Web Magazine

「レザーティッシュケース」の企画経緯と
コンセプト設計についてお話します。

こんにちは。ヤマモトです。

Re:CENO productから、初めての雑貨プロダクトで
ある「レザーティッシュケース」をリリースします。

レザーティッシュケースは、世の中にいろいろと販売
されていますが、どうしても男っぽいのが多かったり、
装飾が多めだったり、塗膜がテカテカとしていたりと
個人的に欲しいものが、なかなかありません。

自宅用にも、長く使っていけるティッシュケースを
作りたいなぁと思っていた時に、地元・京都で良い革と
職人さんとの出会いがあり、プロダクト実現となりました。

本日のマガジンでは、このレザーティッシュケースの
企画経緯とコンセプト設計を紐解いていこうと思います。

「くたっ」とした質感を。
柔らかな見た目と触感にこだわりました。

ltc09.jpg

僕たちは「ナチュラルヴィンテージ」というテイストの
お部屋作りが出来る製品を企画・生産・販売しています。

ナチュラルヴィンテージの定義は、

「シンプルでナチュラルな内装に、ヴィンテージ
 ライクな要素をプラスすることで、日常にフィット
 するヴィンテージスタイルを」

というもので、僕たちが作った造語です。

家具でいうと、こういうテイストです。

lt6.jpg

革製品は、その「ナチュラルヴィンテージ」テイストに
よくフィットするので、ずっと革を使った製品を
作りたくて、最適な革を探していました。

革とひとくちに言っても、いろんな革があります。

僕たちが求める革製品は、よくある「塗膜がテカテカと
厚い革」ではなく「自然な風合いを持つ素朴な革」で、
それでいて「触り心地は、柔らかしっとりした革」です。

なんというか「張り切った革」ではなく「優しい革」
とでも表現したら良いでしょうか。
そんな革を長く探していました。

ソファに張ることを前提に、中国やベトナムなどの
各地の革市場にも何度も足を運びましたが、なかなか
思ったような革とは出会えず。

事あるごとに社内企画にはあがるけど、やっぱり実現
しないというのが、何年か続いて、それでもやっぱり
実現できずにいました。

そんな中で、ご縁があり、京都に多数の革を扱うお店
と出会い、そこのオーナー職人さんに紹介いただいた
のが、今回採用の革です。

lt4.jpg

この革を使うことで、使い始めから、くったりとした
風合いが漂うティッシュカバーにすることができました。

ltc06.jpg

レザーのティッシュケースは一生物。
メンテナンスフリーで、しかも味わい深く。

ltc02.jpg

今回の革は、アメリカ・カリフォルニア産の雄牛を、
国内でクロムを使用していない環境に優しい製法で
革を鞣し(なめし)、手触りは柔らかくも、しっとり
とした質感が、この革独特の味わいとなっています。

一般的に多く使われる化学製品のクロムを使った
「クロム鞣し」を採用せず「クロムフリー」という
製法で鞣しています。

ちなみに、「鞣し(なめし)」という言葉について、
簡単に説明しておきますと、漢字になっている通り
「革を柔らかく」と書いて「鞣す(なめす)」です。

「革」の原点は、動物の皮膚である「皮」です。

動物の皮は柔軟性があり、とても丈夫ですが、そのまま
使用するとすぐに腐敗し、乾燥すると硬くなります。

この大きな欠点を消すために、樹液や種々の薬品を
使って毛や汚れを落とし、柔らかくする技術が
「鞣し(なめし)」です。

鞣しの技術について、代表的なものをご紹介しておきます。

タンニン鞣し

ltc2-5.jpg

タンニン鞣しを行った革は「ヌメ革」と呼ばれます。

植物に含まれる水溶性の化合物を利用して、動物性
タンパク質と結合させる鞣し技術で、使い込んだ時間
とともに、革が柔らかくなりツヤが増してくるので、
経年変化を楽しめるのが最大の特徴です。

自然な鞣し方法なので、汚れがつきやすく、また、
保湿のために、クリームなどのお手入れが必要です
ので、人によっては面倒かもしれません。
また、使い始めはとても硬く、馴染むまでに時間が
かかるのも特徴です。

「手がかかるけど、こだわりたい」人向けでしょう。

クロム鞣し

ltc2-1.jpg

クロム鞣しは、塩基性硫酸クロムと呼ばれる化学薬品
を使用した鞣し技術です。

メリットは、タンニンなめしと比べて変色・変化が
控えめで、メンテナンスを行う必要がありません。
また、薄くて軽く、革が柔らかいのも魅力です。

「気軽に革を使っていきたい」人向けでしょう。

クロムフリー鞣し

ltc03.jpg

さて、実は今回の革は、上記2種類の鞣し方法ではなく
「タンニン鞣し」と「油鞣し」という2つを掛け合わせ
した「クロムフリー鞣し」と言われる技術で鞣されて
います。

タンニン鞣しだけの場合、革は硬く仕上がりますが、
そこに「油鞣し」という技術でさらに鞣すことにより、
適度な柔らかさを持たせることが可能です。

さまざまな鞣し技術が複合的に使われるために、
大きくは「クロムフリー鞣し」と呼ばれ、いわゆる
クロムを使わない鞣し方法です。

クロムフリー鞣しは、国内タンナー(鞣し会社)で
ここ10年くらいで生まれた新しい技術で、クロムを
使用しないことで、燃やした際にも環境に優しい鞣し
方法です。

ltc16.jpg

タンニン鞣しほどは激しく経年変化はしませんが、
上記の写真のように少しずつ変化はしていきます。

使い始めから柔らかで風合いも良く、またオイルなど
を定期的に塗る必要のないメンテナンスフリーです。

柔らかな風合い見た目が優しいだけでなく、環境にも
優しいという最高の革に出会えたと思います。

どんなティッシュサイズにもフィット。
受け箱に入れて、見た目も柔らか

ltc17.jpg

さて、そんな素敵な鞣しの革が見つかったのですが、
そこからが長い道のりでした。

せっかく柔らかな革が見つかったので、この革で
素敵なティッシュケースを作ろうとサイズ設計に
かかったのですが、市販のティッシュケースを見て
みると、サイズは千差万別。

横幅も、縦幅も、高さもすべて統一規格がありません。

ltc05.jpg

これに対応するためには、硬い革を使ってケースを
自立できるようにし、上から被せることで、いわゆる
「大は小を兼ねる」という解決方法です。

多少隙間があっても、被せてしまえばわかりません。

市販のレザーティッシュケースがなぜ「かっちり」と
硬い革を使ったものが多いのかが理解できました。

犯人はティッシュケースの統一規格がないという
ことだったんですね。

下の画像は、試作中に製作した硬さをつけたケース
です。

ltc07.jpg

裏返すとこんな感じです。

ltc08.jpg

ただ、せっかくの優しい風合いの革の特性を活かせて
いないため、ボツにしました。

今回はせっかく苦労して「柔らかい革」を見つけた
ので、この「柔らかさ」を残して、しなやかな風合い
のティッシュケースを作りたかったのです。

その中で、何度も試作を重ねました。

ltc10.jpg

そして、最終的にたどりついたのが、
「受け(下)のケースを作って、受けに硬さを任せる
ことで、いつも見る上面には柔らかさを残す」という
方法です。

これにより同時に「受け(下)にティッシュ入れる事
で、ティッシュに定形規格がない問題をクリアする」
こともできました。

細かく見ていきましょう。

受け(下)の外側には同じ革を使い、そこに芯紙を
入れ込み、内側は合皮を張っている3層構造です。

合皮を使ったのは価格を抑えるためです。

この構造にすることで、芯紙が全体を支えて、
自立し、形も整います。

ltc19.jpg

そして、ティッシュを紙箱から出して入れます。
ティッシュの箱は大きさが千差万別なので、あえて
出すようにして、すべてのティッシュに合うように
しています。

ltc11.jpg

そして、上から柔らかな革を被せます。

ltc13.jpg

これにより、見た目が「くたっ」とした、柔らかな
質感のレザーティッシュケースを作ることができました。

製作は京都の革職人に依頼。
何度も作り直して完成しました。

ltc2-4.jpg

ちなみに生産は、京都の革職人さんに依頼しています。

丁寧な仕事で、いままでにない製品でありながら、
高い技術で製品を作ってくださいました。

ltc2-2.jpg

細かな部分の仕上がりも、とてもきれいです。

海外生産ではない高い技術力と理解力で、今後も
さらなるレザー製品づくりをともに行っていく予定です。

こだわりを詰め込んだティッシュケース。
2020年2月28日より予約発売を開始します。

ltc15.jpg

というわけで、新作のレザーティッシュケースの
コンセプトと設計のポイントを書いてみました。

2月28日にオンラインにて予約販売を開始しまして、
東京店・京都店の展示も含めて、お届けできるのは、
3月下旬を予定しています。

実は2018年5月にはこの革に出会っていて、
instagramにも投稿していました。

lt5.jpg

それから早2年弱。

ようやくプロダクトとしてリリースすることが
できます。長年の夢であった革製品の第一歩を踏み
出せて、うれしい限りです。

上下仕様になった分、革を贅沢に使っているので、
価格は高くなってしまいました。

ただ、レザー製品は一生物ですので、そう考えると、
高すぎることはない...と言い聞かせていただき(汗)
インテリアの仲間にお迎えいただければと思います。

ltc20.jpg

Re:CENO product|レザーティッシュケース
みんなの保存数:25

暮らしにあったダイニングの選び方

雑貨・食器特集

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「Re:CENO product」の最新記事 4件

2023年12月25日(月)
Re:CENO product

ナポレオンシェルフ「H/A WALL SHELF」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

アンティーク意匠を復刻したウォールシェルフをリリースします。

BM 山本 16
2023年12月27日(水)
僕と私の愛用品

【お家で使ってみた。】スタッフ3名が、復刻家具「ウォールシェルフ H/A」をレビュー

フランスのアンティーク家具を復刻。今回は、5つの「コーディネート実例」と「アイテム選びのコツ」についてご紹介します。

編集部 江上 9
2023年10月12日(木)
Re:CENO product

オーダーテーブル「OAK TABLE」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

「Re:CENO product」から初めてとなる「カスタムオーダー対応」のテーブルをリリースします。

BM 山本 7
2024年3月06日(水)
Re:CENO product

シートクッション「folk Seat cushion」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

新プロダクトとして、オリジナルのチェアにフィットする「シートクッション」をリリースいたします。

BM 山本 3

「Re:CENO product」の人気記事 4件

2021年2月11日(木)
Re:CENO product

フェザーソファ「AGRAカウチ/1.5人掛け」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

AGRAシリーズに新たに仲間入りする「カウチソファ」「1.5人掛けソファ」について、利用シーンとともに紐解いていきます。

BM 山本 635
2019年8月06日(火)
Re:CENO product

「folk伸長式ダイニングテーブル」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

「伸長式」「楕円形」に仕上げたオリジナルダイニングテーブルについて、設計コンセプトを紐解いていきます。

BM 山本 538
2020年2月22日(土)
Re:CENO product

フェザーソファ「AGRA」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

Re:CENO productから2年半ぶりに登場する新作ソファの企画経緯とコンセプトをご紹介します。

BM 山本 372
2020年9月04日(金)
書斎の基本

ユニットシェルフ R.U.Sでつくる、「デスク」の魅力をご紹介します。

ユニットシェルフだからこそ、気軽に取り入れられる「デスク」としての魅力をご紹介します。

店舗MG 岩田 334

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』