすることが出来ました。

やっぱり忘れられなかった、
インテリアの世界

NIK_3168.jpg

辻口:
中島さんは、今入社されて
どれくらい経つのでしょうか?

中島:
えーっと、7、8、9...。
気がついたら、9年目ですね。

リセノの社歴でいうと、上から数えて3番目か
4番目くらいになってしまいました笑

辻口:
大ベテランです笑

今日は移転したばかりの本社へと、
お話を伺いにやってきました。

普段はあまりお話する機会がないので、
どんなことが聞けるのか楽しみです。

よろしくお願いします!

中島:
こちらこそ、よろしくお願いします!

辻口:
さて、中島さんは2013年の入社となっていますが、
前職ではどんなことをされていたのでしょうか?

中島:
一つ前はお菓子を販売している会社で
営業事務をしていました。

営業事務の会社に入る以前は、
ずっとインテリアのショップスタッフとして
仕事をしていました。

辻口:
なるほど。

つまり、一度インテリアの世界から離れて、
リセノへの入社をきっかけに、もう一度
インテリアのお仕事に戻ってこられたと。

これは、何か理由があったのでしょうか?

中島:
長くショップスタッフを勤める中で、
体力面やライフスタイルについて、
厳しいなと感じることがありまして。

そういう理由で、お休みが安定している
営業事務へ転職してみたんです。

辻口:
でも、インテリアの世界に戻ってこられたと笑

NIK_3189.jpg

中島:
はい笑

一度離れてみてわかったんですが、私はやっぱり
インテリアが好きなんだなって思いました。

一日8時間働くことを考えたときに、
やっぱり好きなことを仕事にしたいと思ったのが、
リセノに入社するきっかけでした。

辻口:
なるほど。

インテリアは、昔から好きだったのでしょうか?

中島:
そうですねぇ。

小学生の時、戸建てへ引っ越すことになったんですが、
家探しで訪れるモデルハウスや、モデルルームの
感じがすごく好きで、全部ついていってたんです。

高校生のころは、インテリアの学校に行くか迷って、
結局大学へ通ったけど、その後に専門学校に
行くことにしたり笑

そんな感じで、インテリアは昔から好きでした。

チームで、みんなで。
「初めて」を支える力

20220715163504.jpg

辻口:
なかなかのインテリア愛です。

リセノのことは、元々ご存知だったのでしょうか?

中島:
いえ、知りませんでした笑
求人誌の中で、たまたまリセノの募集を
見かけたんです。

ネットショップか、面白そうだなと思って
応募しました。

辻口:
ショップスタッフを長く経験されてきた
中島さんですが、リセノでは
応対チームへと入社されています。

お客さまと対面での応対から、電話や
メールでのやり取りに変わったことで、
苦労はなかったでしょうか?

中島:
正直、とっても苦労しました笑

対面だとお客さまの温度感が分かりやすいのですが、
電話やメール越しだと、やっぱりお気持ちを
汲み取り切れないことがよくあって。

それから、電話をしながらPCでたくさんの
商品を同時に調べたりしなければいけないので、
慣れるまでが大変でした。

NIK_3251.jpg

辻口:
初めてのお仕事でいろいろ苦労
されたようですが、続けられるか不安に
なったことはなかったのでしょうか?

中島:
これは今もそうなんですが、
私が続けてこられたのは、一緒に働いている
みなさんのおかげというか。

リセノって、本当に良い人ばかりなんですよね。

チームで、みんなで頑張ろうよという会社なので、
そこに救われた部分が大きいです。

辻口:
そこは、今も昔も変わらないんですね。

応対と発注。
「お客さまへ届ける」の裏側

NIK_3263.jpg


辻口:
さて、中島さんはその後応対チームから
発注チームへと異動されています。

これは、どういった経緯だったのでしょうか?

中島:
元々は、応対チームの中で発注という業務を
手分けしていたのですが、チームを分けたほうが
良いねという話になって。

新しいチームを作る中で、
そっちでどうかな?というふうに
お声がけいただきました。

NIK_3229.jpg

辻口:
ちなみに、発注というのはどういった
お仕事になるでしょうか?

中島:
発注というのは、お客さまからいただいたご注文を
受けて、メーカー様へ出荷依頼をし、メーカー様から
ご返答いただいた出荷日や伝票番号をお客さまへ
お伝えする、というお仕事ですね。

辻口:
リセノでは毎日数百件のご注文をいただいていますが、
これをすべて対応していくということでしょうか?

中島:
そうですね。

メーカー様によって受付時間がそれぞれ
決まっているので、お客さまの希望日に添えるよう、
チームでスピーディーに処理していきます。

辻口:
とても大変なお仕事です...!

中島:
応対チームはお客さま一人ひとりと向き合いますが、
発注チームは、膨大な数と時間との戦いでしたね。

おかげで、チームワークも高まったと思います笑

企業の看板を背負う
コントラクトチームへ。

20220507171642-thumb-800x640-82334.jpg

辻口:
まさに、縁の下の力持ちです。

発注チームを経験された後は、さらに
コントラクトチームへと異動されています。

これは、何がきっかけだったのでしょうか?

中島:
コントラクトチームは、発注をやりつつお手伝い
させていただいていたのですが、部署を本格化させる
タイミングで、正式に異動となりました。

辻口:
コントラクトというのは、法人のお客さまに対して、
モデルルームや飲食店、公共施設の空間の
内装や、導入する家具の提案やプロデュースを
させていただくお仕事ですね。

今までは個人のお客さまの応対をされることが
多かったと思うのですが、対企業になったことで
戸惑いはなかったのでしょうか?

中島:
意外と、そこには違和感は感じなくて。

ただ、会社と会社のことなので、企業の看板を
背負うつもりでチャレンジしていました。

あとは、個人のお客さまと違って、予算がしっかりと
決まっているので、枠の中にしっかり収めながら
ベストを探る、というところが難しいところ
でした。

辻口:
インテリアには、無数の選択肢があります。

中島:
そうなんです。

案件によっては、雑貨も含めたトータルで
選ばなけれ
ばいけなくて、いいものを選べば
もちろん完成度はあがるんですが...

常に電卓をたたきながら、ベストな提案を
探っていました。

20180330084657.jpg
イニシア桂大橋

辻口:
なるほど。

何か、記憶に残っている事例などはあるでしょうか?

中島:
コントラクトの期間も長かったので、
いろいろやらせていただいたなぁと
いう感じなのですが...

イニシア桂大橋」という新築分譲
マンションの、モデルルームをコーディネート
させていただいたことは、よく覚えています。

最初は一室のみのご依頼だったのですが、ご好評
いただいたのか、ほかのお部屋や、
系列の建物のお部屋についてもご依頼いただいて。

とても嬉しかったのを覚えています。

辻口:
信頼していただけるのは、嬉しいですよね。

中島:
そうですね。

それぞれお部屋の間取りが違うので、
難しさもあったのですが、その分
とてもやりがいがありました。

見えるところから見えないところまで。
本社移転の裏側

016_re_l_859A0330.jpg
新しい本社のキッチン

辻口:
ありがとうございます。

幅広いお客さまに対応されてきた中島さんですが、
今日お邪魔している真新しい本社の移転についても、
中島さんが関わられているのだとか。

中島:
そうですね。

以前の本社からほど近い場所に、ちょうどよい
ビルの空き室が見つかったので、リノベーションを
して移転することになったんです。

デザインや内装については、代表の山本さん
ひめさんが主体となられて、私も打ち合わせや移転に
まつわる業務に参加させていただきました。

辻口:
「会社を移転する」という作業はなかなか関わる
ことのない業務ですが、何だかすごく大変そう
なのは想像できます。

NIK_3245.jpg

中島:
これも、大変でした笑

デザインや内装といった目に見える部分は
もちろんですが、電話やインターネットの回線を
切り替えたり、オフィス家具の移動を手配したり...

「こんなところまで!」
という案件がたくさんありました。

辻口:
ちなみに、一番「こんなところまで!」
と思ったところはなんでしょうか?笑

中島:
そうですねぇ...。

この本社が入っているビルは、少し古くて。
天井裏に渡している配線が、結構すごいことに
なっていたんです笑

あとは、壁を取っ払ってみると
すごくデコボコしていたり...。

工期が決まっている中で、こういうことを
どうしていくか決めないと先に進めないので、
そういう宿題をたくさん抱えていました。

NIK_3247.jpg
お気に入りの場所だという、ミーティングルーム

辻口:
目に見えない部分もたくさんあるんですね。
知識が伴うことも多そうです。

中島:
「みんな想像つかないだろうね」ということを
施工中はよく話していました笑

初めて出くわすことも多いので、その都度調べながら
進めたり、施工業者の方にフォローしていただいたり、
たくさん勉強させていただきました。

インテリアの「分からない」に
寄り添うプロサポート

20220507210103-thumb-800xauto-82366.jpg
リセノインテリアサポート

辻口:
ありがとうございます。

現在は、コントラクトチームから
プロサポートチームへと異動されている
中島さんですが、「プロサポート」とは
どういったお仕事なのでしょうか?

中島:
プロサポートというのは、注文を
される前のお客さまをオンラインで
サポートするサービスです。

つまり「お部屋がどうすれば良くなるか分からない」
というお悩みを持つお客さまと、理想のお部屋づくり
について、一緒に考えて答えを見つけるということですね。

20220507195812-thumb-800x640-82358.jpg


辻口:
なるほど。

オンラインでということなのですが、
どういった方法でお客さまと
やりとりされるんでしょうか?

中島:
主には、LINE・ビデオ通話・3Dコーディネート
サービスというものを使ってお客さまを
ご案内しています。

辻口:
3Dコーディネートというのは、データ上に
お客さまのお部屋を再現して、コーディネートを
試すことができるというサービスですね。

ビデオ通話は何となく対面の接客に
近そうですが、LINEでのやりとりというのは、
何だか難しそうに感じます。

20220825065256.jpg

中島:
実は、そうでもないんです。

LINEって、普段から使っているツールなので、
お客さまも変に緊張されずに、くだけた感じで
相談してきてくださって。

お互い、良いリラックス感でお話できるんです。

辻口:
確かに、メールだとカッチリしたやりとりに
なりがちですが、LINEだと気軽に相談できそうです。

中島:
そうなんです。

もちろん、文字のやりとりという情報の制限は
ありますが、簡単な3Dコーディネートや参考画像を
お送りして、視覚的な分かりやすさも心がけています。

あとは、リセノはインテリアのお悩みについて書いた
Webマガジンをたくさん出しているので、お客さまに
合ったページをご案内することもあります。

辻口:
LINEの気軽さは活かしつつ、欠点は他のツールや
情報で補っているということですね。

印象に残っているお客さまはおられるでしょうか?

NIK_3212.jpg


中島:
もう、みなさん印象深いですが...笑

でも、こちらが3Dで提案した形の通りに注文
いただくお客さまがおられると、すごく嬉しい反面、
責任の重大さを感じますね。

辻口:
こちらの提案が、お客さまが実際に日々
暮らしていくお部屋になるということですもんね。

中島:
そうです。

なので、ご相談を受ける際は、お客さまがどんな
暮らしをされていて、どんなことにお悩みなのか、
しっかりとヒアリングするように心がけています。

「インテリアの楽しさを、もっとたくさんの人に。」

NIK_3232.jpg

辻口:
ありがとうございます。

中島さんが色んな経験をされてきたので、
インタビューもついつい長くなってしまいました。

改めて、9年は凄いです。

中島:
ありがとうございます笑

私は今まで転職が多かったのですが、
こんなに長く一つの会社にいたのは、
リセノが初めてなんです。

辻口:
それまでお仕事をされていた会社とは、
どんなところが違ったんでしょうか?

中島:
今日のお話でお分かりいただけたと思うんですが、
リセノって、本当にいろんなことにチャレンジする
機会を作ってくださるんです。

そこに挑戦し続けていたら、いつのまにか
9年経っていたという感じで笑

もう一つは、本当にインテリアが好きな人たちが
集まっている会社なので、どんな部署にいても、
常にインテリアに触れていられるんです。

そこが、一番大きなモチベーションかもしれません。

辻口:
素敵なお話です。

中島さんは今後、リセノでどのように
活躍されたいでしょうか?

中島
インテリアは難しい、と感じている
お客さまはやっぱりまだまだいらっしゃって。

これが、例えばファッションだったら、
これほどまでに悩まないんじゃないかなって
思うんです。

だから、インテリアをファッションみたいに
気軽に楽しんでいただけるようなお手伝いを
していけたらな、というふうに思っています。

辻口:
ありがとうございます。

好きを原動力にして、インテリアの魅力を
広めていく中島さんの活躍をこれからも
楽しみにしています。

今日は、長々とお付き合いいただきまして、
ありがとうございました!

中島:
こちらこそ、ありがとうございました!

NIK_3176.jpg

Styling Furniture

3人掛けソファー AGRA/NA

¥ 248,000




View More
みんなの保存数:22

暮らしにあったダイニングの選び方

雑貨・食器特集

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「お仕事レポート」の最新記事 4件

2023年11月22日(水)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.17 社内目標共有会「みんなで作る、はじまりの一日」

総勢56名が集った「社内目標共有会」「第5回社食堂」の様子をレポートします。

人事部 相馬 12
2023年9月27日(水)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.16  リセノ夏祭り「とある週末、夏の思い出」

インテリア好きの笑顔が集い、大盛況となった「リセノ夏祭り」をレポートします。

人事部 相馬 7
2024年1月16日(火)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.18 編集課「発信を通して、お客様とインテリアを繋ぐ。」

自社メディア「Re:CENO Mag」の企画や管理を行う、リセノ編集課のお仕事風景をご紹介!

人事部 大西 4
2024年2月15日(木)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.19 バイヤーチーム「商品の魅力に向き合い、世界観を作っていくこと。」

国内外からナチュラルヴィンテージアイテムを仕入れる、バイヤーチームをご紹介!

人事部 大西 3

「お仕事レポート」の人気記事 4件

2022年2月14日(月)
お仕事レポート

【 福岡店ができるまで。】お店完成までの道のりをレポートします。

春にオープンする福岡店。近況と周辺スポットの魅力をお伝えします。

元編集部 岩部 103
2022年4月26日(火)
お仕事レポート

【こんにちは、福岡】Re:CENO FUKUOKAからのご挨拶

4月15日、Re:CENO FUKUOKAオープンいたしました。これからこの店舗で、皆様とお会いできるのを楽しみにしております!

福岡店店長 榎本 71
2022年1月31日(月)
お仕事レポート

【リセノの裏側】vol.1 Thanks Letter.「誰に対しても、感謝の気持ちを。」

リセノってどんなブランド?今年、新設されたばかりの人事部部長が、社内文化にスポット当てた連載をスタートします。

人事部 相馬 66
2022年3月15日(火)
お仕事レポート

【リセノのあの人】人事部の相馬さんへインタビューしました。

知られざるリセノの文化や、部署の裏側、ハリネズミと暮らす素敵なお部屋について伺いました。

リセノ制作部 65

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』