Web Magazine

ユニットシェルフR.U.S 高さ201cmタイプならではの、活用方法をご紹介します!

こんにちは、エンドウです。

今回のマガジンは、ユニットシェルフR.U.S
高さ201cmタイプの活用方法をご紹介します!


R.U.S おすすめセット #13

ユニットシェルフ R.U.Sとは?

R.U.S 高さ201cmタイプは、リセノで取り扱う
収納のなかで、最も高さのある収納。

高さのある収納は、いろいろなメリットがあり
この高さ201cmタイプは、特にこんな方におすすめです。

  • 広いお部屋のメイン収納をお探しの方
  • スペースを有効活用したい方
  • 高さ・丈のある収納をお考えの方

今日は、この201cmタイプならではの
特徴と活用方法を、ご紹介します!

まずは高さの違いを比較しよう!

まずは、高さ201cmタイプのサイズ感を把握しましょう!

20190910150100.jpg
左:高さ165cmタイプ / 右:高さ201cmタイプ

R.U.Sの高さ165cmタイプと比較すると、その差は36cm。

リビング・キッチンで使用する高さのある収納は、
高さ165~180cmが一般的ですが、それよりさらに高いのがわかりますね ^^

20190910150718.jpg
モデル:身長172cm

165cmタイプにキャビネットやシェルフを
さらに一段上に積むことができ、高い収納力が201cmタイプ魅力です。

では、このプラス一段高い201cmタイプが、
どういう場面で活躍するかを、チェックしましょう!

① 広いお部屋のメイン収納として

20190909123913.jpg
R.U.S おすすめセット #14

例えば、20畳以上のリビングルームや、
フロアから天井が高い、開放的なお部屋。

このようなお部屋に、背の低い収納を置くと
壁の余白面積が広くなり、「寂しい」「物足りない」印象になりがちです。

そういった印象を避けるには、
高さのある収納を、ドーンと置くことが効果的です!


R.U.S おすすめセット #43

お部屋に高さがある収納を置くと、インパクトがあり
メリハリのある印象に仕上がります。

また最近では、リビングやオフィスのメイン収納を
造作家具にされる方も多いようですが、
造作家具だと、レイアウトを変更できなかったり、
引っ越しのとき、持っていけないデメリットも。

その点、R.U.S 201cmタイプはメイン収納になり、
かつレイアウト変更、移動可能とフレキシブルなメリットがあります!

② 上に積んで、スペースを有効活用


R.U.S おすすめセット #39

高さ201cmタイプの特徴は、通常の収納より
上に積むことができる収納力。

モノが溢れてお困りの方に、おすすめの収納です。

使用頻度が高いモノは、手が届く下段から中段に、
使用頻度が低いモノは、上段に収納すると、
使いやすく、しかも収納スペースを確保できます。

特に靴の空き箱や、読み終わった本など、
普段使用しないモノを上段に収納すると、
お部屋がキレイに片付くかと思います。

フロアから天井までのスペースを、
フルに活用できるのは、高さ201cmタイプならではです!

③ 高さ・丈のある収納に。

20190910151336.jpg
高さ201cmタイプ

例えば秋冬用のコートや、女性だとワンピースのような
丈のある衣類を収納するのにも、高さ201cmタイプが活躍します。

20190910151801.jpg
高さ165cmタイプ

R.U.S 高さ165cmのタイプワードローブタイプに、
コートを掛けるには、このような組み合わせになり、
収納力が少し物足らないという方も...

コートを掛けたくて、さらに収納力も欲しいという方は
高さ201cmタイプで、ワードローブを組むのがおすすめです。

20190910153003.jpg
高さ201cmタイプ

ちなみにシャツ・カットソーをたくさん収納したい時は
201cmタイプにワードローブを、2段組み合わる活用方法もございます。

201cmタイプを活用して、お部屋を機能的にしよう!

20190909164142.jpg
京都店展示

R.U.Sの高さ201cmタイプの活用方法、いかがでしたか?

お客様から「165cmか201cmで悩む...」と
ご相談いただきますが、お部屋が広い場合や、
モノが溢れてるとき、高さあるモノを収納するときは、
特に201cmタイプがおすすめです。

コーディネートのアクセントにもなり、
収納力もある実用性が高い収納なので、ぜひお部屋に取り入れてみてください^^

京都店でも展示をしておりますので、
ぜひ実物を見に来てください !

ユニットシェルフR.U.S 一覧ページ

Styling Furniture

R.U.S おすすめセット #43【通常】

¥ 237,200


R.U.S おすすめセット #13【通常】

¥ 94,000


R.U.S おすすめセット #39【薄型】

¥ 92,900


R.U.S パーツ各種 ~パーツから選ぶ~

¥ 19,200


R.U.S おすすめセット #14【通常】

¥ 168,800




View More
みんなの保存数:71

暮らしにあったダイニングの選び方

雑貨・食器特集

リビング家具特集
リセノ初の書籍出版
リセノ初の書籍出版
日々
センスのいらないインテリア
ナチュラルヴィンテージを知る
インテリアを学ぶ
インテリアを楽しむ
リセノのこと
特集
人気の連載

「Re:CENO product」の最新記事 4件

2023年12月25日(月)
Re:CENO product

ナポレオンシェルフ「H/A WALL SHELF」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

アンティーク意匠を復刻したウォールシェルフをリリースします。

BM 山本 16
2023年12月27日(水)
僕と私の愛用品

【お家で使ってみた。】スタッフ3名が、復刻家具「ウォールシェルフ H/A」をレビュー

フランスのアンティーク家具を復刻。今回は、5つの「コーディネート実例」と「アイテム選びのコツ」についてご紹介します。

編集部 江上 9
2023年10月12日(木)
Re:CENO product

オーダーテーブル「OAK TABLE」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

「Re:CENO product」から初めてとなる「カスタムオーダー対応」のテーブルをリリースします。

BM 山本 7
2024年3月06日(水)
Re:CENO product

シートクッション「folk Seat cushion」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

新プロダクトとして、オリジナルのチェアにフィットする「シートクッション」をリリースいたします。

BM 山本 3

「Re:CENO product」の人気記事 4件

2021年2月11日(木)
Re:CENO product

フェザーソファ「AGRAカウチ/1.5人掛け」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

AGRAシリーズに新たに仲間入りする「カウチソファ」「1.5人掛けソファ」について、利用シーンとともに紐解いていきます。

BM 山本 635
2019年8月06日(火)
Re:CENO product

「folk伸長式ダイニングテーブル」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

「伸長式」「楕円形」に仕上げたオリジナルダイニングテーブルについて、設計コンセプトを紐解いていきます。

BM 山本 538
2020年2月22日(土)
Re:CENO product

フェザーソファ「AGRA」の企画経緯とコンセプト設計についてお話します。

Re:CENO productから2年半ぶりに登場する新作ソファの企画経緯とコンセプトをご紹介します。

BM 山本 372
2020年9月04日(金)
書斎の基本

ユニットシェルフ R.U.Sでつくる、「デスク」の魅力をご紹介します。

ユニットシェルフだからこそ、気軽に取り入れられる「デスク」としての魅力をご紹介します。

店舗MG 岩田 334

インテリアを学ぶ、楽しむ、好きになる。
『Re:CENO Mag』