Web Magazine

フェザーソファ「NOANA」が、いよいよ完成しました!
企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

こんにちは。やまもとです。

以前より製作過程をお伝えしていた
オリジナルソファー「NOANA」がいよいよ
完成いたしました!

関連記事
・「バフッ!フワァ~♪」な座り心地が魅力。フェザー仕様のオリジナルソファーを製作中です。
・工場見学で学ぶ、家具づくりの流れ - 中国の旅1日目 -

・オリジナル家具、第1弾サンプルをチェックしてきました! - 中国の旅2日目 -
・撮影の裏側を公開!リセノの撮影チームに密着してみました。

「Nordic and Natural」
北欧の上質なデザインに、ナチュラルな空気感をプラスしました。

20150616123826.jpg

今回のソファーの名前は、NOANA(ノアナ)。

この名前の由来は、「NORDIC and NATURAL」
から来ています。

北欧の家具が持つ飾らない上質なデザインをイメー
ジソースにしながら、シンプルなお部屋に合う様な
家具を作りたいと思い、デザインしました。

クッション、フレームともに角に丸みを持たせ、
もこもことしたフォルムを作り上げることで、
やわらかさを感じるソファーに仕上げました。

ウェグナーを起点としたデザインフォルムに、
独自の使い心地を与えて、再構築しました。

さて、NOANAソファーの様に、木製×クッション
のデザインは、ハンス・J・ウェグナーのGE290が
起点となっていて、現在では、同意匠のソファーが
各社よりたくさん発売されています。

長く愛され続けるGE290はとても完成度が高く、
このデザインフォルムは、現代でも、
家具デザイナーの憧れの的なんです。

20150616124655.jpg

でも、僕が前から思っていたのは、実はこのデザ
インのソファーには、あまりくつろげるものが
無いということ。

しっかりかっちりした座感のものが多く、
チェアーに近い座り心地のものが多いのです。

そこで僕たちは、この美しいフォルムでありながら、
「くつろげる」というテーマを与え、リデザインしました。

「くつろげる」というテーマで作りたかったのは、
立ち上がる気がなくなる様なソファー

20150616123720.jpg

NOANAソファーは、フェザーをたっぷりと使用し、
ウレタンソファーには決して出せない、ふっかふか
の座り心地が特徴。

座面クッション1つあたりの重さは、なんと4kg。

ものすごくたくさんのフェザーを贅沢に使い、
さらに、固さの違うウレタン2種類を間に差し込む
事で、柔らかくも、しっかりと体を支える独特の
座り心地を作り上げました。

また、もうひとつこだわったのは、座面の奥行き
と、角度。
奥行きは通常より深く、床とフラットに近い角度に
しています。

ソファーは座る時間よりも、実は、寝転んで過ごす
ことの方が長いという自身の経験を基に、男性が
広々と寝転がれる、深めの座面奥行きにしています。

また、座面の角度を床にフラットに近くしている
ので、寝転んだ際に、より快適に過ごせるように
なっています。

使っていくほどに、くたっと柔らかに。
経年してからも、きっといい味を出してくれます。

20150616124201.jpg

フェザーをふんだんに詰め込んだこのソファーは、
最初はかなりクッションが膨らんだ状態で、お届け
します。

フェザーがたくさん入っていて、空気を含んでいる
ので、ほっわほわの状態です。

これが、座っていくうちに次第に、張りも落ち着き
をみせて、独特のくたっとしたフォルムに。
これが、またいい感じなんです。

長く使っていく中で、柔らかな風合いを増して、
体になじんでいく、ソファー。

無垢材家具の経年変化は、最近よく聞きますが、
クッションも、独自の経年変化を楽しんでいただけ
る様に工夫しています。

ベルギー産のとっても良い生地を使ってます。

20150616125421.jpg

そして、生地はベルギーから輸入したものを使用。

これもかなり高級な生地なんですが、触り心地も
見た目も、とっても柔らか。

かっちりしすぎない印象のソファーなので、
生地も少しいなたい感じの生地を採用しました。

見た瞬間に、「これ、すごいいい!」と、僕たちが
惚れ込んだ生地で、きっと気に入ってもらえると思います。

ちなみに色は、写真のブルー以外にも、
ライトブルー、グレー、グリーンも同時発売予定です。

天然のアッシュ材を、ホワイトオイルフィニッシュ。
白く美しい木フレームも、こだわりのポイントです。

20150616124219.jpg

価格を抑えるために海外生産で作っている
NOANAソファーですが、木材もしっかりとした
質の良いものを使用しています。

工場は、日本の大手企業の家具を生産する、
中国でも、とても質の高い工場にオファー。

無垢のアッシュ材を使用し、味わいがあって、
強固なフレームを採用しています。

また、オイル塗装も、白色の顔料を独自の配合で
混ぜ合わせることで、白い木肌を強調し、より
ナチュラルで優しいデザインに仕上げています。

お値段は、今までのリセノよりちょっと高めですが、
クオリティを考えると、とてもお買い得です。

20150616123658.jpg

さて、こだわり抜いたこのソファーの価格は、
税込・送料込で、¥168,000 を予定しています。

今までのリセノのソファー価格からすると、
ちょっとお高めです。

ただ、これでもかなり頑張った価格設定をしていて
材料費だけでもめっちゃ掛かってるので、この価格
設定は、かなりお買い得だと思います。

正直、国産でも試作を行いましたが、価格はこの
3倍近くの価格になりました。

円安の昨今で、無理した価格設定をしているので、
すぐに合わなくなって、値上げになるかもしれませ
んが、一度、この価格で販売してみようと思います。

7月中旬頃からいよいよ予約受付開始、9月初旬頃お届け予定。
Re:CENO TOKYOでもシリーズを展示します。

20150616124242.jpg

このソファーは、仕様がようやく完成したので、
今、工場がフル稼働で生産中。

7月中旬頃から予約受付を開始して、
お届けは、最短で9月初旬頃を予定しています。

1人掛け、2人掛けサイズも生産中で、
なんとか同時期発売を目指しています。

ちなみに今日(6/29現在)は、3人掛けを京都店で
展示中。

実際に座っていただいたお客様からも、たくさん
嬉しいお言葉をいただいています。

7月10日からは、東京店オープンに伴って、東京店
で展示を移動しますので、京都店に来やすい方は、
いまのうちに是非ご来店をお待ちしています。

是非とも、お店で座り心地を体感していただければ
このソファーが好きになっていただけると思います。

では、発売を楽しみにお待ちくださいね。

みんなの保存数:37

暮らしにあったダイニングの選び方

雑貨・食器特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「Re:CENO product」の最新記事 4件

2023年12月25日(月)
Re:CENO product

ナポレオンシェルフ「H/A WALL SHELF」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

アンティーク意匠を復刻したウォールシェルフをリリースします。

BM 山本 16
2023年12月27日(水)
僕と私の愛用品

【お家で使ってみた。】スタッフ3名が、復刻家具「ウォールシェルフ H/A」をレビュー

フランスのアンティーク家具を復刻。今回は、5つの「コーディネート実例」と「アイテム選びのコツ」についてご紹介します。

編集部 江上 9
2023年10月12日(木)
Re:CENO product

オーダーテーブル「OAK TABLE」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

「Re:CENO product」から初めてとなる「カスタムオーダー対応」のテーブルをリリースします。

BM 山本 7
2024年3月06日(水)
Re:CENO product

シートクッション「folk Seat cushion」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

新プロダクトとして、オリジナルのチェアにフィットする「シートクッション」をリリースいたします。

BM 山本 3

「Re:CENO product」の人気記事 4件

2021年2月11日(木)
Re:CENO product

フェザーソファ「AGRAカウチ/1.5人掛け」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

AGRAシリーズに新たに仲間入りする「カウチソファ」「1.5人掛けソファ」について、利用シーンとともに紐解いていきます。

BM 山本 635
2019年8月06日(火)
Re:CENO product

「folk伸長式ダイニングテーブル」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

「伸長式」「楕円形」に仕上げたオリジナルダイニングテーブルについて、設計コンセプトを紐解いていきます。

BM 山本 538
2020年2月22日(土)
Re:CENO product

フェザーソファ「AGRA」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

Re:CENO productから2年半ぶりに登場する新作ソファの企画経緯とコンセプトをご紹介します。

BM 山本 372
2020年9月04日(金)
書斎の基本

ユニットシェルフ R.U.Sでつくる、「デスク」の魅力をご紹介します。

ユニットシェルフだからこそ、気軽に取り入れられる「デスク」としての魅力をご紹介します。

店舗MG 岩田 334

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』